近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】爺ちゃん【体験談】

ある日爺ちゃんとテレビを見ながら飯を食っていると世界不思議発見だか何だかでラバウルが紹介されたんだ
でレポーターが現地の案内の人のおっさんに話しかけてると突然爺ちゃんが「あいつ!○○だ!○○だ!」と叫び出した
ついにボケたかと思ったがテロップに本当にその名前が出た
ビックリして爺ちゃんに詳しい話を聞くと、戦時中はラバウルにいてそのテレビに出てた当時は子供のおっさんに日本語を教えたり遊んだりしてたらしい
そしてテレビでおっさんが当時の事を話した
おっさん「私が病気にかかって高熱に苦しんでいると日本兵が当時貴重だった薬をくれた」
爺ちゃん「俺だ!俺だ!それ俺だ!俺!俺の事だ!」
とてもうるさい
いい話でこれで爺ちゃんがテレビに出るんじゃないとか思ってたが
爺ちゃん「あれ薬じゃなくて歯磨き粉だったんだわ、あいつ馬鹿で信じてやがるwwww」
俺は誰にも言わないでおこうと決めた

近親相姦体験談検索用タグ



2016年12月13日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】野菜を食べれば「うん、甘い!フルーツみたい!」【体験談】

百年の恋も冷めた瞬間!109年目
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1293622121/

<>519 :おさかなくわえた名無しさん:2011/01/14(金) 22:38:27 ID:MpCFl88S<>
自分もスイーツに冷めた事ある。上手く書けないので箇条書きすると…

・野菜を食べれば「うん、甘い!フルーツみたい!」
・魚を食べれば「すごい!これ食べてみて!魚と言うよりもうお肉みたいだよ!」
・「さっき買ってきたアイス食べよう」と言えばいいのに「さっき買ってきたスイーツを食べよう」と言う。
・自分の勤めてる会社の呼び方が変。若者が【ドラマ】を【マルイ】と同じアクセントで発音するようにしている。
 例えば【シャープ】を【マルイ】のように発音するのと同じ感じ。
 有名企業なんだけど、誰もそんな発音で呼んで(読んで)いるのを聞いた事無い。
・流行りもの大好き。それは構わないけど、自分がそれを知らないと、
 「知らないの!?有り得ない!」と言ってくる。アイドルや芸人のフルネームなんか知らん。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||

2016年11月9日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】女子アナの胸チラ、おっぱいポロリで乳首が【体験談】

友人とともに最も興奮したのが
佐藤倫子(サトノリ)のビキニ&見えちゃった件

大多数の方が?だと思うが、元名古屋のアナで
今レポーターとかでローカルTVに出てる人

とにかく美人で昔結構好きだったんで…

撮影禁止だったんでうpはないんで、
ネットにあった顔だけで、あとは想像してください

スペックとか詳細を書くと、売店で買い物してたら、
前の女性がすごい美人でスタイル良くて見とれると同時に、

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||

2015年10月20日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】信子かあさんの大家族日記【体験談】

信子かあさんの大家族日記

7男3女、10人の子どもたちと、夫と母と私、合わせて13人が私の家族です
12月17日木曜日:演出は、初めから決まっていたんだね

投稿者:信子かあさん

苦い思い出があります。
テレビ出演に関して、です。

今まで書いたことはなかったのだけれど、…
ちょっとだけ、書いてみたくなりました。

私たち家族は、
これまで、けっこうテレビに出させていただきました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||

2015年8月12日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】新米医師の女子アナ診察【体験談】

私は当時インターンを卒業したばかりの新米医者でした。
婦人科で宿直医を依頼された時の話です。
午前2時ぐらいだったか、タクシーで若い女性が熱があるとかで、
男の人に支えられるようにやって来ました。
また風俗譲かなと思ったんですが、処置室に入ってきた彼女を見たときは、
それこそイスから飛び上がってしまうほど驚きました。
なんとテレビに出演している超美人アナじゃないですか。
何でと思ったんだけど、医院長が女医だったためわざわざタクシーでやって来たみたいです。
例の美人アナは自分と同じ位の年の私を見て、
かなり驚いたようですが2,3言隣のマネージャーとおぼしき人と話した後、
とても具合が悪かったらしく、観念して診察を受ける覚悟をしたようでした。
私としても動揺を悟られるのを避けるため、いつも以上に事務的に接したつもりです。
幸いにもおばんの看護婦は定期見回りで当分戻ってきそうにありませんでした。
彼女は生理不順と風邪とゆうことらしく、かなり熱っぽく苦しそうでした。
マネージャーが明日午後からレポーターの仕事が入っているため、

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||

2014年6月20日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】ひとくち食べると「んー!」と目を見開いてレポーターみたいなリアクション【体験談】

百年の恋も冷めた瞬間!109年目
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1293622121/

<>495 :おさかなくわえた名無しさん:2011/01/14(金) 18:36:09 ID:koTYlSgX<>
食事の仕方がスイーツで冷めた。激冷め

料理がきたら手を合わせて小声で「いただきます・・・」
ひとくち食べると「んー!」と目を見開いてレポーターみたいなリアクション。
「あっ野菜本来の味がする」とか「これは脂っこいけどペロリといけちゃう」とか気持ち悪い感想を述べ、
パンを少しずつちぎって口に入れ、ファンケルのCMの女みたいに笑顔で目を閉じて首を振って「幸せ~」みたいなドヤ顔を。
デザートはスプーンを親指と人差し指だけでつまむ感じで持ち、
小指を立てて、しかもその小指をくるんと巻いたような状態で「別腹」とか言いながら食べた。

ああそっち系か・・・と思って、
こいつどこまでやるんだろうとその芝居がかった食べ方に途中から目が釘付けになったが、

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|

2014年2月22日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【不倫・浮気】ファッションショー 【体験談】

礼子さんに誘われてファッションショーに行くことになりました。
当日銀座で待ち合わせして、会場に行くとテレビの取材の大きなトラックが何台もならっていました。
会場に入る受付には取材のカメラと芸能レポーターが陣取っていて、私達が受け付けを通るときも、カメラが向けられていました。
私達のすぐあとから、有名な姉妹が派手な衣装で現れると、レポーターが一斉に駆け寄っていました。
席に着くと、一番前のすこし横の席でしたが隣には芸能人らしい人が座って、カメラのフラッシュもまぶしいくらい何度も光りました。
ショーが始まると、会場一杯に音楽が鳴り響き、次から次へとモデルの女性がキャットウォークを行ったり来たりしました。
私は大学の時に学園祭でやったファッションショーを思い出しましたが、こんなに本物は違うのかとびっくりしました。
ショーが終わると、礼子さんが少し離れた席に座っていた外国人の男性を紹介してくれまた。
このショーのデザイナーの親友で、そのせいで普通ではとても手に入らないショーの招待券が手に入ったのと説明してくれました。
どうりで、芸能人が来るようなショーに私達みたいなのが入れるはずないのにと分かりました。
ゴードンはもう日本に長くて、日本語は普通にしゃべれるからと礼子さんが言います。
たしかに、片言の日本語ではなくて、ちゃんとしたしゃべり方をするので私はびっくりして聞いていました。
これは、結婚間近なのだなと思い、結婚式はいつの予定ですかと聞いてみると、礼子さんは笑いながら私たちそうゆう古い考え方はしないのよとゴードンとなにか英語で話しました。

「これから六本木に遊びにいきましょう、ゴードンがアルバイトで出てる店があるのと」と礼子さんに言われて、私たちは地下鉄に乗りました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||

2013年7月19日 | 近親相姦体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】加藤さんの思い出4 【体験談】

加藤さんはレポーターとキスをしたまま、ゆっくりゆっくりシャツのボタンを
上から外していった。
一つボタンを取っては、下からゆっくり揉み、肩に回した手で、耳や
首筋や、時々両手で左の胸を揉んだりもしている。

今までとは違い、結構長い時間をかけて加藤さんはレポーターを上下下着姿にした。
少し覆いかぶさるようになって、右手を脚の間にいれ、ゆっくり動かし始めると、
もうレポーターは甘い声を上げっぱなしになった。
加藤さんも知らないうちに、ボクサーパンツ一枚になっていた。加藤さんは大きな身体を、レポーターの脚の間にしゃがみこませると、下着の上から指を三本立てて、大事な部分をいじくり、レポーターの反応を確かめると、ぺろっと下着を脱がした。
 
「あ、だめだめ、まだ洗ってない・・」
少し東北なまりでレポーターはきれいな眉を八の字にして加藤さんの頭をどけようとした。もちろんそれを無視して、加藤さんはベロベロ嘗め回し始めた。
レポーターは長い脚で加藤さんの頭を挟み込み、体操座りのような格好ですすり泣きのような声を出していた。シルバーのアンクレットがポイント高い。

加藤さんはねちっこかった。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||

2013年7月16日 | 近親相姦体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】加藤さんの思い出3 【体験談】

前編:加藤さんの思い出2

 ニットのカーディガンを脱がして、白い肩を舐め回しながら、スカートの中に手を入れた加藤さんは手首をなにやらこねている。
「ちょっと、、シャワーは?」
「あとで・・」
あっという間にブラジャーと下着だけになってしまった携帯女。やっぱり大きかった胸を加藤さんの大きな手で揉まれまくり、口を口で塞がれてうめいている。
 少しはなれた場所から見ている俺にもはっきり、携帯女の下着がびしょびしょなのが見える。加藤さんがカーテンを止める布でいきなり目隠しをすると、え?え?と携帯女は戸惑っていた。
 加藤さんは、ガラステーブルを脚で上手にずらし、携帯女の顔を俺の方へとむけ、カーペットに四つんばいにさせた。
 今日は乱暴だよ加藤君、、と少し抵抗する携帯女を無視して、腰を太い腕で掴むと
加藤さんはいきなり突っ込んだ。
 「い、、いた、、きゃ、、」
彼氏に会ってるなんて、やきもち焼くよ、、などと適当なことを言うと、加藤さんは
ブラジャーを剥ぎ取り大きな胸をじっくり揉んで、おおきくゆっくり腰を動かす加藤さん。
 カーペットに爪を立てて、口を半開きにして、目隠しされた顔を俺に向けて声を上げ始める携帯女。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||

2013年7月16日 | 近親相姦体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

このページの先頭へ