近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】雪かき【体験談】

昨年末から俺が住むT県は凄い雪で、朝起きて雪除け、昼間は職場で雪除け、帰ったらまた雪除けという感じです
友人のミキちゃんは静岡出身で雪除けの経験がなく、毎日の雪除けにかなりお疲れの様子。彼女の気を引くため雪除けの手伝いをする事にした。
彼女のアパートの入口や駐車場を綺麗に雪除け。2時間以上かかってしまった彼女はとても喜んでくれ、汗だくの俺を見て彼女は「お風呂沸かしたし、入っていって」とお言葉に甘えてお風呂に入った。
『このお風呂にミキちゃんも入っているんだな』とか『このスポンジでオッパイやオマ●コを洗っているのかな』なんて思っていたら、チンチン勃ってきて。そこにミキちゃんが「バスタオル置いとくね、上着とズボンはヒーターで乾かしとくからパンツ一枚で上がって来てね」と声を掛けてきた。
「うん、わかったよー」と返事をしたが、『ミキちゃんにチンチン見せたい』という気持ちが生まれ…風呂から上がり、バスタオルで髪や身体を拭いていると、上がった気配を感じたミキちゃんが「こっちの部屋暖かいよ、コーヒー沸かしてあるし、ビールが飲みたかったら冷蔵庫にあるから持ってきてね」と『よし、ミキちゃんにチンチン見せちゃおう!』と俺は決心し、頭にバスタオルを巻いて(俺、ロン毛なんです)風呂から出て、ミキちゃんの部屋の前にドキドキしてきた。
『やっぱ止めようかな…でも見せたい』と心の中で葛藤していると、「何してるの?」とドアが開いた。「キャー」とミキちゃんは驚いて、しゃがみ込んだ「パ、パンツが濡れてたんで、乾かそうかと…」と、とっさに言い訳。
無理のある言い訳だったが、ミキちゃんは納得した様で(笑)ヒーターの前で頭にバスタオルを巻いただけのスッポンポンの姿で座っている俺。
ミキちゃんはテレビを見て、なるべく俺を見ない様にしている1回見られちゃうと平気になってくるもんで「ミキちゃんビールもらうわ」と再び立ち上がり、チンチンを披露。ミキちゃんは、さっと顔を横に向け「もぉーまた見ちゃったじゃなーい。ちゃんと隠してよ」と「あっゴメン」と頭のバスタオルを腰に巻いてキッチンに行き、冷蔵庫からビールを出して「ミキちゃんも飲む?」と聞くと「うん、私も飲む、そこにお菓子もあるわ」と。
右手に缶ビール2本と左手に暴君ハバネロを持って部屋に入り、お腹の力を抜くと、腰のバスタオルが外れ、再びチンチンポロリ。
ミキちゃんは手で顔を隠して「もぉーわざとでしょー」と。その姿がめっちゃ可愛いいつまでも全裸という訳にはいかないので、パンツを履うと、立ち上がる。
とっさの行動だったんで、またまたミキちゃんはチンチンを見る事に。4回目になるとミキちゃんも「もう慣れちゃった(笑)」と俺、ミキの事好きなんだけど、こんな事しといて付き合う事が出来るかしら?と不安です.

近親相姦体験談検索用タグ

|

2018年4月21日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】彼女【体験談】

初めて彼女を見たとき、僕はあんまり綺麗なので息を飲んだ
人形かと本気で思ったくらいにその肌は白く透けていて、色素の薄い髪とその髪と同じ色をした瞳は驚く程大きかった。
生きていると信じられなかったから、彼女が振り向いて目が合った時には心拍数がハネ上がって思わず声が上擦った。
「エ、映画研究会の部室ってコッ、ココでイイの!?」
長いまつげに縁取られた大きな瞳が見開かれて、薄いピンク色の唇から発せられた第一声は、けれど予想を大きく裏切っていた。
「ぎゃははははは
何だ少年、顔真っ赤だぞー?どっか悪いのかー?精虫ちゃんといんのかー?ちゃんと射精(ダ)してるかー?」
可愛い外見からは全く想像がつかない反応に僕は開いた口が塞がらなかった。
これが僕等の初対面。
今じゃあの時いくら僕が瑞菜(ミズナ)のことを知らなかったとは言え、一瞬でもトキメイタなんて誰にも言えない。学内で瑞菜を女として見てる男なんて皆無なのだ。学内での瑞菜は女の皮を被ったオヤジ。女子更衣室に堂々と入り込める唯一のオトコなのだ「先輩こないだ貸して貰った吉川エミリー最高(笑)」
さっきから部室で先輩部員とAVのハナシで下ネタを連発しているこのオヤジ‥‥もといこの女は黙っていればそこいらのアイドルより可愛い顔を持ちながら、その性格と言動によって全く女性と言う事を感じさせない、驚異の女子学生・小林瑞菜である。僕は彼女と同じ映研のサークルに入った小林裕也。苗字が同じで、同じ一年生ということもあって瑞菜とはよくコンビ扱いされる。その名も小林兄弟。何故か瑞菜が兄扱いなのだが。
実際、瑞菜とは兄弟みたいな感覚でいたし、一緒に飲みに行って、男の友達が泊まる様に普通に僕のアパートに泊まったりしていた。

あの日迄は。その日は何故だか僕のアパートで瑞菜のレポートを二人してやっていた。僕には全く関係の無い授業なのに、だ。
時刻は午前3時を回り、明日(今日、だよもう)の提出にはなんとか間に合いそうなものの、昨日の夕方からブッ通しで働かされてる僕はクタクタだった。早くビール飲んで寝たかった。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||

2018年4月21日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】ロシア人人妻研修生【体験談】

就職して三年目の秋、ウラジオストックからロシア人の研修生が
3人やってきた。
一人はメガネを掛けた、日本では絶滅したと思われるタイプのオタク(ホーキンズ似)
一人は大学をでたばっかりの韓国人とロシア人のハーフの女(なごり雪のイルカ似)
そしてもう一人が、26歳人妻子持ちのエリヴィラ(仮名)さん
余り詳しく書くとばれそうだが、うちの会社は本社レベルでロシアの資源
間初に関わっていて、向こうの政府とも色々なコネクションやら利権やら
がむずかしーく絡まりあっていて、まあとにかくその3人はウラジオストック市
から給料こっちもち、研修費タダ、というなんともODAなお客様だった
ホーキンズは開発で、韓国イルカはデザイン室で、そしてエリヴィラさんは俺が
いるシステム開発部門で、それぞれ研修を始めた。
総勢20人くらいの部署なのだが、まあこのご時世、仕事量>人数なのはどこも同じなわけで、みんな忙しい忙しい。その上「残業禁止!」みたいな変な空気もあって
なかなかエリヴィラさんの相手をできる人間がおらず、
結局新人でもなく偉くもない俺が、仕事を抱えつつ先生役、みたいなことになった
これが別に苦にならなかったのは、そりゃもちろんエリヴィラさんが美人、それも

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2018年4月18日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】デブ【体験談】

デブって、我慢が出来ない、自己管理が出来ない、怠慢な自分を
常に自己紹介しながら歩いてるようなもんだからな
そんなのと友達と思われたくないし、一緒に外を歩きたくない
なんというかデブは、俺の人生に関わって来ないで欲しい。
デブって元々レベル5のデブから生まれた訳じゃないよな?
レベル1があってレベル2を経験してレベル3を経てレベル4の段階を踏んで来てる訳だろ?
その間に鏡も見るし集合写真も撮っただろ。それで自分が奇形な事に気付かない精神
「これでいいや」と納得した上で外を出歩ける神経
体型は病気でも体質のせいでもなんでもない、身だしなみだ
鼻毛出てたら笑われるだろ?全裸で歩いてたら指さされるだろ?
それと同じレベル。100%デブを見下してるよみんな。

テメーが勝手に太ってるだけなのに 「体型の話はやめて」みたいな空気を
自分から出すからウゼーしキメーしクセーんだよクソデブが。
集団の時は普通に接するよ?周りの目があるから。でも心の中では大爆笑。なにその体型

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||

2018年4月15日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】フリーズ【体験談】

◎百年の恋がさめた瞬間・4サメ◎
http://life2.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1027005141/
より

<>627 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:02/09/10(火) 11:55 ID:HJUG44LH<>
私は友達の披露宴に逝って、彼は退官教授のパーティーに逝ってた。
彼が先に帰ってたんだけど(同棲してた)、家に着いたら・・・・・
靴下をそこらへんに脱ぎちらかして、
スーツのズボンを足首まで下ろして(両足にひっかけたまま)、
ほどいたネクタイを首にぶら下げて、
シャツのボタンを真ん中くらいまで開けて、
ベッドに腰掛けて、PS2のコントローラーを持ち、視線を画面に釘付けのまま
「おかえりー」

しばらくフリーズしたが、何とか持ちこたえた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||

2018年4月14日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】海水浴の後【体験談】

海水浴の後投稿者:兄投稿日:2011/09/16(Fri)10:37

去年の夏休みの事、高校2年の妹にせがまれて妹の友達二人を叔父さんの所有する海が目の前の別荘へ保護者役を兼ねて2泊3日の予定で連れて行く事になった。
叔父さん曰く『掃除をしてくれるなら自由に使ってもいいぞ』と、管理会社に管理費を払うのをケチる為に丁度良かったとばかりに、そんな事を言って来たが、タダで貸してくれるなら掃除ぐらいと妹も承諾した。
ところが、前日になって妹の友達が二人揃って都合が悪くなったと言う連絡が入った。
一人は熱を出してしまったからと言う理由で、もう一人は母親の具合が悪くなったから看病しなくてはならないと言う事だった…
俺達は「どうする?やめるか?」と俺は言ったが、叔父さんには借りると言ってしまった以上、今更やめるのもなぁ…
と言う事になり妹と二人だけで行く事にした。
後で思ったのだが、友達は妹から別荘の掃除をするのが借りれる条件だと言ったのではないかと思い、それを聞いた友達は掃除してまで行きたくないので適当な理由で断ったのではないかと…まぁ俺の憶測だけど…
当日朝早く、俺達は車で泊まりの荷物と掃除用具を持ち、2時間程掛けて別荘近くまで来ると、スーパーに寄り適当に2泊3日分の食糧を購入して9時前には到着、一息も入れずに早速掃除に取り掛った。
別荘は敷地は広く100坪程あるが建物は50坪程度で、一階の半分程の広さの二階が乗っており、代わりにベランダが広い造りとなっている。
この別荘は毎年暖かくなる頃から寒くなる頃まで叔父さんが仕事をしながら使用しているのだが、この年に限って仕事が忙しく別荘に行く暇が無いと言うので、借りる事が出来た。
毎年終わりには隅々まで掃除をしていると言うが、冬の乾燥していて風の強いこの地域では、しっかり戸締りをしていても隙間から細かい砂埃が進入して床はザラついていた。
二人で手分けして掃除を開始し途中昼飯を食べては休憩もそこそこに再び掃除を始め、家の中だけでなく庭も雑草を取ったりして、文字通り隅々まで綺麗に掃除をした。
そして終わったのが夕方5時近くだった。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||

2018年4月13日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】タマを撫でながら、乳首脇を舐めあげたら【体験談】

某出会い系、関西某府、女、38、162/52、既婚子有 高岡早紀似Aカップ

44歳 既婚子有 会社員 関西某県 180センチ普通 金子賢似(以下、金子)

大手理系リーマン第二弾w
折り目正しいメールが好印象で話もあう。

ほんとはもうちょっといい加減男が好みだけど…
「会って、サイト卒業しようよ」と迫られて面接決定。

あ、卒業は一人でお願いしますw の言葉は飲み込んで
千年の古都で待ち合わせ。

お互いにプロフ通りだねー、と談笑しながらランチへ。
ものすごく緊張してるのが伝わってきた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||

2018年4月12日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】中年のおじさんに全裸にされ舐められた後、処女喪失【体験談】

私、16歳で売られたんです。
売ったのは、ママより10歳も若い、義理の父親でした。 
 
いやな男でした。当時、住んでいたのは父が残した戸建住宅でしたけど、
夜になると、二階の私の部屋まで、ママのよがり声が聞こえてくるんです。

わざと責めたてて、声を上げさせて、喜んでいたんだと思います。
あわよくば、私のカラダも狙っていたのかもしれません。

のぞき見して興奮するのってAVとかでよくありますよね。
実際、ママが留守の時に押し倒されそうになったことがあります。

怖くて暴れていたら、ちょうど、ママが帰ってきて、
あいつ、それっきり、とぼけたように家を出ていきましたけど、

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||

2018年4月4日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】インターネットの掲示板で募集した相手と絶頂4P体験談【体験談】

2013.01.05.Sat.22:30
女性誌などでも読者のSEX体験談が綴ってありますよね。 

今まで私は、それをただ読んで楽しむだけだったんです。だって私みたいな平凡な主婦には、まるで別の世界のお話のようなんですもの。 

一体、どうすれば、こんな体験できるのかしら…。なんて日々悶々としていたんです。

ところが…。 類は友を呼ぶ、って本当ですね。

偶然にもよくうちに遊びに来る近所の奥様(北沢さん)、も、私と同じことを思っていたんです。 

これをチャンスとばかりに一度だけのつもりで、インターネットの『全国妻の肉体関係掲示板』って掲示板で相手を募集しちゃいました。

結構、返事って来るもんなんですね。 

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||

2018年3月28日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】私の願望【体験談】

<>780名前:えっちな21禁さん投稿日:03/01/1703:03ID:yx5zaqCS<>
 私の願望は、「名古屋城に住む」という事で、それさえ達成できれば、ハーレムなんか要らない。

 しかし、たぶん、多くの美女に愛されると思う。だから、自分だけ、そういう思いをするのは、
 心苦しい。世のすべての男たちにも、同じ「極楽」を与えてやりたい。という訳で、こんな提案をする。

 男というのは、永遠にどうしようもない阿呆で、はっきりいって、「いろんな美人とやりたい」のである。
 神がそういうように、「男」を創造したのだから、仕方がない。
 しかし、神は、ちゃんと考えている。

   射精してしまえば、満足してしまう

 そういうように、「男」を造ったのだ。だから、極論すれば、「女性の穴なら、なんでもいい」のである。
 ここが、ポイントである。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||

2018年3月19日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

このページの先頭へ