近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】年下の女子高生で筆下ろし【体験談】

ではちょっとお話しさせていいただきます。
僕が大学時代に住んでいたのは地方の政令指定都市。
写メがまだなかったころなので6年前くらいのことです。
当時僕は20歳で童貞だった。
当時PCの掲示板で知り合った女子高校生と、しばらくはPCや携帯のメールで3ヶ月くらいやりとりをしていた。
名前はアイ、高2だという。
最初は他愛もないメールをしていましたがそこは若い男女、
だんだんと「彼女はいるの?」からはじまって「Hしたことある?」 といった話題になった。
どうやらアイは半年ほど前に数回ほどHをしたことがあるそうで、
相手はすでに分かれた高校の先輩らしい。
H自体はあまり気持ちよくなかったとか、フェラも少しだけしたことあるとか、そんなことを告白してきた。
「Hはオトコの方が気持ちよさそうだよね?」とメールで聞かれたので少し迷ったが、正直に、「したことない」と白状。
その後も別に変わる様子もなく、メールをくれた。
ある時、僕から「会いたい」とメールしたところ、「写真お互い送ろうよ」ということになった。
今であれば写メだろうが、そのころはまだなく、写真を送ることになった。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||

2018年1月10日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【不倫・浮気】二番でも良いと言って結婚した嫁と【体験談】

嫁の麻衣とは結婚して二年経ち、最近はそろそろ子供を作ろうと話しをしていた。麻衣とは、付き合い始める時にものすごく苦労をしたので、最近のラブラブな毎日が本当に夢のように思える。麻衣と知り合ったのは、大学のサークルでだった。一目見た時から好きになり、とにかく付きまとうというか、いつもそばにいるようにした。でも、全然僕の気持ちは通じず、逆に麻衣が僕に、先輩との恋のことを相談してくる始末だった……。
麻衣は、同じサークルの二つ上の先輩に恋をしていて、友達として僕に相談をかけてくるという、僕にとっては辛い日々だった。
でも相談を聞くという名目で、よく二人でお茶や食事が出来たので、辛い中にも幸せな部分もあった。でも気弱な僕は、麻衣の相談に真剣に答えてアドバイスをしたり、励ましたり、頑張れと応援したりしていた。そのせいかどうかはわからないが、結局麻衣は無事に先輩と付き合うようになってしまって、僕と過ごす時間もなくなっていった。
ラブラブな二人を見て、サークルを辞めようと思うこともあったが、それでも麻衣子のそばにいたくて、辛い思いをしながら辞めずにいた。1年半くらいの苦しい日々だったが、先輩が卒業とともにアメリカに行くことになり、結局麻衣は捨てられた。先輩がアメリカに行く理由も、麻衣が捨てられた理由もわからなかったが、僕は正直にチャンスだと思った。そして、失恋にひどく傷ついて、笑顔がなくなってしまった麻衣に、とにかく明るく優しく付きまとった。
僕が必死になっても、麻衣は落ち込んだままで、一年近くそんな日々が続いた。一年経ち、僕が思いきって告白をしたとき、麻衣は悲しそうに笑って、
『ありがとう……。本当に嬉しけど、ごめんね、どうしても忘れられないよ……』
と、断った。でも僕は、もう後悔したくないと思っていたので、その後も同じように麻衣に付きまとい、何度も何度も告白をした。
そして、僕の熱意というか、しつこさに負けたのか、
『うん……、でも私、ずっとあの人のこと忘れられないと思う……。それでもいいの? あっくんのこと、この先どれだけ好きになっても、ずっと二番だよ?』
と、泣きながら言ってくれた。
「それでもいい! どれだけ時間がかかっても、絶対に忘れさせるから! 絶対に俺が一番になるから!」
僕の人生で、一番真剣に、一番熱くなった瞬間だったと思う。麻衣は、さらに泣きながら、号泣に近い感じで泣きながら、
『よろしくお願いします。あっくん、本当にありがとう』
と言ってくれた。こんな感じで始まった付き合いだったけど、僕は幸せだった。好きな女の子と手を繋いで歩くだけで、こんなにも世界が違って見えるものなんだと、初めて知ることが出来た。ただ、僕と一緒にいて、楽しそうにしていたと思ったら、急に落ち込んだりする麻衣を見て、先輩の影はずっと付きまとっているようだった。でも、それも半年、一年と過ぎ、二年を数える頃にはすっかり消えていた。心の中までは覗けないが、表面上はすっかりと先輩のことを忘れたようだった。
そして、仕事も順調で、色々な意味でやっていけると判断して、プロポーズした。『はい! よろしくお願いします。あっくん、本当にありがとう、愛してます』

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2018年1月9日 | 近親相姦体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【近親相姦】限界集落の須田君【体験談】

須田浩二君のこと覚えてるかしら。
なおぼんの拙著「限界集落」でいい目をした大学院生ですね。
須田君が、農家の安井さん宅に住み込んで、お仕事を手伝いながら修士論文を仕上げたらしいの。
安井佳代さんが、お母さんのあやのさんと二人で田んぼと畑をきりもりしてるの。
娘さんの雅美さんがいるんだけど、神戸の大学に行っててそこにはいないんだって。でもね、お母さん、雅美さんと須田君を娶せたらしいのよ。
須田君が娘婿になって農業を継いでくれたら安井家は安泰よね。
須田君もそのことはわかってるから、大いに乗り気でさ、雅美さんと意気投合しちゃったってわけ。あたしの悪友の谷口氏の言った通り「親子丼」になったんだ。
昨日、須田君が婚約の知らせを持ってあたしたちのたまり場「あかべこ」にやってきたんだ。
※「あかべこ」は京阪六地蔵駅前の居酒屋(?)みたいな汚い飲み屋。あたしに会いたかったらそこにおいで。「え、この子?」
彼の差し出した写真を見てあたしは、びっくり。だってKちゃんにそっくりだったから。
ま、他人の空似だろうけど。
※Kちゃんは、あたしに将棋を教えてくれてる、中三の女の子で、その代わりにお勉強をみてやっているんだ「須田君、あずみちゃんとはどうなったの?」
「別れたよ。あいつ、信州の実家に帰ったんだ」
「へえ。おっぱいの大きな子だったのに」
「ただのデブだよ」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||

2017年12月29日 | 近親相姦体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【不倫・浮気】彼女との合コン【体験談】

【スペック】
真司(俺) 23歳 新卒サラリーマン
まなみ(彼女) 20歳 アパレル 身長160cm Dカップ 本上まなみ似彼女とは2年前にバイト先で知り合った。彼女は明るく人懐っこい性格。
一年前から同棲し始め、休日は基本的に二人っきりでいることが多い。
セックスはというと、平日はお互いの時間が合わないので、休日にする
ことが多い。どちらからともなく相手の体を触りだし、ゆっくり時間をかけ
てお互いの暖かさや柔かさを楽しみながら、という感じ。しかしながら
回数は日に3~4回することも珍しくなかった。彼女は俺が2人目の彼氏で、最初の彼氏とは3回ほどしかセックスをし
なかった、とのこと。なので俺との最初の方のセックスのときは痛がって
いたし、いまでもフェラチオはぎこちなく、騎乗位なんて全くできない。しかしながらその顔、性格から遊んでいるように見えてしまうところを
彼女自身も悩んでいた。現に俺も遊んでいそうなところに惹かれ、付き
合った当初はセックスの下手さにガッカリした。今ではそのギャップが
たまらないのだが。そんなある日、まなみが携帯を手にして
まなみ「なんか店の後輩ですごい男に飢えてる子いてね、その子の為
     に合コン開かなきゃいけなくなっちゃったんだよね。。。笑」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2017年12月21日 | 近親相姦体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【修羅場】掲示板にあった援助の書き込みは実は仲の悪い知り合いの女だった【体験談】

埼玉県/BMさん(40代)からの投稿
—-
俺は少ない小遣いを風俗で豪遊(?)するためにパチンコ、パチスロで増やしているが、なかなか時間も資金も少ないので月に小遣い3万を6万にするので精一杯だ。
ただ、この月はマグレが重なり20万オーバー!
ソープ行きまくるか!ってな訳で1回2万から3万のソープへ数回通った。
最初はすげー楽しかったが、なんか可愛いんだけど違った………ソープって結局相手のリードで強制的に流れで出させられてる感が強くね?
せっかくの臨時収入を有効に使うため、ネットで色々探して若デリや熟デリ、何かも行ったがすぐに飽きたし残金も5万くらいまでになったのでその月は終わった。
翌月になり、まだ先月の残金があったので余裕でスロットを打ってたらそこそこ稼いで残金合わせて15万くらいまで回復した。
今度は素人を攻めまくるかと思い、出会い系の掲示板を探してみたが中々無料掲示板だと良い所がヒットしない。
でも有料は胡散臭い気がして、ひたすら掲示板に書き込んでみた。
そしたら板に女性の書き込みを見つけた。
「20代後半の主婦ですが、誰か午後から夕方まで遊びませんか?」
みたいな書き込みだった。
何でも、旦那が関東の北部U市に単身赴任で週末しか帰らない。
しかも子供は夕方まで学童保育、パートはしてないようだ。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||

2017年12月12日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】プールにて4【体験談】

「あいよ?」
「あのね、赤ちゃん欲しい。」
「ん?」
「だからぁ…入れて良いよ?」
「うん、たっぷりね(笑)」
「違うの!チンチン入れていいの!」
「えっ、あぁ…」
「お願い。」
「いいけど、舞ちゃんにはまだ早いから、相当痛いと思うよ?」
「いいの…ね?」
「分かった。おいで…」
俺は再び舞ちゃんをいざない、芝生に寝かせた。
「優しくしてあげるからね。」
「お願い…します…」
案の定、舞ちゃんは相当痛がった。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2017年11月29日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】憧れの高校の先輩に拝み倒してエッチさせてもらった【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
高校の時の2つ上の同じ部活の先輩とSEXした時の事です。
当時私は高1で先輩は高3。
当時はたった2つ上でもとても大人に見えました。
まだその時俺は童貞だったので、その大人びた先輩にとても憧れていました。
と言うよりも、年頃なのでとにかくヤリたいという願望だけがありました。
ちなみに部活はバレーボール部。
何度か先輩の脱いであったジャージをこっそり持ち出し、体育館倉庫やトイレに持って行っては匂いを嗅いでオナニーしていました。
ジャージがとても良い匂いで、今となってはあそこまで興奮出来るオナニーなんてないくらい最高でした。
一度先輩のジャージの下を穿いてオナニーした時がありました。
先輩と繋がっているようで、自分のあそこを擦りつけていたらあっという間に限界が来て、ジャージを穿いたまま精子を出してしまった事もありました。
もちろんそのジャージはそのまま持って帰って捨てました。
さすがに隠しきれないので、その辺に脱ぎ散らかしておいたジャージが無くなった!と一時期は騒いでいましたが、盗まれたというよりは無くなったという事で処理されたようです。
そんなある日、ついに先輩に告白しようと決めたのです。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2017年10月27日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】38歳の頃から幼馴染の女友達2人と3Pしたりしてる【体験談】

同級生で幼馴染の、友達A(♂)が離婚した。
あれは多分、5年前の38歳の時だったと思う。
独りになって寂しがってるんじゃないかと思い、離婚3ヶ月後くらいの時にAの家を訪ねると、女友達が2人も来ていて飲んでいた。
しかも2人とも可愛いし若い!
よくよく聞けば、Aはそのうちの1人のB子(当時27才)とは既にエッチはもちろん、半同棲中だという。
B子は酒がダメで飲んでいなかったが、もう1人はかなり飲んでいた。
Aの携帯が鳴り、もう1人の女友達C美(当時26才)が来るとの事。
3人も女を呼べるのかよ?
なんて驚いていたら、なんとそのC美とAとB子の3人は、3Pもしたと言う…。
それを女友達と俺に平気で話してきたし、話されたにも関わらずB子は平気そうだった。
寂しいかも、なんて要らない心配だったかな?と思ったが、今夜はこの4人でエッチかな?なんて予感に、俺は帰りたくなくなっていたし期待が膨らんでいった。
と同時に、酒を飲んでいた女友達の方は、酔ったから帰る、と言って帰ってしまった。
危険を察知したからだろうな…きっとね…。
B子は逆に、
「暑いから脱ぎたいけどいい?」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2017年8月27日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】初体験は2ショットチャットで知り合った女性と【体験談】

名無しさん(20代)からの投稿
—-
大学4年生の夏休み、サークル活動も終わり、バイトも長い休みをもらって、長期間実家に帰省していた。
とはいえ、友達もお盆が過ぎたら早々に東京へ戻り、地元の友達も日中は仕事やらバイトやらで暇を持て余していた。
そんな日中の暇潰しに2ショットチャットを毎日毎日していた。
待ちの言葉は、
「○○(←地元の地名)で…っていう方」
という思わせぶりな言い方。
まぁ、何を隠そう、その時の俺は紛れもない童貞。
もしかして…という淡い期待を抱いていた。
とはいえ、そう上手く話が行くわけでもなく、あと3日で帰らないといけないという昼下がり、入室者があった。
38歳女性。
最初は当たり障りのない話を進めていくが、どうも向こうもHしたい雰囲気が満々。
そこで素直に童貞である事を告げると、思いがけず
「奪ってあげよっか?」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2017年6月9日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】スタバで見かけたロリ顔で巨乳の可愛い子から逆ナンされた【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
現在社会人2年目で24歳の男です。
1年ぐらい前の冬の話です。
会社から資格をとるように言われ、休みの日は近所のスタバで昼から夕方ぐらいまで勉強していました。
そのスタバは駅の近くにあって、休日は学生や若い社会人が多く利用していました。
夕方17時頃でしょうか、そろそろ帰って夕飯の仕度をしようと思い、店を出ました。
駅前の道を歩いていると、後ろから声を掛けられました。
「すいません・・・、ちょっといいですか?」
見ると、スタバで近くの席にいた女の子でした。
実はその子、スタバにいた時からちょっと気になってたんです。
というのも、、着ているニットの盛り上がり方がやばい!
ロリ顔で巨乳って反則だろ・・・推定EかFはありそうでした。
20代前半で、背は低め。ちょっとロリっぽくて可愛らしい子でした。
薄手のニットにスカートという格好。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2017年4月13日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談
1 / 512345

このページの先頭へ