近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】【ギャル】高校時代、パシらせてたナヨ男に強引にヤラれた【体験談】

高校2年生の時の話。
当時は田舎のギャルといった感じでやりたい放題してました。
毎日学校帰りに仲の良い友達数人とファミレスで騒ぐ毎日。
多い時には十数人いて騒いでたからお店側はとても迷惑してたと思います。
私は自分で当時から私は明るいビッチ!とか言って結構やりまくってました。
もう性欲が凄かったんですよね、毎日セックスかオナニーしてましたから。
私達のグループの中に1人だけ男がいました。
と言ってもパシリというかいじめてました。
背が小さくて細くてナヨナヨしてて話してもどもってて。
当時、グループでそいつの全裸写真を撮ったりオナニー動画を撮ったりして、それで
「バラまかれたくなかったら一生パシリ」
と言っていつも一緒にいさせてました。
お金を盗ったりとかはないのですが、まぁおもちゃですよね、扱いは酷かったと思います。
ポチって呼んでましたしね。
ある時、未成年なのに皆でお酒を飲んで公園でギャーギャーふざけてました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2018年8月4日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】吹奏楽部の合宿中の罰ゲームで裸で混浴に行かされた【体験談】

私は女子高にいて、30人くらいが在籍してる吹奏楽部だったんですが、女の部活は何故かエッチな事思いつく子が多いんですよね。
部活の遠征で旅館に泊まった時、そこの旅館には女湯の他に混浴があったんです。
若気の至りだったのか、いつも盛り上げ役的な3年生の先輩2人に誘われて、当時2年の私と1年の後輩も行く羽目になってしまいました。
私とその後輩は、今でいう新垣里沙ちゃん(Wiki)を劣化させた感じの童顔で、どっちかと言えば聞き役タイプでした。
バスタオルで隠していいと書いてあったんですが、先輩がまたHな提案を…。
『ジャンケンで負けた1人だけ、何も持たずに先に1人で行く』という事になり、なんと1年の子が負けちゃいました。
そしたらその1年の子が半泣きになっちゃって、先輩命令で私が代わりに行く事になりました。
仕方なく着ていたジャージを脱いで裸になり、先輩達の視線に促され何も持たずに渋々中に入りました。
中はいきなり露天で、少し広めの浴槽が1つドーンとあるだけでした。
が、なんか、土建っぽい太った黒いオジサンが10人くらいいたんです。
私は童顔な上に身長が160cmくらいだったので、すぐ今泊まりに来てる高校の生徒だとバレてしまいました。
顔と身長の割に胸だけはDくらいあったんで、完全に全裸で何も持たずに入ってきた高校生にオジサン達は何か盛り上がってました。
体を洗う場所も無いので、
「失礼します…」
と言ってお風呂に入りました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||

2018年6月22日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【お勧め】自分を虐めていた男子の彼女から修学旅行の夜に呼び出された【体験談】

中学の修学旅行初日の夜、いじめられっ子だった私は、いつもいじめられていたSに呼び出されました。
嫌々部屋に行くと、子分達が待ち受けていて、羽交い絞めにされてパンツを下ろされました。
そこまではいつものイジメだったのですが、その時は部屋にSの彼女の由美がいたのです。
当時「もっこり」というあだ名を持っていた私のナニは大きく、中学生だった自分には嫌な物でしたが、それを女子に見られるという最大の屈辱を味あわされたのです。
その時は先生がやってきてそれ以上の事は起こりませんでしたが、その日の深夜、寝ているところを由美に起こされました。
何の用かと聞くと
「Tのチンチンって大きいよね、もう1回見せて」
と言うのです。
私がさっきの屈辱を思い出し拒否すると、
「じゃあ、あたしも見せるからさ、だったらいいでしょ?」
と言うじゃないですか。
もしかすると何かの罠かもと思いましたが、クラスメートの裸を見たい誘惑には勝てずOKしました。
由美の部屋に行くと、いつも由美とつるんでいる里香がいて、3人で窓側のスペースの戸を閉めて、見せ合いが始まりました。
しかし、裸になっても彼女等のあそこは陰毛の影で何も見えず、逆に勃起した私のナニはいいおもちゃになっていました。
触られたりフェラされたりさんざん嬲(なぶ)られた後、由美が私の視線に気付いて

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2017年7月22日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】身体障害者を虐めていた同級生【体験談】

復讐の中に、障害者に対する酷い行為が含まれていますので嫌いな方はスルーしてください
中学に入ったばかりの時に仲良くなった同級生A子は、身体障害者だった。
障害といっても軽いもので、歩く時に少し足を引きずったり、喋る時にわずかに声が震える程度。
頭の良い、優しい子だった。
ところが、クラスの女王様気取りのB子とその腰ぎんちゃくC子が、A子をターゲットにして陰湿な虐めを始めた。
A子の歩き方や喋り方を真似してゲラゲラ笑ったり、A子が話してると馬鹿にしたり、虐めの内容はとても幼稚なものだったが、とにかく1日中ネチネチ絡んでる。
見かねて、いい加減にしなよと止めたら、私の事も虐めてくるようになった。
私の容姿や、ちょっとした癖などを嘲笑ったり、聞こえるように悪口を言ってくる。
身体的な危害を加えられるわけじゃないし、スルーしておけばいいやと思ったけど、多感な中学生にとっては、こんな幼稚な苛めでも毎日やられると結構精神的に堪える。
それを見ていた他の人たちも、A子をかばうと自分まで虐められると思ったらしく、A子から離れたり、便乗して虐めたりするんで、A子の周りには私を始め、ごく数人の友人しか寄りつかなくなった。
うちの学校は中学からの少人数一貫教育で、結局この陰湿で幼稚な虐めは高校卒業までずっと続いた。
B,Cにとってはほんの気晴らし程度だったんだろうけど、障害の事を執拗に嘲笑われ続けたA子は、本当に辛かったと思う。
でもA子は学校を休まなかった。というか、休めなかった。
A子のご両親がとても厳しくて
「ハンディを持って生きる以上、強くならないといけない」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||

2017年5月2日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【閲覧注意】美人だけどムカつく女上司の大便姿を盗撮して関係を迫った【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
俺:中山正、46歳独身。
中高年特別採用枠で入社が決定し、半年が過ぎた。
仕事は、事務営業職。
今まで仕事を転々tしてきた中、滑り込んだ会社だ。
給料は安いが、この年で事務職の採用枠に入れたのは奇跡。
会社は、恐らく助成金狙いだったのだろう。
しかし、もう辞めようかと思っている。
原因は、上司である26歳の主任(松沢祐子)だ。
見た目は、南野陽子風の美人。
声もアニメチックで体型も綺麗で、性格さえよければ最高の女だ。
来月、隣の課の鈴木と結婚するらしく、俺以外の課全員が式に呼ばれている。
この主任はとにかく俺にだけ威圧的、攻撃的、そして軽蔑の目でしか対応しない。
俺のいない場所では、俺の事をクソ親父と呼んでいるらしい。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年12月26日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【青春】気付けばいつもそばにいた幼馴染【体験談】

幼馴染と俺は物心ついた時からずっと一緒にいて、幼稚園から小学校と中学校まで同じ学校。
高校からは別々だったけど、近場の学校に通ってたんだよ。
幼馴染は有村架純ちゃんに似てるから架純って書くわ。
架純は小さい頃から内気でよくいじめられてたんだよ。
それを俺がいつも庇ってやってたんだけど、架純はそれがずっと嫌だったらしい。
小学校の時も中学校の時も、時間さえあれば架純の席に行って2人で話したりしてた。
家も隣って事もあって登下校もずっと一緒だった。
小学生なんてまだまだガキだからからかわれたりしたけど、俺は全然構わなかった。
架純はいつも恥ずかしそうにしてたけど、俺がいつも手を引っ張って家まで連れて帰ってた。
中学でもからかわれたりしたけど、俺も架純と距離を置こうとか考えた事もなかった。
そんな中学校の時、突然同じクラスの女子に告白されたんだ。
その子とは話した事なかったけど、当時俺はバスケットで県で選抜に選ばれるくらいには活躍してたし、その子も隣でいつも練習してる女バスの子だったからずっと見てたって言われた。
それで、
「とりあえず考えさせて」
とだけ伝え、いつも通りに架純と一緒に帰った。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2015年5月28日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】性格は最悪だけど美少女な同級生に虐められてたので復讐でレイプした話【体験談】

俺は小さな頃から近眼で眼鏡をかけており、ひょろひょろな体つきでよく女子達から
「トンボちゃん」
とからかわれていた。
小学生の頃は、学年が同じだと女子の方が体格がよかったりするから尚更標的にされがちで、俺はしょっちゅう女子達からからかわれては笑われていた。
中学校に入る時は、
「これでヤツらから解放される」
と思っていたのに、何の事はない。
同じ小学校だった女子らが新たな仲間を加えたグループとなり、ますます俺をいじくり始めたのだ。
もうそれは「イジメ」だった。
何もしていないのにすれ違いざま体当たりして突き飛ばされる。
肩に担ぐフリして鞄を凄い勢いでぶつけてくる。
教室で机の間の通路を歩いていると足を引っ掛けられる。
その度に体重の軽い俺は吹っ飛ばされ、こかされ、壁や床に激突する。
ヤツらは確信犯なくせに
「あーごめん大丈夫?」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月16日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

このページの先頭へ