近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】結婚前ですが・・・【体験談】

三十歳半ばの女です。
体験談ではないですが経験したいです。
私は結婚前なのですが、結婚の前にどうしても経験したい事があります。
結婚相手には口が裂けても言えません。
私はなんというか、他の人に比べて好奇心や性欲が凄く強くSEXも好きだと思います。
今までの付き合ってきた人の経験で一通りのプレイも経験したつもりです。
AFとかもあります。
でも経験した事が無いことがあります。
一度に大人数の男の人に次々と挿入されてみたい…という願望があります。
AFの経験もあるので、口やあそこやお尻も同時にされてみたいです。
何人もの男の人の精子を口の中に射精されてみたいです。
どんな気持ちになるだろう、とか考えたりするだけで凄くドキドキします。
凄くアブノーマルな事だとは分かっています。
でも結婚したらそんな事はできないので悔いが残ると思うんです。
ですので一度で良いから経験してみたい。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||

2018年3月7日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【不倫・浮気】二番でも良いと言って結婚した嫁と【体験談】

嫁の麻衣とは結婚して二年経ち、最近はそろそろ子供を作ろうと話しをしていた。麻衣とは、付き合い始める時にものすごく苦労をしたので、最近のラブラブな毎日が本当に夢のように思える。麻衣と知り合ったのは、大学のサークルでだった。一目見た時から好きになり、とにかく付きまとうというか、いつもそばにいるようにした。でも、全然僕の気持ちは通じず、逆に麻衣が僕に、先輩との恋のことを相談してくる始末だった……。
麻衣は、同じサークルの二つ上の先輩に恋をしていて、友達として僕に相談をかけてくるという、僕にとっては辛い日々だった。
でも相談を聞くという名目で、よく二人でお茶や食事が出来たので、辛い中にも幸せな部分もあった。でも気弱な僕は、麻衣の相談に真剣に答えてアドバイスをしたり、励ましたり、頑張れと応援したりしていた。そのせいかどうかはわからないが、結局麻衣は無事に先輩と付き合うようになってしまって、僕と過ごす時間もなくなっていった。
ラブラブな二人を見て、サークルを辞めようと思うこともあったが、それでも麻衣子のそばにいたくて、辛い思いをしながら辞めずにいた。1年半くらいの苦しい日々だったが、先輩が卒業とともにアメリカに行くことになり、結局麻衣は捨てられた。先輩がアメリカに行く理由も、麻衣が捨てられた理由もわからなかったが、僕は正直にチャンスだと思った。そして、失恋にひどく傷ついて、笑顔がなくなってしまった麻衣に、とにかく明るく優しく付きまとった。
僕が必死になっても、麻衣は落ち込んだままで、一年近くそんな日々が続いた。一年経ち、僕が思いきって告白をしたとき、麻衣は悲しそうに笑って、
『ありがとう……。本当に嬉しけど、ごめんね、どうしても忘れられないよ……』
と、断った。でも僕は、もう後悔したくないと思っていたので、その後も同じように麻衣に付きまとい、何度も何度も告白をした。
そして、僕の熱意というか、しつこさに負けたのか、
『うん……、でも私、ずっとあの人のこと忘れられないと思う……。それでもいいの? あっくんのこと、この先どれだけ好きになっても、ずっと二番だよ?』
と、泣きながら言ってくれた。
「それでもいい! どれだけ時間がかかっても、絶対に忘れさせるから! 絶対に俺が一番になるから!」
僕の人生で、一番真剣に、一番熱くなった瞬間だったと思う。麻衣は、さらに泣きながら、号泣に近い感じで泣きながら、
『よろしくお願いします。あっくん、本当にありがとう』
と言ってくれた。こんな感じで始まった付き合いだったけど、僕は幸せだった。好きな女の子と手を繋いで歩くだけで、こんなにも世界が違って見えるものなんだと、初めて知ることが出来た。ただ、僕と一緒にいて、楽しそうにしていたと思ったら、急に落ち込んだりする麻衣を見て、先輩の影はずっと付きまとっているようだった。でも、それも半年、一年と過ぎ、二年を数える頃にはすっかり消えていた。心の中までは覗けないが、表面上はすっかりと先輩のことを忘れたようだった。
そして、仕事も順調で、色々な意味でやっていけると判断して、プロポーズした。『はい! よろしくお願いします。あっくん、本当にありがとう、愛してます』

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2018年1月9日 | 近親相姦体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【修羅場】妻を輪姦【体験談】

私は45歳の医者です。実家のほうが先祖代々その系統なため、実力も
無いのに一生懸命努力して漸く資格を手に入れたといった具合で
結婚も遅く42歳でなんとか妻を迎えることができた次第です。
 妻は私より19歳下で、私の母が所謂見つけてくれた訳で、自分の
配偶者だという感情を差し引いたとしても、外見・性格とも申し分
ない女性で正直平凡な40男の私には過ぎた嫁と思います。
よく、知られてる事とは思いますが、私どもの業界では横のつながり
出身校・地域等の関係が深く、プライベートでも家族ぐるみの交際
奥さん同士の付き合いもなかなか、大変なんですが、それもそつなく
こなしてくれて、同期の者からも、結婚は遅かったが、若くて・美人
で、一番いいかみさんをもらったと、うらやましく思われている
ようです。
夜の生活のほうも、無垢なまま嫁いできた妻は、徐々にではあります
が、その喜びも覚え、また、私を喜ばせる術をそれなりに身につけ
勤務の関係上、毎日のようにって訳じゃないですが、週に1・2回は

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月16日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】同級生の新婚家庭にお邪魔したら旦那が20歳近く老けて見えた【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
私は現在31歳の兼業主婦で、いつも仲良く行動を共にしている友達とそれぞれの夫たちについて告白します。
私たちは高校の同級生で、高校の3年間はほとんど毎日一緒に遊んでいた5人組です。
余談ですが、5人組の下の名前がそれぞれあまり見かけない名前でしたので、2年生の夏に揃ってアルバイトの面接に行った時に
「源氏名を使う奴ばかりじゃ雇えない」
と言われ、揃って面接落ちしたというエピソードがあります(笑)
名前だけ披露しますが、ナギサ、カスミ、ヒロミ、キヨノ、サヤカと言います。
私はサヤカです。
私たちは、高校の時は所謂「隠れ遊び人」で学校の中では普通にしてました。
勉強も並以上に出来たし、ヒロミなんかは全国放送コンクールで優秀賞を貰った位で、先生方は私達5人組を模範生として扱っていました。
皆、クラブ活動はしてましたが、出ても出なくても良いような文化部に属していました。
今日の告白は高校の時の話ではなく、数年前から現在までの、そして多分今後も続くであろう現実の話です。
私達5人組は皆、既婚で旦那さんと1~2人の子どもがいます。
私には女の子2人の子どもがおり、4歳と1歳半になります。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||

2017年7月13日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】サセ子・義妹【体験談】

いつも参加しているスワッピングパーティに、ある日突然義妹が友人に連れられて参加してきた。
彼女は驚いていたが、妻はもっと驚いていたようだ。

妻は3人姉妹の長女、義妹は三女であり十歳も年下。結婚して1年ちょっとしか経っていないのに旦那に内緒でスワップに参加する大胆さ。流石は中学から援交していた根っからのサセ子である。もっとも、先にフライングでスワップ参加し、後から私の参加をを切り出した妻も結構なサセ子で、二女も色気ムンムン。血の様である。
一同が介するリビングに渋々と引っ張ぱられて来て、新人紹介で晒された義妹の裸体をを見て2度びっくり。なんと無毛の恥丘にはMAZO、オッパイには69、さらに友人が恥ずかしがる義妹を寝かしてM字開脚させるとラビア両側に淫乱とタトゥが入っている。
ニップルとラビアにチェーンとあしらったピアスが下がり、やはり69と入ったネックレスを付けている。デザインからして耳も胸もラビアも全部セットのようで、石もエメラルドだろうか緑の石で統一されている。

この日義妹は新人歓迎として当日居た男性、私を含む10数人からほとばしる歓迎を受けて悶えまくった。
4時間ほど弄ばれ、姉である妻と少し話したのち、嬉々として友人と共に帰っていった。

帰途の車中で、妻は私が知らない義妹の高校時代にあったいきさつを話し出した。
義妹のを連れてきた友人、実は妻のモト彼のようだ。

義妹が高校2年の夏休み、いつものように外泊を繰り返す奔放な毎日を送っていた。妻いわく、三女の義妹は三姉妹の中でも飛びぬけてセックス好きのサセ子で、中学早々には破瓜を済ませセフレも常に何人かいたようである。
もっとも、娘たちの性に関しては両親ともに無頓着で、3姉妹とも同じようなものだったようだ。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2017年1月30日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】役満で特別サービス【体験談】

今、会社の都合で大阪に単身赴任中の34才の会社員です。
先月の初めから約3年の予定で大阪に赴任しています。
妻(理恵・28才)とは結婚2年ですが、子供は妻が30才
まではつくらない予定でまだいません。
妻も生命保険会社勤めを続けており、会社を辞めるつもりも
なく私1人が単身での赴任となったものです。
妻との夫婦生活は週2回程度で同年齢にしては少ないほうです
が付き合ってからの期間を入れるとそこそこだと思います。
この単身赴任の命令を会社からいわれる直前にあることから
スワッピングを経験しました。そのことを書いてみます。
このスワッピングは妻からの話がきっかけでした。
妻は会社の関係で開業医の先生と保険の関係で知り合い仕事の
話でおつきあいをしていたとのことです。
その先生からゴルフの誘いがあり、夫婦で招待されたというも
のでした。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||

2016年12月11日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】妻を淫乱に【体験談】

自分34歳 妻36歳。 結婚8年目の夫婦です。
以前から自分の中で 妻が他人に抱かれているところを見たいと思っていましたが 妻に話しても断固拒否、やはり無理かなと思っていました。
ある日 お酒を飲みながら3p話をしてみると、その日は何故か話に乗ってきました。
これはイケる!と思い 早速単独さんを探し会うことに。 妻にはとりあえず会うだけと話し、嫌ならすぐに中止にすると約束しました。
単独さんは35歳の複数経験ありの方で 車に乗り深夜のドライブをしながら世間話をしながら妻の様子をみると緊張しているが嫌がる素振りは無い。
人気の無い山道に車を停め とりあえず胸だけでも見せてあげればと言うと 嫌がりながらも服を脱ぎだした。この時点で自分の心臓はバクバク  暗闇の中、妻のブラを取り胸が露わになると妻のゴクッという唾を飲む音が聞こえ車内は厭らしい空気に。
単独さんは礼儀正しい方で自分からは手を出さずに 綺麗な肌と胸ですねと声をかけていたので自分が妻の胸を揉むと妻の息がが荒くなってきたので男性に触らせてあげていい?と聞くと妻は小さく うん と・・・
男性が胸を揉みだすと妻が少しずつ喘ぎだしてきたので 下を触ってみると嫌がるどころか腰を浮かせて触りやすい体制に。
ありえないくらいに濡れていていたので脱がせようとすると自分からパンツを脱ぎました。
すごい興奮の中、妻にもうやめるか?と聞くと 辞めたくないと言うので これは最後までいけると思い、男性にもっと触ってあげてくださいと言うと 男性の手が妻のアソコに 妻は自分から男性にキスをして舌を絡めながら手は男性のアソコをズボンの上から触っています。
車内はなんともいえない空気となり 妻を見るといつの間にか男性のをフェラしてました。いつもは絶対にフェラをしない妻が自分から進んで咥えている場面は衝撃的でした。 自分のを反対側に持っていくと交互に咥えだしこれは本当に妻なのか?と思ってしまいました。
そのあとはゴムが無いので中止にしようとしたら妻が 生でいいから入れて と言いだし、会ったばかりの人と生ハメ開始、
自分から腰を振り舌を絡め合い 男性に突かれながら自分のを咥える妻を見てこれは夢かな?などと思っていると男性が妻のお腹に発射 続けて自分も妻に突き刺し バックでお尻に発射、狭い車内で3人とも汗だくになってセックスしました。
それ以来妻の方が3pにハマってしまいました。続きはまた書きます

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||

2016年8月23日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】不倫の果て③初めてのアクメ【体験談】

3日後、私と祥子はイタリアンレストランで昼食。
祥子はお酒も好きで、二時間でワインを三本ほど空けました。
車に乗りそのままホテルへ・・・。祥子は拒否しませんでした。
”先にシャワーを浴びるよ?”と言う私に”ハイ・・・”
シャワーを浴びバスタオルで体を覆った祥子の手を引きベットに倒しました。
”あっ・・・”と声を上げ、胸を押さえてバスタオルを剥がれる事に抵抗する祥子。
”もっと明かりを暗くして下さい、恥ずかしいです・・・”
蚊の鳴くような祥子の声を無視し、キスして唇を舌で触れると唇が開きました。
舌の先で祥子の舌先をくすぐると、祥子も舌を伸ばしてきました。
私は祥子の舌を強く吸い、私も祥子の口の中に舌を入れ、絡ませあいながらバスタオルを取りました。
祥子の体は痩せていて、二度の出産による強い妊娠線があり、胸も崩れていました。
”期待はずれでしたか?騙されたと思った?”
裸の体を見られてバツが悪そうな顔をして、でも精一杯の笑顔を見せながら尋ねてきました。
”黙って!君が欲しい!”
明るい部屋の中、私はワザと恥ずかしい恰好をさせました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2016年8月7日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】兄夫婦とスワッピングしている【体験談】

兄貴夫婦とスワッピングしてる。
たまにホテルで4人で乱行。

俺たち兄弟はエロに関してはオープンだった。
10代の頃からHのテクの話とかしてたし。

兄貴が結婚するときに、俺も結婚したらスワップしようといわれた。
奥さんすげぇ美人だったからちょっと驚いたけどすげぇ興奮した。

美人だけど超エロくて、
将来俺とスワップするのも了承済みと言っていた。

俺も頑張って美人でエロい嫁さん見つけて、
最初は兄貴夫婦と飯を食うところから。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||

2016年4月11日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】W不倫の果て②【体験談】

祥子と待ち合せたシティホテルは、私が伝言ダイヤルで女性との待ち合わせに良く使うホテルでした。
その都市一番の高級ホテルで、予め部屋はリザーブしておき、会った女が気に入ったらそのまま部屋で・・・が大体のパターン。
私は既に祥子に夢中で、部屋も予約したし絶対自分のモノにしよう・・・と決めていました。
翌日の約束の時間、私はロビーではなくホテルの部屋で祥子からの連絡を待ちました。
私は美しいだけではなく頭の良い女性を求めていました。これは一つの賭けです。
待ち合わせ時間を20分ほど過ぎると私のポケベルが鳴りました。
表示された番号はホテルの代表番号、私は賭けに勝った!と思いました。
部屋の内線からフロントに電話を掛け、”○○さんがフロントにいらっしゃるから部屋まで電話をして欲しいと伝えてください。”とお願いしました。
一度電話切ると折り返し内線がなりました。
”もしもし、祥子です。今から其方に行ってイイですか?”
私はシャワーを浴びてバスローブに着替えていました。
暫くすると部屋のチャイムが鳴り、ドアを開けると祥子が入ってきました。
流石に少し緊張した顔をしていましたが・・・。
祥子とは二時間ほど部屋で過しましたが抱く事は出来ませんでした。
”もう少し時間を下さい・・・”と言われたからです。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||

2016年3月2日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談
1 / 41234

このページの先頭へ