近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】小5の夏休みに誘拐されました 【体験談】

マジレスです。
小5の夏休みに誘拐されましたwこの手の誘拐経験者のスレを探しているんですが
見つからないのでここに書いてみます。誰かそういうスレ知ってたら教えて下さい。

当方女で都会ではない所に住んでいました。
夏休みに友達と二人でチャリンコに乗って近所を遊びまわっていました。
小学校への一本道にさしかかった時、車に乗った男が(助手席にも一人いました)
男「おじょうちゃん、この辺に○○小学校あるかい?」
私「この道まっすぐ行けばすぐですよ。」
男「いや、わかんないからとりあえず乗って教えてよ」
私「だからまっすぐ行くともう目の前が学校なんです!」
男「校長先生にお話があって、校長室の場所もわかんないんだよ」そして、誘拐なんて文字が毛頭にもなかった私達は後部座席に乗りました。(チャリンコはその場に置いた)
後部座席にはエロ本や栄養ドリンクのビン、謎の箱などがあり小学生の私には「怪しい、怖い」と感じさせるものがいっぱい…
車はまっすぐ行くかと思いきや人んちの駐車場で車をUターンさせ学校とは逆方向に行ったのです。私と友達は「え…?」と思いながらもきっと回り道してグラウンドから入るんだな、いやそうであって欲しいと願いました。
しかし車はそれからどんどん学校とは逆方向に行き、国道に出るとそれから15分くらい走らせました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|

2013年4月23日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】ティッシュの引き出し 【体験談】

中高時代オナニーしたティッシュを机の引き出しにいれてました。
ゴミ箱に入れるとばれると思いそうすることにしていたのです。
そして引き出しがいっぱいになるとみんなが寝静まった夜中
詰まらないように小さくちぎりながらトイレに流していました。

ある日震度6.5の地震がありました。
僕は気が気じゃありませんでした。
あの引き出しが開いていたらどうしよう!
そう思い慌てていたのです。

しかし、その日は彼女と遊ぶ約束してたので
地震があったにもかかわらず、
あの引き出しが不安なのにもかかわらず

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||

2013年4月22日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】落とし穴 【体験談】

837本当にあった怖い名無しsage2006/01/20(金)18:12:04ID:WlARD7/w0
もう時効かな。
俺の小学生の頃の趣味って、落とし穴掘ることだったんだよ。
わざわざ朝早起きして、公園行って砂場を掘る訳だ。
最初はそんなに深く掘らなかったけど慣れてくるとより深くより手の込んだものを作るようになる。
最後の方は軽く1〜1.5メートルのモノを掘ってた。
その場にさりげなくいて観察してると馬鹿が落ちて面白かった。
それで、ある日誰も引っ掛からないのでそのままにして帰ってしまい忘れてたんだよね。

それから、3年後くらいかな?公園が移転することになったんだけど、造成工事をしたら幼児の死体が出てきた。
そういや、落とし穴ほったらかした後に行方不明者の看板が張り出されていたなあ・・・。
いや〜本当に済まない事したよ。

近親相姦体験談検索用タグ


2013年4月21日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】ゴミ袋 【体験談】

529本当にあった怖い名無しsage2006/01/16(月)08:55:40ID:6ry4OE230
俺の家の前にはいつもゴミ袋が置いてある
別にそこがゴミ置き場とか、そんなんじゃないんだ
俺の親も困り果てて役所とかにも通報したりした
それでも毎日、毎日、処分したと思ったと同時にいつのまにかまた置いてある。
俺はそのゴミ袋に何が入ってるんだろう?と思い袋の中を何気なく覗いてみた

それから数ヵ月後、いつのまにか俺は引越しをしていた
ゴミ袋に何が入ってたのかはよく思い出せない
「白、赤、黒」がごちゃ混ぜになった変なものを見てそれから身の回りに良くないことが起きた。
俺は一体何を・・・

530本当になかった怖い名無し2006/01/16(月)08:58:15ID:NVzUYxcq0

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ


2013年4月20日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】廃病院の恐怖 【体験談】

ぼくは、ホテル代を浮かすために地元の廃病院(診療所?)でやってます。そこは、人通りが結構多いい通りにあるので、入るには苦労します。中に入り、奥へ行くと、ソファーがあり、そこでいつもやってます。
この前たまたま場所を換え、男子トイレでやってました。そしたら足音が聞こえたので彼女と耳をすませていたら、隣の女子トイレにはいったのです。ここの病院は地元じゃ有名な心霊スポットなので、脅かしてやろうと思い、女子トイレへ足音を殺し、現場の隣の個室へ入り、壁をいきなりばんばんたたきました。そしたら隣のカップルは悲鳴をあげて逃げ出しました笑
その後隣の個室を見てみたらズボンや下着が有りました笑笑
そして、その日は帰宅し、友達に電話してそのことを話ました。
そしたらなんとそのさっきのカップルは今電話してる友達だったのです。ぼくはその翌日ぶっ飛ばされました。

近親相姦体験談検索用タグ

||

2013年4月19日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】仙台の病院・・・ 【体験談】

<仙台新生児誘拐>脅迫文(全文)

 ◇脅迫状の封筒のあて名(原文のまま)
 大事ナ手紙デス
 スペルマンノ志村院長ニ
 届ケテクダサイ
 脅迫文の内容(原文のまま)
 赤チャン シュー君ハ トテモ元気ダ 心配シナイデイイ
 ミルクモタップリ飲ムシ ウンチモ異常ナイ
 元看護婦ガ付キッキリデ世話ヲシテイルノデ ホントニ大切ニ扱ッテイル
 警察ガ手ヲ引カナイト連絡モムズカシイ 警察ハ 
 赤チャンヨリ面子ガ大事ナノカ イズレ私ハ捕マルダロウ デモ院長トノ取引キデ
 赤チャンヲ無事引キ取ッテカラニシタライイ
 院長 志村サンハ 今日 例ノバックヲ持ッテ
 夜9時ニ仙台駅ステンドグラスノ前ニ来ルコト アナタヲ確認スル。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||

2013年4月18日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】悪趣味な例文 【体験談】

691名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・04/01/0707:59

受験生のころ、古本屋で英語の参考書を買った。
少々黄ばんで角が傷んでいたがカキコミが少なく、激安だった。
受験生の愛読書として長年定評のある参考書だった。

帰宅して読み始めると、解りやすく買って良かったと上機嫌だった。
当時寝る時はウォークマソで英語のCDを聞きながら眠りに付くのが習慣だった。
いつも通りCDを聞きながらベッドに入っていると、グォ・・・ゴゴ・・と
電話の混線みたいな雑音が入り始めた。
最初は小さい音だったが、次第に英語が聞き取れないくらいの大きな音になった。
買ったばかりのウォークマソが故障したのか?まさか?と、
何度も電源切って入れて、リピート再生したりした。
やっと順調に英会話が流れるようになった。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||

2013年4月17日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】覆面の中国人二人組 【体験談】

394:喪主・堕ヤン:2005/12/11(日)08:17:19ID:9wH+w/Z0O
諸般の事情により一人暮らしをすることになった私は部屋探しをしていた。
しかし、都内で4万以内となるとなかなか見つからない。
結局、前の住民が自殺したばかりという曰く憑きの部屋に住む事になった。
住み始めてから常に誰かに見られてる気配を感じていたが気にしない事にしていた。
一週間が過ぎ、夜中の三時、さぁ寝ようというときにドアが激しく叩かれた。
 
誰だろう?
鍵を開けた瞬間覆面の二人組が押し入ってきた。

「我了、殺命!詔馬、不叫金那!」
明らかにチョンだ、それもかなり質が悪い。
チャイ服で青竜刀…一発で分かった、オレかなりピンチ。
 
コミュニケーションが成立しない、と見るや悪チャイ達は手っ取り早くいく方を選んだらしく青竜刀を振りかぶる。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|

2013年4月14日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】幽霊にくしゃみ【体験談】

359:◆yRPaQTO9sg:2005/12/08(木)00:36:24ID:WiyM8vYv0
 今年の春、晴れて大学生となった僕は都内のとあるアパートに引っ越してきた。外見は今にも崩れ落ちそうな木造のアパートだったが、2LDKで6万という格安
の家賃は貧乏な僕にとって掘り出し物の物件だった。それに、住んでみると以外にも昔の実家と似てて、僕は妙な安心感を覚えたことを今でも覚えている。
 大学生になってすでに一ヶ月が経った。その日僕は大学のコンパに誘われてしこたま酒を飲んで帰って来た。初めて会う仲間との酒は、飲めない酒でも平気で飲めたりするものだ。
 フラフラになりながらもなんとか家にたどり着いたが、部屋に入り、上着も脱がないままベッドへと倒れこんでしまった。

 不意に目が覚めた。いつの間にか部屋の明かりはすべて消えていて辺りは真っ暗で何も見えない。枕元に置いてあった目覚まし時計を見ると、発光している文字だけはなんとか読み取れた。夜中の2時だった。
 頭が重い。喉が焼け付くように渇いている。僕はキッチンで水を飲もうと、重い頭を持ち上げようとした。
 その時だった。
 急に耳鳴りが始まった。その音は頭の中で蠢き、体は言うことを聞かない。僕は瞬時にこの現象は金縛りだと悟った。
 そのうち、暗闇に慣れてきた目が部屋の隅を捕らえる。暗闇の中にぼうっと光る白い影。最初は不規則な一本の線だったが、周りの暗闇を飲み込むかのように白い影は形を成していく。
 人だ。白い影は人の形へと変化した。よく見ると白い着物を着た人だった。体つきから女性とわかったが、肝心の顔は腰まである黒い髪の毛で隠れていてよく見えない。
 白い着物の女は畳の上をすり足で歩き、僕のベットへと近づいてきた。ズッズッズッズッズッと畳を擦る音は、耳鳴りが続いている耳にもはっきりと聞こえた。僕は寝たふりをして半目を開けたままにした。

360:◆yRPaQTO9sg:2005/12/08(木)00:38:08ID:WiyM8vYv0

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||

2013年4月13日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】ほれ、いつもそこにいちゃ寒いだろ。布団入るか? 【体験談】

316:レ プ◆riDYjNSHkc:2005/12/07(水)01:22:36ID:0vv8xSLx0
「ほれ、いつもそこにいちゃ寒いだろ。布団入るか?」
「ば、馬鹿なこと言わないでよ!狙いが見えてるのよ、この変態っ・・!」
「そ、そうかー・・残念だな」
「あ、あぁ・・ま、まぁ入ってやらない事もないわよ・・っ!」
「せ、狭い・・・・わりぃなぁ・・布団小さくて・・」
「べ、別に気にしてないわよっ・・!それよりも布団から身体がはみ出て寒いわっ・・な、何とかしなさいよっ!」
「あぁ、わるい・・・じゃあ、ちょ、ちょっとだけくっつく、ぞ・・」
「・・・・・・あッ・・!」
「・・・・・・・」
「ちゃ、ちゃんと肩を抱きなさいよっ・・!い、いくじなしっ・・!」
「あーもう、わーったよ・・おりゃ」
「きゃっ・・あんッ・・!・・・な、何デレデレしてるのよ、へ、変態っ・・!」
「ちぇっ・・じゃあ離れるよ」
「あっ!・・ちょ、こ、このままでいなさい、よ・・っ」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ



2013年4月12日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

このページの先頭へ