近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】中3の頃、想いを寄せていた後輩と罰ゲーム付きで野球拳した話【体験談】

福岡県/名無しさんからの投稿
—-
当時3年だった俺は、1つ下の後輩(N)に片思い中だった。
ある日、俺の家で友達のTと遊んでいたら突然チャイムが鳴り、俺が片思いをしているNちゃんと、その友達が玄関に立っていた。
Nの友達とTは2週間くらい前から付き合っていたので、2人でどっか行ってしまった。
残された俺とNは家の中へ入り、バカップル(T達)2人の話をして盛り上がった。
すると突然Nは
「K先輩(俺)、何か遊びしませんか?」
と言ってきて、何故か野球拳をする事になった。
しかも負けたら罰ゲーム付きで。
俺はジャンケンには自信があり、初っ端から2連続で勝った。
Nは体操着の長ズボンと靴下を脱いだ。
次に俺は負けてしまい、靴下を脱いだ。
それから俺は2回連続で負けて、体操着の長袖と長ズボンを脱いだ。
次に俺は3連続で勝ち、Nは長袖と半袖と短パンを脱いだ。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年10月20日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】芋蔓【体験談】

28歳の社会人、彼女有りです。
かなり美味しい思いをしちゃいましたので投稿します。
彼女とのデート(H無し)からの帰りに、久々にDVDでも買おうかとアダルトショップに。いろいろ物色した結果、軽い気持ちで『地元で会える』とか謳っている2ショットカードを購入。
早速、帰りの車内からコールしてみたらすぐに繋がった。
なんか、喘ぎ声だけが聞こえ、話しかけても返答せず。テレHも面白いかと思ったけど、話せないなら意味無しとスルー。ポイントがもったいないなと思いながら待ってたら、すぐに次のコールが。
俺『もしもし?』
?「…もしもし」
OK、今度はちゃんと話せる。
まみ22歳でキャバ嬢。最初は割り希望と言ってたが、話してみたら、仕事から帰ると家の鍵を忘れて来たのか家に入れない。もう電車も無い。どうしようかと思い、暇だし電話したとの事。ちなみに場所は俺のウチから第2最寄の駅付近だとさ。ほんとに地元だ…。
もうポイントが無いことをまみに話し、とりあえず会ってみる事に。番号を交換して電話を掛けながら待ち合わせ場所に向かった。
ホットコーヒーとミルクティーを買って、待ち合わせのバス停に着くとベンチにポツンと一人座っている。良かった、見た感じチョイぽちゃ位かも知れないが普通だ。よく考えれば体型とかも何も聞いてなかった。
俺『こんばんわ~、まみちゃん?』
ま「こんばんわぁ、ホントに来た^^」
俺『寒いやろ?はよ乗って。』
ま「うん」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年10月16日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】マンションの隣の女子大生【体験談】

大学に入り、引っ越したマンションの隣にも女子大新入生が同時期に引っ越してきた。同じ1年ということもあり、よく挨拶を交わしていた。

1ヶ月くらい経ったある夜。
「トイレの水が止まらない」と言ってきた。

仕方ないという素振りで見に行くと、フローの鎖が引っかかっているだけですぐに直るのがわかった。

自分の部屋に必要のない工具を取りに行きながら下着を変え、ゴムを持って、彼女の部屋に戻り、長時間の修理の振り。

鎖に引っ掛け、わざと指から血を流したりして、彼女に手当てをしてもらったり。女の部屋に入ることめったにないんで、チャンスと思った。

苦労して直した振りをした。
「ありがとう」と言いながら、缶ビールを出してくれたので、世話話と恋愛話。

彼女は、彼が海外留学で当分会えない・・なんて話で、キスしてみた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||

2014年10月11日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】薬で眠らせて【体験談】

ちょっとお題と違うような気もしますが・・・
以前から焼肉に連れて行く約束をしていたので連れて行った。
マッコリを頼んだのだが、席をはずした間に相手の容器に向精神剤と導眠剤を粉末にしたものを混ぜておいた。
マッコリはもともとざらっとしているうえに白濁しているので、多少溶け残っても判らない。
しばらく飲食を続けると、「なんか酔ってきちゃいましたよ〜」を連発。
向精神剤のせいか、妙にテンションも高い。呑むピッチも上がる。
そこで錠剤を取り出し、おもむろに飲む。
「なんですか〜〜?」と聞いてきたので、二日酔い防止の薬だと答えた。
#現にソレは二日酔いを防ぐ効果があると言われるシステイン
「私にもくださいよ〜」というので、しぶしぶ渡す。
実はコレは導眠剤。
効果はてきめんで、20分もしないうちに、Kは完全に熟睡したようだ。
肩をゆすっても起きない。
胸元に手を伸ばして弄んでも起きる気配はない。
テーブルで会計を済ませる。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||

2014年10月8日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【不倫・浮気】人妻ラブホに連れ込むの簡単 【体験談】

俺(172cm)より背が高い。
笑顔で迎えてくれ腕を組むとDカップは嘘でないことが肘で解った。
ささやき交わしながらラブホまで歩く。

「出会い初めて?」
「そう。ドキドキしてるの…来てくれないかと心配で」
「どうして俺に決めたの?」
「最後の2人で迷ったんだけど、言葉遣いで優しい人と思ったから。
でも逢ってみてやっぱり優しい人で良かったわ。」
 
 
目当てのラブホがあるようで誘導される。
ラブホのシステムに戸惑う俺をさりげなく誘導し部屋に入る。
こちらも余裕のあるところを見せていきなり押し倒しはせず、
ソファで飲み物に口をつけながらしばらく会話

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年10月8日 | 近親相姦体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【修羅場】熟女との初体験【体験談】

僕は25歳になった今でも若い女にはあまり興味がわきません。
いわゆる「老け専」ってやつです。
それは初めての相手が熟女だったからです。
母親の友人だった女性に小学生の頃から可愛がられていました。
その女性(カオルさん)はバツ1で子供もいないため僕を自分の子供のように思っていたようです。
僕もカオルさんになついていてたまには家に遊びに行ったまま泊まらせてもらうこともあるほどでした。
まだ子供だった僕は一緒にお風呂に入ったり一緒に寝たりも平気でした。
中学生になった頃には少しづつ遊びに行くことは減りましたが、それでも月に一度ぐらいはなんだかんだで顔を合わせることがあり気軽に話せる大好きなおばさんでした。

中3のとき親と喧嘩して家を飛び出した日でした。
夕方になって行くあてもない僕はカオルさんの家へ行きました。
「おっ、どうした〜?」といつも通りに優しく迎え入れてくれました。
そこにはカオルさんの友人のミツコさんと言う知らないおばさんもいて二人はお酒を飲みながらお話し中だったようでした。
カオルさんに親と喧嘩して出てきたことを話すと「私のところへ頼って来てくれるのが嬉しいわ〜」とご機嫌でした。
もう一人いた知らないおばさんミツコさんも「そっかそっか〜。 少年!そんなときはこっちに来て一緒に飲みなさい!」と僕を隣に座らせコップにビールを注いできます。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2014年10月7日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】制服【体験談】

 大学生になって初めての夏休み。
 世間がお盆休みになったのをきっかけに、敏夫は実家に帰ってきていた。
 家から大学までは2時間ほどで、無理をすれば通えない距離ではないのだが、早起きが嫌な敏夫は一人暮らしをさせてもらっていたのだ。
 帰ってきた息子を両親は喜んで迎えてくれたが、今日から親戚の家に行く予定になっているという事で、午前中に出かけてしまった。
 せっかく帰ってきたのにいきなり寂しい状態になったが、連絡をしなかったのだから自業自得といえる。
 敏夫は仕方なく、居間でテレビを見ながらゴロゴロと過ごしていた。
「あれ? お兄ちゃん帰ってたんだ」
 突然声がして振り向くと、そこには妹の奈美が立っていた。
「あ、ああ……」
 敏夫は適当な返事をする。
 というのも、妹の格好に目を惹かれてドキドキしてしまっていたからだ。
 妹は別に怪しい格好をしている訳ではない。
 ごく一般的な高校生の制服を着ていただけである。
 だが、その白いブラウスに赤いタイ、深緑のチェックのスカートという姿が敏夫を動揺させる要因となっていた。
 実は敏夫は、そういった格好に目が無かったのである。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2014年10月6日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【不倫・浮気】人妻の体って萌えない? 【体験談】

32才人妻と土曜日に会った。写メは交換済みなのでルックス・体型は問題無さそうなのだが

昨日のメールで私のアソコ、ビラビラが大きいんだけど大丈夫?

と聞いてきた・・大丈夫だと返信したが、どんだけ大きいのだろうか。

見た目は清楚そうなんだけどな・・待ち合わせ場所へ車で向かうと、

ジーパンにダウンジャケの女。顔を確認すると写メ通りだったので声をかけた。

 実物は色白の清楚そうな感じでイメージ通り。例えると、永作博美みたいな感じか・・

しばらく車内で話をしていたが、「子供がいるからあまり時間がないの」という事で早速ラブホへ。

着くなりベロチューをしてきたのでフル勃起した俺はそのまま押し倒し服を脱がせた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年10月5日 | 近親相姦体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【修羅場】高校生になった幼馴染の彼女と久しぶりのエッチ【体験談】

匿名希望さん(20代)からの投稿
—-
沙月との初体験が終わり、俺らはそれからカップルの関係を続けていた。
そしてとうとう高校生となり、部活はもちろんテニス部である。
俺らはカラオケの時以来キスしかしていなかった、当然俺はムラムラしていた。
テニスは相変わらず楽しんでいて、友達関係も崩れていなかった……平凡だった、しかし平凡なだけあって刺激を求めた。
そんなある日。
沙月「ねぇねぇ、湊(俺)は、私の事好き?」
急に聞かれてビビッた………。
俺「当たり前だ」
ちょっと漫画チックに沙月の頭をポンと叩いた。
沙月「…そっか」
何か様子がおかしい気がしたが、その後は無駄話で終わった。
次の日。
俺は放課後に書道部のKさんに呼ばれた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2014年9月26日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】東京に遊びに来た東北娘を【体験談】

今、僕は東京の大学に通っています。今年で卒業です。実家は東北です。
2年生の時のG・Wの話ですが、中学時代の女友達が東京に遊びに来ました。
冬休みに帰省した時に、彼女がバイトしていた本屋で会って以来、たまに連絡を取
り合っていたので、休みを利用して遊びに来たのです。
彼女は、僕が中学時代に学級委員をしていたので、安心しきっていたようで、親に
は、女友達の所に泊まることにしてあるから、泊めてくれといってきました。
当然、断る理由も無く、OKしました。
東京を案内した後、家に帰ってきて、酒を飲みました。酒といってもカクテル類です。
しかし、彼女は、酒に弱いらしく、すぐに寝てしまいました。
風邪をひいてはいけないと思い、布団を敷いて寝かせました。
寝かせるときに、かなりの衝撃があったのに、少しも起きる気配がありません。
ぐっすり寝ているようでした。よく彼女を眺めてみると、かなりいい体をしていました。
胸は、Bカップ程度でしたが、ふっくらとしていて、
東北特有の真っ白な肌をしているので、とても魅力的でした。
ここまできたら、もうやめることはできませんでした。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||

2014年9月24日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

このページの先頭へ