近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】友達にレズられたこと【体験談】

先月の話。

学校の側に、サキという私の大学での一番の親友が一人暮らしをしていた。

サキの家は大学の近くでとっても便利が良く、実家住まいの私は
試験前やレポート提出前は何度も泊まらせてもらったりした。

サキの見た目は可愛く、サークルの男の子も何人か告ったりしていたが、
振られたり、付き合っても1カ月ぐらいで別れたり、全然彼氏らしい彼氏ができなかった。

で、先月の話に戻るわけだけど、
私(裕子)はテスト勉強のため、サキの家で一緒にすることになった。
適当にしゃべりながら、勉強もそこそこやり、ご飯を食べて、お酒も飲んだ。

(私の)彼氏の話とか、誰と誰が付き合ってるとか、そんな仕様も無い話だったと思う。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||

2018年8月18日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】遅かった喪失【体験談】

私は厳格な家に育ち女子高から女子大に通い、そのまま今の会社に就職したので、なんとなく親密な男つき合いもなく、気が付けば25才になっていた。
自分で言うのもなんだが、容姿はどちらかというと良いというか、たぶん「美人」の中に入れてもらえる方だと思うので、親や親戚から時々「見合い写真」なるものも見せられるような事もあった。
でも、そんな見ず知らずの人と結婚を前提におつきあいするなんて、自分自身では考えられる事ではなく、仕事も好きなので、いつも断っていた。
なんとなく「仕事中毒女」のような評判になり、結局この年までズルズルとヴァージンを引きずる事になった。
同じ会社に入って来たA君は2年年下の、まだ子供っぽい気配の残る、笑顔のかわいい奴だった。
ところが、仕事中、会議やデスクワーク中に見せる真剣な顔つきが妙に大人びていて、ドキッとさせられる事があった。
同じ部署のA君には、なにかと面倒を見てやり、すっかり姐さん気分の私だった。
幼い雰囲気で頼り無い感じのA君は、なにかと先輩の男性社員からいじめられるような事もあり、可哀想だった。でも、ふと顔をあげた時に向かいに見える彼の真剣な顔つきは、むしろ実際の年令よりも5才くらい上に見えるような頼もしさが垣間見えた。
実際、彼の書いた企画書は、同期の連中よりもずっとマシなものを書いている事も多く、見た目だけでいじめられている彼が本当に可哀想に思えた。
そして、その彼のギャップがなんとなく気になるようになってしまった。
やがて、そんな彼を慰めようと、私の提案で、私の友人達と彼の同期などを集めて、仕事を離れて食事会などを開くようになった。そうやってグループで親交を深めていった。
彼は、仕事の内容の話になると、すごく専門的な話や独創的なアイデアを披露し、その秘めた可能性をみんなに惜し気もなく示した。
やがて、食事会の仲間達には、次第に彼の事を理解する人たちが増えていった。
その割にはエッチな話になると、顔を赤くしてうつむいていて、ウブな一面もあるのだった。
私は夜一人で、そんな彼の顔を思い浮かべながら、自分を慰めるようになっていた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||

2018年8月10日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】肉体労働【体験談】

私は調査会社に勤める27歳女性です。“女性調査員だけ”というのが特徴の事務所なので、依頼人も女性が殆どなのですが、入社以来5年間で私が経験したエピソードを投稿させていただきます。
(エピソード1)40代女性 会社役員の依頼 
この女性実業家はレズビアンで、別れた彼女が忘れられず、その後どうしているかを調べてほしいということでした。ここまではよくある身元・素行調査ですぐ結果がでました。現在、男性と結婚を前提に付き合っているという内容で、これを報告して本件終了と思ったのですが、その結果をふまえさらに追加の依頼があったのです。その追加の内容は、調査員の私の事が気に入ってしまったと言い、給与を日当で換算した3倍を払うから、求めた日に付き合って欲しいというものでした。会社はあなた次第でOKということでしたが、どちらかといえば売上げに貢献すべきという雰囲気になっていました。結局、8時間拘束で1日お付き合いすることになり、外で待ち合わせて食事をしてからその女性所有のマンションに行きました。あと4時間、事なきを得れば・・・と思いましたが、残り3時間位のところで状況が一転しました。「入浴をご一緒に」と誘われたのです。そのマンションはジャグジーのようなバスルームで5人くらいは入れるスペースがあります。ま、入るだけなら・・と渋々承諾し入浴すると、私の裸体を観察させて欲しいと乳首や下腹部を刺激してきたのです。私は大学の時に付き合っていた彼氏と別れて以来、3年以上も1人でこういった刺激に飢えていたのかもしれません。いざ愛撫されてしまうと拒否しながらも求めてしまう自分がいました。それに、元彼のとは比べ物にならないほどの仕方でした。ソフトタッチでゆっくりジワジワと・・・。あと、ただいじるだけじゃなくて、“どこをどうしているか”や、“どこがどうなっているか”を言葉でイヤラシく言うんです。もう頭が真っ白になってしまい、何度もイカされてしまいました。その後、ベッドルームに移ってから、私自身、見たことも使ったこともない“道具”で何度も何度も責め続けられました。すっかり時間のことを忘れ、会社からの着信にも気づかずに。私からの奉仕は求めません。ただ私を自分だけの所有物にしたいというのが希望のようです。それから月に1回、私はこの女性に恥体をささげる任務を8ヶ月続けました。

近親相姦体験談検索用タグ

||||

2018年5月14日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】オナベバーで働いていた時にお客さんと【体験談】

れはナベバー勤めしてた時の話だ
ナベバーといってもそこの客層は一見のカップルからキャバとかのアフターに使う常連のおじさま、水商売のおねーさんと様々で
本物のFtMやビアンの人は稀だった
かくいう自分も別にそういった傾向はなく、知り合いのナベさんに誘われて勤めただけ

とりあえずマスターにナベシャツ(胸を潰す固いベストみたいなの)を借りて
売れないホストのような格好で働いてたんだ

そこはスナック風のバーで、カウンターやボックスで接客する形
ホステスやってたこともあって、結構人気あったんだぜ?w
キャバ嬢からプレゼントもらったりねw

そんなある時、いつもの常連さんがおねーさんを2人つれて来店したんだ

1人は常連さんのお気に入りで顔見知りだったけど、もう1人は初対面だ

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2018年5月5日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】バイト先の仲間と【体験談】

<>61:えっちな18禁さん:2009/01/12(月)14:34:31ID:vcAdvgze0<>

もう10年ぐらい前の出来事なんだけど、バイト先の仲間で俺ともう1人の男と
女2人の4人でよくつるんでいた。
バイトっていっても華やかさとは無縁の、どちらかといえばガテン系の職場で、
仕事は小汚くて、いつも金は無く、自分で言うのもなんだけどまーあんまり
パッとしない4人組だった。
ただそれだけに似たもん同士で壁が無いというか、変に見栄を張ることも無い
男女の枠を超えた友情みたいなものが芽生えて、給料が出るとよく4人で
安居酒屋に飲みに行ったりしていた。

<>62:えっちな18禁さん:2009/01/12(月)14:37:33ID:vcAdvgze0<>

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2018年4月24日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】超童顔が体験した妬み陰湿な修羅場【体験談】

<>56:恋人は名無しさん:2010/10/23(土)15:31:16ID:1MaYN927O<>
私子 34歳
彼男私子の彼氏、20歳
友子20歳、彼男の友達で高校から一緒

私子は大学を卒業して就職したが、
資格を取りたいのと勉強し直したくて32歳でもう一度(別のところだけど)大学に入学した。
一族揃って呪われた童顔のおかげで三十路過ぎとは思われずに、
ストレートに入学した学生達に混じって、楽しく過ごしてた。
(といっても同じ10代とまでは思われてなかったと思うが)
入学してすぐに声をかけてきた彼男。
何度か男女交えた数人で遊んだ後に告白された。

私「いや…私年上だし…」
彼「年齢で決めるの?」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||

2018年2月14日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】キスマークがくれた思い出【体験談】

<>209名前:キスマークがくれた思い出投稿日:02/04/1519:16ID:bb4UnGCh<>

それは小5の時のこと。クラスに一人、変わった女の子がいた。
忘れもしない、加納○美ちゃん。
普通、小学生って、パンティの上にブルマを穿くよね。
クラスの殆どがそうだったのに、彼女だけは違った。モロに白パン。
何でわかるかって言うと、掃除当番のときに雑巾がけをするんだが、
そのときに丸見え。まぶしいばかりの純白!
俺は出席番号の関係で、彼女と常に一緒の当番だったが、唖然としてたよ(藁
それだけじゃなく、彼女は事あるごとに俺に話し掛けてくる。
当時、女の子と話すなんてろくに出来なかった俺にだ。
最初は「シャーペン貸して」程度のもんだったが、徐々に過激になっていく。
「なあ、セックスって何か知ってる?」なんて露骨に聞いてきたりもした。
当時の俺に応えられるわけ無いから黙ってると、
「知らんの?女の子のワレメに、男の子のおちんちん入れるねんでー」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||

2018年2月8日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【近親相姦】娘と交わっていた息子を諭そうとしたらそのまま犯された【体験談】

テツオの母さん(40代)からの投稿
—-
私は娘と息子が一人ずついる平凡な主婦でした。
娘たちは仲のよい姉弟で、二人は小さい頃からいつも一緒でした。
娘にはお淑やかに、息子には男らしくなってもらいたいと思い、二人にはそれぞれにお稽古ごとに通わせていましたが、息子のお姉ちゃんっ子ぶりは幼少から少し重症ともいえるほどのシスコンぶりで、私と主人はこの頃から漠然とではありますが、二人のことを危惧していました。
息子はスポーツが嫌いだったわけではないようですが、お姉ちゃんと違うことをするのが嫌で、自分もピアノやバレエを習うと言って聞きませんでした。
とうとう親の方が折れて、ピアノにもバレエにもお姉ちゃんにくっついて通わせ始めると、息子は驚くほど器用で、あっという間に娘より上手になってしまいました。
ピアノの先生には十年に一度の逸材かもしれないとまで言われ、親の期待は高まりましたが、娘がお稽古事をやめてしまうと、どういう訳か息子の方も憑き物が落ちたようにお稽古に通わなくなりました。
それでも姉弟仲が悪くなったというわけではなく、結局のところお姉ちゃんのすることを弟も必ずしたがるということの繰り返しでした。
娘が生理を迎えるまでは同じ部屋をあてがっていましたが、いつも二人で抱き合って眠るので、私よりも主人が年頃の娘のことを心配して、二人の部屋を分けるようにしました。
何でも”お姉ちゃん、お姉ちゃん”という習慣は徐々に薄れていきましたが、それと反比例するかのように息子の素行がだんだんおかしな方向に向いて行き、態度も反抗的になってきました。
中学生になった頃には私よりも身長が高くなっていて、何が気に入らないのか家の中で暴れるようになりました。
最初の頃は主人もそんな息子を叱ってくれていたのですが、主人よりも体格が大きくなった頃、その傍若無人ぶりを嗜める手立てはもはや私たちにはありませんでした。
娘はお嬢さん学校の高校に進学しましたが、息子は高校へも行かず、家にもだんだん寄り付かなくなってきました。
どこを泊まり歩いているのかわかりませんでしたが、偶に帰ってきても自分の部屋に引きこもり、部屋の中は荒れ放題でした。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年11月6日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】元彼になかったマメなメールや細かい気遣いに少しずつ惹かれかけていた。【体験談】

本当にやった復讐 15 より
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1361521980/

<>318: 本当にあった怖い名無し 2013/03/16(土) 01:24:07.50 ID:G/f0Ifru0<>
付き合ってはいなかったけど、毎日好き好き付き合ってってメールしてきてた同僚の屑男がいた。
毎日メールの嵐で、どれだけ私を大切に思っているか、付き合えたらこんな風に大切にしていくとかつらつら。
私は違う男に二股をかけられた上ふられて数か月だったので、今はまだ付き合えないけど心の整理ができたら
と返事をしていたのだけど、元彼になかったマメなメールや細かい気遣いに少しずつ惹かれかけていた。
だけどすぐに私以外にも口説いてるAや、セクスするためだけとはいえ一応付き合ってるBがいることが判明した。(どちらも同僚)

<>319:3182013/03/16(土) 01:26:49.36 ID:G/f0Ifru0<>
ABと一緒に激怒して「関係を切る。もう二度とメールするな」といい、噂好きのおばちゃんに噂を流してもらった。
3人以外にも口説いていた女は大量にいたらしく、総スカンくらってたからこれで復讐は終わろうと思ってた。

が、Aが「他の女を全員切ってくれるなら、今回は許してあげる」とこっそりメールを続けていてることが判明。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|

2017年10月26日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】衝撃の露天風呂覗き 【体験談】

同級生の女子がたった8人だった、ど田舎の中学の体験ですみませんが、修学旅行の時、こっそり独りで離れた女露天風呂を覗きにいくと、ちょうど女子が、バスタオルを巻いたまま、円になって、湯船につかっているところでした。
『あれ?お前等バスタオルを湯船にいれたまま入るのはまずくねぇか?』
そう思っていると、1人の女の子が、気まずそうに小声で
「ねぇ…やっぱりバスタオルはダメなんじゃない?………」
と言いながら、他の女の子達を見渡した。すると、
「そうだよね……………」
と数人が答え、しばし沈黙が流れた。
「フフフフ……………」
沈黙に耐え切れず、全員が照れ笑い。
そして、また沈黙。
「先生に見つかったら怒られちゃうかな…」
少しふざけた感じで、バスタオルに手をかけながら1人が立ち上がると、つられて全員が立ち上がり、同じくバスタオルに手をかけた。

しかしそのまま全員が固まり、緊張した表情でしばらくまた微動たりせず。
「アハハハ……………」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||

2017年10月19日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談
1 / 1312345...10...最後 »

このページの先頭へ