近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】卓球部【体験談】

俺は中3で卓球部に所属してます。その部活中に初エッチし
ちゃいました。
先週の休日の部活は半面ずつ女子卓球部と部活をしていまし
た。俺は先生と試合のメンバーを決めるため途中から部活を
ぬけていました。戻ってみると、男子は誰もいなくて、女子
が二人残って打っていました。まあ人数の少ない部活なの
で、よくあることでした。さっさと帰ろうと思って、荷物を
まとめるために部室へ行き、体育館に戻ってみるとさっきの
女子が一人でした。よくみるとそれは同じ3年の万里子でし
た。彼女は結構かわいいしスタイルもいいので男子卓球部の
オタクどもから人気がありました。俺は体育館を閉める係だ
ったので
「もう閉めるぞ」
と万里子に言うと
「まってよ。私R君待ってたんだから。」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||

2017年10月22日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】友達の彼女寝とったったwwww【体験談】

<>1:名も無き被検体774号+[sage]:2013/06/03(月)23:22:54.81ID:+EJC7Wz10<>
ついにDT卒業したわwwww
ワロタwwwwワロタ…

スペック
俺20才顔濃いイギリスと日本のハーフ
友達の彼女19才AKBの大島似Eカップ

話は昨日の夜、友達と友達の彼女と俺とで酒を飲んでたんだわ
そのとき見てた映画がモテキだったんだけど

でね
モテキってさ結構エロいシーンが多くて
3人でウヒョーとか言って盛り上がってた
しかしバカ騒ぎしてる時にふと俺の右手に友達の彼女の手が乗ってたんだよね

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||

2017年10月21日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】K子【体験談】

小中学生時代のえっちな思い出Part32

<>898大海物語の裏サメNew!2006/04/07(金)17:45:38ID:4VWLbY+I0<>
俺が小学校5年生の3学期末の時のお話。
当時、俺は学級委員に選ばれていた。大抵、男子の学級委員が選ばれる時は、
1学期はクラスの頭がいい奴、2学期はスポーツが得意な奴、で3学期はクラスの
お笑い担当みたいな奴が選ばれる傾向があったのだけど、俺はどちらかというと
クラス内のおちゃらけキャラだった。
女子の学級委員はマジメな子が順次選ばれるという感じだった。

<>899大海物語の裏サメNew!2006/04/07(金)17:52:57ID:4VWLbY+I0<>
3学期の初めに多数決で学級委員に選ばれて、内心「面倒くせえな」と思ったり

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||

2017年10月20日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】彼女の両親の前で手マンした話【体験談】

高3のときの話なんだけど、彼女の両親に気に入られてて
よく家に遊びに行ってたんだわ
彼女が家にいないのに俺が彼女のベッドに寝に帰ったりしてた
彼女は三人兄妹で、兄、彼女、妹がいた
一つ上の兄が大学に受かったとかで新しい趣味を探してたんだよ
俺はエヴァ好きなんで、兄にはエヴァを勧めてた
最初「嫌やわぁオタクやーん」て言って嫌がっていたのだが、遂に見ると言い出した
俺はエヴァのビデオ(高校生にDVDは高かったorz)を全部彼女の家に持って行って、兄が帰ってくるのを待った
兄が帰ってくるまでは彼女の部屋でイチャイチャしていた
処女だったんで、そんなにやらしてくれなかったんだよ
彼女は既に部屋着モードになっていた
スウェットパンツにパーカーみたいな感じ
ブラはつけていたが、ホックは外してるスタイル
兄が帰って来て、ちょうど夕飯どきだったんで、俺もご馳走になった
チキンカツだった

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||

2017年10月20日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】職場で先輩とエッチしてるところを教育係で妊婦の晴香さんに見られてた【体験談】

カズさん(20代)からの投稿
—-
前回の話:職場でソープいきたいって話を既婚者の先輩に聞かれてた
2人目、晴香さん。
晴香さんは当時32歳で、俺が入社した時からの俺の教育係で会社のお姉ちゃんみたいな存在。
3人の子持ちで俺とセックスした時は4人目を妊娠中の妊娠7ヶ月の妊婦だった。
芸能人でいうならAKBの島田晴香がもう少しポッチャリした感じかな・・・実は希美さんとヤッた時にこの晴香さんに覗かれてたんだよね。
希美さんとヤッた翌日、仕事してたら晴香さんが俺のとこにやって来て
晴香「昨日見ちゃったよぉ~(笑)希美ちゃんとヤッてスッキリした???」
俺はビックリして動揺してしまった!!
まさか晴香さんに見られていたとは・・・。
晴香「アハハ(笑)若いからいいのいいの(笑)でもコンドームしたり生で外出しは物足りないでしょ???アタシなら妊婦だから生中出しOKだよぉ~!!(笑)」
俺「マジっすか!?俺、まだ中出しした事無いからしてみたいっす!!お願いします!!」
晴香「アハハハ(笑)まあ考えとくわ!!アハハハ(笑)」
晴香さんはそう言って笑いながらトイレの方に行ってしまった・・・。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2017年10月18日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】この間友達【♀】の為にセクロスの場を設けた【体験談】

スペック
俺 23歳♂ フツメンだと思う 介護職員
Y 23歳♀ モテる方だから可愛いのか? 
      日舞の教える人
K 23歳♂ モテるイケメン優しい 
      音楽教師
Yと俺は小中高一緒と言う腐れ縁
Kとは高校で出会った
元々小中高俺とYは一緒だった、小学校の時二年間だけ同じクラスになっただけ
Yは別に障害とかはないんだが、勉強があまり出来なくて特別学級に中学の一年の終わりごろに入った
俺は学校が楽しくなくて、二年の途中頃から引きこもり
なぜか卒業式だけはちゃんと出たと言う謎
特別学級に入ったY
不登校で勉強が遅れてた俺、家庭教師やらなんやらで ある程度は勉強してたけどやっぱり公立なんて無理で
地元から一時間ぐらいの所にバカ私立があった

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2017年10月18日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】元彼との再会【体験談】

「久しぶり〜」銀行のATMに並んでいたら後から男性の声がしました。
誰?と思って振り向くと、懐かしい彼の顔がありました。
「元気?」って聞かれ少し話をしていると「ランチでも一緒にどう?」って誘われ
「うん」と答え一緒にランチすることになり、これからのお話のきっかけになりました。

私は現在47歳、彼は51歳です。もうお付き合いが始まってから3年が経ちました。
彼は私の始めての相手でもあり私が19歳から22歳まで付き合っていた元カレでもあります。当時の私はまだ色んなことに興味があり、結婚に魅力を感じず彼からプロポーズされていましたが、乗り切れず結局別れてしまいました。
あれから25年経ち、今ではお互いに家庭があり私には優しい夫と3人の子供もいます。昨年は長女が結婚、孫も産まれました。家庭には何の不満も無いのになぜこうなってしまったのか?私には未だにわかりませんが現実に2重人格のように、家庭での母、妻としての私と彼の前での女の私がいるのも事実です。
どうしてまた再会しそうなってしまったのか?をお話したいと思いました。
私達が住んでいるのは田舎の小さな地方都市なので同じ市にいるとこれまでもスーパーだったりレストランだったりと、何度か顔を合わすことはありました。が、お互いにパートナーと一緒だったり子供と一緒だったりで言葉を交わすこともなく会釈するくらいで何事もありませんでした。
冒頭にも書きましたが、約4年前、銀行のATMで彼が偶然後に並び、銀行の駐車場で一言二言話したことがきっかけでランチを一緒することになりました。
以前の彼は地元のメーカーに勤務するサラリーマンだったのですが今は会社をいくつも経営する社長さんになっていました(風の便りには聞いて知ってはいたのですが)
ランチも美味しいおすし屋さんに連れて行ってもらい、昔話や近況やらを話しながらドキドキしながらも、楽しい時間を過ごすことができました。彼は昔とは全く変わっていて、さすが経営者らしく色んなことを知っていて、また話し方も柔らかく以前の面影は全く感じられませんでした。
お話の内容も経験談を交えながら話してくれるので内容が深く濃くてとても印象に残るお話ばかりでとても魅力的で私の知っていた以前の彼とは別人?と勘違いするくらいお話に引き込まれてしまいました。
容姿も若々しく、ピカピカの外車に乗って正直なところ彼と結婚していたら私の人生は全く違ったものにになっていたんだろうな〜と思いながらいっしょの時間を過ごしていました。その日はメルアドの交換をしたくらいで何事もなく別れて、その後もしばらく連絡が途絶えていました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||

2017年10月18日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】俺が黒ギャルの性欲処理具にされてた話【体験談】

話は今から4年前、俺が中学3年生の頃。
今ではただのアニメオタ大学生だけど当時の俺はバスケ部に入っていて
キャプテンを務めていた。
中学生なりにそこそこ良い体をしてたと思うしまぁまぁ仲の良い女の子もいた
今でもそうだけど中三って時期は暇さえあればすかさずオナニーしてたんだ
自宅で学校のトイレで友達の家のトイレでと場所を選ばずに
そんな俺がバスケ部を引退して受験勉強を始めた秋口に問題のギャルに出会った
そんでまぁ中学生の頃の俺は誰から構わず話しかける方だったんで
そのギャルにも話かけた
そのギャルは見た目ちょいお恐いけどしゃべってみると意外と声が可愛いくて
何故か少しドキドキしたような気がする
席替えから三日ぐらいしたらギャルの方からアドレス聞いてきた
ノートの端にアドレス書いてくれたからそのメモ紙持ってトイレ行って
昼休みオナニーした
丸文字で興奮した

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年10月15日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】女子大生【体験談】

十年位前、私は既に結婚して十年になっていました。妻のことは好きですし、特に不満という訳ではなかったのですか、私にとって忘れられない女の子との短期間の思い出があります。
 学生時代にアパートがあった街が懐かしく、たまに仕事帰りに立ち寄り、いつものようにその頃からある居酒屋で飲んでいました。Y美との出会いは居酒屋を出てもう一軒行きたい店に行こうとする途中にありました。
 なんとなく引き付けられる小さなパブがあり、店に入りました。店内は周りをぐるりとテーブルが取り囲み、客が十人程座り、女の子が五、六人客の相手をしていました。
 空いているテーブルに着き、まもなくすると、なんと高校生のような小柄のオカッパ頭の女の子(彼女がY美です)が私の前に座りました。
「よく高校生と間違われるんです。女子大の2年てす」
「幼くみられるのは複雑な気持です」などY美が既に成人していることを強調しながら、盛り上がっていました。
 私は次ぎの予定があるので店を出ました。次ぎの店で懐かしいマスターと思い出話に花がさき、最終電車に間に合うまで飲んでいました。
 駅のホームまで行った時、Y美が椅子に座って同じ最終電車を待っていました。
 目的地が同じで一緒に帰り、食事をして帰ることに誘いY美もオッケーしました。お酒も少し入りアパートまで送ることもオッケーで、一緒に歩いている時は彼女の小柄の肩を軽く抱くことにも拒否されませんでした。
 アパートに着いて、「部屋に入りたい」というとこれには強く拒否し、「知り合ったばかりなのでダメ」の一点ばり、なだめて説得しても拒否されるので仕方なく帰ろうとすると、途端に意外にも「お茶だけならオッケー!」が出ました。
 その時Y美は二十歳で私は四十になった中年で、スケベこころを持った私としては内心「やった!」と勝利を確信しました。
 部屋に入るなりキスをしようとしました。
 ところが強力な抵抗に会い、その余りの強い抵抗に愕然とし諦めてガッカリしながら寝ることにしました。
 ベッドに入り横を向いて暫く目を閉じて寝ていると、ベッドの下で座っていたY美がそろそろと私の横に入ってきました。私は先程のキスをしようとして予想外の抵抗があったため、諦めて寝ているふりをしていましたが、Y美は私の顔を覗き込むように肩越しに「もう寝た?」と話しかけてきました。
「寝られる訳ないよ」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||

2017年10月15日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】男を漁る?人妻【体験談】

確か2〜3年くらい前だったと思います。
地方に出張した時に、営業を終えてホテルに帰ろうとしたのですが、終バスのあとで、町中じゃタクシーも拾えず、とりあえず喫茶店に避難しました。
ですが、この店も閉まってしまい、ドアの前で途方に暮れていると、先ほどから喫茶店で私のことをチラチラ見ていた30歳前後の女性が話しかけてきました。
「どうしました?」と聞くと、何やら訳ありのようで詳しくは話してくれませんでしたが、行く宛てもなさそうな感じでした。
自分もどうやってホテルに戻ろうか悩んでいたし、このままだと泊まる場所もないので、とりあえず2人で駅の方へ向かって歩くことにしましいた。
彼女は終始無言でしたが、目の前にラブホテルのネオンが見えると、急に私の腕を掴んできました。
「あの、泊めてもらう代わりに、……てもいいので」と言ってきました。
よく聞こえなかったのですが、とりあえずホテルに入りました。
部屋に入ってもお互い無言のままでしたが、「泊めてもらうお礼なので」と抱き付いてきました。
腕に柔らかな膨らみが当たり、ふわっと香る甘い匂いに理性が抑えきれなくなり、私も彼女を抱き返しました。
夢中でキスをして、口の周りが唾液まみれになるくらい激しく舌を動かしました。
胸を揉むと、細身の体に信じられないくらいの大きさで、弾力のある膨らみは私をさらに興奮させました。
彼女の服を剥ぎ取って乳首に吸い付き、少し汗ばんだ胸を揉みまくっていると、「ああ、久しぶり。もっともっと強く揉んで」と淫らなっていきました。
アソコにも指を入れてかきまわしていると「ああいい、チンポ、チンポちょうだい。ぶっといチンポでかきまわして」と、しゃぶりついてきました。
フェラテクもなかなかのもので、貪欲に咥えついて、根元まで飲み込むようにしてきました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||

2017年10月14日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

このページの先頭へ