近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】冬休みを利用して遊びにきた妹と【体験談】

兄(にいに) 23歳の社会人
二ヶ月前に彼女と別れたばかり
妹に恋愛感情は多分ない、妹としては大好き
向こうも無いと思う
にいにが小さい頃に父を病気で亡くし、
母親に「家に男の子は○○だけなんだから、ママと○を守ってね」と言われ育った
にいにも「ママと〇は俺が守る!!!」とガキながら思い、
特に妹に対しては「優しく強い兄」でいようと努めていた
にいには転勤で実家を出たので、妹に会うのは盆以来
今週いっぱい(2009/1/11夕方)で妹は実家に帰る

妹 19歳の専門学校生
今はいないようだが普通に彼氏いた
兄の贔屓目で見ても妹はそこそこかわいい

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2017年9月26日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】剛毅な女上司【体験談】

  のつづき。

由紀の食いしばった歯がカチカチ鳴っていた。

由紀は毛嫌いしている男の前に自身の女を全て晒し、精神的にも屈服させられようとしていた。
16歳から社会に出て男顔負けの仕事をしてきた。
かつての由紀は、、店長は、誰にも媚びなかった、社内の権力者にさえ啖呵を切るほど気高く生きていた。
そんな店長が、夫でもない男の、、自分が振った男の指先によって、潤い、完全に花開かされていた。
どれほど悔しく屈辱的なことだっただろうか。

「あぁ、あぁ、あぁぁ」

食いしばっていた歯はいつのまにか開かれ、由紀の口から荒く、そして甘い息が漏れ出ていた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||

2017年6月21日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】中間管理職の憂鬱【体験談】

「この・・・馬鹿者がーっ!」

私の怒声に、オフィスがシンと静まりかえる。

デスクを挟んだ目の前には、薄いグレーの犬人が身を縮こまらせて恐縮していた

いつもは元気良く振られている尻尾を垂れ下がらせ、両の耳を完全に寝せてショ
ンボリとうつむいているが、そんなことくらいでは私の気はとても収まらなかっ
た。

「今すぐ先方にお詫びの電話を入れろ! 謝罪に行くぞ! 外出の支度をしろ!

「は、はい・・・! あの、部長も来られるんですか・・・?」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年6月20日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】妹を愛撫①【体験談】

ある日、ベッドでうつ伏せで寝そべって本読んでた妹の横に添い寝し、背中とか尻とか触っている内に止まらなくなった。
無理やり正面向かせ胸に触りキスした。妹は驚いた。
その日はとうとう妹を下着姿にしてキスしながら愛撫した。妹は最初は驚いたが、何ら抵抗せず笑顔で受け入れた。
俺も妹も初めてのキスだった。
キスには抵抗感はなかった。
妹が小さいときはしょっちゅうキスしてくれたし、違和感がなかったのかな。(違うかw)
以後、キスは日常の行為になった。
ただ唇をちょっと吸いあうだけみたいなキスだが、それでも親の目のない時は所構わず、
親が居る時でも目が届かなければ唇を合わせていた。
今振り返れば、当時、俺に倫理感みたいなものが残っていれば、あの時点でやめられたはずだ。
妹と前より仲良くなったのはいいが、どうもヤバい方向に向かっているのはわかる。
妹に対しても、親に対しても罪悪感がある。
自分的に白けてしまったとはいえ、彼女もできたわけだし、妹に性欲を向ける必要は全くない。
周りは彼女のことを歓迎してくれているので、ある意味とても幸せなことだと思う。
でもそれら全部をドブに蹴り込んでもいい位、妹の体には魅力があった。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2016年11月6日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】萌えコピ 一読者が選ぶジャンル別優秀作品【体験談】

ども、皆様始めまして。
萌えコピをこよなく愛する一読者のカゼイシロタで御座います。

最近の萌えコピは殿堂入りする作品も少なくレベルの低下とお嘆きの読者様も
いらっしゃるようですが、中にはあまり読まれずに評価されていない眠っている作品。
そして、評価を受けながらも「真偽」にて揉めている作品。
また、シリーズ物、読者様の趣味趣向に合わないもの、読み難いものと多々御座います。

今回の趣旨としましては、いつもは見ないジャンルをこの際覗いて頂きまして
新たなる「抜き」、「萌え」の世界に誘う事が私の役目だと思っております。
ただ、9000話近いお話の中からコレだ!という物はなかなか探し難い作業で御座います。
今回はそのジャンルについての足掛りと致しまして代表的な高評価なお話を
ピックアップしていき、皆様に「萌え」のジャンルを広げていただきたいと
思う次第で御座います。
長い文章になってしまいましたが、よろしくお願い致します。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年9月16日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】Mother【体験談】

今日もまた考え、そして後悔する
うまい文章ではない、かなり長い、それでも俺の犯した罪を聞いて、罵倒して貰えるならば感謝する
妄想やネタだったらどんなに良かったか。これがトラウマとなり俺は基地外になった

俺は小学校の時から母が嫌いだった。理由は単純で。
会社社長の父は仕事が忙しく、ほとんど家に帰って来なかった。
だから、母は寂しさを紛らわすためか、1人息子の俺に何かとちょっかいを出しては、ベタベタ擦り寄ってきた。
小学生だった俺は、そんな母のことが、鬱陶しく、うざかったのだ。
中学になると、俺は完全に母を無視するようになった。
母に話しかけられると「うるせえ」と怒鳴ることも度々あった。そんな時、母は悲しそうな顔をして黙ってしまう。
そんな毎日が続いて1年が過ぎると、家に居ても、母とは全く話をしなくなっていた。
この時、俺は14歳の中学2年生、母は30代前半、母親の年齢としては、他の同級生の母親よりも若干、若い程度だった。

ある時、玄関に荷物を受け取りに行くと、宅配便のお兄さんから「お母さん、すっごい美人だよね」と言われた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||

2016年6月6日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】続・いとこ同士のセクス【体験談】

<>548名前:130◆REqI9JYv16[sage]投稿日:2008/08/05(火)12:46:27ID:y1tW+RLl0<>
前回お話したのがいつの事だったか、記憶も曖昧になるほどの期間を置いて、再びお目汚しと参りましょう。

今回は比較的最近の話で、時期は6月の中ごろ。
あーまた一つ年食ったなぁ、などと黄昏ている所にいとこからこちらに来るとの連絡が入りました。
最後に顔を合せたのは年明けの…4ヶ月くらいのご無沙汰ですね。
気持ちの緩む時間ができる事に少し喜びを覚えていました。

で、そこから数日して問題の当日です。
仕事もまぁまぁ落ち着いて片付けられ早めの帰宅を許された私は、いそいそとお泊りセット(焼酎グラス、麦、芋、ししゃも、そしていとこからの要請でPS2その他)を持って祖父母の家に向かうのでした。

<>549名前:130◆REqI9JYv16[sage]投稿日:2008/08/05(火)12:46:51ID:y1tW+RLl0<>
居間へ続く戸を開けると、出迎えるのはいつもの顔+1。
既にパジャマ姿でだらけた様子のいとこ殿が迎えてくれた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年5月28日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】一番怖いもの【体験談】

大学時代の話。
バイト先の後輩Kさんは、とにかく真面目な女の子。
自分より1歳年下で、正直驚くほど可愛いとか美人というわけではない。
しかし赤縁の眼鏡が良く似合っていて、責任感の強い性格で皆から好かれていた。

そんなKさんに、ある日自分は質問をした。
「Kさんの一番怖いものってなに?」
「え、そうですね…」
自分の問いに、真剣な表情で考え込むKさん。
たっぷり20秒程度悩んだ後、Kさんは恥ずかしそうに言った。

「授業中トイレに行きたくなることと、くすぐり…です」

「ぷっ、ははははは!」
予想外のメチャメチャ現実的な答えに、思わず声を出して笑ってしまう自分。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|

2015年12月25日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】見かけによらずドMでインランな姉 【体験談】

姉の立場から書いてもいいスレなの?

弟に酔っ払ってちょっかい出したら、反撃にあってコチョコチョされまくって失禁してしまったバカな姉がワタクシ…
それ以来、弟からちょっと体に触れられただけでキュンとなってしまうようになり…なんか不思議な感情が芽生えたのが1年位前です。

見た目はスゴく生意気な感じだ、そして実際生意気だ。
でも失禁しちゃうあたり、萌えでしょ?(笑)

弟は6つ年下で今年高校を卒業したものの大学受験に失敗
予備校に通いながらフリーターしております。
ヒッキーでもニートでもないけど、2ちゃんは良く見てる(私も)

姉から見ても、なかなかの男前で将来有望、童貞ではない。
しかもちんちんデカいらしい(笑)
なぜそれを知っているのかは書いてからのお楽しみ。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||

2015年12月22日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】高校時代の話【体験談】

高校時代の話。萌えられるかはちょっとわからない。

美術室の掃除をしてた時、突然「キャッ」という悲鳴が聞こえた。
声がした方を見ると、同じ班のMさん(真面目黒髪眼鏡っ娘)が別の女子にくすぐられて床の上を転げまわっていた。
Mさんは笑いながら一生懸命逃げようとしていたけど、うつ伏せになった所を馬乗りにされて動きを封じられてしまう。
逃げられない体勢で脇の下や肋骨のあたりをくすぐりまくられ、脚をばたばたさせて笑い悶えるMさん。
スカート姿で脚をばたつかせるということは、当然スカートが乱れちゃうわけで。
数十秒もしないうちにスカートはめくれ、露わになった白い太ももの間から純白の中身がチラチラと…
つい思わず見入ってしまった。

それから1分くらい経ってもくすぐり攻撃が止まる気配はなく、Mさんは息も絶え絶えな死にそうな声で「もうやめて」と
懇願してたから、さすがにかわいそうになってくすぐっている女子にやめるよう言った。
解放されたMさんはすぐ乱れたスカートに気づいたみたいで、慌てて立ち上がってスカートを直していた。
そして掃除が終わって美術室を出る時、Mさんが近づいてきて小声で「見たでしょ?」と聞いてきた。
嘘をつこうかとも思ったけど、素直に「ごめん、ちょっとだけ…」と答えた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||

2015年11月27日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談
1 / 1012345...10...最後 »

このページの先頭へ