近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】ヤンキーだけど美人でスタイルも良かった友達の姉と隠れんぼ中にエッチ【体験談】

私が小学6年生だった時の冬休みでの初体験をお話しします。
仲の良い友人(たかし)と冬休みの宿題を友人宅で数日間していました。
友人は勉強が苦手で、もっぱら私が教える側でした。
友人には姉さん(中学3年生)がいて、地元でも有名なヤンキーでしたが、かなりスタイルも良く美人でした。
私はいつも”綺麗なお姉さんだな”って憧れと性的な目線で見てました。
冬休みはいつもコタツで宿題をしてました。
姉さん「りょうくん、いつもゴメンね~たかしバカだからさぁ」
たかし「うるさい、あっち行けって」
私「ぜんぜん、2人でやった方が早く終わるし」
宿題をしていて2日目。
友人の姉さんがジュースとミカンを持って来たので、休憩から宿題もその日は終了となり、3人で談笑していたところ、友人が家の中で隠れんぼをしようと言い出しました。
私は”3人で隠れんぼもどうなんだかな~”っと思いつつ隠れんぼが始まりました。
友人の家は平屋でしたが、商売を営んでる家だったのでかなり立派で部屋数もかなりありました。
思いのほか部屋数もあって、隠れんぼが成り立って面白かった(笑)。
数回目の友人が鬼で、私と友人の姉が隠れる番の時でした。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2018年5月30日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【閲覧注意】レディースやってる友人の彼女が族に輪姦され、浣腸液を数個入れられて…【体験談】

名無しさん(30代)からの投稿
—-
8年前、俺がまだ17歳のへたれヤンキーだった頃の話。
親友とまでは呼べないが、ちょくちょく遊んでる連れがいて、そいつの彼女がどっぷりレディースにハマってた。
ちなみに、俺(17歳)で一応フツメン、格好だけのへたれ。
連れはジュン(18歳)。
まぁまぁ気合の入ったヤンキーだけど族ではない。
その彼女彩菜(17歳)、ショートカットの似合う可愛い子。
実は俺も狙ってた・・明るくハキハキとしていて、気は強い。
レディースの特攻やってる。
で、ジュンの彼女の彩菜は、レディースの中でもそこそこ気合入ってるみたいで、夏には特攻隊長を任されるようになったようだ。
普段の彩菜は普通の高校生で、そんなレディースで特攻やってるような娘には見えない。
可愛い感オーラもたっぷりだし、正直、彩菜で抜いた日は数えきれない。
女の子達にも人気があり、お洒落で可愛いという何とも羨ましい限りだった。
ジュンと彩菜は1年前から付き合ってるみたいで、当然SEXも相当してるようだ。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2018年1月2日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】色白で巨乳の彼女がゲーセンのトイレで輪姦された【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
これは数年前のある夏の日の話です。
俺は当時付き合っていた『文(あや)』と、近所にあるドライブインに併設されていたゲーセンで遊ぶのが日課になっていた。
文は仕事が忙しく、お互いに会える時間はいつも深夜になっていた。
いつもの様にゲーセンで待ち合わせして、その日も俺と文はスロットを打って遊んでいた。
大抵その時間に客はおらず、まるで貸切状態だった。
しばらくすると、男が2人店に入ってきた。
男達は文を見るなり、舐めるようなやらしい目つきで見ていた。
それもそのはず、バストはFカップ、身長は164cm、スカートから見える白い太もも、顔は芸能人で言うなら内山○名に似ている。
文と一緒に歩いていれば殆どの男が振り返るほど、文句なしのいい女だ。
男達はそのまま、俺らがスロットを打っている真後ろのテーブルに座った。
いつもの事だなと、あまり気にせずにスロット打ち続けていたら
文「お手洗いに行ってくるね」
と言って店のトイレに向かった。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2016年10月8日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】クォーターの可愛いヤンキーに中出ししまくった話【体験談】

体が弱かった俺は、小さい頃から伝統空手をやらされていた。
小五の時のクラス替えで、体がデカくて腕力のあるジャイアンみたいな奴とクラスが一緒になった。
ジャイアンは、俺が空手をやってると知ると俺と同じ道場に通い始めたけど、寸止めルールだから長くやっていてスピードのある俺の方が組み手では強かった。
(殴り合いのケンカならジャイアンの方が断然強かっただろうけど)
それでジャイアンが俺に一目置くようになって、向こうが俺を一方的に気に入っていた。
中学になるとジャイアンは当然のようにヤンキーになった。
ヤンキーになるとジャイアンは空手を辞めたけど、俺は続けていた。
1年生でもう一人でかくて強いヤンキーがいて、噂ではジャイアンとそいつがやり合ったようだけどジャイアンの方が勝ったようだった。
ヤンキーの間の上下関係や力関係は分からないけど、ジャイアンはヤンキーの間では有力者のようだった。
それでも俺と廊下ですれ違ったりすると親しげに話しかけてきた。
ジャイアンは俺の事を
「こいつは空手をやっていて俺より強い」
などと友達のヤンキーに紹介するもんだから、ヤンキー達にも一目置かれるようになって、2年生になると知らないヤンキーにも挨拶されるようになった。
2年生の時、遠足のおやつを買いにスーパーに行くと、知らないヤンキー女に声を掛けられた。
向こうはジャイアンと知り合いのようで、俺の名前と顔を知っていてあれこれ話しかけてきた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||

2016年5月26日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【予想外】兄の彼女が目の前で輪姦されて兄が引きこもりになった【体験談】

ミサさん(10代)からの投稿
—-
大学に入ってから直ぐ、私のお兄ちゃんは暫く引き籠っていました。
お兄ちゃんはスポーツ万能で成績も良くて、中学、高校と生徒会の役員もしているくらい人望があって、昔は私の自慢のお兄ちゃんでした。
「ねぇ、あの人、ミサのお兄さん?」
「えっ?あ、うん」
「いいなぁ、ミサ、あんな素敵なお兄さんがいて」
「えーっ、そうかな?」
そう言いながらも、お兄ちゃんに憧れの眼差しを向ける友達にそう言われるのがまんざらでもなく、内心とても嬉しかったのです。
お兄ちゃんは成績も良かったので、私が中学生の頃は家庭教師代わりによく勉強も見てもらっていました。
友達に言わせると、お兄さんやお姉さんに勉強を教えてもらうと、結局最後は喧嘩になってしまって長続きしないと聞きますが、私のお兄ちゃんはそんなことはなくて、教え方も上手でした。
私は妹でありながら、幼い頃からお兄ちゃんに異性としての好意を抱いていましたが、お兄ちゃんには長年連れ添っているカノジョさんがいて、その人が私より綺麗で可愛いことは私が一番わかっていました。
ですから、自分の気持ちに封印をして、ずっと胸の奥に仕舞い込んでいました。
「ミサちゃん、一緒に買い物に行こうか」
私が”お姉さん”と呼んでいたその人は私にもとても優しくて、”ああ、この人がお姉さんなら仕方がないか・・・”と張り合う気力も失せるほど素敵な人でお兄ちゃんとはお似合いでした。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年11月8日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】盗みに入っていた不良少女達に注意した明日香【体験談】

とある私立女子校の新体操部部長の明日香。
サラサラのショートカットの黒髪、いつも潤った大きな瞳、透き通るような白い肌、ツンと尖った形のいい鼻、スレンダな身体に、カモシカのように細くて長い脚を持つ彼女は、聡明で優しく慕われ、成績もよく、新体操部を優勝に導くなど、非の打ちどころのない女性だ。
後輩の大会前練習の指導を終え、体育館から部室に向かう明日香。
黒の練習用レオタードや靴は、1日の練習の汗でビッショリ、シャワーでも浴びたいと考えていた。
その時である、誰もいないはずの部室倉庫から、下品な笑い声が聞こえた。
窃盗などやガラス割りなどが、頻発しているので、嫌な予感があるが、恐る恐る近づき、部室倉庫を覗いた。
そこで明日香が見たのは、金目のモノを探す同年代の女の姿であった。
彼女たちは、同年代ではあるが、髪を派手に染め、校則の厳しい明日香の学校の生徒でないことだけは人目で分かった。
正義感の強い明日香は、…。
「ちょっと!ここで何やってるのあなたたち!それ、私たちの学校のよ!」
4人の柄の悪い少女達の前に、清楚で完璧なルックスの美少女が立ちはだかり、怒りの交じった声で言った。
「あ?」
4人は大して驚いた様子も見せずに、突然現れた美少女に視線をやった。
「見りゃ、わかんだろ。盗みをしてんだよ。何がわりぃんだよ!えぇ!」
座っていた4人の派手な少女達が、明日香を取り囲む。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2015年4月7日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】ヤンキーな土地柄の職場でシングルマザーが抱かれにきた【体験談】

何年か前、北関東のとある県に半年だけ住んでいた頃の話。
俺は主に、女性を配下に置いて営業の指導をするような仕事をしていた。
もう仕事を辞める事を半ば決めていた矢先の転勤。
転勤先がその北関東で、絵に描いたようなヤンキーの土地柄。
大体みんな高校を出たら人生決めてしまって車の改造に金を掛けたりして、20代前半辺りで(多分「命」とか言って)結婚して、生まれた子供にミキハウス着せて後ろ髪伸ばさせて、なんていうのが一番ポピュラーな生き方、みたいな土地だった。
(偏見御勘弁、そう感じたんだ)
新鮮は新鮮だったが。
知らなかったが、よくよく考えてみるとそういう結婚が全部上手くいく訳じゃない。
失敗して、若いうちから1人で子供を抱えて何とか食べていかなきゃいけない、みたいな女の人が俺の下にも何人かいた。
彼女もその1人。
まだ30前なのに、小学校3年生の息子を養っていた。
最初からこちらを意識していたのは何となく分かっていたけれど、そんな事にいちいち反応していたら仕事にならない。
彼女もいない、結婚もしていない、では彼女に限らずいろんな職場の女性たちにとって格好の標的になるのは分かっているので、こっちは全力で唐変木(とうへんぼく)を決め込むしかない。
それでも積極的に仕事に向かおうとする人間には自然とフォローにも力が入るので、自然と一緒にいる時間は長くなる。
でも俺としちゃ何も気付いていない顔しかできないし、しちゃいけないって考えてた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||

2014年12月25日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

このページの先頭へ