近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】オグシオの小椋離婚(不倫略奪婚の末路)【体験談】

小椋久美子さん 9月に離婚していた「別々の道を歩んでいくのが最善の道」
ORICONSTYLE-10月30日14:20

 ラグビー神戸製鋼のCTB山本大介選手(29)と11月中にも離婚へと一部で報じられた、元バドミントンのアイドルペア“オグシオ”の小椋久美子さん(29)が30日、自身のブログで9月中に離婚していたことを明らかにした。「本日の別居及び離婚報道につきまして 既に二人の中での話し合いが済み、9月に離婚届を提出させていただきました」と公表した。

 今回の離婚は「私自身の未熟さを省みながら考え悩んだ末、お互い別々の道を歩んでいくのが最善の道だと考えて決断したもの」だといい、「たくさんの祝福のお言葉、応援してくださっていた方々へは大変申し訳ない気持ちです。この場をおかりしてお詫び申し上げます」と謝罪。発表を遅らせた理由を「山本氏のシーズン前半が終了となり、この度のご報告とさせていただいたことを重ねてお詫び申し上げます」とした。

 今後について「これまで以上にバドミントンを中心としたスポーツ普及・振興活動に力を注いでいこうと考えております」と意欲的に綴り、「今後ともどうか温かく見守っていただければと思います」と呼びかけている。

不倫略奪結婚だった!元オグシオの小椋久美子とラグビー山本大介

2011年2月24日、バドミントン元日本代表のアイドルペア「オグシオ」の小椋久美子(27)と、ラグビートップリーグの名門・神戸製鋼に所属する山本大介選手(28)の結婚が報じられた。
トップアスリート同士の結婚に、スポーツ紙やテレビは「爽やかスポーツ婚」などと祝福ムードだった。が、実はドロ沼の“不倫略奪婚”だったのだ

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||

2016年9月14日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】バンクーバーの悲劇【体験談】

コストナー&ミライ「もう二度と韓国の出る試合には出たくない」

安藤  名古屋「不可解な判定はいずれもキムが一番苦しい時間帯に行われた。
 これはもう偶然とは言えない。言っていいはずがない。」

ストイコ カナダ「不愉快だ。五輪は世界最高の大会のはずだ。世界最高の大会は公正な場で行うのが義務だ。
 まして観客の声援を強く受ける開催国は、これに細心の注意を払わなくてはならない。
 それを怠った韓国には、深く失望し、憤りすら感じる。」

プルシェンコ ロシア「米国、日本、バンクーバー戦で韓国が行ったことは、これまでアスリートが
 築いてきたフィギュア文化を否定し、腐敗を招く行為でしかない。
私は、多少混乱が生じたとしても韓国から勝利を剥奪しても良かった様に思う。
そうすれば、このような過ちは繰り返されなくなるのだから。」

佐野&なかにし「一つ確かな事は、今回の韓国の勝利に名誉が伴っていないことだ。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ



2016年3月27日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】年収110億円の生活【体験談】

米国はミネソタ州にあるヘーゼルティン・ナショナルGCで開催中の全米プロ選手権では、石川遼が最年少17歳での予選突破を決めたが、もちろん大本命は2年ぶり5度目の優勝を目指すタイガー・ウッズだろう。

スポーツ界最高額といわれている年収110億円を稼ぐウッズだが、その実生活でもスキャンダルらしいスキャンダルは聞かれず、一体どんな生活をしているのか?

14日放送のフジテレビ系列『すぽると!』では、「パーソン・オブ・ザ・ウィーク、タイガー・ウッズ」と題し、キャスターのフロラン・ダバディが、ウッズの驚くべき質素な私生活を3ヶ条で説明した。ボードには、

「チャンピン・オブ・スリープと言うぐらいよく寝る」
「毎朝5時に起床、練習は1日10時間以上行う!!」
「ベッドメイキングや車の洗車は自分で行う食事はなるべく外食をしない」

と書かれており、ダバディ曰く、
彼は33歳になった今でもその日課を続けているというのだ。
また、ウッズの生活を円グラフで表示すると、
睡眠10時間、5時から10時間のゴルフ練習、その他(テレビゲームなど)
という3項目しかなく、世界的アスリートが送るストイックな毎日にその強さの秘密を垣間見ることができた。

近親相姦体験談検索用タグ

|

2015年10月7日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】韓国の領土PRは精神と肉体極限に鍛えた選手の美を台無しにした【体験談】

ロンドンオリンピックの男子サッカーの3位決定戦・日韓戦で韓国選手が、島根県の竹島について「独島はわれわれの領土」と書かれたボードを掲げ、フィールドを駆け回った。
このオリンピックの精神に著しく反する行為について作家の落合信彦氏が問題の本質を抉る。

 * * *

 周知の通りオリンピック憲章は競技会場での政治宣伝活動を一切認めていないし、竹島問題については韓国政府が間違った主張をしてきたことは明らかだ。
しかし、今回の韓国選手の所業はそうした次元の話ではない。

 これは「品格」の問題だ。オリンピックには人間の品格と美しさがあるべきだ。理想主義かもしれないが、夢や理想なき現実を生きて何の意味があるのか。現実を直視しながらも、理想を忘れてはならない。

 今回のロンドンでも、美しいシーンはあった。試合に敗れた選手が勝者に握手とハグを求め、勝者は敗れた者の手を取って高々と天に向かって掲げるそんな場面が確かにあった。
 その光景は、韓国選手の幼稚な行為とは対照的に美しかった。高い精神性に基づいた人間の善は美しいものだ。
逆に、敗れた相手を嘲笑うかのようなパフォーマンスは最も醜い。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||

2015年4月19日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】あるトライアスリートのお話【体験談】

<>449名前:774RR[sage]投稿日:2005/07/10(日)17:00:06ID:kPdYTCBL<>
俺学生時代に、トライアスロンの選手だったのよ。
大会とかで何回も入賞して、ちょっとしたアイドル気分で調子に乗ってた。
ある時、友人の原付で調子に乗って走ってると、コンビニから車が急に出てきたんだ・・。
気がつくとベッドの上。んでよくみると、俺の左足がないのよ。

もう訳わかんない状態。夢ならさめてくれって感じ。

医者によると、左足は膝間接をタイヤに潰されてたんだと・・。
夜になると夢を見るわけだ。事故が夢であった夢。
わかるかなぁ・・・。夢の中で目が覚めて事故は夢だったってオチ。

朝に目が覚めて愕然とするんだけどね。情けないけど、何日も泣いたね。
見舞いに来てくれる、友人達にもずいぶん酷い事言った。
時には花瓶とかを投げつけたり、お見舞いのケーキを投げつけたりした。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||

2014年9月7日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【不倫・浮気】コーチお姉さんアフターストーリー 【体験談】

おっさんの過去作品
おっさんがかつてAV女優と遊んだ話

沖縄〇俗の思い出を書く

黄金町の思い出を書く

おっさんとニューハーフの深い友情物語

まずはコーチお姉さんとの話を聞いてほしい。
なんのこっちゃわからない人はテキトーにおっさんのことを煽っといてください

これはおっさんがたしか…

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年11月24日 | 近親相姦体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【修羅場】祟られ屋シリーズ  赤と青の炎 【体験談】

542赤と青の炎◆cmuuOjbHnQsage2007/12/03(月)04:59:27ID:SMU8HFLJ0
それでは、マサさんの元で行った「修行」の話の続き。

呼吸法をどうにかクリアしたPだったが、結局、俺と同じ修行法を行うことは出来なかった。
マサさんの「気力」の消耗が激しかったこと、Pには俺の方法を行う適性がなかった為だ。
俺に行った方法は、丹田の力がある程度開発されている事が前提となる方法だった。
俺とPを分けたもの・・・「丹田の力」の差は日本人と朝鮮人との間ではかなり決定的なものらしい。
日本人は「気」の力を丹田に溜め込む体質であり、朝鮮人は気を極端に発散する体質だそうだ。
朝鮮人の気質は極端に「陽」であり、日本人は極端に「陰」の気質なのだ。
マサさんの修行が目的とするところは、俺達に自分で自分の体に「気」を蓄える術を身に付けさせる事だった。
そして、その蓄えた気を利用して俺達に纏わり付く蟲・・・「魍魎」から身を守る気の操作を学ぶ事だった。

読み進めれば判るが、俺が行った行は武道や武術を応用したものが多く、呪術や祈祷とは縁遠いようにも見える。
しかし、基本的な力をつける修行は、一定の「理屈」に合致させれば、踊りや楽器の演奏、農作業や鍛冶などの工芸作業の中に取り込んで行えるそうだ。
むしろ、そのような一見呪術や祈祷とは縁遠いものに隠して日々行うのが望ましいのだと言う。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||

2013年11月22日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【従姉妹と】義理の妹と 自転車な話【エッチ】

自転車選手をやっている。
妻の妹と少しだけ関係をもってしまった。
ちょっとだけ長くなるが経緯を話したい。
その日は山練だった。
8kmにわたる坂道をひたすらこぎつづけるいつもの練習だ。
普段なら日曜の早朝4時~7時くらいに行う個人練習だけど、
平日の正午から始めることになってしまった。
たまたま取れた有給の平日で、ポカンと空いた予定に詰めるモノがなかった。
妻の出社を見送り、午前中は軽く家事をこなして練習開始。
ボトルにポカリをつめ、レーパンにウェアを装備。
携帯を背中に入れて、鍵をかけ、颯爽と出発した。
鍵を背中にそのまま突っ込んだのが何かの間違いだったようだ。
いつものコースだったので軽い気持ちで山に入ったのだが、気温は33度。
半分ほどで息があがってしまい、後半はダンシングでごまかしながらの
山越えになってしまった。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||

2013年5月21日 | 近親相姦体験談カテゴリー:従姉妹との体験談

このページの先頭へ