近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】化学の教育実習生の自宅で勉強だけじゃなく女も教えてもらった【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
あれは、高2の夏のこと。
俺は生徒会の委員してた。
化学で教育実習に来てた女子大生と親しくなったんだ。
電話番号と住所を聞くとアパートで一人暮らしって教えてくれた。
俺はちょうど化学が好きだったから、入試対策で先生が見てあげるからアパートにいらっしゃいってことになったんだ。
その日は暑かったよ。
9時頃アパートに着いた。
部屋は綺麗に片付いてて、先生は白のブラウスに薄茶のタイトスカート。
先生、168センチぐらいで大柄。むっちりグラマーで美人。おっぱい、お尻ものすごく大きい。
学生時代、バレーボールやってたって。年は、22歳だったかな。
午前中、2時間みっちり化学勉強しました。
先生、俺の横で丁寧に教えてくれたんだ。顔がくっつきそうなくらい近くで。
先生の甘い匂いと大きな胸には参ったよ。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2018年8月19日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】寝たら起きない彼女が嵌めても起きないか友達と賭けをして・【体験談】

寝たら起きない彼女が嵌めても起きないか友達と賭けをしたエッチな体験談。
うちの彼女なんだけど、酔って寝たら嵌めても軽く反応するくらいで絶対起きない。
それを友達に言うと「それはない」と信じなかったので賭ける事になった
彼女が家にくる日に友達も読んで飲み始めて、彼女の飲むペースあげさせながらちょっとワクワクしてた。俺が勝ったらPS3貰う約束だったから
けどそれはオマケで彼女の恥ずかしい状態を友達に見せるのが目的だったからなおさら興奮!
それから彼女が酔ってウトウトし始めた。友達とアイコンタクトしながらもいまからの事考えると少し緊張した。
彼女が「ゴメン先寝るね〜」とベットに、俺らはしばらく様子見してから彼女の所に移動した。
俺が「美樹〜」と顔ペチペチしても身体揺すっても起きないので完璧寝てる

「なっ、起きないだろ」
「いやさすがにヤッたら起きるよ普通」と友達は信じてないので「じゃあやるぞ」と彼女の布団を取った
ためらってもあれなんですぐに彼女のジーンズ脱がせると「マジやるのかよ、ヤバいパンツとかエロい」と興奮気味。
俺が「お前は見るだけだから」と言ってもパンツにくぎ付けで聞いてなかった。
さらに彼女のTシャツめくってブラと谷間が見える状態にすると「やっぱ大きいな、羨ましい」とやけに連発してた。俺が「じゃあ始めるからな」とズボン脱ぐと「お前のはいらんな」と笑ってるし、しかもさすがに勃起してるの見られるのは俺も恥ずかしいかった

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||

2018年8月19日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】友達にレズられたこと【体験談】

先月の話。

学校の側に、サキという私の大学での一番の親友が一人暮らしをしていた。

サキの家は大学の近くでとっても便利が良く、実家住まいの私は
試験前やレポート提出前は何度も泊まらせてもらったりした。

サキの見た目は可愛く、サークルの男の子も何人か告ったりしていたが、
振られたり、付き合っても1カ月ぐらいで別れたり、全然彼氏らしい彼氏ができなかった。

で、先月の話に戻るわけだけど、
私(裕子)はテスト勉強のため、サキの家で一緒にすることになった。
適当にしゃべりながら、勉強もそこそこやり、ご飯を食べて、お酒も飲んだ。

(私の)彼氏の話とか、誰と誰が付き合ってるとか、そんな仕様も無い話だったと思う。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||

2018年8月18日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】彼女がチャラい後輩と体育館の用具室で【体験談】

俺には付き合っている彼女がいる。
二人とも高校三年生で俺はバレーボール部
彼女はテニス部に所属している。
運動部の3年生はみんな仲がよく
別の部活の友達と話す事も多かったが
ある日、バスケ部の友達の後輩Aが
女子バスケ3年の子をヤッたという話を聞かされた。
そんなにカッコいい奴ではないはずだけど
チャラチャラした奴で
女の子を誘う時の誘い方が相当しつこいらしく
一回手を握ったら絶対に放さないらしい。
なんでも友達の彼女まで同じ手法で寝取ったという話だ。
ある日、バスケ部の友達Bとその後輩Cが俺の所に来て
「Aがヤッている様子を覗ける」と言う。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||

2018年8月17日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】キモいおじさんにクルマでヤラれた【体験談】

何年か前の夏のこと。

彼氏と別れたばっかりで寂しいしヒマだったので出会い系サイトってのに登録してみた。

登録直後に何通もメールが来だして、ちょっと寂しさがまぎれた。

その中のひとりなんだけど、何度かメールしてるうちにドライブに誘われた。

写メ交換はしたけど全然タイプじゃないし、太めでヲタっぽいうえ15歳も上のおじさんだった。

正直気乗りしなかったけど、どうせヒマだし、メールでは良い人そうだったからOKしてしまった。

「ゴハンでもおごってもらえたらいいな」的なノリだった。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||

2018年8月13日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】初体験は英語の先生でした【体験談】

これは僕の初体験の話です。

高3の時でした。相手は30目前の芸能人で言うと
ラブリ似の英語の先生です。

高2までは僕の学校に居ましたが高3の時は違う学校に転任していました。
その先生Rは僕の家のすぐ近くのアパートに住んでいました。

ある時、親から持って行けと言われ、
貰い物の果物を持って先生の家を訪れました。

土曜日の夜だったので居るのかなと思いつつ
ベルを鳴らすと先生は出てきました。

「R先生、久しぶり~、ぶどう一杯貰ったので持ってきたんだけど・・」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||

2018年8月12日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】人妻の悲しい性【体験談】

これは僕が20歳のときに体験したことです。

当時僕は大学生でした。
大学生ではありますが、僕の住む地域は大規模な観光地であり、週末や夏休みは
マッサージのバイトをやらされていました。
シーズンともなるとマッサージの人手が足りなくなり、20歳前後でマッサージの
バイトをしている(やらされている?)人は多いのです。

人の身体に触れる仕事ですので最初は抵抗がありましたが、親の手伝いということで
始めました。
お客さんも僕がマッサージに行くとびっくりされていました。
しかし、経験を積むにあたって技術も高まり、お客さんも不安でありながら最後は
満足していただいていました。
お客さんは大抵年配の方が多く、当然男の人もいましたし、年頃の僕には抵抗が
ありましたが、仕事ということで割り切って行っていました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||

2018年8月12日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】ジェーン【体験談】

すんごい昔の話です、たしか7〜8年前の話。バブル崩壊直後ぐらいの話です。
外国からきた彼女と付き合っていたんですが、その彼女との話です。
当時、大学1年だった私は勉強もロクにせず遊んでばかりで毎晩のように六本木や渋谷に
繰り出していました。今考えると本当にアホだったな・・・と。
そしてその日もいつもと変らず、友人と麻布のとあるクラブに遊びに行きました。
そのクラブは地下にあって、結構有名なクラブだったと思います。
扉を開けると階段になっていて、重低音のドゥン、ドゥンという音が内臓に響いてきます。
急な階段をゆっくりと降りるとフロアにはすでにぎっしりと人がいて、ボコボコぶつかり
ながら、まるで芋洗いのようになっていました。
フロアでは黒人、白人などほとんど無国籍状態の様相を呈していて、まるでここが日本
というのを忘れそうになるほどです。
「乗り遅れたらマズイ!」友人と素早く目線で会話すると、取る物もとりあえずフロアに
乱入しました。
ちょっと薄暗いフロア、ライトが乱雑な動きで踊っている人を照らしていきます。
DJもそこそこイイ感じで私達がかなり気分良く暴れていると、隣にいた白人の

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||

2018年8月12日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】北海道のキャバ嬢とのなり染めを語りたい【体験談】

<>193 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/07/14(水) 02:22:40 ID:IqFJuxd40 [1/16]<>
大学生時代、とある趣味を通じて知り合った札幌在住の3歳年下の女17歳がいた。初めて旅行に行った時に会ったがまぁまぁ可愛かった。当時真面目でカタブツな彼女がいたが、その子はギャル系。おっぱいでかいし可愛いし、何より18歳とは思えないエロさがあった。その時は彼女いたし、何より彼女が大切だったし。他の女抱いて快楽を求めようなんて考えは全くなく、何もせずに別れた。

<>194 名前:193[sage] 投稿日:2010/07/14(水) 02:28:34 ID:IqFJuxd40 [2/16]<>
実は二人で会っている時、彼女から電話がきたんだ。女の感ってすげーのな。マジビビッたわwなんとかごまかし、その場をやり過ごす。翌日以降、いけないとは思いつつも心がワクワクしながら旅行中もその子とずっとメールを続けながら半年がたった。正直、気になり始めていたんだと思う。それからと言う物、彼女との些細なケンカが続きほとほと飽き飽きしていた。それから約半年後、オレは彼女と別れた。その時も17♀に相談したり、向こうに彼氏がいたがお互いの恋愛の話をしながら時折連絡を取っていた。

<>195 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/07/14(水) 02:38:00 ID:IqFJuxd40 [3/16]<>
もともと17♀は母子家庭で育ちが悪く、ヤンキー仲間が非常に多い事から高校を退学になるほどのやんちゃぶり。必然的に彼氏にもDQNが多く、毎度毎度(とは言っても3ヵ月〜半年周期で変わるw)苦労をしていたようで不憫でならなかった。そんな中で知り合った彼氏A、どうもこれがまたいい」奴でなんだが相当なバカ。自分がギャンブルで作った借金の数百万をギャンブルで返そうとしてまた借金を増やす大バカ野郎。オレと同い年らしいが高校を出ておらず、ススキノでホストをやってはバックレ、バイトを始めては店で店長とケンカしてクビ。それでも17♀は本気で惚れていて、助けてあげて厚生させて一緒になりたかったようだ。借金を返す為にキャバクラでバイトをし、コツコツと働いて返していたそうだ。ここからがそのバカ彼氏Aの真骨頂なんだが、その減った借金を返す為に頑張って増やしたそうな。それから約半年後、もともとバイクが大好きだったオレは学生最後の思い出作りの為、北海道ツアーを企画。大学の気の会う仲間同士で約2週間の長旅に出かけた。

<>196 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/07/14(水) 02:46:19 ID:IqFJuxd40 [4/16]<>
船で上陸したライダー、長距離トラックさんならわかると思うがフェリーだと苫小牧、函館あたりがメイン。オレは函館に上陸。フェリーで到着した最初の日に電話で話した。17♀は18♀に一つ年をとる。前々から聞いていたが、そんな男と本気で付き合っていると当然絡んでくるのはお金。お金が必要だと手っ取り早く大金が手に入る仕事、そう、風俗業。2〜3ヶ月続けたらしいが体調を崩して辞めたらしい。今はキャバクラでバイトをしていて、バイト上がりに電話を掛けてきた。札幌に来た時はぜひ会いに来てwという。オレ『てめーw売上かw』18♀『うんw』オレ『行った事ないし行ってみるかなー』それから北海道の自然を満喫しつつ、向かった札幌。

<>197 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/07/14(水) 02:51:44 ID:IqFJuxd40 [5/16]<>
それから札幌についてそうそうお茶。普段から連絡を取り合っていたので近辺の話は知っている。今夜はバイトがなく、飯を一緒に食ってホテルで話をする事に。友人への体裁を保つ為に18♀と一緒に同じ趣味の連れ17♂を呼び、話し込む。ところがコイツら、夜中になって帰らねぇw疲れたオレはいつの間にか寝る。朝起こしに来る友人。ビジネスホテルだったがお互い部屋を行き来していたので鍵は開けてあった。友人『お、おい。お前w』オレ『ん・・・おはよう。?!?!』隣で18♀が寝てやがるwwwww17♂は帰ったらしい。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2018年8月11日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】遅かった喪失【体験談】

私は厳格な家に育ち女子高から女子大に通い、そのまま今の会社に就職したので、なんとなく親密な男つき合いもなく、気が付けば25才になっていた。
自分で言うのもなんだが、容姿はどちらかというと良いというか、たぶん「美人」の中に入れてもらえる方だと思うので、親や親戚から時々「見合い写真」なるものも見せられるような事もあった。
でも、そんな見ず知らずの人と結婚を前提におつきあいするなんて、自分自身では考えられる事ではなく、仕事も好きなので、いつも断っていた。
なんとなく「仕事中毒女」のような評判になり、結局この年までズルズルとヴァージンを引きずる事になった。
同じ会社に入って来たA君は2年年下の、まだ子供っぽい気配の残る、笑顔のかわいい奴だった。
ところが、仕事中、会議やデスクワーク中に見せる真剣な顔つきが妙に大人びていて、ドキッとさせられる事があった。
同じ部署のA君には、なにかと面倒を見てやり、すっかり姐さん気分の私だった。
幼い雰囲気で頼り無い感じのA君は、なにかと先輩の男性社員からいじめられるような事もあり、可哀想だった。でも、ふと顔をあげた時に向かいに見える彼の真剣な顔つきは、むしろ実際の年令よりも5才くらい上に見えるような頼もしさが垣間見えた。
実際、彼の書いた企画書は、同期の連中よりもずっとマシなものを書いている事も多く、見た目だけでいじめられている彼が本当に可哀想に思えた。
そして、その彼のギャップがなんとなく気になるようになってしまった。
やがて、そんな彼を慰めようと、私の提案で、私の友人達と彼の同期などを集めて、仕事を離れて食事会などを開くようになった。そうやってグループで親交を深めていった。
彼は、仕事の内容の話になると、すごく専門的な話や独創的なアイデアを披露し、その秘めた可能性をみんなに惜し気もなく示した。
やがて、食事会の仲間達には、次第に彼の事を理解する人たちが増えていった。
その割にはエッチな話になると、顔を赤くしてうつむいていて、ウブな一面もあるのだった。
私は夜一人で、そんな彼の顔を思い浮かべながら、自分を慰めるようになっていた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||

2018年8月10日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談
1 / 32312345...102030...最後 »

このページの先頭へ