近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】坊主峯岸の物語@だっだっだっだっへんたいだー【体験談】

カテゴリー:

きくりん

「どうしてこんなことに?」

横山は訳が分からないといった様子で永尾に尋ねた。

永尾は失禁をし、大場は下着がひざ下までずり下げられた状態で気を失っている。

「やぎしゃん。泣いてるだけや分からへんよ」

助け舟が来た永尾はひたすらに泣き続けている。

「どうしたんって聞いてるの。答えて」

横山は大場の下着を彼女に履かせながら、なおも尋ねる。しかし永尾は泣いているだけで答えようとしない。

「……言えないことなん?」

横山のポツリと言った言葉に永尾は顔を上げた。

「言えないんやね」

再び顔を下げ泣き出す永尾。横山は首を横に二度振ると、彼女に近づく。

「こんなになって。かわいそうに」

「あっ……」

横山は永尾の下着を脱がした。尿をたっぷりと染み込ませた下着。元は純白であったが、今は黄色く染まった下着を、横山は鼻に近づけた。

「やぎしゃんのにおいがする」

「ちょっと、止めてよ」

永尾は横山から下着を奪おうとする。

横山は抵抗することなく、黙って下着を彼女に取られた。

「やぎしゃんはこっちの方がええんやね」

「ちょ、違うって。ああっ」

横山は永尾の割れ目をペロペロと舐め始めた。

きくりん

近親相姦体験談検索用タグ

||

【修羅場】坊主峯岸の物語@だっだっだっだっへんたいだー【体験談】 を見た人はこんなエロ体験談も読んでいます


近親相姦と不倫の体験談 前後のページナビ!

2018年6月8日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

このページの先頭へ