近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】【テレコミ02】7/10 横浜にて【体験談】

台風が近づく雨中、こんな時にTCに行くヤツなんざいねーだろうと思い
ながらも横浜の店に午後7時前に入店。先客は2人。
90分3Kを支払い早取り合戦がスタート。言っておくが、私は早取りが
超ニガ手だ。人より早く取れることはまれなので、この日もスタートしてか
ら3、4本は他の2人に取られてしまった。
そうこうしていると、午後8時前やっと1本目がつながる。
「もしもし」
「こんにちは、電話待ってたよ。今どこから?」
「地下鉄の吉野町駅から」
「雨がすごくない?台風がきてるし」
「うん、けっこう降ってる」
「声が可愛いね、21歳くらいかな?」
「うーんと、もう少し若くて19歳。あなたは?」
「30を少しすぎたところ」
「そうなんだ」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||

2017年12月20日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【輪姦】好きだった幼馴染を男友達2人と一緒に犯した【体験談】

北海道/名無しさん(20代)からの投稿
—-
俺(T)と幼馴染Sは当時18歳。
小さな田舎で幼稚園から一緒だったS。
152cmくらいの小さな背で、バカにしたりして笑っていたが顔はとにかく可愛かった。
小中高とずっと同じ学校に通い、男子生徒にはとにかくモテた。
俺とSは学校の休み時間も一緒に居ることが多かったので、勘違いはされたが恥ずかしさから頑なに否定していた。
しかし俺はSの事をずっと好きで、後から知ったがSも俺を好きでいた。
あの事件が起きるまでは。
高校最後の夏休みの出来事だった。
あの日は学校が終わった後に、俺の家にA・Bと3人で酒を飲みながら夜更かしをしていた。
A・Bは隣町から通い、高校入学と共に仲良くなり、悪さを吹き込まれた。
高校生活はこいつらと共にバカをして過ごしていた。
そして夜も更け、話はクラスの女子連中の話に。もちろん下衆い話。
A「クラスの中だと誰とヤりたい?」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年8月26日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】出会い系中だし・・実はJCだった!【体験談】

かれこれ3年ほど前・・妻子有りの立場にも関わらず出会い系にはまった時期がありました。
というか、元来の女性好き(SEX好き?)のため、出会い系に限らず仕事関係や友人関係でエッチアンテナに反応した子とは常に生(7割りが中だし)でやりまくっていたのですが(笑)

そんなある日、某サイトで「歳は会ったときに教えるけどかなり若いよ!」という子と会うことに。
渋谷の待ち合わせ場所に行き、それらしい子を探すも見あたらず(若い派手系の子を想像してました)、冷やかしだったかなぁと思いながらも一応メールをすると、
「同じとこにいるよ!」って返事が。
えっ?と思い改めて近くを見渡すが近くにいるのは石の植え込みに座って携帯をさわっている見るからに10代前半の素朴な子だけ・・。
まさかと思いつつも改めてメールをして
「もしかして○○前の植え込みに座ってる?」
と聞くとなんと
「うん!」
と返事がきちゃいました(笑)
内心ラッキー!と思いつつも「こりゃさすがにヤバイかぁ」と考えつつしばし思案したけど、若い裸体を想像したら愚息が「行くきゃないっしょ!」と暴れ回る始末。
そんなこんなで
「△△ちゃん?それじゃ行こうか?」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||

2017年3月8日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】精子好きな彼女に吸い尽されたGW【体験談】

彼女とは去年、某出会い系サイトで知り合いました。

向こうからメールが来て(これって珍しいパターンです)1ヶ月ほどやりとりして、逢うことになりました。

Hが目的ではありませんでしたが、彼女は初めからそのつもりで逢いに来ていたらしいです。

彼女は、みなさんには申し訳ないですが男にとって最高の女性です。

彼女、とても若いのにバツイチでした。

子供が出来にくい体質なのが原因みたいです。

他の方の投稿でも、付き合っている彼女(セフレ含)が不妊を理由に離婚経験しているというのが多いようですね。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||

2016年8月14日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】職場のアイドルをチャラ男に寝取られていた【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
今日マジで超ショックな話を聞いてきた。
まずはメインの登場人物を紹介しておく。
俺:22歳で大学4年。自分でいうのも恥ずかしいが、とにかくブサ男。
ぶっちゃけ風俗で初体験したし、まともに彼女なんていた経験無し。仮名でミノル。
バイト先のマドンナ:20歳の大学2年。小柄で小動物系の超可愛い子。
愛想も良く客にも頻繁に誘われる子。
高校時代からの彼氏がいて、少しだけ面識あり。仮名でマナミ。
バイト仲間のチャラ男:22歳でフリーター。
見たまんまのチャラ男で、ナンパしては簡単に持ち帰るぐらいモテるらしい。
ギャル男っていうのかな、まーそんな感じ。仮名でユキノリ。
俺達は居酒屋のバイト仲間。
大型店なので常時バイトが10人以上いる店。
さっきまでバイト中だったんだ。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年1月7日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】彼女にイラマチオしてみた・・・【体験談】

パソ通(インターネットではない)のチャットで知り合った連中とOFFをやったときのこと、
彼女と同棲してる自分ちが宿になってしまったんだが、夜中にいきなり劣情を催してしまった。

しかし狭い部屋で七人ほどが雑魚寝しているうえ、彼女も疲れて熟睡してるので、よくあるパターンに持ち込むワケにはいかない。
しょーがないのでその夜は一人悶々としながら耐えた。

翌日、みんなが帰った後、俺はズボンとブリーフを下ろし、すでにビンビンのちんぽを取り出した。

それを見た彼女は「もぉ〜〜〜」と笑いながら、座ったまま目を閉じ、「ん」と口を開けた。
俺は彼女に歩み寄り、彼女の口の中にちんぽを突っ込んだ。

彼女は唇を閉じ、亀頭に舌を這わせ始めた。
いつもなら彼女にされるままにフェラを楽しむのだが、その日の俺はとにかくキンタマの中にタプタプに溜まっているザーメンを、思いっきり放出したかった。

いきなり彼女の頭を両手で押さえつけるように掴む俺。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||

2015年7月11日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【テレコミ05】佳代との出来事 そしてチャカ………【体験談】

「こないだ時間なかったから、悪かった、今度は絶対買ってやるから」
「だめ、それだけじゃ許さない。スッゴク楽しみにしてたんだから………」
佳代が受話器の向こうでホントに怒っていた。

「分かった2個買ってあげるから」
「2個もいらない」
「じゃぁな………、長いのも買ってやるから」
「うん!!」

佳代は絶対にスケベだった。

ピンポ〜ン。HTLの部屋のドアホンも普通の家のと同じだった。私はドアを開
けた。受け付けのおじさんが立っていた。伏目がちに私に紙袋を渡すと、「会計
はお帰りに」と一言残して去って行った。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||

2015年4月25日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【閲覧注意】隣の美人女子大生を便器にして投げ捨てた話【体験談】

昔、どこかの掲示板で途中まで書いたことのある話だけど、思い出してムラムラしたので改めて書いてみます。

当時、俺23才、大学留年中、フリー。
彼女19才、彼氏あり。

・出会い?
初めて彼女の存在を知ったのは、隣の部屋からのあられもない声でした。
「あぁんっ!あぁんっ!あぁんっ!」
隣の部屋のベッドが、うちの部屋側に置かれていて、まさか隣人に聞かれているとは思っていないような乱れっぷりです。

パンパンパンパンパンパン
「あっ!あっ!あっ!あっ!」
「いぃーっ!いぃーっ!あぁんっ!」
もうゲームなんかしてる場合じゃないので、声が漏れてくる壁の部分を割り出し、耳をくっつけます。
はぁはぁ言う息遣いまで聞こえてきて、エロいです。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2015年4月22日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】ハプニングバーが捗り過ぎてわろたったwwwwwww【体験談】

もう何年前のことは定かではないが、
そない昔話って言うほど昔ではないちょっと前の出来事。
某ダークサイドな店に常連認定されるほど通い、
多額のお金を毎日のように落としていたある日。
平日のマターリした夜の出来事。
この類の店というのは、平日は基本閑散とし週末は行方不明者が続出するぐらいに人に溢れる。
人多い→ハプニングに見舞われる、というのが単純精子脳単独男性の思考なのである。
また、何事か起こしたいカップル・単独女性のカキコミでもあれば、平日だろうがお構いなしに、この人仕事なにしてるんだろうね?って言うほど人が集まったりする。
♂13対♀1なんてこともあったが、それはまた別の話。
話はそれたが、とある平日の夜。
いつものように社畜激務を終え、アイスコーヒーでも飲んで一服しようと某店にご出勤。
俺「まいどおいど」
スタッフ「射精~一番乗りねぇ~」
俺「出足遅すぎだろうjk」
スタッフ「今日は早出組が居なかったからねぇ~」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年4月16日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【妹と】ませた従姉妹とロリマンママとの一週間4 【エッチ】

母の弟家族との、毎年恒例の別荘での1週間。すっかりとオトナになった愛花ちゃんと、衝撃的な初体験をしてしまった。それだけではなく、愛花ちゃんのママの千里さんとも関係を持ってしまった。

いつまでもおばさんにならない森高千里そっくりな愛花ちゃんママとのセックスは、愛花ちゃんとのセックスとはまったく違い、異様にエロかった。
千里さんとする直前に愛花ちゃんに二度も射精していたのに、立て続けにまた二回射精してしまうほど、千里さんはエロかった。

叔父さんがすぐ横で寝ているベッドの上で、たっぷりと千里さんの中に注いでしまい、罪悪感と焦りでドキドキしている僕のおちんちんを握ると、千里さんは、
『まだ出来そうね#9825; 次はバックでいいかしら?』
と言った。そして千里さんは四つん這いになる。背中をのけ反らせ、腰を突き出すようにするので、毛のないツルツルのロリマンが丸見えになっている。薄暗い中でも、そこからあふれ出る白いものがよくわかる。

僕は立て続けに何度もイッているのに、もう回復して勃起率120パーセントになっていた。
でも、僕の中の冷静な部分は、すぐ横でイビキをかきながら寝ている叔父さんにビビり倒していたので、
「でも、叔父さん本当に平気ですか?」
と聞いた。
『へーき、へーき!この人の眠りの深さはのび太君以上だからw』
と、千里さんは軽い感じで言うと、自分のアソコを指で押し広げた。毛のないツルツルのロリマンがクパァと開き、さらに白い僕の精液が流れ出てくる。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2015年3月9日 | 近親相姦体験談カテゴリー:妹との体験談
1 / 3123

このページの先頭へ