近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】大学生→風俗嬢→先生【体験談】

大学生だった頃、超真面目で勉強頑張って大学院に進んで研究者になりたかった。
そんな時、友人に合コンにさそわれた

あ、スペック忘れてた。
当時は芸術系の専攻で書道やっていた。今でも読売展にだすくらい
本気でやっている。顔は…よく言われたのはV6の三宅健。
女だけどかなり似ていたらしい

で、合コンに行ってそこにいたかなり綺麗な顔した男の子と盛り上がった。
自称慶応の子で私がジャニーズ系の顔をしていたから気になったといった

そのことは特になにもなかったがその子の友人がメアドを聞いてきたので交換
その後私は勉学に勤しんでいたため2日間メールして終わり。
これが大学2年生の秋。その後も私は勉強に力を入れていたがある日壊れた。
勉強と書道のし過ぎでなんかの糸が切れて、ぼんやりする日が続いた

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||

2018年8月20日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】流れを読まず自分の結婚式にまつわる話だけどスレチでただの愚痴。複雑な上に長文になると思う。【体験談】

366:愛と死の名無しさん2013/08/07 22:20:52
流れを読まず自分の結婚式にまつわる話だけどスレチでただの愚痴。複雑な上に長文になると思う。
親しき仲にも礼儀がない幼馴染の腐れ縁の婦女子(既婚)を式に招待した。
彼女の結婚式にも呼ばれていたし、一番付き合いとしては長いし。
ちなみに私は都会で彼女は地方。
まず招待しますという連絡をしたら、早速結婚式ではく靴を買った、ストールを新調しただの、
きれいな恰好ができてうれしいとツイッターでつぶやきはじめた。
そして招待状を送ったら、一向に返事が来ない。
締め切り日も書いていたが来ない。そろそろ催促しようかな…と思っていた矢先
ツイッター上で「招待状送りわすれてたぁ~ごめ~ん今日送る~」と私への返信ではなくただつぶやいていた。
自分が結婚式あげておいてマナーわからないのか不思議に思ったが、その後数日たっても招待状が届かず。
さすがに催促したらつぶやき後にまた忘れていたらしい。
二次会の返事をしてはがきを出した気になっていたらしい。なんじゃそりゃ。
この件でだいぶ呆れたが、それからしばらく経っていつものようにわたしはツイッターのタイムラインを読んでいると、その子が
「結婚式の次の日はコスプレ大会。衣装が2着に着替えが2着。引き出物もらったら荷物多すぎるから引き出物を家に送りたいけど送料いくらかなー」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||

2018年8月3日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】バツゲーム【体験談】

中学3年生の頃の話です。僕には高校1年生の葵という姉がいます。その日は金曜日で明日は両親が丸一日いなく、2人で各部屋を掃除しておいてと言われていました。次の日、朝食を済ませると姉が「話があるから、私の部屋に来て。」といわれ、「何かな?」と思いながら姉の部屋に入りました。すると姉がトランプを持ってきました。「今からゲームしよう。負けた方は今日一日、勝った方の言うことを聞くの。当然、家事や雑用まで全てね。いいでしょ?」と突然意味不明な事を言い出しました。でも、今まで姉とやって連戦連勝だったことや、面白そうだったこともあり素直に一発Okしました。「ルールは簡単。山札の上から一枚ずつめくっていってジョーカー(J)を引いたら負け。分かった?」ルールを了承するとゲームスタート。先行は姉でJでは無かった。次に僕が引くと、なんとJでした。「姉ちゃん仕組んだでしょ!」と言っても、「証拠でもあるの?」と押され僕はしぶしぶ負けを認めました。ここまでならまだ良かったのですが、又もや姉がバカなことを言い出しました。「ただの罰ゲームじゃ面白くないから隣の部屋でコレ着てきて。」と言われとりあえず中のものを見ると、なんとメイド服でした。他に女性用ショーツ(ハート柄)、ブラ、姉が使っているブラパット、ハイソックス、カチューシャ、ウィッグ、蝶ネクタイ等フルセットでした。奥にあった紙に「観念して着替えなさい!」と書いてあり、覚悟して着替えました。苦戦を重ねて着替え終わり部屋に戻ると、姉が満面の笑みで待っていました。「いい?今日だけは私をお嬢様と呼ぶこと。それと、私の言う事には絶対服従。いいわな?」と釘を刺され地獄の一日がスタートしました。

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||

2018年7月31日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】ゲームで勝ったから17歳のセフレに対して3つの命令権を得た【体験談】

あいおんさん(30代)からの投稿
—-
「まだネット規制が緩かった時にネットで知り合った高校中退の17歳の娘と」の後日談です。
前回の別れ際に次の会う日を約束したが、その日になった。
また前回と同じ駅前の大きな公園で待ち合わせて、食事に行った。
今回は待ち合わせ時間も早かったため、ホテルの宿泊時間までだいぶ時間もあり、食事の後にゲームセンターで遊ぶ事にした。
色々と遊びながら話していると、当然セックスなどの話にもなる。(真由と知り合ったのはエロチャットです)
そのうち、真由が言った。
「ゲームで勝ったら、負けた人に命令出来るって面白そうじゃないですか?」
俺は一気にエロい命令が頭を駆け巡った。
「いいね」
と俺は返事をしてゲーム選びが始まった。
確かカーレースのゲームだったと思うが、結果は俺の勝利。
「では命令、俺の3つの命令に従いなさい」
俺はガキのような命令をした。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||

2018年6月8日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】オナベバーで働いていた時にお客さんと【体験談】

れはナベバー勤めしてた時の話だ
ナベバーといってもそこの客層は一見のカップルからキャバとかのアフターに使う常連のおじさま、水商売のおねーさんと様々で
本物のFtMやビアンの人は稀だった
かくいう自分も別にそういった傾向はなく、知り合いのナベさんに誘われて勤めただけ

とりあえずマスターにナベシャツ(胸を潰す固いベストみたいなの)を借りて
売れないホストのような格好で働いてたんだ

そこはスナック風のバーで、カウンターやボックスで接客する形
ホステスやってたこともあって、結構人気あったんだぜ?w
キャバ嬢からプレゼントもらったりねw

そんなある時、いつもの常連さんがおねーさんを2人つれて来店したんだ

1人は常連さんのお気に入りで顔見知りだったけど、もう1人は初対面だ

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2018年5月5日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】以前付き合ってた彼女の手こきは本当に気持ちよかった【体験談】

昔付き合っていた女性との話です。
小西真奈美に似ていてスラっととした長身の綺麗な感じの娘で、エッチの相性はイマイチだったんですが、とにかく手コキが天才的に激ウマ(^^;)
エッチはあまりしたいと思わなかったので、彼女に会うと毎回手コキをお願いしてました。
ホテルはお金がかかるので、もっぱら車の中で。
車の中にはローションを常備していたので、会うたび会うたびローション手コキをしてもらってました(^^)
手コキの素晴らしさに目覚めた俺は、最高のシチュエーションで手コキをやって貰いたいと考え、色々悩んだ結果、次のような感じでお願いしました。
俺「なぁ、今度はさ、マニキュアしてやってくんない?すんごい派手なやつ。何か興奮しそう」
女「うん、いいよ。後は何かリクエストある?」
俺「そんじゃ、セーラー服にルーズソックス穿いて、俺の足の間で正座しながら手コキして。そんで最後は顔に思いっきりぶっかけたい」
女「ほんと変態だね。こんな変態だと思わなかった」
俺「ごめん、俺変態でいいから、お願いだからやってよ」
女「うん、いいよ、分かった」
そこでリクエスト通りセーラー服にルーズソックスを穿いた小西真奈美が登場。
派手なピンクのマニキュアもばっちし☆
俺「じゃ、お願い」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2018年4月24日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】サレ夫「どうにか劣等感を克服して…とは思っています。」【体験談】

427名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2012/04/18(水)17:09:32.14
じゃあお言葉に甘えて
ってか愚痴ってよりも質問なんだけどな
再構築中のおまえらって嫁とセクロスしてる?
セクロス自体は発覚前と比べて変わったりした?
回数とかプレイ内容っていうか激しさとか

俺はなんだかオスとしての自信がなくなってしまって回数も激減っていうかここ半年はレスだorz
嫁も心から反省して以前よりも良き妻良き母になったし全て許してやり直す決心をしたのだが
性的なコンプレックスだけが残ってしまったよ
そういうのを乗り越えた先輩がいるならアドバイスが欲しい

*****************************************************************

500名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2012/04/21(土)10:05:13.46

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2018年4月21日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】女だって出会い系くらいする【体験談】

<>1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/08/14(火) 00:17:42.50 ID:UOePGIZs0 <>
たったらね
<>2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/08/14(火) 00:18:00.39 ID:RiC7gPKj0 <>
本当に女なら証拠うp
>>2
おっぱいでもうpればいいのか?
だが断る

<>7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/08/14(火) 00:19:31.43 ID:RiC7gPKj0 <>
>>4
割り切り女か?
とりあえずパンツは脱いだぞ
<>10以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/08/14(火) 00:20:08.75 ID:gi2q+xybO <>
俺もパンツ脱いだ
>>7

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2018年2月18日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】寝ている先輩の近くで彼氏とコタツの中で…【体験談】

北海道/美冬さん(20代)からの投稿
—-
こんにちは、美冬です。
先日[上司と交際中に、同僚に抱かれた話]と[SNSがきっかけで24才年上の人と不倫した話]を書かせていただきました。
今回はそんな上司と付き合う前にいた、倦怠期中だった”彼氏”との話を書かせてもらいます。
■今回頂いた写メ。
彼との出会いは、私の先輩が紹介してくれたのがきっかけでした。
彼は無類の女好き。
当時17才の私と付き合った時も、二股だったみたいです。
二股と分かった時、私は彼と別れました。
だけど1年後、彼と連絡を取る機会があり、ちょっとしたキッカケでよりを戻す事になりました。
そこから、彼と私の性活が始まったんです。
彼の名前は[健太]22才。
自衛官だったので腹筋は綺麗に割れ、身長が188cmという長身でありながらもガッチリした体格でした。
イチモツは太さが中位、長さは20cm近くあるけど…早漏さん。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2018年2月9日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【不倫・浮気】二番でも良いと言って結婚した嫁と【体験談】

嫁の麻衣とは結婚して二年経ち、最近はそろそろ子供を作ろうと話しをしていた。麻衣とは、付き合い始める時にものすごく苦労をしたので、最近のラブラブな毎日が本当に夢のように思える。麻衣と知り合ったのは、大学のサークルでだった。一目見た時から好きになり、とにかく付きまとうというか、いつもそばにいるようにした。でも、全然僕の気持ちは通じず、逆に麻衣が僕に、先輩との恋のことを相談してくる始末だった……。
麻衣は、同じサークルの二つ上の先輩に恋をしていて、友達として僕に相談をかけてくるという、僕にとっては辛い日々だった。
でも相談を聞くという名目で、よく二人でお茶や食事が出来たので、辛い中にも幸せな部分もあった。でも気弱な僕は、麻衣の相談に真剣に答えてアドバイスをしたり、励ましたり、頑張れと応援したりしていた。そのせいかどうかはわからないが、結局麻衣は無事に先輩と付き合うようになってしまって、僕と過ごす時間もなくなっていった。
ラブラブな二人を見て、サークルを辞めようと思うこともあったが、それでも麻衣子のそばにいたくて、辛い思いをしながら辞めずにいた。1年半くらいの苦しい日々だったが、先輩が卒業とともにアメリカに行くことになり、結局麻衣は捨てられた。先輩がアメリカに行く理由も、麻衣が捨てられた理由もわからなかったが、僕は正直にチャンスだと思った。そして、失恋にひどく傷ついて、笑顔がなくなってしまった麻衣に、とにかく明るく優しく付きまとった。
僕が必死になっても、麻衣は落ち込んだままで、一年近くそんな日々が続いた。一年経ち、僕が思いきって告白をしたとき、麻衣は悲しそうに笑って、
『ありがとう……。本当に嬉しけど、ごめんね、どうしても忘れられないよ……』
と、断った。でも僕は、もう後悔したくないと思っていたので、その後も同じように麻衣に付きまとい、何度も何度も告白をした。
そして、僕の熱意というか、しつこさに負けたのか、
『うん……、でも私、ずっとあの人のこと忘れられないと思う……。それでもいいの? あっくんのこと、この先どれだけ好きになっても、ずっと二番だよ?』
と、泣きながら言ってくれた。
「それでもいい! どれだけ時間がかかっても、絶対に忘れさせるから! 絶対に俺が一番になるから!」
僕の人生で、一番真剣に、一番熱くなった瞬間だったと思う。麻衣は、さらに泣きながら、号泣に近い感じで泣きながら、
『よろしくお願いします。あっくん、本当にありがとう』
と言ってくれた。こんな感じで始まった付き合いだったけど、僕は幸せだった。好きな女の子と手を繋いで歩くだけで、こんなにも世界が違って見えるものなんだと、初めて知ることが出来た。ただ、僕と一緒にいて、楽しそうにしていたと思ったら、急に落ち込んだりする麻衣を見て、先輩の影はずっと付きまとっているようだった。でも、それも半年、一年と過ぎ、二年を数える頃にはすっかり消えていた。心の中までは覗けないが、表面上はすっかりと先輩のことを忘れたようだった。
そして、仕事も順調で、色々な意味でやっていけると判断して、プロポーズした。『はい! よろしくお願いします。あっくん、本当にありがとう、愛してます』

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2018年1月9日 | 近親相姦体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談
1 / 1412345...10...最後 »

このページの先頭へ