近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】チャットで知り合った子の処女喪失に協力した話【体験談】

名無しさん(30代)からの投稿
—-
携帯電話は大きく重くてポケベルが主流だった時代、俺が大学生だった時の話。
俺はやりたい盛りで、ネットの出会い系のチャットや掲示板にハマっていて、何回か出会いもあって楽しい思いをした。
その日の夜も2ショットチャットで待機。
男が圧倒的に多く、誰ともチャットが出来ない日も多いため、あまり期待せずにのんびりマンガを読んでいたかと思う。
あまり待たずにチャットルームへの入室を知らせる電子音が鳴った。
入室してきた女は加奈(仮)と名乗った。
話題は挨拶から始まり、エロ話へ移っていった。
加奈とのチャットは盛り上がり、その流れで加奈はある事を告白した。
「私、処女です」
俺は文字だけが表示されるチャットにも関わらず、その文字に興奮した。
その後、加奈のセックス未経験者からの質問コーナーとなった。
こちらかの質問が激しいと嫌がられるから、質問をしてくる娘には受け身。
俺は会いたい気持ちを我慢して、加奈の質問に真面目に答えた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2018年4月25日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】音楽の先生【体験談】

久しぶりに投稿します。
僕が中3の秋にいよいよ受験シーズンって時に、音楽の成績がさがっちゃって
音楽の先生から呼び出しをくらっちゃいました。
でもその音楽の先生ってのがまじナイスバディで、(聞いたらGカップらしい)
めんどくさかったけどなんか嬉しい思いもあって何の疑いもせず音楽室に行きました。
先生「あっ、やっと来た。早く座って。」
俺「うぃっす。」
そしたらいきなり先生がカーテン閉めて電気も消して、
先生「君、最近授業集中して受けてないからお仕置きです!」
俺「お仕置きって?」
先生「こうするのっ!」
そしたらいきなり先生が俺の制服脱がし初めて自分まで裸になって、
先生「先生を気持ちよくして!もうグチョグチョだから」
俺「えっ?なに脱いでんの?まずいっしょ!」
先生「いいから!いれて!大丈夫、誰にも知られないから!」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2018年4月7日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】姉が寝てる時に我慢できなくて強引に挿入【体験談】

俺には2歳年上の姉がいます。
自分で言うのもなんだけど姉はオードリーヘップバーン似の美人さんです。
中学生ともなると当然頭の中には常に
「おんな女オンナ!」
状態だった訳でして、もっとも身近にいる同年代の異性が姉だったこともあり、チャンスを見計らって胸元やパンツを覗いていました。
中学2年の夏休みのある日、居間で1人姉がクーラーにあたりながら仰向きにグーグー寝ていました。
両親とも仕事していたので日中は俺達子供2人しか家にいません。
姉の服装は7分袖Tシャツにデニムのミニスカートでした。
俺はいても立ってもいられなくなり、こっそり姉の傍らに座って姉の様子を伺いました。
目も口も半開きになり、さらに軽くよだれまで垂らして熟睡しているようです。
今度はゆっくりと足元の方へ移動し、白く肉付きのいい太腿を眺めながらコッソリとスカートを摘み上げました。
そこには淡い灰色のパンツが露に。
女がパンツ穿いているのを直視したのが生まれて初めてだったので、もうすでにチンコはギンギンに膨れ上がってました。
左足首をそっと触ってみましたが、これといった反応が返ってこなかったので、大胆にも左足首を持ち上げて左足だけ膝立て状態になるように動かしました。
そして出来上がった三角形の空間に左側から顔を入れて姉のパンツを20cmの至近距離から直視。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||

2018年3月30日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】大学で声を掛けてきた先輩は昔よく面倒を見てくれていたお姉さんだった【体験談】

ハルさん(20代)からの投稿
—-
ボクが大学に入学したとき、白いブラウスにタイトなジーンズを穿いて、腰まである長い黒髪を靡かせて、颯爽とキャンパスを歩く先輩がいた。
小さめのヴィトンのバッグを肩から提げて、バインダーで纏めたテキストを持って歩く姿は、どんなドラマの中の主人公よりも格好良かった。
「ちょっと、キミ」
ある日、校門を潜ったところでそのお姉さんに呼び止められると、ボクは思わず後ろを振り返った。
後ろには誰もいない。
ボクはお姉さんの方に改めて視線を戻し、少し首を傾げながら自分を指差すと、
「そう、そこのキミ」
と言ってお姉さんは頷いた。
「ボクですか?」
「ボク以外に誰もいないことは、今振り返ってみて確かめたんじゃないの?」
強烈な言葉のカウンターパンチを浴びた。
ボクがバツの悪そうな顔をするとお姉さんは、
「新入生でしょ?」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2018年3月10日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】行水と初体験【体験談】

 私の家は小さな中庭があり、実にシンプルな木の塀で囲んでいた。その外は割りに交通量の多い道路だった。そのため中を覗こうと思えば簡単に覗けるけどそんな人はいなかったと思う。私の両親が行水が好きで、その中でよく行水をした。大きな盥で行水していた。もちろん夏だからお湯もちょっと温かければよく、大きなバケツに予備の湯を入れていた。行水をするのはまだ明るい夕方だ。父も母も弟(2才した)もそれに私も平気で素っ裸になり行水を楽しんでいた。私が高校生になり、中学生の弟のオチンチンにも父と同じように陰毛が生え、先端が剥けて亀頭が露になのもよく観察していた。でも家族の間からか、勃起してはいなかった。また友達や雑誌から男女のセックスに関する情報、知識、関心も持っていた。また父と母が夜中にセックスをしているのを何度もそっと見たりしていた。初めて見た時はショックを感じたが、やがてそれ当たり前で、私もしてみたいと思い、耳学問であるがセックスに関する情報を友達や雑誌から得ていた。
 高校2年の夏休みのある日、夜遅くまで家族が皆留守の時があった。同級生で好きな男の子を家に呼んだ。その時、行水の準備をして一緒に入ろうと誘った。彼は行水をしたことがなく、戸惑っていたが、私が「暑いから汗を流そう」と素っ裸になり盥に入る。彼はびっくりしていた。「孝雄君(仮名)、早く脱いで一緒に入ろう」と誘うと、意を決したかのように裸になった。そのオチンチンは猛烈に勃起していた。初めて見る勃起したオチンチンの大きさに驚いた。あんな大きい物が本当に入るのかな。盥の中で抱き合い、キスし、お乳を吸わた。「よしこさん(私、仮名)、僕、裸の女の人を見るのはの初めてだ。よしこさんのあそこを見たい。見せて」。立ち上がって彼のすぐ目の前にヘアと割れ目を見せると眼を見開いて見詰めていた。「触ってもいい」。「いいわ」。彼はそっと手を伸ばしてヘアを触り、かき分けて割れ目を見詰める。恥ずかしいけれど、好きな彼に見られるのが嬉しかった。体を拭いて、開けっ放しの部屋に戻り、敷布団の上に私が眼を閉じて全裸で仰向きになる。「よしこさん、妊娠したら大変でしょ」、「今日は安全日よ。中に出してもいいわ」。両足の間に彼が入り、勃起したオチンチンぐいっと入れてきた。痛いと感じたがだんだんと気持ちよくなってきた。やがて射精した。初めての射精と、精液が私の体の中に入ってくるのをなぜかよく覚えている。それから何度も何度も挿入、射精を繰り返した。また、途中、何度も行水をして汗を流し、お互いの体を見せ合った。外から簡単に覗ける部屋の中で愛し合ったのは大胆だったかもしれないが嬉しかった。

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||

2018年2月23日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】田植えでやっちゃいました♡【体験談】

夫の実家の田植えの手伝いに行った時のお話です
私と夫は軽トラックに乗って
夫の実家から少し離れた田んぼへ行きました
田んぼではすでに夫の父と母が田植えをしていました
夫は父の田植え機の手伝いをし
私は母と田んぼの周りを手で植えていました
何をやっちゃったかというと
お外でオシッコしちゃいました
周りには何もなく
車の運転が出来ない私は
トイレに行きたくなってしまい
男性は平気でしょうが
母までも平気でその辺でしていて
私がもじもじしていると
母はあなたも我慢しないでしちゃいなさいというので

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||

2018年1月23日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】幼馴染の女の子が気弱な僕と (2)【体験談】

それから僕はYの愛液を舐め尽くした。
Yは自分からマンコを開き「入れて」と言うので構わず入れた。
濡れていたのでチンコは簡単に入り始めはゆっくり動かしだんだん激しく動かすと「あっうっ」声にならない叫びをあげていました。
そして僕はそのまま挿入し続けて「出そう」と言うと「いいよ出して」Yがそういったので中だししました。
Yに「どんな感じ?」と聞くと「うん なんかうれしい」と言ってくれました。
Yは僕を押し倒すと上に乗り騎上位でまた入れてきた。僕はまたすぐに中に射精してしまった。僕はそのままの状態でぐったりしてるとYが「疲れたね」言ってきてので「もうやめようか?」と言った。
Yも疲れたらしくもうやめて気づくと7時になっていた。
Yは「やば~いパパ帰ってきちゃう」
僕とYは汚れているところを拭き服を着た。
そしてYと帰る間際にキスをして帰ろうとしたときにYのパパが帰ってきて恥ずかしかったので「おじゃましました」と言ってすぐに帰った。
その後何度かYとやることができそれがきっかけで交際するようになった。

近親相姦体験談検索用タグ

||||||

2018年1月11日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】年下の女子高生で筆下ろし【体験談】

ではちょっとお話しさせていいただきます。
僕が大学時代に住んでいたのは地方の政令指定都市。
写メがまだなかったころなので6年前くらいのことです。
当時僕は20歳で童貞だった。
当時PCの掲示板で知り合った女子高校生と、しばらくはPCや携帯のメールで3ヶ月くらいやりとりをしていた。
名前はアイ、高2だという。
最初は他愛もないメールをしていましたがそこは若い男女、
だんだんと「彼女はいるの?」からはじまって「Hしたことある?」 といった話題になった。
どうやらアイは半年ほど前に数回ほどHをしたことがあるそうで、
相手はすでに分かれた高校の先輩らしい。
H自体はあまり気持ちよくなかったとか、フェラも少しだけしたことあるとか、そんなことを告白してきた。
「Hはオトコの方が気持ちよさそうだよね?」とメールで聞かれたので少し迷ったが、正直に、「したことない」と白状。
その後も別に変わる様子もなく、メールをくれた。
ある時、僕から「会いたい」とメールしたところ、「写真お互い送ろうよ」ということになった。
今であれば写メだろうが、そのころはまだなく、写真を送ることになった。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||

2018年1月10日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【従姉妹と】義理の兄との秘密4【エッチ】

私は兄のペニスを握り締め上下に泡で手を滑らせると、兄は、えっ、そこは大丈夫だよ自分で洗うから、といいながらも、気持ち良さそうな顔をして、さらにペニスを固くして、じゃあ今度は、俺が洗ってあげるよ、と言って私の背中を優しく洗い始めたので、私はそのソフトタッチに感じてしまい、気付くと、右手を後ろに回し、兄のペニスを握って、また上下に滑らせてしまうと、兄も私の胸に手を伸ばし、優しくタッチするように滑らせ、その手は徐々に下半身へと、そしてついに、兄の指先は私の割れ目へ、スジに沿って滑らせると、私は思わず、あっあんと声を漏らすと、兄はさらに割れ目の中へ指を滑らせ、耳元で、ずっと前から、○○ちゃんのことが欲しかったんだよ、今日は夢のようだよ、といいながら、今度は私のお尻を両手で広げ、固くなったペニスをバックから、挿入しようとしてきたので、私は初めてだからここじゃいや、と言うと、兄はごめんわかった、と言ってくれて、また優しく愛撫され、シャワーでお互い流して、そのまま私のベッドへ行きました。続く

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||

2017年12月31日 | 近親相姦体験談カテゴリー:従姉妹との体験談

【従姉妹と】春子【エッチ】

数年前とある田舎の村に親戚がいたのでたまたま行く事になった。
そこで親戚の娘春子(小6)と久しぶりに会った。
春子と会うのは子供の頃以来でほとんど初対面と変わらなかった。
田舎だけあって都会のチャラチャラした感じの娘とは違って素朴な感じの女の子だった。
そしてその夜俺が部屋に一人でいると春子が入ってきた。
都会の話を聞きたいってな事だった。
俺は最初普通に話をしていたが元々ロリで春子位の年がかなり好きだった俺は次第に胸
や太股あたりをちらちら見ていた。
夏で春子はかなり薄着というのもあったからかもしれない
が、自分でも気付かない内にいやらしく見ていたようだ。
春子はそれに気付いたらしく「にぃエッチやなーあたしの見たいの?」などと言ってきた。
俺ははぐらかしたが春子は「見せてあげてもいいよ」などと言ってくる。
俺は理性に勝てず見せてと言ってしまった。
春子は薄いワンピースを脱いだ。ブラもしてなく小さいがしっかり形のできた胸だった。
俺は固まってしまっていた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||

2017年12月30日 | 近親相姦体験談カテゴリー:従姉妹との体験談
1 / 1412345...10...最後 »

このページの先頭へ