近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】昔の経験【体験談】

ばさんとガイドさんの間に割り込むように倒れこんだのです。そこは煙草の煙と熟女のフェロモンでむせ返るような空気で一杯でした。ここでちょっと寺島のおばさんの事を少し書いておきましょう。寺島のおばさんは僕の住んでいる近所に、夫と息子と娘の4人暮らしをしていて、おばさんから聞いた話ではどうしても辰年の息子が欲しかったので23歳の時に好きでもなかった公務員の今の夫と結婚し、24歳の時に念願の辰年の息子を授かった、と言っていたのでその当時おばさんは47歳だったと思います。そして近所では、その派手な格好(膝上30㎝のミニスカートをはき、体にぴったりとしたニットとかの服とか、胸の大きく開いた服をよく着ていた)でよく出かけていたので、絶対不倫してると有名でした。話は戻り、おばさんとガイドさんの間に座らされた僕は、テーブルも狭かったのですが、両肘が二人の胸にぴったりと当たるような格好で座っていたので、若かった僕はすぐに浴衣の中の息子が大きくなるのを防ぐことはできませんでした。そして、周りが煩かったのでガイドさんの耳に唇を当て、「なんでここにおばさんと一緒にいるの?」って聞いたら。「昼間約束したこと忘れたの?今夜はしっかり楽しもうって言ったから、ここのカウンターで一人飲んであなたを待っていたの」「そしたら寺島さんのグループに呼び止められ、あなたも来ないし合流したわけ、あなたがいけないのよっ!」と言って僕の浴衣をめくり、太ももを思い切り抓ってきたのです。そしてそれを見ていた寺島のおばさんは、やおら僕の浴衣の中に手を入れ、「若い人の肌はいいわねえ」と言い僕のパンツの上から息子を触り始めたのです。そして、僕を挟むような格好でガイドさんに近づき「このひろし君の事は小さいころから知っていて、よく家へ来て悪戯をして帰って行ったわ、おばさん知っていたんだから」と、またトロンとした目つきで意味深に行ってきました。僕はその時、おばさんの家に行くたびに、おばさんの下着が干してあるベランダとかを凝視したり、時には何枚かおばさんの使用済のレースパンティを洗濯籠から盗んでいたことがばれていたのを知り、赤面してしまいました。しかしおばさんはそれに構わず、ずっと僕の息子をパンツの上から触り続けていたのです。そして、ガイドさんがトイレに立った後、僕の手をそっと握り、浴衣の脇の下から自分の乳房へ導いていき、「どう?あたしのおっぱい、まだ崩れてないでしょ?」と熱い吐息と共に僕の耳元へ語りかけてきたのです。もう僕の息子はビンビンに固くなり、たぶん我慢汁も相当出てパンツを濡らしていました。そしておばさんに「他のお仲間はどうしたんですか?」と聞くと、「他人行儀な言い方しないのっ!、今夜は君江って呼んで。他の人たちは何だかこの旅行に参加しているご夫婦と一緒に飲んでるわ。だから大丈夫」と言い、僕のほっぺに軽くキスをしてきました。この時君江が結構酔っていることに気付き、大胆に君江の浴衣の裾を捲り、手を入れたのです。拒否されるかと思ったのですがその逆で僕の手を隠すように浴衣の裾を直し、僕の手が自由に動かしやすいようにしてくれたのです。そして僕はその手をパンティ越しに君江のおマンコを触ると、もうそこは夥しい愛液にまみれ、おしっこを漏らしたような洪水状態でした。それから指をパンティの中へ入れようとした所、ガイドさんがトイレから戻ってきて僕の横に座ったので、ガイドさんに気付かれないように僕の手をおばさんの浴衣の中から引きだしたのです。そしてガイドさんは僕と君江に、「明日の見学場所とかの勉強をしなければいけないから部屋へ戻るわ、明朝はゆっくりだから添乗さんはお客様をちゃんと面倒見てあげて」と言い立ち上がり部屋へ戻っていったのです。その時僕は内心「ああ、せっかくのチャンスを逃がしてしまった、残念」と思っていました。何故ならこの新名さんというガイドさんは僕達添乗員の間では人気者で、誰が新名さんとできるかがいつも話題になっていたからです。そんな僕の思いも知らず、君江はさらに触り続けていたのです。そして、そのスナックが閉店に近づくと、チークタイムが始まることを告げ、バラードがホールに流れ始めました。当時はどんなクラブでもスナックでも閉店前に必ずチークタイムがありバラードが流れる事がお決まりでした。たしか「メリージェーン」じゃなかったかなあ?
そして僕と君江はどちらが誘うでもなく、同時に立ち上がりチークを踊り始めたのです。最初は君江が僕の首に腕を回し踊っていたのですが、すぐに君江の下腹部を僕の太ももに押し付け、上下に腰を動かし始めていました。まるでおマンコの中のお豆を擦り付ける様に…。そして僕は周りに旅行の参加者がいないかどうか暗がりに目を凝らし確認していたのです。幸いそのホールにも座席にも参加者はいなく、僕はさらに大胆な行動に出て、君江の自慢の乳房を浴衣の脇の下から手を入れ、乳首を指先で弄んでいたのです。君江の乳首は僕が触る前からきゅっと固く大きくなっていました。そして乳首を弄ぶように撫でたり指で撮んだりしていたら、君江のエロい唇が半開きになり、「あああ~、いや~ん、感じちゃう~」と言い出し、さらに君江のおマンコを僕の太ももに押し付けてきました。そして僕が君江のうなじに舌を這わせると、君江の唇が僕の唇を塞ぎ、活き良いよく君江の柔らかな舌が僕の口の中に入り込み、しっかりと僕の下を吸い出したのです。でも、そろそろ曲も終わりを告げる時、君江の耳元で「これから僕の部屋で飲み直さない?」と囁いたのですが、以外にも君江の口からは「他の友達が疑うし心配するといけないから、またね」と言ってまた濃厚なディープキスをしてきました。これで僕は「今夜は無理だし、ましてやお客に手を付けたことが会社にばれるとやばいなあ」と思い、君江の手を引きながら君江の部屋まで連れて行きました。そして君江の部屋の前で最後のキスとすると、君江から「ひろし君のお部屋は何号室?」と聞かれたので、「同じ階の00号室で一番右端」と伝え、部屋に戻りました。しかし、今までの強烈な刺激が忘れられず部屋に戻った後も、布団の上でパンツも脱ぎ、一人していたのです、もちろん最後の君江の一言が気になり、カギは掛けずにしていたのです。すると突然部屋のドアの開く音が聞こえ、障子が開かれました。そこには君江が泣き顔で呆然と立っていて、「部屋に帰ったけど誰もいなかったの、だから今夜はひろしを頂戴!」といって抱きついてきたのです。そして「もう君江のここは収まりが就かないほど発情しちゃったの!なんとかしてえ~、ひろしの長い厭らしい舌で一杯舐めて~、お願い!!!」と言って浴衣を自ら脱ぎ、淡いピンクのスケスケのレースパンティ
を取り、僕の口元へ君江のおマンコを押し付けてきたのです。そして僕が何度も君江のお豆を舐め回し、おマンコの中へ僕の固くした舌を入れたり僕の指を2本入れ掻き回すと、「ああ~、ダメ、君江逝っちゃう、イッちゃう、イク、イク~、君江イク~~~」と絶叫し、多量のおしっこが僕の顔に注がれ、簡単に君江は逝ってしまいました。それから君江は「ごめんね君江だけ先に逝っちゃて…。」「今度はあなたも気持ちよくなって~」と言い僕の息子を口に含み、まるで野獣のように吸い付いてきました。そして僕が簡単に逝っちゃうと君江は僕の精子を一滴も残さず飲み込み、「気持ちよかった?やっぱり若い人は量が多いね」とにっこり微笑みながら、口についた残りの精子をいやらしく舌で舐めまわしていました。そして「実は、ひろし君が小さい頃から遊びに来ていて、中学生の時泊まりに来た朝、あなたの物が大きくなってるところを除いたときは、一人勝手に濡れていたの…。そして知らず知らずのうちにあなたの物を触り、口に含んでいたの。知ってた?」と言い出したんです。僕は思いにも掛けていなかったその言葉に、「実は僕も幼い頃から君江の事が気になって仕方なかったんだ。だから君江の汚れたパンティを盗んで家に戻り、一人オナッていたんだよ。それほど君江の事が気にって仕方なかったんだ」と今までの思いを一気に語ったのです。すると君江は「その盗んだあたしのパンティはどうしたの?」と聞くので「まだ僕の机の中にしまってあるし、いまだに一人エッチする時に使っている」と言うと「そうなの…、もしよかったらひろしが結婚するまで持っていて、お願い!」と言い出し、またお互いの舌を絡ませ合わせたのです。そしてその夜は朝方まで君江と交わり、お互いの精力がなくなるまで、お互いの肉体を貪り合ったのでした。

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||

2018年3月23日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】学生時代,塾の講師をしていたときのこと【体験談】

<>296:名無し調教中。:2007/04/29(日)00:30:40ID:Fnt7YNrJ<>
学生時代,塾の講師をしていたときのこと。生徒は中2の女ばかりで6人。
教えるときはスーツ・ネクタイだが,ある日俺は下着のシャツと
パンツを着けず,体を縄で亀甲風に縛って教壇に立った。
縄の上は薄いYシャツと上下スーツ。
直に生地を感じてビンビン状態になってしまった。

問題を解かせている最中,机の間を回り生徒たちに所々教えながら
股の縄を食い込ませながら歩き興奮。
黒板に書いているとき,一人の生徒が
「おしりがキュッとしてるね」と言い出し,注目されてしまい更に興奮。
パンツはいてないし縄の食い込みもあって,スーツに尻の割れ目が
もろに出てしまっていたらしい。

最後に一日の確認テストをやるんだが,みんなテストに集中している間

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||

2017年8月15日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】プールで水着が【体験談】

これは私が幼馴染の女友達と海に行った時の事です。
当時私(19歳)と沙希(19歳)は幼稚園からの腐れ縁で同じ高校には行きませんでしたが親同士が仲良しなので頻繁に会ってました。でも付き合いが長いせいか互いに好き嫌いと感情が無く、いまさらつきあってもねーって感じでまあ仲のいい友達ぐらいです。でも沙希は眼鏡をかけていて性格がきつく同期からは怖い存在で男からは好かれていませんでしたが容姿はまあまあです。そして人間性もしっかりしていて変な噂がまったくなかった。そんな沙希に私は全くの恋愛の対象外でしたがしだいに「沙希とSEXしたい」と思うようになりました。でもガードが固い沙希。前に結婚するまで処女でいるって親に言っていたのを聞いたことがあったがどうやらマジでそのつもりらしかった。
そんなあるとき沙希が私のバイト先のスポーツジムに行きたいと言ってきた
夏場の暑い時期でしたのでプールに行きたいと思い私に頼んできたのです
断る理由も無いので私は沙希を連れてジムに行くことにしました
互いに大学が休みなので平日の昼間に行くことにしました。
私のバイト先のジムは高額の会員制で普通の人では入れないところでした
なので平日の昼間に行けば人がほとんどいない状態です
そして私は沙希をジムに連れて行き俺の連れだからとタダで入れてもらえました
沙希を女子更衣室に案内し私は水着に着替えプールに行きました
プールには2,3人ほどのおばちゃんがいるだけで
私は沙希が出てくるのを待ってました
そして沙希が出てきました
沙希は赤と白の縦のシマシマ模様の水着を着てきました
いつもと違い眼鏡をかけてなくちょっとびっくりした

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||

2017年4月11日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】暗黙の了解【体験談】

私達夫婦のちょっと変わった寝取られ関係について、お話ししてみたいと思います。出来る限り、性的な部分に特化した形で書いていくつもりです。その方が書き手である私自身や、読者の方の興奮を高められると思うからです。

妻は36歳。名前は久美。夫である私よりちょうど一回り年下。結婚して3年目の夫婦だ。妻の風貌は、有名人に例えれば元おニャンコの新田恵利や、女優の永作博美、石田ゆり子などに似ている。それぞれタイプは微妙に違うが、要は地味顔ということだ。ただ、地味な顔立ちではあるのだが、いわゆるフェロモンみたいなものを全身から漂わせていて、何ともいえない色っぽさを醸し出している。地味で清楚な風貌と、内から滲み出る妖艶な色気、二つのギャップが男心をそそるのだろう。独身時代はかなりモテたらしい。上に挙げた有名人も、新田はおニャンコで人気No.1だったし、永作や石田にしても男性関係の噂がたびたび芸能マスコミを賑わしてきた。見るからに派手な女性より、ぱっと見は地味な女性の方がモテるなんてことがよく言われるが、彼女らや妻はその典型例だろうと思う。

スタイルにしてもそう。妻は決して巨乳タイプではなく、全体的にスリムなのだが、出るべき所はしっかり出ているメリハリのある体型だ。特にヒップから太股にかけてのラインは張りのある見事なもので、手前味噌ながらセクシーだと感心させられてしまうほど。本人は下半身デブだなんて気にしているが、不摂生によってたるんでるのではなく、女性ホルモンの活発な分泌によって形作られたものだから悩む必要なんか全然ない。このお尻を見ながら股間を熱くしている男は数多いだろうにと、常々思っている。何気ない表情に浮かぶ色っぽさについてもそうだが、自身がどれほど性的魅力を振りまいているか気付かない、無意識のうちに男性を魅了するとは罪作りなものだ。

このようにセックスアピール溢れる妻だから、夫である私が惹き付けられているのは言うまでもない。晩婚ということもあってか狂い咲きのようになり、新婚当初から活発に夫婦生活を営んできていた。現在進行形ではなく過去形になっているのは、お察しの通り寝取られ関係になっているから。今、夫婦間のセックスは全くない。フェラチオやクンニ、バストや股間への愛撫どころか、キスすらもない。他の女性との性交渉もなく、私はもっぱらオナニーで欲求を処理している。ただ、そこに至る経緯は一般的な寝取られとはやや異なる。

「ねぇ、どんな変態的願望があるのか聞かせて…」

それはまだ新婚1年にも満たない頃のこと。狂おしく愛し合っている最中、鼻に掛かった甘え声で不意に久美が尋ねてきた。

私はセックスの際に時折、興奮のまま自分の寝取られ願望を口走る癖があった。素面では言えない赤裸々な願望も、性的快楽に溺れている状態なら苦もなく口にできた。自分の言葉で興奮を高めててもいた。

「他の男と浮気してもいいよ…」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年3月29日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】サセ子・義妹【体験談】

いつも参加しているスワッピングパーティに、ある日突然義妹が友人に連れられて参加してきた。
彼女は驚いていたが、妻はもっと驚いていたようだ。

妻は3人姉妹の長女、義妹は三女であり十歳も年下。結婚して1年ちょっとしか経っていないのに旦那に内緒でスワップに参加する大胆さ。流石は中学から援交していた根っからのサセ子である。もっとも、先にフライングでスワップ参加し、後から私の参加をを切り出した妻も結構なサセ子で、二女も色気ムンムン。血の様である。
一同が介するリビングに渋々と引っ張ぱられて来て、新人紹介で晒された義妹の裸体をを見て2度びっくり。なんと無毛の恥丘にはMAZO、オッパイには69、さらに友人が恥ずかしがる義妹を寝かしてM字開脚させるとラビア両側に淫乱とタトゥが入っている。
ニップルとラビアにチェーンとあしらったピアスが下がり、やはり69と入ったネックレスを付けている。デザインからして耳も胸もラビアも全部セットのようで、石もエメラルドだろうか緑の石で統一されている。

この日義妹は新人歓迎として当日居た男性、私を含む10数人からほとばしる歓迎を受けて悶えまくった。
4時間ほど弄ばれ、姉である妻と少し話したのち、嬉々として友人と共に帰っていった。

帰途の車中で、妻は私が知らない義妹の高校時代にあったいきさつを話し出した。
義妹のを連れてきた友人、実は妻のモト彼のようだ。

義妹が高校2年の夏休み、いつものように外泊を繰り返す奔放な毎日を送っていた。妻いわく、三女の義妹は三姉妹の中でも飛びぬけてセックス好きのサセ子で、中学早々には破瓜を済ませセフレも常に何人かいたようである。
もっとも、娘たちの性に関しては両親ともに無頓着で、3姉妹とも同じようなものだったようだ。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2017年1月30日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】知り合いの娘【体験談】

Aさんとの関係が続いて4年位たったころです。
関係が始まった頃、まだ中学生だったYちゃんも19歳になっていました。
当時、僕はスタンドで、働いていて、土曜の夜にはよく、峠を攻めに行っていまし
た。
愛車は、もちろん、86トレノです。
Yちゃんも、免許を取り、車を持っていました。
ある日、Yちゃんと、Aさんが、僕のスタンドに、来ました。
Aさんは「Yも車を買ったから、面倒を見てあげて」と言いました。
僕はそれまで、Yちゃんとは、あまり喋った事が無かったけど、これをきっかけに
お兄ちゃんと呼ばれるほどの仲になりました。
Yちゃんの会社は僕の店の近くにあり彼女はよく店に来るようになりました。
彼女はいつもミニスカートで、体もAさんに負けない位セクシーになっていまし
た。
僕もいつかは、Hしたいなと、思っていました。
ある日の夜、彼女が、突然泣きながら僕の店にきました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||

2016年9月20日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】BBQ!【体験談】

<>467名前:名無しの心子知らず投稿日:2011/06/15(水)12:46:11.06ID:IeIY49dL<>
去年の夏の日、うちの借りてる駐車場で隣のキチガイ奥さんがバーベキューをやってた。
俺が呆然としてると「だって最近使ってないでしょ?」とトング片手に迫ってきた。
相手にすると疲れるので、家に入って大家に電話。
この大家さんも普段は優しいが、ルールを破る奴には容赦しない。
キチガイにはキチガイをぶつける。
3分もしないうちに大家が飛んできて、怒鳴りつけながらたき火の上の鉄板を蹴り飛ばす。
吹っ飛んだ鉄板は椅子にくっつき、ナイロンが溶けて奥さん大騒ぎ。
その間に大家は駐車場の水道から放水開始。
たき火だけでなく、食材や一家全員に放水。
旦那は子供を抱いて距離を置き、大家と奥さんの一騎打ちが始まった。
両方とも人の言葉を話してない。
外に出てみると、旦那と子供が片付けしてる中、まだ言い争ってる。
よく見ると奥さんは水かけられてワンピースはスケスケで、乳首とパンツが丸見えだ。
見てくれは良いのに、とても残念な人だ。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||

2016年2月28日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】嫁の姉の体がエロくて我慢できません【体験談】

嫁の姉は28歳で子供がいるのにもの凄く体がエロくて我慢できません。

旦那が毎日遅かったり出張だったりで週に3,4回は我が家にくるけど、Gパンやジャージ姿の丸くて上を向いてピチピチなお尻がタマラナイです。

身長が高くて足が長く、お尻が大きいのにクビレがキレイです美人。
今までは体に触れたことすらなく、ただ憧れの存在でした。

でも嬉しいことがあったので書きます。昨日、トイレから出たら、彼女が洗面台でウンチがついた子供のズボンを洗っていました。

彼女は手を放せないので精いっぱい前に出て「どうぞ」と後ろを開けてくれます。しかしX型物干しに洗濯物が干してあって彼女のお尻との間は僅か30センチ弱。

洗いたての洗濯物に触れないように・・・と瞬時に理由づけを考えて・・・
「ちょっとすみません」と言って軽く彼女の腰のクビれた部分に手を当てて・・

大きな丸尻に自分の股間を強く押しつけながら横にスライドさせて彼女の後ろを通りました。俺はスラックス、彼女はジャージだったので、当然肉棒がお尻に当たった感触は伝わります。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||

2016年1月31日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】副社長は社長の奥さん【体験談】

俺が20歳の時の体験談です。
俺は高校卒業して、この会社に入りました。
従業員は社長含めても20人ぐらいの小さな会社。
俺と同期の奴もいたけど、半年も持たずに辞めていった。
だがら、ほとんどの従業員が、40歳を越えていました。
女の人もいたけど、パートのおばちゃんとかでした。

<>469名前:セドリック[sage]投稿日:2007/09/16(日)03:08:26ID:geEHWQNiO<>
でも、一人だけ綺麗な人がいてました。
それは副社長で34歳。しかも副社長は社長の奥さんでした。
34歳と言っても20代半中盤ぐらいに見える人です。
社長とは22歳離れていて、副社長が26歳の時に結婚したみたいです。
副社長と言うのは役職だけて、仕事内容はパートのおばさん達と事務をしていました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||

2016年1月8日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】お掃除娘と俺【体験談】

お笑い@2ch掲示板 笑った文章を貼り付けるスレ14より

360:名無し職人:04/12/0911:05:33
休日出勤した。
他の社員はみ〜んなお休みで、独り朝から残務整理と翌日の下準備。
尻がデカくて色っぽいYちゃんの椅子に頬擦りする事もなく淡々と仕事をこなしていく。
お昼前に仕事も片付きそろそろ帰れるなと思っていた矢先、事務所のドアの開く音。
俺の席からはパーテーション代わりのロッカーが邪魔してドアが見えない。
俺以外に誰も来る予定は無い。鍵閉めとくべきだったなと思いながら近づく足音に集中。
コツコツと軽やかに近づいて来ますよ。イヤ〜ン何者ぉ〜 
俺は席に凍りついたまま相手が顔を出すのを待つだけ… 失禁する準備はできてるぜ。来なっ!

座ったまま為す統べなく無意味に踏ん張っている俺の前に現れたのは丸顔の女。
女は言った「おはようございます」と朗らかに。入社一年目のMちゃんだった。
俺はビビりまくってた事は臆面にも出さずに言い放った「おはよう」と。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||

2015年9月17日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ