近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】ラーメン二郎4【体験談】

カテゴリー:

<>467キキョウソウ(埼玉県):2009/04/19(日)19:48:55.71ID:QtCuA1EN<>
ロットバトルはさすがにネタだけど、一番遅いと焦るな。
チンタラ食ってる奴がいれば自分のペースで食えるのだが。
こればかりはその時の運なんだよな。

<>473マンネングサ(神奈川県):2009/04/19(日)19:54:27.24ID:fZxjWZ7o<>
自分は普通に食ってるだけなのに
隣に座ったデブは勝手に俺と勝負してる気になるような店なの?

<>483アメリカフウロ(アラビア):2009/04/19(日)20:04:14.51ID:lb/VCOpo<>
473
ノロノロ食ってると勝ち誇った顔で「ギルティ」とか言われちゃうよ。

<>493アメリカフウロ(アラビア):2009/04/19(日)20:23:40.44ID:lb/VCOpo<>
「ギルティ!」「ギルティ!」「ギルティ!」店内のロッター3人が立ち上がり、指を差す。
指差す先には、精一杯早く食べようと四苦八苦する涙目の老人がいた。
「老人ギルティ!」「食うの遅すギルティ!」「ギルティィィィ!!!」3人が老人に詰め寄る。
俺はスープをを飲み干し、テーブルを拭き丼をカウンターの上にあげると、思い切りテーブルを叩いて
「ノットギルティー!」と叫んだ。びくり、3人の動きが止まる。
「人は誰でも二郎を食べていい!それが解らない貴様らは、豚だ!」
グウの音も出ない大豚トリプルどもを押しのけ、店主に軽く会釈し帰路についた。
アパートの階段を登ると、はたしてそこには先の老人がいた。
先ほどとは様子が違い、手には古びた木の杖を持ち、真っ白な長衣に身を纏い、
そして禿げ頭の上には野菜とニンニクとアブラがマシマシでトッピングされていた。
「ワシはロット神。青年よ、お前は優しい男じゃな。好きな願いを言うがよい…褒美に叶えてやろう。」
「…俺の願いはさっきも言った。誰もが美味しく、二郎を食べる事ができる世界。それだけだ。」
「無欲な男よ!何でも願いが適うのだぞ!?己の為に願う事は無いのか?」
俺は無言で部屋の鍵を開ける。
「よかろう…お主の願いしかと聞き届けた。」
振り返ると老人の姿は無かった。

部屋のテレビをつけると大変な騒ぎが起きていた。
世界の人々の前に、謎のヌードル『二郎』が次々と出現しているというのだ。
チャンネルを変えるたび、世界中からニュース映像が飛び込んでくる。
アラスカでは、イヌイットたちがもうもうと湯気をたてる二郎を旨そうにすすっている。
アフリカのどこかの難民キャンプでは、飢えた子供たちが嬌声をあげながら豚にかぶりついている。
イスラエルとパレスチナの兵士たちが肩を並べ、突如出現した未知の味覚に舌鼓を打っている。
CNNのキャスターはニュースを読み上げている最中に二郎が出現し、明らかに困惑していた。

──これでいい。これが、俺が願った世界そのものだ。
そのときふわりと、俺の目の前にも二郎が出現した。
俺もまた、地球に生きる無数の命のひとつであることを改めて実感し、胸が熱くなる。
しかしさすがに一日二杯はきついので、せっかくの神からの贈り物だが俺はその二郎をトイレに流す事にした。

近親相姦体験談検索用タグ

||

【修羅場】ラーメン二郎4【体験談】 を見た人はこんなエロ体験談も読んでいます


近親相姦と不倫の体験談 前後のページナビ!

2018年4月15日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

このページの先頭へ