近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】アナルオナニーの好きな女の子(その2)【体験談】

「スカート…脱がすよ?」
「……」
無言で頷くと自分でスカートのボタン、チャックを下ろして脱ぎやすいようにしてくれる
——スルッ
すんなり脱がすと、下半身は下着とソックスだけの格好になり、さっきよりも足が広がるようになってきた。。
「触ってもいいかい?」
「は、はい…」
下着に手をかけ、ゆっくりと下着を下ろしていく。。
彼女は顔に手を当てたまま恥ずかしそうに脚をモジモジさせている。。
下着をヒザまで下ろし、ゆっくりと彼女の未経験のオマンコを観察してみる。。
「お、おかしくないですか?他のコと比べて…」
「おかしくないよ、とってもキレイだし可愛いし、とても魅力的だよ」
そこには陰毛は少なめでオマンコがピンク色…では無く少しくすんだ色のオマンコがあった。。
まだあまり濡れてない感じだったが、少し汗ばんでいるように見える。。
「オナニー…本当は結構してるでしょ?毎晩とかさ。」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2018年5月18日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】プールにて4【体験談】

「あいよ?」
「あのね、赤ちゃん欲しい。」
「ん?」
「だからぁ…入れて良いよ?」
「うん、たっぷりね(笑)」
「違うの!チンチン入れていいの!」
「えっ、あぁ…」
「お願い。」
「いいけど、舞ちゃんにはまだ早いから、相当痛いと思うよ?」
「いいの…ね?」
「分かった。おいで…」
俺は再び舞ちゃんをいざない、芝生に寝かせた。
「優しくしてあげるからね。」
「お願い…します…」
案の定、舞ちゃんは相当痛がった。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2017年11月29日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】言葉攻め【体験談】

某ネットで知り合った人とえっちの話。掲示板にオナニーしたと書き込みしたら、いきなりメッセージが来てオナニーよくするの?と。
私はあんまりしないです…と嘘ついた。本当は毎日するのに。
メールで一緒にオナニーして画像や動画送り合ったりしてエスカレートし、会ってえっちしようか?と誘われた。私は彼氏と別れたばかりで寂しくてオッケーした。
後日某駅で待ち合わせ。写メ通りかっこいい…。
彼の家に連れて行かれちょっとお喋り。
次第に雰囲気がえっちになってきて…彼が後ろからおっぱいを揉んできた。「やっ…何…?」「いいじゃん。やりに来たんだろ?」「そうだけど…」
私ははじめての人で久しぶりのえっちに恥ずかしくて真っ赤…。 激しく揉んでくる。「あっ…あぁん…」上着を脱がされた。
ブラジャー外されて生で触られた。「んっ…あぁ…あん」 左の乳首を舐めながら右のおっぱいを激しく揉んでくる。スカートとレギンスを脱がされパンティ一枚に。
パンティの上からクリを触られた。
「あぁ…あぁん…はぁん…はぁ」喘ぎ声を出すと激しく弄ってくる。
「パンティぐちょぐちょだよ?」
「うん…気持ちいいから…」私は早く入れて欲しかった。
パンティ脱がされて四つん這いになってと言われ、「えっ…恥ずかしいよ…」 「いいから」 いうとおりするとバックからおま○こに指を入れてくる。
「あぁん…あぁ…あぁん」最初は一本だったのが二本に。ぐちゅぐちゅ、クチュクチュ…「おま○こぐちゅぐちゅだよ?いやらしいね」
「そんな事言わないでぇ…」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||

2017年8月20日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】義妹が風俗嬢に!【体験談】

義理の妹’31才が回春エステで‘くみ(25)’という名で働いていた。
前から義妹を右手のオカズにしていたオレは、当然ホテルへと呼んだ。
彼女は驚いていた。すでに1カ月程働いていて、基本の手コキ、フェラ以外に‘アナルに指入れられた’‘オシッコするとこ見せた’とお客との変態行為まで暴露。ベッドでたまらずディープキス!小さいオッパイを揉みながら手をパンティの中へと…温かい湿り気の茂みの中を掻き分け、中指の先でクリをいじった。
そのまま膣に2本の指を入れると‘ちょっとぉ、指が中に入ってるんだけど’と困惑気味!しかし指を出し入れしてやると喘ぎ声になっていく。パンティを脱ぎ取り、股を広げじっくり観察。いつもオカズにしていた秘部を見て‘義妹のアソコって、こうなってるんだ!と顔を近づけた。
段々とツンと鼻につく尿素混じりの香りが漂ってきた。おそらくマンカスと残尿が蒸れた臭いだろう。思わず舌先を出し、クリと花弁を舐めた。最初は塩味を感じたが、舐めるうちにオレの唾液で洗われたのか臭みがとれていった。
舌でペロペロしていたら感じてきたらしく、キュートなお尻をピクピクとさせていた。するとシワがよったお尻の穴が見えた。なんとも綺麗な穴。今まで見たことのない綺麗な義妹の菊の花。指先でこちょこちょと弄った。と同時に、マンコの穴はどうなっているのかとおもい、指で広げると若干紅く染まっていたが、興奮していた俺はさらに酸っぱくなっていったマンコの穴に舌を突っ込んだ。
オレは夢にまでみた義妹のマンコをクンニ中にとうとう発射してしまったf^_^;
義妹のblogです↓

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2017年7月23日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】後輩の彼女【体験談】

「先輩!週末時間有りますか?」
仕事を切り上げて、帰り仕度を始めようとした時に、マサアキが声を掛けてきた。
「おう!また飲みに行くか?」
マサアキは俺の八つ下だが、毎週一緒に飲みに行くほど親しかったので、誘いかと思いそう返事をした。
するとマサアキは、彼女が出来たので紹介したい、彼女の友人も来るのだが、4人で飲みに行きましょうという事だった。
当時俺は38歳でバツいち、遊んではいたが特定の女も居なかったので、早速週末予定を立てて飲みに行く事にした。
当日、俺は飛び込みの仕事が入り、1時間程遅れて店に着いた。
1時間で大分飲んだらしく、マサアキと女の子2人は結構盛り上がっていた。
取り合えず自己紹介すると、髪が長く目鼻立ちのハッキリした子がユキ、髪がショートで大人し目の子がユウコ。
ユキがマサアキの彼女だった。
ユキとユウコは同じ地元で幼馴染、歳は二人とも25歳。
マサアキのアパートとユキの実家が近所で、しょっちゅう顔を合わすうちに話しをするようになったらしい。
ユキは、付き合い始めてまだ1ヶ月、週に一度マサアキの部屋にユキが泊まりに行くと、結構オープンに話してた。
店は照明が暗めで、座ったテーブルは半円形でマサアキ側が壁になっており、マサアキ、ユキ、ユウコ、俺の順番で座っていた。
ユキがトイレに行くというので、テーブルとユウコと俺の前の狭い間を通り、トイレに行き戻って来ると、また奥に入るのは悪いからと、ユキは俺の隣に座った。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2017年5月8日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】娘の友達とのいけない関係【体験談】

私と娘の友達との体験談の事です。
それは娘と友達の恵理が小学一年生の頃からだと思います。
恵理は同じマンションに住んでいて何時も私の娘と遊んで居ました。
そして休み前にはお泊まりするようになり最初は月に二回位だったのですがある日を境に休み前には必ずお泊まりする様になったのです。
私はそんなに言う程ロリコンではありませんでしたが恵理との関係でどっぷりとはまってしまいました。
いつもの様に恵理がお泊まりに来ていて娘が
「お父さんの部屋で寝る」
と言い出して娘と恵理がその日は私の部屋で寝る事になり妹は嫁さんと寝る事になったのです。
そして夜も遅くなり娘と恵理は布団に入り娘はあっと言う間に寝てしまい恵理は中々寝付かれずにもぞもぞとしていました。
私も眠くなり布団に入りました。
私の隣は恵理でもう寝たのか?と見れば寝ていました。
又私はなぜか恵理に触れれば興奮して来るのです。
お風呂で洗ってやる時には半起ちになったりするのです。
それから変に意識してしまい中々寝れずにいてもう娘は熟睡状態で朝まで起きません。
そして私はいきなり恵理のアソコをパジャマの上から触り初めたのです。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年3月30日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】連れの彼女【体験談】

俺の連れの彼女は、めっちゃかわいい。
気立てもいいし、スタイルもいい。
俺たちのエロ話にも話を合わせてくるし、連れとのセックスの内容も
恥ずかしがらずに教えてくれる。
「○○はお尻にいれるの好きだから」とか
「お尻もまんざらでもない」とか
「お漏らししちゃうときある」とか
「こないだハメ撮りしちゃった」とか
「○○の前で一人エッチさせられるとか」
はっきりいってうらやましすぎる。
こんないい女とこんなことできるなんて、ある意味嫉妬心もありました。
「今度俺にも一回やらせてよ」っていうと
「彼氏と別れたらね。浮気はしない主義なんだよ」って
俺は連れには申し訳ないんだけど、別れないかなって祈ってた。
でも連れと彼女が婚約したというの聞かされて

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2017年3月2日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】どMなアタシの潮吹きオナニー日記【体験談】

乳首やクリ、すごい勃起してる・・・・・あぁ・・・・勝手にいやらしくなってパンパンに膨らませてピクピクしてるの・・・・・

手の平にローションをこぼれるくらいいっぱい付けて淫乱になったクリの皮剥いてを包み込むと、「くちゃ・・・」といやらしい音を立ててその瞬間にのけ反るくらいの快感に襲われていつも声なんか出さないのに「は・・・ぁ・・・」なんて声を出してしまいました

か・・・り・・・すご・・・・カリ首・・・凄い・・・あぁぁぁぁ・・・・乳首も気持ちいいよ・・・・あっあっあっあっあっ・・・・おまんこグチャグチャにされて・・・・あぁ

あまりの快感にいやらしいおまんこを責める手が止まらず、勃起したアタシの乳首は何もできないまま与えられ続ける淫乱な快楽に堪え続ける事しかできずに勃起を続けます・・・・外に聞こえてしまうほどの物凄いいやらしい音がしてるのにおかまいなしに手の指と手の平がクリのとがった性感帯という性感帯を責め、いやらしい穴が責められる快感に勝手に腰を突き出してしまい、ますますクリを膨らませてきました・・・・にちゃ・・・にちゃ・・・にちゃ・にちゃ・にちゃ・ちゅぷちゅぷちゅぷちゅぷちゅぷちゅぷちゅぷちゅぷ・「は・・・あ・・・・」興奮した手の動きが勝手に肉芽をいたぶる動きからいやらしい潮水を射精させる淫乱な動きになってしまいました・・・・・「あ・あ・あ・あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」肉芽を責める音が物凄い淫乱でいやらしい音に変わり、ぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃと何回も絞め付けられながら抵抗できない淫乱な快楽に、勝てるはずもないのに我慢しようとする淫乱肉芽・・・・我慢するのはそれだけ快感を長く与えたいから・・・・できるだけ長く肉芽にいやらしい快感を与えられたいから・・・・

「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁいくぅ・・・いっちゃうのぉ・いっちゃう・・・・いっちゃう・いっちゃう・いっちゃう・おまんこいっちゃう・潮吹いちゃう、射精する・・・射精する・精液射精する・あ・あ・あ・あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ」

でる

その瞬間手の平は離れ肉芽に与えられ続けていた快楽が遮断され、おまんこの尿穴は射精の瞬間に快感を遮断された事が理解できず少しの間射精しようとしますが射精しようとしながら射精できないままヒクヒクと力尽きて行きます・・・・まるで「あっあっあっなんで?あっなんでやめあっあっちゃうの?あっあっなんで?なんで?あっあっあっあっ・・・・・」と言っているかのように・・・・

次の瞬間

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||

2016年4月8日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】妻が万引きして完全版、、【体験談】

何回も変更して投稿してすいませんがこれは現実に有った事ですセリフが少し大げさですが、妻がされた事した事は同じ事ですガバマンコを見たければ子宮口ホジホジ動画で検索するかJapan cervixで検索すると妻のガバマンコさが分かる動画を見る事が出来るはずです!

私は気の弱い男で41歳で職業は公務員です。気の強い?妻の麻紀35歳はでコンビニのパート勤めで子供は1人で10歳です。
結婚して13年経ちます、麻紀は決して美人では無いですが可愛い感じで愛嬌が有り身長168cmで体重50kgでスタイル抜群でバスト90cmのEカップの巨乳です、脚も綺麗で自慢の妻です。
私は麻紀は淡白で余りSEXは好きでは無いと思っていました。
麻紀は22歳まで男性と交際した事が無く私が処女を貰いそのまま結婚しました。
私も歳を取り性欲が落ちて夜の夫婦生活もお互い仕事も有りまして、2年前からSEXしていませんし少し前に私が求めても「仕事で疲れてるから・・」と拒まれました。
私も適当に風俗で抜いていましたここ2ヶ月位前から最近まで麻紀の帰りが遅く成っていました、昼のパートが終わると5時頃帰って来て私たちの食事を作ってからまた出かけて行きます帰りは何時も夜の11時過ぎです。
麻紀に聞くと「今コンビニのパートとかけもちでヘルパーの仕事をしてる」と言いますが何処で何をしているのかは話してくれませんでした、確かに麻紀はヘルパーの資格を持っていましたので私は麻紀を信じて何も聞きませんでした。
現在はヘルパーの仕事は辞めて夕方から家にいますが、夜私が求めても何かと理由を付けて拒みます…
それに少し前から麻紀は化粧も派手目に成り以前までジーンズのズボンを好んで履いていたのですが最近は膝上5cm位の
ミニスカートを履くように成ました麻紀に「最近綺麗に成って生脚出してるし男でもできたんか?」と私が妻に冗談のつもりで言うと「なに言ってんのよ熱いからよ」と妻は真剣に成って怒り出しました…それに下着も私の知らないセクシーな物がタンスの奥に隠すようにしまっていて携帯も何時もロックが掛けられた状態です。
私は少し不安に成り麻紀の不倫を疑いました…その予感は的中しました。
麻紀が留守の土曜日の昼に自宅に電話が有りました液晶ディスプレイを見ると「公衆電話」と出ています。
男の声でした男「OOさんの旦那さんですか?」私「はいどちら様ですか?」と聞きました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年3月30日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】写真有。エレベーターでの羞恥露出プレイ。【体験談】

野外プレイというのは興奮する反面、けっこうなリスクがある。特に昼間の場合、周囲にバレる危険性が高く思い切ったことができなくて、無駄に時間だけが過ぎていくことも少なくない。出来そうな場所を探しているうちに女性の気持ちやカラダが落ち着いてしまい結局ホテルですることになったり。露出癖とは違い、人のいる場所や人が来そうな場所でする行為で悦びを感じるので、大自然の中で裸で…ということはしない。あくまでも羞恥プレイの一環として街中や店の中、公園、トイレなどで辱しめることが目的。。カラオケを出てしばらくするとあゆみは恥ずかしさに慣れたのか普通に話せるようになった。。
スカートは履いてるし、中が見られることはないので慣れるのにそう時間はかからない。「どうだい、少しは慣れたかな?」
「うん…もう大丈夫」大丈夫じゃよくないんだが…(^^;「あそこに入ってみようか?」そう言って指差したのは109。。「なにか買うの?」
「いや、買わないけど、エスカレーターやエレベーターがあるでしょ?」
「あ…」その言葉で理解したのか、あゆみは大人しくこちらのあとについてきた。。平日とはいえ、109はさすがに女子校生やギャルで溢れかえっていた。
修学旅行生もいるので店内はこの不景気にも関わらず混雑していた。。109のようなショップ型のビルだと、エスカレーターを利用するコが多く、エレベーターを利用する場合は少ないので比較的こういったプレイをしやすい。。
し易い…というのは適切な表現ではないけど…ね(^^;エレベーターに乗ると案の定、他の人はいなく、あゆみと2人だけだった。。
あまり時間も無いので乗り込むと早速命令をしてみた。。「いづみ、スカートを捲くっていやらしいオマンコをおれに見せてごらん?」
「う…うん」いづみもあまり時間がないことを分かってるようで、素直にこちらの言うことに従って、ゆっくりとそれでも素早い動作でミニスカートを捲くり始めた。。
「こ、これでいいですか?」
「可愛いね、もっと捲くってごらん?」
「う、うん…恥ずかしい」そういうと、手で持ったスカートの裾を胸元付近まで捲り上げるあゆみ。。
ここまで捲り上げるとほとんどなにも隠されることなく、あゆみのオマンコがあらわになる。。
あゆみのオマンコは毛が少なく、全体的にキレイな印象で、間近で見るとうっすらと生えた毛の中のオマンコは少し濡れているようだった。。「可愛くていやらしいオマンコだね、あゆみ。。」
「そんなことないよぉ…そんな近くで見ないでぇ」舐められるほどの距離…こちらの息遣いや言葉が発せられるたびにあゆみの陰毛が揺れる。。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2015年6月3日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ