近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】【寝取らせ】職場の男に寝てる彼女の痴態を見せてオナニーさせたら射精の瞬間に挿入しやがった【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
数年前、当時同棲していた彼女がヤられて(ヤらせて?)しまった時の話。
当時22歳の俺は、小さな会社で配達部門のリーダーを任されていた。
同棲していた1つ年下の彼女(以下:薫)はホームヘルパーのバイトをしていた。
ある日、帰宅した薫が愚痴をこぼした。
ホームヘルパーで赴いた先の老人に体を触られたと言う。
ヘルパーを利用している老人と言っても、寝たきりの老人ばかりでないらしい。
中には足腰のしっかりした元気な老人もおり、セクハラ紛いの卑猥な言葉を投げかけられた事は以前にも聞いていたが、今回は調理中に後ろから抱きつかれ、胸を揉まれ、尻を触られたという。
適当にあしらったが、老人といえ男の力は強い。
次は何をされるか分からないのでベテランの先輩に担当を替わってもらったらしい。
この話を聞いている時、もしかして自分にはNTR属性があるのではないかと感じた。
と言うのも、彼女が他の男に体を触られたという話を聞いているうちに興奮を覚えたからだ。
その夜の薫とのHでは、射精量が普段とは比べものにならないくらい多かった。
そんな出来事からすぐ、俺の職場に大西という若い男の新人がバイトで採用された。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月18日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

このページの先頭へ