近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】彼氏がいるゼミの同い年の女の子と合宿先で【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
当時21歳の俺は童貞だった。
ゼミの同い年の女の子(ちょっとエロい感じ)は彼氏がいたがマンネリっぽく、飲み会で俺(Y)に冗談で
「Yとやってみたいなー」
みたいな事を言ってた。
それからしばらく経ってから、ゼミの合宿があった。
当然夜は飲み会で、そこでどういうタイミングか覚えてないが、その子(T)を含めた数人で別室に移動して遊んでた。
かなり酔ってたので、2人とも寝転んで寝そうになってたら他のメンツが大部屋に戻っていってしまった。
そしたらTが近づいてきて、いきなりキス。
そのまま馬乗りになってきて、俺が
「人が来たらマズいって!」
みたいな事言ったらTは鍵を閉めて部屋を暗くした。
俺は童貞だったから、よく分からずに胸とか触ってたけど後はTがリード。
浴衣をはだけた後は勃起した息子を咥えた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2018年9月1日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】ロリ系な姉5【体験談】

「私、圭ちゃんの事を一人の男性として好きだよ・・・本当はこんなのダメって事ぐらい分かるけどもう無理だよ・・・好きで好きでたまらなくて、それでもこれは叶わぬ恋だなんて・・・・・切ないよ・・・ッ」裕美姉が、涙を流しながら告白してきた。そんな風に見てたなんて、気付かなかった。目の前の状況に思考がかき乱される。いつもどんな時だって笑って、子供の様にじゃれ付いてくる・・・というのがいつもの裕美姉だと思っていた。そんな裕美姉が今目の前で今まで見せたことのない涙を流している。ただ一人の、純粋な女の子の心からの訴えだった。「・・・これが、最後の私のわがままなの。だからお願い、今だけは私のわがままを許して・・・」裕美姉の「最後」と聞いて、自然と口から言葉がこぼれた。「・・・裕美姉は最後でいいの?俺はやだね。裕美姉がせっかく、自分の気持ち教えてくれたのに俺の意見も聞かずに最後だって?いい加減にしてくれ!俺だって裕美の事、好きなのに、最後なんて・・・言わないでくれよ・・・」気付いた時にはもう遅く、自分の今まで秘めてきた想いを口にしてしまっていた。「・・・えっ・・・?圭ちゃん、今何て・・・?」裕美姉はキョトンとした顔をしていた。

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||

2018年8月27日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】化学の教育実習生の自宅で勉強だけじゃなく女も教えてもらった【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
あれは、高2の夏のこと。
俺は生徒会の委員してた。
化学で教育実習に来てた女子大生と親しくなったんだ。
電話番号と住所を聞くとアパートで一人暮らしって教えてくれた。
俺はちょうど化学が好きだったから、入試対策で先生が見てあげるからアパートにいらっしゃいってことになったんだ。
その日は暑かったよ。
9時頃アパートに着いた。
部屋は綺麗に片付いてて、先生は白のブラウスに薄茶のタイトスカート。
先生、168センチぐらいで大柄。むっちりグラマーで美人。おっぱい、お尻ものすごく大きい。
学生時代、バレーボールやってたって。年は、22歳だったかな。
午前中、2時間みっちり化学勉強しました。
先生、俺の横で丁寧に教えてくれたんだ。顔がくっつきそうなくらい近くで。
先生の甘い匂いと大きな胸には参ったよ。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2018年8月19日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】遅かった喪失【体験談】

私は厳格な家に育ち女子高から女子大に通い、そのまま今の会社に就職したので、なんとなく親密な男つき合いもなく、気が付けば25才になっていた。
自分で言うのもなんだが、容姿はどちらかというと良いというか、たぶん「美人」の中に入れてもらえる方だと思うので、親や親戚から時々「見合い写真」なるものも見せられるような事もあった。
でも、そんな見ず知らずの人と結婚を前提におつきあいするなんて、自分自身では考えられる事ではなく、仕事も好きなので、いつも断っていた。
なんとなく「仕事中毒女」のような評判になり、結局この年までズルズルとヴァージンを引きずる事になった。
同じ会社に入って来たA君は2年年下の、まだ子供っぽい気配の残る、笑顔のかわいい奴だった。
ところが、仕事中、会議やデスクワーク中に見せる真剣な顔つきが妙に大人びていて、ドキッとさせられる事があった。
同じ部署のA君には、なにかと面倒を見てやり、すっかり姐さん気分の私だった。
幼い雰囲気で頼り無い感じのA君は、なにかと先輩の男性社員からいじめられるような事もあり、可哀想だった。でも、ふと顔をあげた時に向かいに見える彼の真剣な顔つきは、むしろ実際の年令よりも5才くらい上に見えるような頼もしさが垣間見えた。
実際、彼の書いた企画書は、同期の連中よりもずっとマシなものを書いている事も多く、見た目だけでいじめられている彼が本当に可哀想に思えた。
そして、その彼のギャップがなんとなく気になるようになってしまった。
やがて、そんな彼を慰めようと、私の提案で、私の友人達と彼の同期などを集めて、仕事を離れて食事会などを開くようになった。そうやってグループで親交を深めていった。
彼は、仕事の内容の話になると、すごく専門的な話や独創的なアイデアを披露し、その秘めた可能性をみんなに惜し気もなく示した。
やがて、食事会の仲間達には、次第に彼の事を理解する人たちが増えていった。
その割にはエッチな話になると、顔を赤くしてうつむいていて、ウブな一面もあるのだった。
私は夜一人で、そんな彼の顔を思い浮かべながら、自分を慰めるようになっていた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||

2018年8月10日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】家出先で、お世話になりました【体験談】

親と折り合いが悪くて家に居たくなかった高校生のころ、
社会人一人暮らしの、9歳年上の彼が出来たのをいいことに、家出して転がり込みました。
彼は絶倫というか、朝・夕食後・就寝前と一日三回をノルマのように毎日こなす人でした。
生挿入(外出し)後にシャワーも浴びず、朝からヤッて登校する私。
眠くて学校の机に突っ伏しながら、
「朝からこんなことしてそのまま学校来てるの私くらいだろーなー」と思ったのを覚えています。
たまたま彼氏が出来たのが友人達より早く、
周りは皆処女だったので、当時は誰にも言えませんでした。
若くて馬鹿だったから、外出しで避妊はOKだと思ってた。
幸いにも妊娠はしなかったけど、今じゃ考えられません。
こんなことを約半年、毎日続けてました。
なんだかんだで家に戻ることになったので、その後もお付き合いは続いたけど、
朝からヤッて登校、は無くなりました。
当時の彼は、処女だった私をいい遊び道具にしようと思っていたんでしょうね。
なんにも知らない私にフェラを仕込み、制服着衣でのプレイから、

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||

2018年7月13日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】力ズマ君とスバル君【体験談】

私は現在高校三年生のりんこです。
これからする話は私が高校一年生の時の話です。
私は先生に
「お前、体育委員だよな?放果後、体育倉庫の整理してもらえないか?」
といわれたので早速、放果後に整理しにいきました。
[何これ!ほこりっぽいじゃん!最悪!]
しばらく、そうじしていると、
「おっ!りんこ!手伝ってやろうか?」
と、おなじクラスのカズマ君がサッ力一ボールを片手に来てくれました。
「えっ!いいの?」
「オレも一応、体育委員だからな」
青い服に黒いズボンという見た事のない力ズマ君の私服にドキッとしてしまいました。そして、私がちょうど転がっているバレーボールを片付けようとしたその時に
ガバッとカズマ君に抱きしめられたのです!私はびっくりして固まってしまいました。
「なあ、りんこ…オレずっとりんこのこと、スキだったんだぜ…」
「えっ!ちょっ…」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||

2018年6月12日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】ヤンキーだけど美人でスタイルも良かった友達の姉と隠れんぼ中にエッチ【体験談】

私が小学6年生だった時の冬休みでの初体験をお話しします。
仲の良い友人(たかし)と冬休みの宿題を友人宅で数日間していました。
友人は勉強が苦手で、もっぱら私が教える側でした。
友人には姉さん(中学3年生)がいて、地元でも有名なヤンキーでしたが、かなりスタイルも良く美人でした。
私はいつも”綺麗なお姉さんだな”って憧れと性的な目線で見てました。
冬休みはいつもコタツで宿題をしてました。
姉さん「りょうくん、いつもゴメンね~たかしバカだからさぁ」
たかし「うるさい、あっち行けって」
私「ぜんぜん、2人でやった方が早く終わるし」
宿題をしていて2日目。
友人の姉さんがジュースとミカンを持って来たので、休憩から宿題もその日は終了となり、3人で談笑していたところ、友人が家の中で隠れんぼをしようと言い出しました。
私は”3人で隠れんぼもどうなんだかな~”っと思いつつ隠れんぼが始まりました。
友人の家は平屋でしたが、商売を営んでる家だったのでかなり立派で部屋数もかなりありました。
思いのほか部屋数もあって、隠れんぼが成り立って面白かった(笑)。
数回目の友人が鬼で、私と友人の姉が隠れる番の時でした。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2018年5月30日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】アジア旅行でホモデビュー【体験談】

26歳でバイセクシャル(と、言うか男に恋愛感情は無いのだけどセックスの対象ではあるって感じ…ややこしい)な俺のホモデビュー話を。
大学に入学した1年目の夏休み、友達とT国へ旅行しに行った。お互いに彼女(しかも初彼女)もいたのだが、おセックス覚えたての俺たちは、とにかくいろいろなセックスをしてみたくて…要するに観光ついでの売春メインの旅行だったのだ。
何せ日本の風俗では、10万円あったって遊べるのは5〜6回、しかも挿入無し。でも、アチラでは旅行ついでに毎晩遊んだってオツリがくるってもの。えぇ、10代だったのに鬼畜野郎ですね。ファッキンジャップと言われても言い訳できませんよ。
さてさて、そんな不純な動悸で行ったT国はまさに天国。あらかじめ調べておいたので、売春宿もスムーズに見つかり、昼は観光し、夜は欲情にまかせて女性と楽しませてもらいました。一晩で2人の女性とやったり、女性2人と3Pしたりと、いままでの人生では味わえなかった性的刺激の毎日になんと言われようとも大満足でありました。
あらゆる刺激を楽しんだ我々、今度は男2人と女性2人でスワップみたいな4Pをやってみようと思います。宿の親父に交渉すると、別の店ではできるとの事。さっそく行ってみると、すんなりOK。さっそくセックスすることにします。
やってきた女のコもヒジョーに可愛く、もうお互いの視線をバチバチ感じながらキスしたりフェラされたり…。ふたりとも、この異常なセックスに大変興奮しておりました。
さて、そろそろ裸に…と服を脱がせるてみると思わず絶句。股間にはそそり立つ立派なペニスが…。友達もフェラされたまま固まっております。あわててもう一人の女のコも全裸にしてみると、やはりペニス。そう、ふたりともニューハーフだったのです。怒りを通り越して、なんだかもうとにかくビックリ。口をアングリです。
しかし我々のおっ立ったペニスはそうは萎えません。女性以上に美人ちゃん(事実、その旅行で出会ったどの女性よりも可愛かった)だった事が我々をダークサイドへと誘います。
「ここはT国だし…誰にも言わなければ大丈夫だろ…」
「そうだな、何事も経験だし…」
「そうだよ、彼女達はもう女性なんだから」
とかなんとか。お互いに言い訳の限りを尽くし、プレイ再会でございます。あらゆるプライドを吹っ切ったこのセックスがまた官能的。友達の前でセックスすることすら初めてだってのに、ニューハーフとの初セックス、初アナルセックス。常にペニスはギンギン。彼女に促されて、もう1人の女のコがペニスを口元へ近づけてきます。ジンジンするほど興奮し、初フェラ。いままで味わった事の無い感触。ちょっと引いてた友達も、いつのまにか彼女のペニスで初フェラ。2本同時フェラとか、いつのまにか俺たちが彼女達にご奉仕する感じに。発射の時、口中に広がる精液の感触。ドクドクと臭くて熱い精液が注がれ、嫌なんだけどスゴく興奮します。さすがに飲み込めなかったので吐き出したが、口元から股間にかけてもう精液まみれ。そのベットベトの精液ローション(すぐ乾いてギスギスって感じになる)のまま、4人で組んず解れつの2回戦目に突入です。この2回戦目が、引き返せないダークサイドへのトビラでございました…。
さて2回戦目、もう誰が誰の相手とも言えないような感じで、お互いを責め合います。そんななかで、女のコの1人が俺を背中から抱きつくような感じで押さえます。そうして、もう1人の女のコがフェラを…そう、ここまでは良かった(あらゆる面でここまでしていることが間違ってはいるけど)。問題なのはその後。女のコが友達を呼んでフェラさせたこと。否、呼びかけに応じて、俺のを奴がフェラした事。否否、その行為に、俺が異常に興奮したこと。そう、興奮してしまったのです。決して美形とは言えない我々…そんな男からのフェラだってのに、体も感情も正直。彼女たちに操られるかの要に、69の体勢に…そして当然のように友達のをフェラ。横倒しになって彼女達のを手でシゴキながら一心不乱にフェラをしあう俺たち。友達の精液が口に発射されても、クチュクチュとそのままフェラ。精液の臭いと感触、友達のフェラに俺も友達に口内発射。友達はむせ込み吐き出したが、俺はあまりの興奮に飲み込んでしまった。
さすがに燃え尽きたかの要にばったりと倒れ込む。横にいた女のコに腕枕をして、裸のまま無言で寝転びます。射精した後の寂しい感じはあっても、後悔を感じないのが逆に不思議でした。
濡れたタオルで体を拭いて(シャワーの出があまりに悪かったのです)、ホテルへ帰りすぐにシャワーへ。シャワーのトビラ越しに今日のことを話します。お互いに「やってしまった事」はあまり触れず、意外にニューハーフは気持ちよかったとか話します。話しながら、思い出してまたムクムクと息子が…。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2018年5月5日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】チャットで知り合った子の処女喪失に協力した話【体験談】

名無しさん(30代)からの投稿
—-
携帯電話は大きく重くてポケベルが主流だった時代、俺が大学生だった時の話。
俺はやりたい盛りで、ネットの出会い系のチャットや掲示板にハマっていて、何回か出会いもあって楽しい思いをした。
その日の夜も2ショットチャットで待機。
男が圧倒的に多く、誰ともチャットが出来ない日も多いため、あまり期待せずにのんびりマンガを読んでいたかと思う。
あまり待たずにチャットルームへの入室を知らせる電子音が鳴った。
入室してきた女は加奈(仮)と名乗った。
話題は挨拶から始まり、エロ話へ移っていった。
加奈とのチャットは盛り上がり、その流れで加奈はある事を告白した。
「私、処女です」
俺は文字だけが表示されるチャットにも関わらず、その文字に興奮した。
その後、加奈のセックス未経験者からの質問コーナーとなった。
こちらかの質問が激しいと嫌がられるから、質問をしてくる娘には受け身。
俺は会いたい気持ちを我慢して、加奈の質問に真面目に答えた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2018年4月25日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】音楽の先生【体験談】

久しぶりに投稿します。
僕が中3の秋にいよいよ受験シーズンって時に、音楽の成績がさがっちゃって
音楽の先生から呼び出しをくらっちゃいました。
でもその音楽の先生ってのがまじナイスバディで、(聞いたらGカップらしい)
めんどくさかったけどなんか嬉しい思いもあって何の疑いもせず音楽室に行きました。
先生「あっ、やっと来た。早く座って。」
俺「うぃっす。」
そしたらいきなり先生がカーテン閉めて電気も消して、
先生「君、最近授業集中して受けてないからお仕置きです!」
俺「お仕置きって?」
先生「こうするのっ!」
そしたらいきなり先生が俺の制服脱がし初めて自分まで裸になって、
先生「先生を気持ちよくして!もうグチョグチョだから」
俺「えっ?なに脱いでんの?まずいっしょ!」
先生「いいから!いれて!大丈夫、誰にも知られないから!」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2018年4月7日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談
1 / 1512345...10...最後 »

このページの先頭へ