近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】彼女の横で巨尻の生倉裕子ちゃんとセックス【体験談】

僕の彼女・里香の友達に生倉裕子(いくらゆうこ)(27歳)ちゃんがいる。今は保育園の先生をしている。
身長は150cmくらいだが胸は大きく、お尻もデカくて巨尻だ。
顔は眉がくっきり、きりっとしてて卓球の愛ちゃんみたいな顔をしている。
彼女の里香の部屋で3人で飲んで、僕の車を置いたまま寝ることに・・・。裕子ちゃんは里香の車にのせてもらっている。
里香と僕はベット(ローファーベット)に、(生倉)裕子ちゃんは来客用の布団で寝ることに・・・。
結構3人とも飲んでいて、里香は途中で体調が悪くなって寝てしまった。じゃあ、お開きということで眠りについた。
夜中、裕子ちゃんがトイレから出てきた。
僕もあまり眠れず、裕子ちゃんに「慣れない枕だと寝れんでしょ。」というと「そうだね、最近(保母さんの)仕事で疲れて寝れなくて・・・。ストレス溜まってるし・・・。彼氏も忙しくてできんし・・・。さびしいよ・・・。」
「ふーん。保母さんの仕事ってやっぱり大変なんだねー」
「まっくん(牧野だからまっくんと呼ばれている)さぁ、わたしのストレス解消してくれんかなぁー」
「えっ、どうやって?」
「ふふっ」
いきなり里香と僕のベットの布団に手を入れてきて
アソコを触り始めました。
「だめだよ。里香いるし・・・。」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2018年5月23日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】行水と初体験【体験談】

 私の家は小さな中庭があり、実にシンプルな木の塀で囲んでいた。その外は割りに交通量の多い道路だった。そのため中を覗こうと思えば簡単に覗けるけどそんな人はいなかったと思う。私の両親が行水が好きで、その中でよく行水をした。大きな盥で行水していた。もちろん夏だからお湯もちょっと温かければよく、大きなバケツに予備の湯を入れていた。行水をするのはまだ明るい夕方だ。父も母も弟(2才した)もそれに私も平気で素っ裸になり行水を楽しんでいた。私が高校生になり、中学生の弟のオチンチンにも父と同じように陰毛が生え、先端が剥けて亀頭が露になのもよく観察していた。でも家族の間からか、勃起してはいなかった。また友達や雑誌から男女のセックスに関する情報、知識、関心も持っていた。また父と母が夜中にセックスをしているのを何度もそっと見たりしていた。初めて見た時はショックを感じたが、やがてそれ当たり前で、私もしてみたいと思い、耳学問であるがセックスに関する情報を友達や雑誌から得ていた。
 高校2年の夏休みのある日、夜遅くまで家族が皆留守の時があった。同級生で好きな男の子を家に呼んだ。その時、行水の準備をして一緒に入ろうと誘った。彼は行水をしたことがなく、戸惑っていたが、私が「暑いから汗を流そう」と素っ裸になり盥に入る。彼はびっくりしていた。「孝雄君(仮名)、早く脱いで一緒に入ろう」と誘うと、意を決したかのように裸になった。そのオチンチンは猛烈に勃起していた。初めて見る勃起したオチンチンの大きさに驚いた。あんな大きい物が本当に入るのかな。盥の中で抱き合い、キスし、お乳を吸わた。「よしこさん(私、仮名)、僕、裸の女の人を見るのはの初めてだ。よしこさんのあそこを見たい。見せて」。立ち上がって彼のすぐ目の前にヘアと割れ目を見せると眼を見開いて見詰めていた。「触ってもいい」。「いいわ」。彼はそっと手を伸ばしてヘアを触り、かき分けて割れ目を見詰める。恥ずかしいけれど、好きな彼に見られるのが嬉しかった。体を拭いて、開けっ放しの部屋に戻り、敷布団の上に私が眼を閉じて全裸で仰向きになる。「よしこさん、妊娠したら大変でしょ」、「今日は安全日よ。中に出してもいいわ」。両足の間に彼が入り、勃起したオチンチンぐいっと入れてきた。痛いと感じたがだんだんと気持ちよくなってきた。やがて射精した。初めての射精と、精液が私の体の中に入ってくるのをなぜかよく覚えている。それから何度も何度も挿入、射精を繰り返した。また、途中、何度も行水をして汗を流し、お互いの体を見せ合った。外から簡単に覗ける部屋の中で愛し合ったのは大胆だったかもしれないが嬉しかった。

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||

2018年2月23日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】幼馴染の女の子が気弱な僕と (2)【体験談】

それから僕はYの愛液を舐め尽くした。
Yは自分からマンコを開き「入れて」と言うので構わず入れた。
濡れていたのでチンコは簡単に入り始めはゆっくり動かしだんだん激しく動かすと「あっうっ」声にならない叫びをあげていました。
そして僕はそのまま挿入し続けて「出そう」と言うと「いいよ出して」Yがそういったので中だししました。
Yに「どんな感じ?」と聞くと「うん なんかうれしい」と言ってくれました。
Yは僕を押し倒すと上に乗り騎上位でまた入れてきた。僕はまたすぐに中に射精してしまった。僕はそのままの状態でぐったりしてるとYが「疲れたね」言ってきてので「もうやめようか?」と言った。
Yも疲れたらしくもうやめて気づくと7時になっていた。
Yは「やば~いパパ帰ってきちゃう」
僕とYは汚れているところを拭き服を着た。
そしてYと帰る間際にキスをして帰ろうとしたときにYのパパが帰ってきて恥ずかしかったので「おじゃましました」と言ってすぐに帰った。
その後何度かYとやることができそれがきっかけで交際するようになった。

近親相姦体験談検索用タグ

||||||

2018年1月11日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【従姉妹と】夫のエッチな悪戯【エッチ】

私は夫(35歳)のエッチな悪戯を教えたいと思います。
結婚10年を迎え、子供も9歳と7歳になります。
公務員と言う職業柄なのか?(メガネの影響?)世間的には真面目な方ですね!
って言われる夫ですが、凄くエッチで私にエッチな悪戯をしてくるんです。以前、家族で海へ遊びに出掛けたんですが、私が用意していたビキニをいつの間にか
別の物にすり替えられていた事がありました。
バックの中を見ると、見覚えの無い色のビキニ!手に取って見ると明らかに生地が小さく
しかも薄いんです。
「何これ!あなた変えたわね!」
「知らないよ」
そう言って誤魔化す夫でしたが、夫以外考えられません。
子供も楽しみにしていたので、取りあえず付けてみると、胸(F)は半分位しか隠れませんし、
アソコの生地も小さくお尻の肉がほとんど露出してしまいます。
しかも生地が薄く、毛が透けて見えてしまいます。
人気が少ない場所でしたので、そのまま海へ向かいましたが、他の男性達の視線を
一日中感じていました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2017年12月31日 | 近親相姦体験談カテゴリー:従姉妹との体験談

【近親相姦】まじばな【体験談】

友「ふられたんやけど」
俺「・・・」
友「俺のフラグもっと立ててくれんから・・」
俺「スマンって」
友「自分がつき合ってるからどうでもよかってんろ?」
友2「お前それ言いすぎやろ!」
俺「なんていわれたん?」
友「自分で聞けば!!?」俺「はぁー」
友2「気にするなって!てかお前の妹ちゃん可愛いしあいつと釣り合わなかっただけやって」
俺「そうかなー。言って友もイケメンやけどなー。」
友2「そうか?お前の方がイケメンやろ!(笑)」
俺「んなことないわ!」
友2「人の見方なんか人それぞれってことやって!」
俺「そんなもんかなー」俺「ただいま」
母「お風呂先はいる?」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||

2017年12月21日 | 近親相姦体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【修羅場】友達と部屋で2人きりになった【体験談】

お酒を飲むとエロくなって何度かお持ち帰りされてるけど、目が覚めると知らない人と寝てたとか、泥酔して覚えてないとか、そういう経験はないのね。
エロくなるっていうか、人肌恋しくなる感じかな。
寂しがりやなのかもしれない。
彼氏がいる時はちゃんと彼氏に相手してもらう。
浮気もしない。
問題は彼氏がいない時期。
でね、酔っぱらいながらも一応相手を選んでいる、らしい。
最低限のルールは前から知っている人で、わたしに関心をもっている人、らしい。
そういう基準を満たしていたら、後は気分次第っていうか、勢いっていうか、テキトーっていうか…わたしの中のエロ女よ、もう少し選んでよ。
で、お持ち帰られじゃなくて置き去りにされた話です。
仮にタカシくんとしておくね。
友人の彼氏の友達とか、そんな関係だったかな。
友人宅のホームパーティで紹介されたのが最初で、大勢集まってた中の一人。
その友人を中心とした集まりは、職業もバラバラで、個性的な人が多く、とても楽しくて、時々集まっては飲んだり遊んだりしてた。
そのつど集まる顔触れは違ってて、タカシくんもいたりいなかったり。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||

2017年9月28日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】連れの彼女【体験談】

俺の連れの彼女は、めっちゃかわいい。
気立てもいいし、スタイルもいい。
俺たちのエロ話にも話を合わせてくるし、連れとのセックスの内容も
恥ずかしがらずに教えてくれる。
「○○はお尻にいれるの好きだから」とか
「お尻もまんざらでもない」とか
「お漏らししちゃうときある」とか
「こないだハメ撮りしちゃった」とか
「○○の前で一人エッチさせられるとか」
はっきりいってうらやましすぎる。
こんないい女とこんなことできるなんて、ある意味嫉妬心もありました。
「今度俺にも一回やらせてよ」っていうと
「彼氏と別れたらね。浮気はしない主義なんだよ」って
俺は連れには申し訳ないんだけど、別れないかなって祈ってた。
でも連れと彼女が婚約したというの聞かされて

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2017年3月2日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】梓「幼馴染!!」【体験談】

~某日の朝~
俺「やばい遅刻だ!今日は朝から塾だった!とにかく急げ!俺の再受験がかかってんだ!くそ、高2で中退しなければ!」
一方
唯「遅刻だ!そうだ。今日は憂、日直だった。高校3年生にもなって遅刻なんて、と言うか憂がいなくてもちゃんと出来なきゃ!もうじき大学生で1人暮らしするのに!」
ごっつん!
俺「痛てて。」(なんか手の先にプニプにした感触が…って目の前にパンツが!しかもタイツ越しで柄が水玉って俺何してんだ!俺は変態か!)
唯「痛てて。」(なんか胸がくすぐったい。気のせいだよね。)「って今確実に!私の胸揉んだよね!そしてパンツ見たよね!」(しかも足開いてた。って事は見られた。)
俺「ひゃあ!ごめんなさい。決して悪気があった訳じゃないけど。とにかくごめんなさい!!」
唯(どうしよう。私男の人にパンツ見られた上に胸まで触られた。)
~塾~
先生「どうした。暗い顔して。てか遅刻だぞ!そんな顔しても無駄だぞ」
俺「本当にスミマセン。今朝起きたら寝相が悪くて壊していたのか、目覚まし時計が壊れてました。」
先生「まったくうっかりにも程があるぞ!ていうか何故それなら電話しなかったのだ!電話してくれれば先生は貴方を叱らずに済んだのだぞ。こんな調子で高校行ってたら、また高校中退するぞ!就職してたらもっとアウトだ!まあ、済んでしまった事は仕方ないからいつも通り授業始めるぞ。」
俺「はい。お願いします。」(準備…あれ、なんか教科書が違うような、、、、気のせいか。)
俺「先生!この問題はどう解くのですか」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2017年2月13日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】友達の胸が丸見えに【体験談】

僕はとある大学に通う学生です。
僕の通っている大学はそんなに大きい大学ではないのですが、田舎の医療系の大学です。僕の通う大学の校舎のすぐ裏に、同じ部活の仲のよい女の子が住んでいます。彼女の家は学校から裏の小さな道へぬける出口の目の前みあります。彼女の家には何回か行ったことがあるのですが、家は2階で、学校の裏の路地にむかって大きな窓があり、その窓の前に洗面所があります。その洗面所の隣にお風呂場、そして扉をはさんでむこうに10畳くらいの部屋があります。
女の子はかなちゃんという名前で身長は162センチ、やや細身の女の子で、髪は黒髪の明るい女の子です。顔はかわいいのですが、高校は女子高らしく、大学1年の時は今までは付き合ったことはないといっていました。
大学2年の夏休み、友達とかなちゃんの家の前を歩いていると、友達が「かなちゃんの家の窓のとこに下着ほしてあるの見えるぞ」と言いました。それを聞いてかなちゃん家の窓に目を向けると、いつもは閉まっているカーテンが開いていて、かなちゃんのものと思われる白いブラが2つ干してあるのが見えました。友達とちょっとテンションが上がって「今度から学校帰りチェックだな」と言っていました。
その日からかなちゃんの家の窓には毎日注目していました。
けっこうカーテンが開いている日もあり、下着を見ることができました。下着は白が圧倒的に多く、ときたまピンクの下着も干してありました。
そして、2ヶ月くらいたった日でしょうか…学校が遅くなって帰るのが夜11時くらいになった日がありました。僕はいつも通りかなちゃんの家の前を通って家に帰ろうとしました。するとかなちゃんの家の窓には電気がついています。カーテンはあけっぱなし。珍しいなと思ってみていると、かなちゃんが窓の方へやってくるのが見えます。
そして次の瞬間、予想だにしないことが起こりました。
かなちゃんは洗面所の鏡があると思われる方をむいて何やらやっていましたが、次の瞬間白いTシャツを脱ぎだしました。僕はびっくりして何が起こっているのかわかりませんでしたが、目の前には上半身白いブラだけのかなちゃんがいます。
思わず周りを見回しましたが、誰もいないみたいです。僕はさらに凝視し続けました。
かなちゃんの胸は思っていたよりもかなり大きいみたいです。普段はだぼっとしたTシャツなどをきていることが多いので、胸はないと思っていました。意外とというよりかなりのふくらみに息を呑みました。
かなちゃんは背中に手をまわします。
僕はつばをのみながら固まっていました。
横から見てブラがはずれたのがわかります。
そしてついにかなちゃんの胸があらわになりました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||

2016年10月20日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】N君とのエロい話 その③【体験談】

皆様、支援していただいてありがとうございます。
ハァハァしてくださっている方がいるのは、けっこううれしいかも・・・。
それではまたカキコませていただきますね〜♪
こんばんは。その③いきます。
③はもう付き合い始めてしばらくたち、お互いを呼ぶときも『A(呼び捨て)』、『Nくん』にかわった頃のお話です。
私たちは、そう離れたところに住んでいたわけではなかったのですが、二人ともあっさりしていたのか、どちらかがどちらかの家にべったりと居つくということはなく、平日はお互いの家で、それぞれ生活し、週末だけ一緒に過ごすことが多かったです。
私は少しまじめに学校に行くようになり、夕方からは相変わらず知人のところでバイトをしていました。
Nくんはしっかり留年し、私が「来年は同級生になっちゃうよ」と言っても、「大丈夫だよ〜」と言って、仲間と草野球ばかりやっていました。
就職活動もどうなっているのか心配していましたが、あまり口うるさく言うのもイヤだったので、様子を見るようにしていました。
ある日の夜、私がレポートを仕上げていると、Nさんから電話がかかってきました。
数日前の野球の試合で、アゴを骨折し、こめかみの辺りを縫って入院したのでヒマだったら、お見舞いにきてと言います。
ケガ人の割には元気な声で話しているので、最初は冗談かと思ったのですが、口内を固定されていて食事ができないとか、顔の傷が深くて出血がひどかったとか言うので、だんだん心配になってきましたが、その日はもう面会時間が終了していたので、翌日に行くことにしました。
翌日はどうしても抜けられない授業がいくつかあったので、病院に着いたのは夕方になってしまいました。
病室を訪ねるとNくんは、夕食(といってもなんだかよくわからない飲み物)が終わって、のんびりテレビを観ていました。
私を見て、「お〜早かったねぇ。」なんてのんきに明るいので、私は彼のそばに行き、「なんで早く電話しないんだ。バカ。」とかなり強い口調で

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||

2016年5月23日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談
1 / 512345

このページの先頭へ