近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】彼女がチャラい後輩と体育館の用具室で【体験談】

俺には付き合っている彼女がいる。
二人とも高校三年生で俺はバレーボール部
彼女はテニス部に所属している。
運動部の3年生はみんな仲がよく
別の部活の友達と話す事も多かったが
ある日、バスケ部の友達の後輩Aが
女子バスケ3年の子をヤッたという話を聞かされた。
そんなにカッコいい奴ではないはずだけど
チャラチャラした奴で
女の子を誘う時の誘い方が相当しつこいらしく
一回手を握ったら絶対に放さないらしい。
なんでも友達の彼女まで同じ手法で寝取ったという話だ。
ある日、バスケ部の友達Bとその後輩Cが俺の所に来て
「Aがヤッている様子を覗ける」と言う。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||

2018年8月17日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】塾帰りの姉妹【体験談】

制服の女の子狩りを今年も何回やりましたが、その中で一番良かった時の話です。
去年の夏のように車を用意し捕まえた女の子を別の人気のない場所でレイプする
つもりで何回か待ち続けていたのですが、数日後に最高の獲物がやってきました。

それも2人! 今回はこちらの人数が少し少ない(4人)ため少し迷いましたが、
人目もなく絶好の状態だったためそのまま敢行しました。幸いというか、ナイフと
脅しの言葉であっさり無力化できたのでそのまま車に連れ込み、安全な場所に移動
しつつ目隠しやさるぐつわ、手を縛るなどの無力化をしました。

その間、持ち物や容姿を調べましたが、二人とも塾帰りだったようです。
奈美(14歳、中2)というブレザーの制服を着た女の子と真子(11歳、小5)
という白のトレーナーにジャージのズボンという格好の女の子で、二人は姉妹のようでした。

着くまでの間の身体検査をしてみましたが、奈美の方は中2にしてはなかなか胸
の発育がよく移動中皆で代わる代わる触りました。妹の真子はさすがに見事なまで

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||

2018年7月19日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】デリヘル嬢の妹を騙して処女を頂いた話【体験談】

れいじさん(40代)からの投稿
—-
これは先日話した落としたデリヘル嬢の調教日記の続きです。
つい昨日まで、川島海荷そっくりの経験人数が本当に少ないデリヘル嬢リコちゃんを、風俗仲間で気持ち悪さが半端ない伊達さんと一緒に調教したばかりでした。
彼女は快楽に屈し、今では私たちのチンポを自発的に咥え、自らマンコを広げ挿入するところまで成長しました。
出会ってまだ3週間ですが、他の女の子同様に順調に堕ちていっています。
彼女は私の自宅から今朝、専門学校へ向かっていきました。
すると、伊達さんが
「れいじさん、言われていたネタ調べて来たよ」
と言って、私に数枚の写真を手渡してきました。
実は、彼女を初めて会った日に伊達さんに連絡して、リコちゃんの自宅や家族構成を調べるよう指示を出しておいたのです。
彼は年収200万にも満たない派遣労働者で、私の収入からは大きくかけ離れています。
そして今まで女性とは縁遠い人生を送ってきました。
その反動で、凶暴な性欲が爆発しています。
掲示板で知り合いましたが、今では私の要望は何でも聞いてくれます。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2018年7月5日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】中学の頃、友達の家で野球拳をするのが日課だったんだがww【体験談】

<>472 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2010/09/16(木) 16:40:00 ID:QbQzNAQDO [1/6]<>
中学の時、共働きの両親宅の家は学校帰りの僕らにとっては自由に何でもできる場所でもあった。何となく仲の良いクラスメート男3女2(確か同じ班だった)は、そのたまり場で興味津々の性の話しなんかしたりしてた。ある日、きっかけは覚えてないけど野球拳やろうってことになりました。

<>473 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2010/09/16(木) 16:45:10 ID:QbQzNAQDO [2/6]<>
当時は冬、スタートは男子、学ランの上を脱いだとこから。女子はというと、ブレザーを着てフル装備。最初からハンデを背負ってでの条件を飲み勝負開始です。

<>474 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2010/09/16(木) 16:52:52 ID:QbQzNAQDO [3/6]<>
女子は絶対に脱ぎたくないという気持ちは勝負中にも伝わってきてた。負けても校章を外したりボタンを一個外したりと、こっちが勝っても何だかな~見たいな、だらだら感もありながらも男子勢は割りと善戦してました。

<>475 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2010/09/16(木) 17:01:03 ID:QbQzNAQDO [4/6]<>
だが、やはりスタートからの不利もあってか男子一人がパンツ一丁から玉砕。正直これ以上は無いだろうと思ってた僕は脱いでた服を着ようとしてたその時、女子からの脱~げ!脱~げ!のコール。それに圧されてそいつはというと、いきなり号泣。

<>476 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2010/09/16(木) 17:10:42 ID:QbQzNAQDO [5/6]<>
いったん場は静かになってしまったけど泣きじゃくるそいつを別の部屋にいれ何とか再スタートに持ち込めた。何戦かして女子一人のブラウスのボタンを全部外すことができたのだが、これ以上は嫌だと言って強制終了された。聞くと見られるのが嫌らしく、それなら見ないから触らせろと言ったら一人ずつなら…と下を向きながら言ってきた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||

2018年6月14日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】イケメンでスポーツ万能な人だったけど服がダサ過ぎるwwww【体験談】

<>630:おさかなくわえた名無しさん2012/11/05(月) 10:46:16.42 ID:vdrA9uDi<>
自分はものすごく好きだった先輩と高校の頃に部活の先輩とデートした事がある
バレンタインのチョコレートに、ホワイトデーにペアの時計をもらって、誘われたデート

もう天にも昇る気持ちで超有頂天だったんだけど、待合場所に来た先輩のあまりのひどい
服のセンスのなさに一瞬で冷めた
なんというか、深い紺じゃない紺のブレザーに襟だけグレー、中のシャツ(?)はピンクを基調
としたパッチワークのプリント(5センチ平方位)で、模様ごとに小さなハートや大きなハート。

本当に大好きだった先輩なんだけど、本当に苦痛で苦痛で。
まだ普通にジャージで来てもらった方が良かった。こっちがオシャレしていけば良いんだし。
ただ「頑張ったけどダサい」のに耐えられなかった。
顔は本当にカッコよかったんだけどなぁ…先輩ごめんなさい。断れなくてキスだけしたのが汚点。
(あまりに私が好きだというのが広まっていたのですぐ振れなかった。先輩が県外の大学に行く
 から2週間の辛抱だったから頑張った。もしかしてまた好きになるかと思ったし。)

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||

2018年5月1日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】引っ越してきた二つ年下の子 2【体験談】

<>121:1[]:2009/08/25(火)12:58:12.64ID:9k1Z+XoP0<>
そして、4月。
俺は、高校生になった。
制服はガクランのままだったが、女子のブレザーが可愛かった。

「こーちゃん、部活どうするの?またサッカー部?」

高校に入ってすぐ、俺と香子は公園で喋っていた。

「うーん、どれにするか悩んでるんだけどな。あ、サッカー部には入らないよ。」
「え、どうして?」
「俺、サッカーのセンスないみたいだしw どうせなら、別のこともやってみたいし。」

ちなみにウチの高校はサッカー部は人数も多く、
中学の時スタメンだったSもなかなかレギュラーになれなかったくらいだ。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||

2018年2月20日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】自分を捨てたという生みの母に会いにいった【1】【体験談】

今までにあった最大の修羅場 £44
awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1338973716/

575: 名無しさん@HOME 2012/06/14 03:07:09

なんというか、自分でも信じられない修羅場を迎えたよ。
父は、私が3歳の頃に離婚。
母は、私を虐待したというが、残念ながら覚えてない。
その後、新しい母を迎えるが、本当に良くしてくれた。
本当の娘のように、私を育ててくれたし、感謝している。
高校生になった頃、私はどうしても自分を捨てたという、生みの母に会いたかった。
父にその話をしたら、案の定怒鳴られた。
育ての母は、笑いながら
「そりゃ会いたいよね、でも、あなたをいじめたって言うし、やめておいたほうが」
と、やや否定的だった。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||

2018年1月21日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】性転換セックスだった【体験談】

私 関西、♀、21、158/53、パヒュームのっち(大本彩乃)似

相手 関西、♂、25、サラリーマン、めがね

まだ寒い頃、とあるサイトで釣り。話が見事凸凹合致したので、ただのメル友に成り下がりダラメを5ヶ月ほど。

ある日メールで好きなCM談義に花を咲かせていると相手はゼクシィのCMが好きなんだと。数あるCMチョイスで、よりによってゼクシィ。

理由は女の子になりたい欲がかき立てられるそうだ。
ふうん(´σ `)私は俄然男になりたいのになー

そこから性転換セックスの約束を取り付け面接決定!
持参品は高校の時のブレザーです。

5ヶ月間みっちりメールを送りあい、根拠ゼロでなんとなくの人間性に賭け写メ交換なし。セックス久しぶりだから楽しみ!

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||

2017年12月13日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】ブレザーを盗んでみた【体験談】

<>88:おさかなくわえた名無しさん:2008/03/20(木)11:37:03ID:Y8jtFVga<>
昔の話だが
夕暮れの山の手の田舎の大型スーパーから帰る時
自転車置き場の自転車の前カゴに女子の上着のブレザーの制服が
放置してあったのだが、
出来心でついそれを盗んで速攻家に持って帰った。
小さめで、これがついさっきまで女子中学生の可愛い身体の包んでいたモノかと思うと
凄くいとおしくて服全体をキスしたり胸の辺りをナデナデしたりした。
裏にフルネームが刺繍してあったので持ち主の顔を想像したりして俺の一番の家宝となった。
しかし半年後母親が俺の部屋を勝手に大掃除したらしく、そのブレザーは
あたかたもなく消えていた・・・。母親は一切その事に触れず
俺の方から聞き出す訳にもいかず相当気まずかった。
今でも夕暮れ時に山の手のスーパーを見ると、あの頃一番の宝物だったあのブレザーを思い出す。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||

2017年9月26日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】春奈【体験談】

あまりエロくないけど、俺の体験を

俺は小4のときエロガキで、毎日スカートめくりとかしてた。スカートめくりといっても、うちの学校の女子は皆、下にブルマをはいていたのでパンツなんて見れなかったのだが、スカートめくりという行為に興奮していたのだと思う。最初はクラスの女子に誰彼かまわずしていたが、そのうち一人を狙うようになった。それが春奈(仮名)だった。
春奈は、クラスの中でも一番胸が大きく、おとなしいのでスカートめくりの対象としては最適だった。

そんなある日、春奈から放課後に理科室に呼び出された。うちの小学校の理科室は職員室から遠く、また授業のとき以外はカーテンがかかっていて、内側から鍵をかけることができたので、先生や他の生徒に隠れて何かするときによく使っていた。
春奈は俺を先に理科室に入れると、鍵をかけた。当時は春奈のほうが俺よりも背が高く俺は少しびびっていたが、強がって「なんだよ!」とぶっきらぼうに言った。春名は少し伏目がちに「なんでも言うこと聞くから、もうスカートめくりとかやめてほしいの・・・」と蚊の鳴くような声で言った。

春奈の声が震えているのがわかった俺は一気に強気になり、「なんでもきくのか?」と低い声で確認をした。春名は少し間を置いてから、ゆっくりと頷いた。当時の俺はエロガキと言えども知識はまったくなく、セックスどころかパンツの下がどうなっているのかさえ知らなかった。なので、せいいっぱい考えた末に「パンツを見せろ」と言った。誰か来るんじゃないかという恐怖心とじっくり生パンツが見れるかもしれないという興奮が入り混じって、おそらく声が上ずっていたと思う。

春奈は少しびくんとした後、何も言わずにスカートの中に手を入れると、ブルマを下ろした。少し躊躇したあと、ブルマを横の机の上に置いてから、スカートの裾をつかんだ。俺は自分の唾を飲み込む音にもびびるくらいどきどきしていた。春奈のパンツがもうすぐ見えるというところで春奈の動きが止まった。おそらく数秒だったと思うが、俺にはすごい長い時間に感じ、外に聞こえないように声を押し殺して「早くしろ!」と言った。春名はびくんとし、おずおずとパンツが見えるまで持ち上げた。水玉の今思えばすごく小学生らしいパンツだったが、このときはなぜかものすごくエロく感じた。俺はめちゃくちゃ興奮してズボンの中がすごく痛くなってきていた。そのとき春奈が「・・・これでいい?・・・もうこれでやめてくれる?」とかすかに聞き取れる声で言った。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||

2017年9月4日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談
1 / 512345

このページの先頭へ