近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】骨川静香「あなた・・・寝癖が立っているわよ」【体験談】

骨川静香「あなた・・・寝癖が立っているわよ」
<>1名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします投稿日:2008/09/28(日)02:55:26.35ID:nH34nYSP0<>
スネ夫「ああ・・・どのへんだい?」
静香「直してあげるわ」
スネ夫「すまん」
静香「最近夜遅くまで仕事してるでしょ?」
スネ夫「今抱えている案件が正念場でね・・・俺だけじゃあない。
    チーム全員ほとんど寝てないよ」
静香「やっぱ外資はたいへんね」
スネ夫「好き好んで入った世界さ。弱音ははかないよ」
静香「そう。明日は休み取れるの?」
スネ夫「一応事前にマネージャーには伝えてる。夕方電話するよ」
静香「そう。行ってらっしゃい」
スネ夫「ああ。行ってくるよ」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2017年3月18日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】聖水【体験談】

とある修道院。修道院長が、罪深い行いをした4人のシスターを問い詰めている。

彼女は1人目に尋ねた。
「あなたは男性の、なんというか、生殖器、に触れましたか?」
一人目のシスターはしおらしくうなづいた。
「それで、そのアレにはどのように触れたのですか?」
「人さし指の先っちょで触れました、院長様」

院長は少しショックを受け、次のように命じた。
「ならば、あなたの人さし指を清めるために、聖水に浸さなければなりません。行きなさい、シスター」

最初のシスターが出て行くのを見ながら、院長は次のシスターに質問した。
「あなたは、あのアレにはどのように触れたのですか?」
「…わたくしは、手でつかんでしまいました」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|

2016年2月23日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】カナダで初エッチ3【体験談】

1,2はたぶん「外国人との体験談」に載っているので参照してほしい。

どうも。カナダのスパゲティを作りそうなお母さん宅にホームステイしているものです。以前、ホームステイシスターとやってしまったと書きまして、その後もその関係が
つづいていたんです。しかし、3ヶ月前それがホームステイにばれてしまいました。

ある日、ホームステイが外出しており学校を終えた俺が部屋でのんびりとしていると
シスターが帰ってきました。彼女はすぐに俺の部屋にやってきてキスなどをしながら
いちゃいちゃしているうちにお互いエッチな気分になり、お互い全裸になり抱き合いながらキスをして彼女のあそこに手をいれようとすると、」なんとホームステイが帰ってきました。
びっくりしたシスターはなぜか部屋から出るんではなく俺のベッドの下に隠れたのです。「What,,,]俺が驚くと彼女も失敗したことに気づきました。

すでにホームステイは彼女のかばんを発見し名前を呼んでいるところでした。
それでも何とか隠そうとどぎまぎして俺が勉強をおしえてたっていうことにしようと
提案し教科書などを用意したんです。とはいえお互い全裸。急いで俺らは服を
着なおそうとしました時すでに遅し・・・・・・・・・・。
イタリアンババァが俺の部屋のドアをあけました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||

2015年4月21日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【妹と】ホットケーキ【エッチ】

ええと、まずスレ違いと言わんといてください。一応彼女らは妹です。

高校二年の秋、家に帰ると玄関に靴がたくさんあった。
来客なんて珍しい。誰が来てるのか気になったが、リビングからは大人特有のぼそぼそ声が聞こえてきたので入りづらかったし、生徒会に所属していた俺はちょうど部費や学校行事の予算をまとめる作業をしていたので疲れきっていた。
いったん部屋に戻ってうだうだしようと思い、二階に登る。すると部屋からゲームをする気配がした。(なんかあるじゃん、テレビのキーンって音)
父親がやってるもんだと思った俺は、何の疑いも持たずに部屋のドアを開ける。しかしそこにいたのは女の子二人だった。
覚えているのが、少し幼い感じの一人が片ひざを立ててゲームしていたのでパンツ丸見えだったこと。白。
そして俺と同じくらいの歳つきのもう一人が、いやに落ち着いた感じで俺を見つめていたこと。

予想外もいいとこの展開である。突っ立ったまま、パンツとその姉らしき人物を交互に見るしかできなかった。
「ごめんなさい、ちょっとお借りしてます」
口を開いたのは、俺を見つめていた方だった。
「え、いや。はあ」
よく分からず返事をしてから、ああそうか、お客さんの娘さんだと気付く。
「もしかしてお客さんで?」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年2月13日 | 近親相姦体験談カテゴリー:妹との体験談

【姉と】姉「弟くんは今日からお兄ちゃんです」【エッチ】

弟「いや、俺に言われても。父さんと母さんに言いなよ」
姉「お父さんとお母さんに言っても、どうにもなんないじゃん…」
弟「もしかしたら生き別れの兄とかがいるかもしれない」
姉「そんなマンガじゃないんだし」
弟「いやいや父さんが独身のころ二股かけてて……いや、あのおっさんにそんな甲斐性はないよね」
姉「でしょ…あーお兄ちゃんがほしぃーお兄ちゃんおにいちゃんおにーちゃんー」
姉「…やっぱいないって、生き別れの兄」
弟「いないかぁー」
姉「うぅ…おにいちゃん…」
弟「よし、第2案」
姉「なになに?」
弟「昔の人は言っていた、パンがなければ小麦を食えと! お兄ちゃんがいなければ…」
姉「いなければ?」
弟「お兄ちゃんを作ればいいじゃない!」
姉「それだっ!」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2014年1月25日 | 近親相姦体験談カテゴリー:姉との体験談

【姉と】姐弟【エッチ】


“タッチ〜”は非常に早い土曜日の朝は言った、本当の早期いることを確認します。 8つの時、親も出て行く。
これは、非常に混雑してトリプル未満の四〇〇フィート家である。 私は兄と私の細胞ベッド、彼の次のセル内のと同じ部屋で寝る。 快適で、また、非常に便利で良いが服を着る。 私は彼一六は、17歳です。 朝は、あまりにも不快で覆われて、小Xueさんは、マークマークです。 液体の流出が濡れて下着を持っています。
浴室の思想は、彼女を洗浄するが、あまりにも早く土曜日の朝に一緒に。 彼は良いしないように要請します。 だから、まだベッドの中で、優しくクリトリスをこすりタッチ指を助けることができなかった、Aiyeもゆっくりと流れる。
“うーん…ああ… …”快楽の絶え間ない流入。
“シスター!は騒々しいので、早く、[OK]を?”彼の兄弟によると、そして年間静かに、
高速の指は、本当に危険な、停止するが、幸いにもしなかった彼は目を覚ます。
彼女もやと言えば、彼女は私の友人は、昨日、私は持っている彼女の神秘的なトイレに行くと私に電気の陰茎を取り出した。
“見て!多くの素晴らしいものを!”彼女は言った
“そこに募集しない、ああ、のようなものは”私は尋ねた
“これは何ですので、!あなたはしなかった使用?”
“コースではない!”
“良い​​試みが必要です。”彼女はすぐに私のスカートをオフに設定します。
“DIDはあなたはそれを試して今で言う?”
“もちろん、それは時間がかかるかもしれない!条件は、クラスの30分前に存在することができます!”

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||

2013年10月18日 | 近親相姦体験談カテゴリー:姉との体験談

【姉と】お兄ちゃんが欲しいよぅ 【エッチ】

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/10/11(月)22:26:58.99ID:8OSpUSKT0

弟「いや、俺に言われても。父さんと母さんに言いなよ」

姉「お父さんとお母さんに言っても、どうにもなんないじゃん…」

弟「もしかしたら生き別れの兄とかがいるかもしれない」

姉「そんなマンガじゃないんだし」

弟「いやいや父さんが独身のころ二股かけてて……いや、あのおっさんにそんな甲斐性はないよね」

姉「でしょ…あーお兄ちゃんがほしぃーお兄ちゃんおにいちゃんおにーちゃんー」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2013年8月27日 | 近親相姦体験談カテゴリー:姉との体験談

【修羅場】「僕の所へ来なさい」 【体験談】

122名前:素敵な旦那様投稿日:04/07/2713:07
「僕の所へ来なさい」

来ませんか?来ないか?だったら悩む女だったから命令形でゲット
今でもアドバイス与えてやった方が喜ぶ
素直なのか自分がないのか…

123名前:素敵な旦那様[sage]投稿日:04/07/2713:20
122
奥さんはM女?

124名前:素敵な旦那様投稿日:04/07/2713:29

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||

2013年8月17日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【姉と】姉「弟くんは今日からお兄ちゃんです」【エッチ】

弟「いや、俺に言われても。父さんと母さんに言いなよ」
姉「お父さんとお母さんに言っても、どうにもなんないじゃん…」
弟「もしかしたら生き別れの兄とかがいるかもしれない」
姉「そんなマンガじゃないんだし」
弟「いやいや父さんが独身のころ二股かけてて……いや、あのおっさんにそんな甲斐性はないよね」
姉「でしょ…あーお兄ちゃんがほしぃーお兄ちゃんおにいちゃんおにーちゃんー」
姉「…やっぱいないって、生き別れの兄」
弟「いないかぁー」
姉「うぅ…おにいちゃん…」
弟「よし、第2案」
姉「なになに?」
弟「昔の人は言っていた、パンがなければ小麦を食えと! お兄ちゃんがいなければ…」
姉「いなければ?」
弟「お兄ちゃんを作ればいいじゃない!」
姉「それだっ!」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2013年4月16日 | 近親相姦体験談カテゴリー:姉との体験談

このページの先頭へ