近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】【抜ける】2年間片想いしてた女性が酔いつぶれたのをいいことに【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
2年間片思いだった真里さんとついにやる事ができたので報告します。
僕は大学卒業後、とある会社に就職しました。
そこで一目惚れしたのが真里さんでした。
強気な正確でありながら女性らしさを醸していて、僕はすぐに惚れました。
その会社は飲み会が多く、月に1度は皆で飲みに行く程人間関係が良かったです。
酒の力を借りて告白しようと思った事もありましたが、真里さんには隙が無く、というよりも僕を恋愛対象で見ていないので告白するムードにすらならなかったです。
そのうち僕は朝から晩まで真里さんの事を考えるようになっていました。
そしていつしか真里さんを盗撮する日々になっていました。
盗撮といってもスカートの中とかではありません。普通に服を着ている姿です。
その写真を元にオナニーする日々が続いていました。
飲み会の時はいつも真里さんと最後までいるので、付き合いの良い奴として気に入ってはくれていましたが、恋愛の対象とは思ってないようです。
最後はいつも2人でカラオケとかに行っていました。
当然、真里さんが酔い潰れたところを狙って、襲う事も考えていました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2018年9月2日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】ある放課後、友達が別れ際にキスして逃げてった【体験談】

中学が同じで仲の良かったAと、高校から仲良くなったEの3人で、放課後の教室でだらけてた。
買ってきた菓子をかじりながら音楽を聴いたり、ワンダースワンとかの携帯ゲームをしたり、漫画読んだり。
3人ともあまり家が好きではなかったから、仲良くなってからはいつもこんな感じだった。
その日も、下校時刻を過ぎてもまだ粘ってて、見回りの先生から
「いい加減に帰れ」
と言われるまでダラダラしてた。
18時過ぎくらいだったけど、外はもう真っ暗だった。
電車通学だったEと駅で別れ、俺はAとチャリ引きながら歩いて帰った。
俺は家にまっすぐ帰っても暇だし、Aを誘ってバイパス添いのショッピングセンターへ行った。
そこで立ち読みしたり、中にあったサイゼリヤで軽く飯を食ったりして時間を潰した。
帰り間際、Aが
「ありがとう」
って言ってきた。
聞いたら、親とケンカしてたらしく、家に帰りにくかったらしい。
それに俺が気がついて、ショッピングセンターに誘ったと思ったらしい。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||

2018年1月30日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【援交】もう会えないと思っていた天使すぎるJKと再会【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
この話は『【援交】電車で天使のような可愛いJKに一目惚れして、ある日勇気を出して告白した』の続編になります。
まずはこちらを読んでから今回の話を読んでいただくことをお勧めします。
春になってから、あの天使すぎるJKは俺と一緒の電車にはもう乗らなくなっていた。
彼女の学年は聞いていなかったが、この季節であればおそらく高校を卒業してしまったと考えるべきであろう。
俺は通勤電車の中で度々彼女の事を思い出していた。
やっぱりできることならもう一度会いたい。
女子高生でなくなっていても彼女の可愛いさに変わりはないのだから、何処かで会えないものかと思っていた。
ある日、会社が終わり俺はいつものように帰りの電車に乗っていた。
あのJKが通っていた高校が最寄りにある駅に電車はゆっくりと到着した。
ふと何気に反対ホームに立っているJKに目が止まった。
あのJKに似たハーフツインの髪型にした子が立っていた。
ハーフツインの髪型のJKくらいいくらでもいるだろうと思ったが、よく見るとあれは・・・!?
「!!」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月31日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【近親相姦】娘と交わっていた息子を諭そうとしたらそのまま犯された【体験談】

テツオの母さん(40代)からの投稿
—-
私は娘と息子が一人ずついる平凡な主婦でした。
娘たちは仲のよい姉弟で、二人は小さい頃からいつも一緒でした。
娘にはお淑やかに、息子には男らしくなってもらいたいと思い、二人にはそれぞれにお稽古ごとに通わせていましたが、息子のお姉ちゃんっ子ぶりは幼少から少し重症ともいえるほどのシスコンぶりで、私と主人はこの頃から漠然とではありますが、二人のことを危惧していました。
息子はスポーツが嫌いだったわけではないようですが、お姉ちゃんと違うことをするのが嫌で、自分もピアノやバレエを習うと言って聞きませんでした。
とうとう親の方が折れて、ピアノにもバレエにもお姉ちゃんにくっついて通わせ始めると、息子は驚くほど器用で、あっという間に娘より上手になってしまいました。
ピアノの先生には十年に一度の逸材かもしれないとまで言われ、親の期待は高まりましたが、娘がお稽古事をやめてしまうと、どういう訳か息子の方も憑き物が落ちたようにお稽古に通わなくなりました。
それでも姉弟仲が悪くなったというわけではなく、結局のところお姉ちゃんのすることを弟も必ずしたがるということの繰り返しでした。
娘が生理を迎えるまでは同じ部屋をあてがっていましたが、いつも二人で抱き合って眠るので、私よりも主人が年頃の娘のことを心配して、二人の部屋を分けるようにしました。
何でも”お姉ちゃん、お姉ちゃん”という習慣は徐々に薄れていきましたが、それと反比例するかのように息子の素行がだんだんおかしな方向に向いて行き、態度も反抗的になってきました。
中学生になった頃には私よりも身長が高くなっていて、何が気に入らないのか家の中で暴れるようになりました。
最初の頃は主人もそんな息子を叱ってくれていたのですが、主人よりも体格が大きくなった頃、その傍若無人ぶりを嗜める手立てはもはや私たちにはありませんでした。
娘はお嬢さん学校の高校に進学しましたが、息子は高校へも行かず、家にもだんだん寄り付かなくなってきました。
どこを泊まり歩いているのかわかりませんでしたが、偶に帰ってきても自分の部屋に引きこもり、部屋の中は荒れ放題でした。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年11月6日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【お勧め】自分を虐めていた男子の彼女から修学旅行の夜に呼び出された【体験談】

中学の修学旅行初日の夜、いじめられっ子だった私は、いつもいじめられていたSに呼び出されました。
嫌々部屋に行くと、子分達が待ち受けていて、羽交い絞めにされてパンツを下ろされました。
そこまではいつものイジメだったのですが、その時は部屋にSの彼女の由美がいたのです。
当時「もっこり」というあだ名を持っていた私のナニは大きく、中学生だった自分には嫌な物でしたが、それを女子に見られるという最大の屈辱を味あわされたのです。
その時は先生がやってきてそれ以上の事は起こりませんでしたが、その日の深夜、寝ているところを由美に起こされました。
何の用かと聞くと
「Tのチンチンって大きいよね、もう1回見せて」
と言うのです。
私がさっきの屈辱を思い出し拒否すると、
「じゃあ、あたしも見せるからさ、だったらいいでしょ?」
と言うじゃないですか。
もしかすると何かの罠かもと思いましたが、クラスメートの裸を見たい誘惑には勝てずOKしました。
由美の部屋に行くと、いつも由美とつるんでいる里香がいて、3人で窓側のスペースの戸を閉めて、見せ合いが始まりました。
しかし、裸になっても彼女等のあそこは陰毛の影で何も見えず、逆に勃起した私のナニはいいおもちゃになっていました。
触られたりフェラされたりさんざん嬲(なぶ)られた後、由美が私の視線に気付いて

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2017年7月22日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【お勧め】覆面して彼女の家に侵入し、寝ているところを犯した【体験談】

あれは俺がまだニートじゃなかった、遠い遠い昔のお話。
2年ほど前の話です。
彼女と付き合い始めて1年が過ぎようとしてた頃、俺は彼女とのセクロスに明け暮れていた。
そう、俺も彼女もド変態だったのです。
3日ほど風呂に入らずそのままセクロスしたり、ほどよく車が通る山道に車を止めてセクロスしたり、もちろんデパートでとびっこスイッチオンプレイもやった。
そんなある日、俺はレイプもののAVを見た。
俺はSとM両方イケるんだが、そのAVは妙に興奮した。
そして俺は閃いた。
気が付くと俺は、Amazonで覆面をポチっていた。
3つ穴が空いてるあのベタなやつ。
武器は何が良いかなと思い、89式小銃に目をやるがすぐに我に返る。
こんなデカイのはダメだ。
なので俺は、ニューナンブのガスガンを買った。
警察でも採用されているあれである。
そして服装だ。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||

2015年12月17日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】泥酔して寝ていた彼女とその友達に悪戯【体験談】

睡姦野郎さん(30代)からの投稿
—-
寝ている自分の彼女や嫁さんに悪戯した事ありますか?
何も抵抗しない状態での悪戯は堪りませんね。
という事で、自分の体験を書きたいと思います。
その日はうちで宅飲みでした。
メンバーは、自分の彼女28歳ミキ、彼女の親友ミナ、ミナの彼氏、この4人です。
この日、自分は最初からやる気満々で準備をしてました。
飲み会が始まると酒も進み、準備してあったウォッカをこっそり皆の酒に入れちゃいます。
自分は酔ったふりしてさっさと寝室に行きました。
彼女が寝室にくるまで長い長い(^_^;)
やっときたと思ったらベッドに倒れ込むミキ。
自分は寝たふりしたままミキの寝息が聞こえてくるのを待ちました。
30分くらい経ったですかね。
若干のいびきが聞こえ始めたのでこちらも悪戯開始です。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||

2014年5月17日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

このページの先頭へ