近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】彼氏の元嫁が私の家に突撃してきた【体験談】

<>383:恋人は名無しさん2011/02/14(月) 02:28:21ID:lt/QlDqV0<>
寝れないので暇つぶしに投下。
人居ないみたいなんでまったり行きます。
ちょっと前にあった修羅場
フェイク入れてるので矛盾点あったらごめんなさい。

私…22歳大学生
彼男…30歳社会人
元子…34歳何してるか知らない。
(当時の年齢)

元々バイト先の上司として彼男と知りあう。
私がバイト辞めた後も仲よかったメンバーで飲んだりしていてその流れで好きになった。
私から告白したんだけど、一回断られてその時に「実は×1」と言われた。
正直そんなのどうでもよかったのでしつこく告白し続けたら晴れてお付き合いできた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||

2017年3月30日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】娘の友達とのいけない関係【体験談】

私と娘の友達との体験談の事です。
それは娘と友達の恵理が小学一年生の頃からだと思います。
恵理は同じマンションに住んでいて何時も私の娘と遊んで居ました。
そして休み前にはお泊まりするようになり最初は月に二回位だったのですがある日を境に休み前には必ずお泊まりする様になったのです。
私はそんなに言う程ロリコンではありませんでしたが恵理との関係でどっぷりとはまってしまいました。
いつもの様に恵理がお泊まりに来ていて娘が
「お父さんの部屋で寝る」
と言い出して娘と恵理がその日は私の部屋で寝る事になり妹は嫁さんと寝る事になったのです。
そして夜も遅くなり娘と恵理は布団に入り娘はあっと言う間に寝てしまい恵理は中々寝付かれずにもぞもぞとしていました。
私も眠くなり布団に入りました。
私の隣は恵理でもう寝たのか?と見れば寝ていました。
又私はなぜか恵理に触れれば興奮して来るのです。
お風呂で洗ってやる時には半起ちになったりするのです。
それから変に意識してしまい中々寝れずにいてもう娘は熟睡状態で朝まで起きません。
そして私はいきなり恵理のアソコをパジャマの上から触り初めたのです。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年3月30日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】4月末のロッテファンと9月のロッテファン【体験談】

―もしもし、4月末のロッテファンなんだけど、そっちは9月のロッテファン?
「ああ、そうだよ」
―優勝もう決まった?
「まだだけど、もうほとんど決まりそうだよ」
―やっぱり西村采配はすごい?
「・・・まあ、ある意味すごいっちゃすごいかな」
―ということは、成瀬を軸に、若きエース唐川が成長して大活躍?
「いや、唐川は今年はたぶん絶望なんだ…。」
―え?じゃあローテはどうなってるの?
「成瀬・マーフィー・ペン・吉見・コーリーってとこかな」
―成瀬はわかるけど、マーフィー?コーリー?ペンとか吉見って誰よ?
「いまやエース級の活躍だよ、マーフィーとペンは。マーフィーは先発陣の救世主になった。
 ペンは途中入団。吉見は横浜からトレードで来た」
―飛ぶピッチャーの吉見だろ?そんなのまで使ってるのかよ。それより俊介はどうしたの?
「どうしたんだろうねえ…」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ


2017年3月29日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】みんな集まったにも関わらずまだ「こっちです!もっと!もっとこっちですって!」と手招きしながらまだ叫ぶ【体験談】

***** 私は見た!! 不幸な結婚式 84 *****
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1272704004/

879 :愛と死の名無しさん:2010/05/24(月) 23:04:22
不幸って程じゃないけどちょっと可哀そうだった友達の結婚式
挙式は無事終わり、参列者でフラワーシャワーでお出迎えの予定
ホテルでの式だったので人が固まって集まるような場所は無くホールや通路を使い
左右一人ずつ並びかなりの長蛇の列になった
新郎新婦が出てくるとなぜかピッタリと付き添ってる従業員が
「はい、動かないでー!列を乱さないでー!」「投げ終わっても動かないで下さーい!」
と叫びながら一緒にやってくる
列の真ん中と後半に待機している従業員も同じく周りに向かって「動かないでー!列を乱さないでー!」
と叫びまくり。実際言うほどみんな動いてないのに異常な程デカイ叫び声にみんな白けて笑顔が出ない
なんとか新郎新婦が最後まで進んだと思ったら今度は
「はい、こっち来てー!!こっち集まってくださーい!」と参列者に向かって叫び始めた

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ



2017年3月29日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】僕と彼女と、浮気相手。【体験談】

高校3年の春先のことだ。
当時付き合っていた彼女とケンカをすることが多くなり、日に日にメールも減っていった。

僕と彼女は同じ吹奏楽部に所属していて、楽器は違ったが部屋の関係でいつも一緒に練習していた。
練習中の、僕と彼女の間だけに流れる重たい空気を察してか、彼女と同じ楽器の芹菜(せーちゃん)が、気を使って僕にメールを送ってきたのがすべての始まりだった。

ある日、練習を終えた後。
入学式は終わったが、道端に雪の残る寒い夜。
『最近○○(僕の彼女)と仲悪いよね?どうしたの?』
せーちゃんからの突然のメール。普段メールをすることもない相手からの思わぬメールに、少しだけ緊張する。
『最近上手くいかなくて、今もケンカ中。大事な時期に迷惑かけてごめんね』
夏には大会もあるので、正直今の空気は練習に差し支える。ましてこの時期は、新入部員の書き入れ時でもある。
『そっかー…。あの子もすごいピリピリしてるから、やっぱそうだったんだ』
せーちゃんは、他の部員も心配しているとか、やりにくいと文句を言う人もいることを教えてくれた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|

2017年3月29日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】暗黙の了解【体験談】

私達夫婦のちょっと変わった寝取られ関係について、お話ししてみたいと思います。出来る限り、性的な部分に特化した形で書いていくつもりです。その方が書き手である私自身や、読者の方の興奮を高められると思うからです。

妻は36歳。名前は久美。夫である私よりちょうど一回り年下。結婚して3年目の夫婦だ。妻の風貌は、有名人に例えれば元おニャンコの新田恵利や、女優の永作博美、石田ゆり子などに似ている。それぞれタイプは微妙に違うが、要は地味顔ということだ。ただ、地味な顔立ちではあるのだが、いわゆるフェロモンみたいなものを全身から漂わせていて、何ともいえない色っぽさを醸し出している。地味で清楚な風貌と、内から滲み出る妖艶な色気、二つのギャップが男心をそそるのだろう。独身時代はかなりモテたらしい。上に挙げた有名人も、新田はおニャンコで人気No.1だったし、永作や石田にしても男性関係の噂がたびたび芸能マスコミを賑わしてきた。見るからに派手な女性より、ぱっと見は地味な女性の方がモテるなんてことがよく言われるが、彼女らや妻はその典型例だろうと思う。

スタイルにしてもそう。妻は決して巨乳タイプではなく、全体的にスリムなのだが、出るべき所はしっかり出ているメリハリのある体型だ。特にヒップから太股にかけてのラインは張りのある見事なもので、手前味噌ながらセクシーだと感心させられてしまうほど。本人は下半身デブだなんて気にしているが、不摂生によってたるんでるのではなく、女性ホルモンの活発な分泌によって形作られたものだから悩む必要なんか全然ない。このお尻を見ながら股間を熱くしている男は数多いだろうにと、常々思っている。何気ない表情に浮かぶ色っぽさについてもそうだが、自身がどれほど性的魅力を振りまいているか気付かない、無意識のうちに男性を魅了するとは罪作りなものだ。

このようにセックスアピール溢れる妻だから、夫である私が惹き付けられているのは言うまでもない。晩婚ということもあってか狂い咲きのようになり、新婚当初から活発に夫婦生活を営んできていた。現在進行形ではなく過去形になっているのは、お察しの通り寝取られ関係になっているから。今、夫婦間のセックスは全くない。フェラチオやクンニ、バストや股間への愛撫どころか、キスすらもない。他の女性との性交渉もなく、私はもっぱらオナニーで欲求を処理している。ただ、そこに至る経緯は一般的な寝取られとはやや異なる。

「ねぇ、どんな変態的願望があるのか聞かせて…」

それはまだ新婚1年にも満たない頃のこと。狂おしく愛し合っている最中、鼻に掛かった甘え声で不意に久美が尋ねてきた。

私はセックスの際に時折、興奮のまま自分の寝取られ願望を口走る癖があった。素面では言えない赤裸々な願望も、性的快楽に溺れている状態なら苦もなく口にできた。自分の言葉で興奮を高めててもいた。

「他の男と浮気してもいいよ…」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年3月29日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】ロイヤルタッチ7【体験談】

なんだか訳のわからない展開になってしまって俺自身戸惑っていた。
なんか知らないがこの40オーバー・ハゲ・デブ・包茎おまけに素人童貞の俺が必要とされている。
俺はもう有頂天だった。
しかも相手は童顔ロリ系。俺のストライクゾーンど真ん中だ。
普通の女の子とはとてもじゃないけどまともに目をあわせて話するなんてできない。
けど、いかにも幼い顔つき、物腰のおかげでこの子に対しては精神的優位を保ちながら話ができた。
なんか俺のこと気に入ってくれてるみたいだし、あわよくばこいつなら
童貞捨てさせてくれるんじゃないかなって思ったよ。

一緒にコンビニに向かうまでの道すがら、いろんなことを話したはずなんだけど
内容なんて微塵も覚えてない。ただただ「こいつとヤレねーかな」って考えながら
歩いてた。一緒に肩並べながら歩いてるとさ、いつもカウンター越しに見てたときとは
違うんだよね。いつもは正対しながらの会話だからじろじろ見るなんてできないわけ。
けど歩きながらだとさ、視線があわないからいくらでも盗み見ることができる。胸でも尻でも。
ロリっぽい顔つきのわりにはこいつエロい体してるなって、歩きながらフル勃起。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||

2017年3月28日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【悲報】大都市を毛嫌いする彼氏と付き合った結果。・゚・(ノД`)・゚・。【体験談】

<>397:恋人は名無しさん2011/08/17(水) 01:28:12.35 ID:20aNiiMs0<>
コンプレックスを持ってるのかわからないけど
地元より大きな都市出身の方を毛嫌いしてた

・東京は田舎者集まりだからすごくない。買い物するなら地元で十分。
・大阪は人間も街も汚いしうるさい。治安最悪。言うほど大きくない。
・京都人は例外なくケチ
・福岡とか離島の田舎者が本州に出てくるな。

・愛知の人間の言葉が気持ち悪くて嫌い

覚えてるだけでもこれだけのことを毎日のように言ってた。
しかもその場所出身の方の目の前では絶対に言わず、陰でこそこそ。
住んだり、旅行したことあるのかと聞いたら、「地元から出たことがない」…

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ



2017年3月28日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】男嫌いな清楚な妻が・・・【体験談】

最近妻が、綺麗になっていくのです。
妙に色ぽっさができたように思うのです。
妻は44才、私は45才。
夜の方もマンネリして、殆どご無沙汰です。
あまりかまっていません。要するにしていません。
妻の容姿は、人に言わせればすごい美人と言われますが、私から見れば
普通の主婦にしか見えないのですが?
髪は長くしていて、男好きのする顔をしています。
体つきは、中年になって肉付きも付き、ぽっちゃりまではなってませんが
161センチで確か50kgでスレンダーでしょうか。
ついでに3サイズは、B88 W62 H91 
子供は居ません。体型は結婚当時からはあまり変わってはいません。
不倫のドラマを見るのさえ嫌がる、堅物で清楚な女です。
処女のまま、私と結婚したし、浮気はまったくしてなかったはずです。
私の友人が「奥さんと付き合えたらいいな」と話していると云うだけで、

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年3月28日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】俺「一回フられてるけどやっぱり諦めきれない。好きです。付き合ってください」 彼女「考えさせて?」 → 結果wwwwwwwwwwww【体験談】

<>26:恋人は名無しさん2007/03/15(木) 13:19:23 ID:LMmW2Hjw0<>
去年の夏休み。課外授業が終わったからそのまま学校で告ろうとしてたら…彼女帰ってたw

外に出てみると友達と並んで歩いてたからその日は諦めよう…と思ったんだけど、
その前の年のクリスマスに1回告ってて、フられたけど諦め切れなくてずーっと
片思いしてた事考えたら急に今日じゃなきゃ一生無理だと思って走って追いかけた。

そのころ彼女たちは1㌔ぐらい進んでてかなりあせったが、やっとのことで追いついて
20㍍ぐらい後ろから大きい声で名前を呼んだ。んで近くまで行って

俺「一回フられてるけどやっぱり諦めきれない。好きです。付き合ってください」
彼女「考えさせて?」

俺「じゃ考えまとまったら連絡ちょうだい?」
彼女「わかった。じゃあね」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ


2017年3月28日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談
1 / 1,02112345...102030...最後 »

このページの先頭へ