近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】痴漢に指で【体験談】

結婚して3年目の26歳になる主婦です。
デパートの洋服売り場での出来事です。
その日は白いマイクロミニをはいて服をみていた時のことです。
歳のころは18ぐらいの子が私のお尻をさわってきたんです。
もうその時はびっくりで声もでませんでした。
周りにだれもいなくその子の顔をみるだけで精一杯でした。
洋服売り場は周りから上半身しか見えません。
それをいいことに彼はだんだんエスカレートしてくるんです。
スカートの中に手を入れてきてパンティの上からあそこを執拗に撫で回すんです。
自分でもあそこがだんだん濡れてきてるのがわかりました。
だって、主人とはしばらくごぶさただったんです。
そのあと彼のされるままにパンティに手を突っ込まれあそこに指を入れられ激しくかき回されました。
とっても気持ちよくて口で手を押さえて声が出るのを我慢していました。
はっと我に返り急に怖くなって彼の手を振りほどきその場から逃げました。
そのあとトイレに行ってびっくり、パンティがびっしょり濡れていました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||

2018年9月9日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【抜ける】2年間片想いしてた女性が酔いつぶれたのをいいことに【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
2年間片思いだった真里さんとついにやる事ができたので報告します。
僕は大学卒業後、とある会社に就職しました。
そこで一目惚れしたのが真里さんでした。
強気な正確でありながら女性らしさを醸していて、僕はすぐに惚れました。
その会社は飲み会が多く、月に1度は皆で飲みに行く程人間関係が良かったです。
酒の力を借りて告白しようと思った事もありましたが、真里さんには隙が無く、というよりも僕を恋愛対象で見ていないので告白するムードにすらならなかったです。
そのうち僕は朝から晩まで真里さんの事を考えるようになっていました。
そしていつしか真里さんを盗撮する日々になっていました。
盗撮といってもスカートの中とかではありません。普通に服を着ている姿です。
その写真を元にオナニーする日々が続いていました。
飲み会の時はいつも真里さんと最後までいるので、付き合いの良い奴として気に入ってはくれていましたが、恋愛の対象とは思ってないようです。
最後はいつも2人でカラオケとかに行っていました。
当然、真里さんが酔い潰れたところを狙って、襲う事も考えていました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2018年9月2日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】大晦日から元旦の出来事【体験談】

彼とのエッチでは、いつも中出しを求められたので

毎日基礎体温を測って、いつが安全日なのか欠かさず調べていました。

スマホのアプリでも安全日がわかるのでそれも併用していました。

そうしてできる限り彼に喜んでもらいたかったんです。

私自身、いつしか中出しが好きになっていました。

膣の奥、子宮口めがけて熱く出される感覚で必ずイッてしまいます。

彼との中出しエッチにものすごい満足感というか、幸せを感じていました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||

2018年8月29日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】「ところで俺の家とホストの家を行ったり来たりするのってどんな気分なの?」【体験談】

◇修羅場◇part122 より
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/ex/1342316985/

<>748 名前:恋人は名無しさん:2012/09/15(土) 09:20:57.17 ID:V2DzGQzd0 [1/12]<>
まだ付き合ってるけど数年前の修羅場を。
胸糞悪いかもですがご勘弁ください。
書くのはあまり得意でないのと、心理描写するのは苦手なんでひどい文章ですが。

俺35歳、女39歳。どっちもバツイチ。
付き合って7年。修羅場は付き合って5年くらいの時かな。
なんか最近浮気してるっぽいなと思って携帯覗いたらビンゴ。
相手は24歳のホスト。
ちょくちょく相手の家に通っているようで、好き好きチュッチュな内容のメールがいっぱい入っていてげんなりした。

<>749 名前:748:2012/09/15(土) 09:21:37.97 ID:V2DzGQzd0 [2/12]<>

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||

2018年8月28日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】パート従業員恭子【体験談】

私は自宅でIT関連の仕事をしています。仕事が忙しくなり、とうとうパートさんを募集することにしました。
募集をはじめると思いの他、多くの女性からの応募がありました。
面接の際には、やはり
「どうせ一緒に仕事をするなら、自分好みの女性に頼もう」
と思い、そういう観点から選考を進めました。
まず3人の女性に候補を絞り、それぞれ面接をしました。
3人の中でも、一番脚の線が綺麗だった「恭子さん」と言う30歳の主婦に仕事を手伝ってもらうことにしました。

最初はそれ程とは思わなかったのですが、仕事中に顔とか脚、全体の体つきとかを見ていると、当初の予想以上に「良い女」であると感じてきました。
特にサイト製作の仕事の際に「女性のポートレート画像」が必要になり、その時に丁度よい写真がありませんでした。
「プロのモデルさんを頼まないといけないな」
と思っていたところ、彼女が
「私でできることなら協力しますけど・・」
といってくれたのです。
別に「H系」の撮影ではありませんが、それらしい服装を用意して無事ポートレートを撮影することができました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2018年8月25日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】スク水着せてうp【体験談】

注)■〜の写真■と表示された部分はリンク先に写真あり。

妹(18歳)に「スク水着て写真撮らせて」と言ったら
「あほか」と、無表情で言われる。
「なにがあほか」と返し、「それをオカズにオナニーすんだから」
と、返したところ、本気で蹴られた。
「いくら欲しいんじゃ?」「は?なんでそこまで?」
「スク水すきなんじゃ」「無理」「2千円」「マジ???」

本当に、自分としては妹のことが大好きだ。

「でも、スク水って、どうすんの?」
「心配いらない。持ってる」「なんで?変態???」
「はい」「え、マジで、なんで持ってるん?」
「某機関から買った」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||

2018年8月21日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】夫のせいで不妊治療。辛いのは妻ばかり。【体験談】

私は結婚6年目の主婦で、先週末30歳になった。
夫が重度の男性不妊だと分かり、現在まで子供なし。

夫の精子検査の日、夫は結果を聞く前に仕事に戻ったので、私は一人で結果を聞いた。

先生:「はい、○○さんの奥さんね?えーっと、ご主人とは自然妊娠は無理ね。精子が少なすぎるから。
    体外受精でも無理だろうね。子供ほしいなら顕微授精以外無理ね。」
私:「え・・・・?」
先生:「顕微授精の説明は看護師から聞いて帰ってください。はい、お疲れ様でした。」
私:「え・・・、先生、無理って絶対に無理なんですか?」
先生:「絶対とは言えないけどこの数字じゃねー、考えても仕方ないよ。」

徐々に自分の体から血の気が引いていくのを感じて、意識がボーっとして、大して何も質問が出来なかった。
ただ、先生の言い方が冷たくて冷たくて、平常心を保つのがやっとだった。
何で夫は帰ったんだろう、一緒に居てほしかったと強く思った。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ



2018年8月17日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】人妻の悲しい性【体験談】

これは僕が20歳のときに体験したことです。

当時僕は大学生でした。
大学生ではありますが、僕の住む地域は大規模な観光地であり、週末や夏休みは
マッサージのバイトをやらされていました。
シーズンともなるとマッサージの人手が足りなくなり、20歳前後でマッサージの
バイトをしている(やらされている?)人は多いのです。

人の身体に触れる仕事ですので最初は抵抗がありましたが、親の手伝いということで
始めました。
お客さんも僕がマッサージに行くとびっくりされていました。
しかし、経験を積むにあたって技術も高まり、お客さんも不安でありながら最後は
満足していただいていました。
お客さんは大抵年配の方が多く、当然男の人もいましたし、年頃の僕には抵抗が
ありましたが、仕事ということで割り切って行っていました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||

2018年8月12日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】遅かった喪失【体験談】

私は厳格な家に育ち女子高から女子大に通い、そのまま今の会社に就職したので、なんとなく親密な男つき合いもなく、気が付けば25才になっていた。
自分で言うのもなんだが、容姿はどちらかというと良いというか、たぶん「美人」の中に入れてもらえる方だと思うので、親や親戚から時々「見合い写真」なるものも見せられるような事もあった。
でも、そんな見ず知らずの人と結婚を前提におつきあいするなんて、自分自身では考えられる事ではなく、仕事も好きなので、いつも断っていた。
なんとなく「仕事中毒女」のような評判になり、結局この年までズルズルとヴァージンを引きずる事になった。
同じ会社に入って来たA君は2年年下の、まだ子供っぽい気配の残る、笑顔のかわいい奴だった。
ところが、仕事中、会議やデスクワーク中に見せる真剣な顔つきが妙に大人びていて、ドキッとさせられる事があった。
同じ部署のA君には、なにかと面倒を見てやり、すっかり姐さん気分の私だった。
幼い雰囲気で頼り無い感じのA君は、なにかと先輩の男性社員からいじめられるような事もあり、可哀想だった。でも、ふと顔をあげた時に向かいに見える彼の真剣な顔つきは、むしろ実際の年令よりも5才くらい上に見えるような頼もしさが垣間見えた。
実際、彼の書いた企画書は、同期の連中よりもずっとマシなものを書いている事も多く、見た目だけでいじめられている彼が本当に可哀想に思えた。
そして、その彼のギャップがなんとなく気になるようになってしまった。
やがて、そんな彼を慰めようと、私の提案で、私の友人達と彼の同期などを集めて、仕事を離れて食事会などを開くようになった。そうやってグループで親交を深めていった。
彼は、仕事の内容の話になると、すごく専門的な話や独創的なアイデアを披露し、その秘めた可能性をみんなに惜し気もなく示した。
やがて、食事会の仲間達には、次第に彼の事を理解する人たちが増えていった。
その割にはエッチな話になると、顔を赤くしてうつむいていて、ウブな一面もあるのだった。
私は夜一人で、そんな彼の顔を思い浮かべながら、自分を慰めるようになっていた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||

2018年8月10日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】嫁。【体験談】

俺の嫁は元バスケ部だったせいか身長が180とちょっとあり、俺が隣に並ぶと10cm位差があって、俺はあまり彼女と外出することはしなかった。
偶に外出しても、露出の高い格好を好むので、よく注目を浴びるので、なんか俺が余計に惨めに感じる。

嫁は釈由美子に良く似てて綺麗で、高校の時から自慢の彼女だった。
スタイルも良く、胸はGあるらしい。俺が言うのもなんだがモデルみたい。
関西大学の出なので、頭も良い。何で俺なんかと結婚したのか未だにわからない。
正直、毎日かなり不安。

ただ、彼女は筋金入りの変態で、俺がいるのに平気でエロゲしてたり、同人誌のサイト見てたりしてる。俺は彼女に遠慮してAVでも彼女の外出してる間に見たりとかするのに、彼女にはそれが無い。
しかも結構な音量でやるので、つい最近隣の人から音量を下げてくれ、とかいった苦情が来た。
隣人は多分俺がやってるとか思ってるんだろうけど、俺は二次より三次派だからな!
後喘ぎ声がとても大きくて、オナニーとかしてるとうるさいのなんの。
おかげで家ではできず、いつも外に出て行って車の中とかラブホでヤってる。
しかも一日に何回も何回も求めてくるので、俺は死にそうになる。
俺に如何程の体力があると思っているのか知らないが、とにかく何回も何回もヤる。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||

2018年8月10日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談
1 / 15312345...102030...最後 »

このページの先頭へ