近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【不倫・浮気】歳の近い義母のマリナさんが手ほどき 【体験談】

ボクのお母さんは小学校4年生のとき交通事故で亡くなりました。それから4年間はお父さんと二人暮らしでしたが、中学校3年生になったばかりの日曜日のことでした。お父さんが朝から出かけ、部活にも入っていなかったボクは留守番をしていました。夕方頃にお父さん帰って来ましたが、若いお姉さんを連れていました。そして
「サトシ。この人が今日からお母さんだからね。」
と言いました。あまりに突然のことで、しかも今年五十歳になる父親が自分の娘のような若い女の人と再婚するなど思いもよらなかったので、しばらく黙っていると
「サトシ君、初めまして。急なことでビックリしちゃったかもしれないけど、よろしく。何か困ったことがあったらいつでもママに言ってね。」
玄関で立ちすくんでいるボクの前にひざまずくと、そのお姉さんはボクの両手を取ってこう言いました。ボクは思わずその手を振りほどいて部屋に駆け込みました。本当のお母さんでも「ママ」なんて言ったこともなかったのに、初めて会っていきなり「ママに言ってね。」なんて言われたものだからとても驚きました。そして両手をつかまれた時の温かく柔らかな感触。部屋に入ってからもおかしなくらい胸がドキドキしていました。
 突然やって来た新しい「ママ」は「マリナ」という名前で(お父さんが「マリナさん」呼んでいたので。)、身長はボクより少し低いくらい、体つきはすらっと細身で顔は特に美人でもありませんでしたが、笑うとかわいらしい人でした。歳は聞かなかったのですが、お父さんの会社で高卒で働いていたらしく、多分まだ二十歳過ぎくらいの感じでした。決していやな感じの人ではありませんでしたが、いきなり「ママ」と言われてもボクの中で亡くなったお母さんがまだ生々しく息づいていて、その人を新しいお母さんなどと思えるわけもありません。同時にもうお母さんを忘れてしまったかのようなお父さんを憎むようになり、マリナさんが家に来て以来ボクは家では口を利かなくなりました。学校も時々サボるようになりました。夏も近づいたある夜、ボクにとってショックな出来事がありました。中学3年生になっていたボクはとうに精通があり、まだセックス経験はないものの、たまってきたらおちんちんをしごいて出すことは普通にしていました。友達同士の会話や雑誌のネタからセックスについても知っていました。友達の中ですでに女の子と付き合ってセックスをしている話を聞いてうらやましくなったこともありました。その夜は何かムシムシとして寝苦しかったので夜中に目が覚めました。しーんと静まりかえった家のどこからか、女の人のすすり泣くような声がかすかに聞こえてきました。ボクは一瞬怖くなってしばらく布団にもぐるようにして怯えていました。しかし、よく聴いているとそのすすり泣く声がマリナさんの声の似ていました。ボクは怖いもの見たさで起き上がると部屋のドアを少し開けて階段の下に目をやりました。ボクの部屋は2階で、お父さんはマリナさんと1階の寝室で寝ていました。すすり泣くような越えは寝室の方向から聞こえてきます。そろそろと階段を下りて寝室の前まで来ると、声は間違いなく寝室からもれてきます。注意して聞いていると、すすり泣くような声は「ウンッ、アンッ」という短い声が混じっています。「泣いてるんじゃない!!」そう思ったボクは震える手でゆっくりと寝室のドアを開けてみました。寝室は真暗ではなく、ベッドのそばの小さなライトが点けてあって寝室の様子がぼんやりと見えました。次の瞬間ボクは凍りついたように固まってしまいました。ボクがそこで見たものはベッドの上で横たわるお父さんとその上にまたがっているマリナさんでした。しかも二人とも全裸!!お父さんは寝室の入り口に足を向けた格好で、マリナさんは背中を向けていました。マリナさんは声を出しながら腰を前後に振っています。お父さんはマリナさんの腰をつかむようにして下から突き上げるような動きをしています。そしてお父さんの太いおちんちんがマリナさんのおマンコに出たり入ったりしているのがはっきりと見えました。お父さんがマリナさんとセックスしている!!ボクのおちんちんは痛いくらいに堅く大きくなっていました。もっと見ていたかったのですが、見つかると大変なのでそっと部屋に戻り二人のセックスを思い出しながらおちんちんをしごきました。いつもの想像と違って本物を見た刺激と興奮はスゴイものがあったようで射精の瞬間の気持ちよさも出た量もこれまでで一番でした。次の朝二人は自分たちのセックスを見られたことに気づいていないようでしたが、ボクはまともに二人の顔を見れませんでした。
 さっきも書きましたがこの頃のボクはよく学校をサボっていました。マリナさんは自分にも責任があると思ったのでしょうか、ボクに学校に行くように言いませんでした。マリナさんとボクが男と女の関係になってしまったのはボクが学校をサボったある日のことでした。その頃お父さんは仕事が大変で土曜日も日曜日も朝早くから仕事に出かけ、帰ってくると晩ごはんを食べて風呂に入りすぐに寝るという毎日でした。あれからボクは何度か二人のセックスをのぞいたことがあったのですが、ここ2ヶ月ほどは「すすり泣く声」を聞いていませんでした。友達が女の人も自分で自分のおマンコをさすったり中に指を入れたりしてマンズリをすると言っていました。「ひょっとしてマリナさんもマンズリをしているのだろうか?」そんなことを思いながらお昼近くまでベッドに横たわっていると、その日に限ってマリナさんが部屋の前まで来て
「もう起きてる?そろそろお昼ごはんにしない?」
と声をかけてきました。ボクが黙ったままでいると
「ねえサトシ君。どこか具合でも悪いの?」
それでも黙っていると、ドアが開いて
「あら、起きてるんじゃない。大丈夫?」
と言いながらベッドのそばまで近づいてきました。
「大丈夫だよ。ちょっと疲れてるだけだから。」
そっけなく返すとマリナさんの口からビックリするような言葉が出ました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||

2013年10月2日 | 近親相姦体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【姉と】ナンパ【エッチ】

俺には彼女がいてラブラブなんだが、
友達と飲みに行くと女の子に声をかけたりしてます
(成功は殆どないんだけど)
数ヶ月前に、たまたまナンパが成功して、
その日の内にゲットできた年上のおしゃれな感じのお姉さん智子とは
相性が良いのか、ちょくちょく会いセフレになった。
まぁ真面目な彼女がいるので頻繁には会えないが、
彼女は彼女でセックスの相性も良く。結構ラッキーな状態になれていた。
智子にも彼はいるらしいし、お互いセックスだけの関係なので心配もない。
智子と会うようになってからひと月くらいたった日、
彼女涼子とマックで遅い昼を食べてたら、涼子の携帯にメールが来た。
涼子が、外に出てくると言うので一人で待っていた。
帰ってきた涼子の後ろにいるのは智子だった!
ハッキリ言って焦った。智子の顔も硬直していた。
『いつ、ばれたんだ・・・しかも智子を連れえくるなんて・・』

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||

2013年10月2日 | 近親相姦体験談カテゴリー:姉との体験談

【近親相姦】兄のオナニーを手伝った【体験談】

昔、小学校三年生の時、三つ上の兄のオナニーを手伝ったことがあります。
その頃は一緒の部屋で、私は学校から帰宅すると机で宿題をしていました。
横には兄の机があり兄はマンガを読んでいました。
すると兄が突然ジャンプするみたいにイスから飛び降りると、
ズボンとパンツを下ろし脱ぎ捨てました。
そして自分のモノをまじまじとみています。
兄のモノは勃起して天井を向いていましたが、
当時の私は性の知識などなかったので「K-1の人の腕」が頭に浮かんだのを覚えています。
私がビックリして見ていると、兄は再びイスに座り、
両手でモノを握り上下させ始めました。
私には何をしているかサッパリわかりませんでしたが
なぜか見続けていました。
兄のモノはとても大きく私の顔ぐらいありました。
小学校低学年の時は六年生がとても大きく感じたので、
私の記憶の中で誇張されてしまっているのかもしれませんが、

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||

2013年10月1日 | 近親相姦体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【妹と】エロ姉妹の手コキ 【エッチ】

 俺の初体験は中2のとき。相手は姉の同級生です。

 ゴールデンウイークの最後の日、自分の部屋のベッドで本を読んでいると姉貴が突然入ってきて、従姉の家へ遊びに行こうと誘われた。
 姉貴と同い年で同じ高校へ通っている従姉はすぐ近くに住んでいた。
 従姉の家へ行くと、従姉のほかに会ったことのないお姉さんが4人いて、姉貴が俺を連れてくるのを待っていたようだった。

 空いていた従姉のベッドに腰掛けるといきなり従姉と初めて会ったお姉さんに押し倒された。気がつくとあっという間にパンツ一枚にされていた。
 割と小柄だった俺の上にかなり大柄な従姉がのしかかると俺は身動きがとれなかった。
 その間に誰かが俺のパンツをスルリと脱がした。
 姉貴の同級生でミサが「目をつぶってて。気持ちいいことするんだから。」と俺に言うと、俺のチンポを握ってゆっくりしごき始めた。
 みんなの話から、姉貴の同級生のうちまだ処女の2人にチンポを見せるのが目的らしいことがわかった。

 男兄弟がオナニーするのを毎日のように見てるというミサは手つきがよくて、俺はあっという間にボッキしそのまま発射してしまった。
 姉貴も従姉もニヤニヤしながらみているだけだった。
 そばにあったティッシュで精液をぬぐうとミサは処女だという2人に「どう?すごいでしょ?」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||

2013年10月1日 | 近親相姦体験談カテゴリー:妹との体験談

【妹と】従姉妹のお姉さん 【エッチ】

小学校の高学年の頃、従姉妹のお姉さん(みかちゃん)が、うちに下宿していた。高校を卒業し、看護学校に通うため、地方から出て来ていたんだ。
家はさして広い方でもなく、みかちゃんに部屋を提供するため、僕の机を縁側の隅っこに置き、縁側全体を僕の部屋として使うことになった。みかちゃんは、僕に申し訳ないと、すごく恐縮してた。もっとも僕は、姉と共同の二人部屋よりも、その場所を結構気に入っていたんだが。
みかちゃんは、当時、真面目でおとなしい少年だった僕をかわいがってくれた。友達と出かける時なんかも「小さなボディガード」と言って、あちこち連れていってくれた。
今思えば、みかちゃんは幼児体型のロリ顔で、けっこう可愛かったと思う。けれど、田舎から出てきた引っ込み思案で、彼氏もいなかったようだ。
僕も姉もみかちゃんが大好きで、寝るときは、僕と姉が、みかちゃんを間にはさんで、川の字になってねていた。両親もみかちゃんも僕がまだちいさい子供で、全然気にして無かったみたいだ。
しかし、僕はその頃、少しずつ性に関心を持ち出した頃だった。父が不注意に放置した週刊誌のグラビアや、ごく他愛もないテレビのラブシーン等を見て、興奮していた。また、いっしょに暮らすうちに、ふとした拍子に、みかちゃんの着替えのシーンに出くわすこともあった。早熟な友達からは、ずいふん羨ましがられたものだ。
そんなある日、夜中にふと目がさめた。暑くて寝苦しかったのか、みかちゃんが布団からのりだし、パジャマがめくれておへそが見えていた。幼いながらもムラムラとした僕は、恐る恐るみかちゃんのお腹をなでた。しかしその夜は、それ以上先に進むことはできなかった。
次の夜、僕は、みかちゃんが眠るのを、じっと布団の中で待っていた。みかちゃんの頬を何度もつついて、眠っていることを確かめると、そっと布団をめくった。
大丈夫、起きる気配は無い。みかちゃんの胸元に顔を近づけ、パジャマの前のボタンのあたりの隙間から中を覗く。暗いし、隙間が狭くてよく見えない。思い切って、パジャマの前の隙間に指を入れ、少し引っ張ってみる。小さな胸の裾のあたりが見える。もう少し。体に触れないように注意しながらボタンを一個はずし、もう一度引っ張ってみる。
やった、見えた!みかちゃんの乳首。ほんの少しだけど、薄い褐色の蕾みが・・・。触りたいけど、気づかれたらたいへんだし、これ以上はムリ。
次の日の夜も、いけないとは思いながらも、もうやめることなんてできない。だんだんエスカレートするばかり。
パジャマの上から、小さなふくらみを掌で包んでみる。はじめての柔らかい感触。と、その時みかちゃんが軽くみじろぎする。あわてて手を離す。ん、大丈夫、起きてない。
昨日は一個だったボタンを、今日はもう一個・・・もう一個・・・パジャマの胸元を左右に開く。小さなふくらみ・・・左側だけ・・・と、その先端の蕾み・・・全部見えた。
だんだん、大胆になってくる、というより、がまんできない。
次の日の夜は、とうとう剥き出しにした乳房を手で押し包んで、静かに揉んでみた。柔らかい。乳首を指先で摘まんでみる。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||

2013年9月30日 | 近親相姦体験談カテゴリー:妹との体験談

【姉と】10年前、弟と【エッチ】

10年近く前ですが、一度だけ弟と関係したことがあります。
地方の大学に入学して、アパートで一人暮らしをしていた時のことです。夏休みを利用して弟が訪ねてきました。私が大学2年、弟は高3。もともと姉弟仲は良い方でしたが、飛行機に乗ってきてくれたのが嬉しかったこともあり、ちょっとお姉さんぶって、居酒屋に連れて行きました。実は私はかなりお酒が弱く、ビール一杯でふらふらになってしまいます。弟もお酒を飲むのは初めてで、すぐに気分が悪くなってしまいました。アパートに帰って、弟を介抱しているうちに私も胸焼けがして、下着姿になりました。苦しそうな弟のシャツやズボンを脱がしてあげると、何とアソコが盛り上がっています。
「なによ、こんな時に」
「だって、姉ちゃん、そんな格好で……」
薄い水色のブラとパンティでしたが、免疫のない弟には刺激が強かったらしいのです。
その時、実は私は処女でしたが、お姉さんぶって、「こんなことで興奮するなんて、だらしないぞ」と指でアソコをはじく真似をしました。弟はしばらく照れ笑いをしていましたが、突然、「姉ちゃん、好きだ」と押し倒してきました。「姉ちゃん、姉ちゃん、我慢できない」とアソコを擦りつけてきます。
「やだ、やめて」抵抗しても、聞きません。「姉ちゃん、好きだ」キスをされ、パンティを脱がされ、一気に挿入しようとしますが、うまくいきません。
そのうちに、私も抵抗をやめました。初めて見る男のオチンチンに、私の頭はボーッとなり、ついに初体験をするのかと覚悟しましたが、結局何回やっても入りませんでした。弟は私のアソコを舐めてくれました。でも、緊張している私には、ほとんど感じることがありません。経験のない二人が、空回りをしているだけでした。
次第に酔いが醒め、事の重大性に気付きましたが、二人ともひっこみがつかなくなっていました。最後は、弟は私の太股にアソコを擦りつけて射精することで、ようやく落ち着いたのです。
弟とはこれっきりで、妙な気まずさだけが残りましたが、今では二人とも結婚して子どもがいます。あの不器用な、でも一生懸命な行為が懐かしく思い起こされます。

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||

2013年9月28日 | 近親相姦体験談カテゴリー:姉との体験談

【妹と】従妹へのいたづら 4 【エッチ】

親父達は午前中には帰ってしまい、俺だけが残された。
昼間は叔父に連れられてゴルフへ行き、夜は夜で叔父叔母から20歳になったんだからと、
しこたまお酒を飲まされた。一応風呂には入ったが、しんどくてすぐに布団に入ってしまった。
夜中、トイレに起きたときには、寝る前に吐いたのが効いたのか、酔いはだいぶ抜けていた。
少し頭が重かったがフラフラとトイレに行き、用を足し、少し水を飲んで部屋に戻った。
すぐに布団に入ったが、一度起きたらなかなか寝付けなくなり、
ボーッと天井を眺めているのも退屈だったので、タバコを吸いに外に出た。
夏とは言え山奥なので、夜風が冷たかったが、酔い覚ましにはちょうどよかった。
ボーッとしながら3本くらい吸って、もう戻ろうかと玄関へ向き直ると、
ちょうど玄関から出てきたE美と鉢合わせた。窓から俺が外に出るのが見えたので、
ちょっと話がしたくて出てきたという。なんだか昨日のこともあってドギマギしたが、
「まぁちょっとあのへんに座って話そうか」と叔父の作業場へ通ずる階段に座るよう促した。
E美の格好は昨晩と同じでタンクトップに短パンで、
上から部活のものらしい薄手のジャンパーを羽織っていた。
夜明かりに白い脚が眩しく、タンクトップの襟元からのぞく胸元も色っぽい。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2013年9月27日 | 近親相姦体験談カテゴリー:妹との体験談

【姉と】姉ちゃんと無人島に漂着してたときの話 【エッチ】

1名前:名も無き被検体774号+[]投稿日:2012/09/23(日)19:55:10.71ID:i1BC1wX50
もう昔の話なんだけど、やっぱりおれ一人の胸に収めて置くのが辛い
王様の耳はロバの耳的な感じで書きこんで行きたい
内容には色々と問題があるから、通報とか書かれると思うんだが、そう言う人は釣りだと思ってスルーしてくれ
結構昔の話だし、ここにスレッドたてるのも初めてなんでお手柔らかにお願いします

5名前:名も無き被検体774号+[]投稿日:2012/09/23(日)20:00:49.94ID:i1BC1wX50
もうかれこれ1○年前の話
当時のおれは、某社団法人の広報関連で働いてた
実家は大阪で印刷の町工場
活版印刷が絶滅で、全部コンピューターになったし、実家の工場は青色吐息だった
実家では父ちゃんが明日にでも首吊ろうかって感じだったらしい
おれは東京で彼女に振られて絶賛落ち込み中だった

8名前:名も無き被検体774号+[]投稿日:2012/09/23(日)20:07:22.90ID:i1BC1wX50

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2013年9月27日 | 近親相姦体験談カテゴリー:姉との体験談

【妹と】合鴨 【エッチ】

 自分はすでに従兄弟の子と致してしまいました。
相手抄録、自分27の時に。
近所だもんで、よく遊びに来ます。すでに2年を越えますが。
最初は、ゲーム機目当てに出入りしていたんですがね。
 おかげで、夜遅くなっても、泊まり込んでもロープレに夢中になってしまってと言えば、親も不審に思わないみたいです。

 彼女は三人姉妹の長女で、自分は今29なんですが、その家の自分の伯父(彼女から見れば祖父)によく、まだ独身かと言われるんですよ。
だから、三人のうち誰かもらうからそれで良いじゃん。と冗談交じり返すんですが。
まぁ、親の方も、ダレがこのおじさんと結婚するだ?と聞くと長女の彼女が元気良く手を挙げたもんでした。
最近はそのやりとりでも手を挙げなくなって、伯父に、おまえは前はこのおじさんと結婚するじゃなかったのか?
と冷やかされても、今は照れくさそうにするだけです。
その代り末っ子(6歳)が最近手を挙げてくれる様になったのですが、いかんせん若すぎます。(笑

 ここのスレ見て影響うけてしまった様なんですが、結婚するのもアリかなと半分真剣に考えてたりして。
自分の別の叔父と叔母は従兄弟同士で結婚しているから、

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2013年9月24日 | 近親相姦体験談カテゴリー:妹との体験談

【姉と】弟「姉貴、絶対に復讐してやるからな」(下) 【エッチ】

弟「姉貴、絶対に復讐してやるからな」(上)

の続きです。
________________________________________

392:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)12:54:01.29ID:oY7qmcgW0
自殺したとき弟は高3では

393:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)12:56:36.41ID:Yj4nNgkjO
392 国公立の合格発表までに卒業したという脳内設定 
飯食ってきます

398:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)13:24:51.22ID:xhlVKKQr0
私立中学は今でも中学で余弦定理とかやる

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ



2013年9月20日 | 近親相姦体験談カテゴリー:姉との体験談

このページの先頭へ