近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】【近親相姦】娘と交わっていた息子を諭そうとしたらそのまま犯された【体験談】

テツオの母さん(40代)からの投稿
—-
私は娘と息子が一人ずついる平凡な主婦でした。
娘たちは仲のよい姉弟で、二人は小さい頃からいつも一緒でした。
娘にはお淑やかに、息子には男らしくなってもらいたいと思い、二人にはそれぞれにお稽古ごとに通わせていましたが、息子のお姉ちゃんっ子ぶりは幼少から少し重症ともいえるほどのシスコンぶりで、私と主人はこの頃から漠然とではありますが、二人のことを危惧していました。
息子はスポーツが嫌いだったわけではないようですが、お姉ちゃんと違うことをするのが嫌で、自分もピアノやバレエを習うと言って聞きませんでした。
とうとう親の方が折れて、ピアノにもバレエにもお姉ちゃんにくっついて通わせ始めると、息子は驚くほど器用で、あっという間に娘より上手になってしまいました。
ピアノの先生には十年に一度の逸材かもしれないとまで言われ、親の期待は高まりましたが、娘がお稽古事をやめてしまうと、どういう訳か息子の方も憑き物が落ちたようにお稽古に通わなくなりました。
それでも姉弟仲が悪くなったというわけではなく、結局のところお姉ちゃんのすることを弟も必ずしたがるということの繰り返しでした。
娘が生理を迎えるまでは同じ部屋をあてがっていましたが、いつも二人で抱き合って眠るので、私よりも主人が年頃の娘のことを心配して、二人の部屋を分けるようにしました。
何でも”お姉ちゃん、お姉ちゃん”という習慣は徐々に薄れていきましたが、それと反比例するかのように息子の素行がだんだんおかしな方向に向いて行き、態度も反抗的になってきました。
中学生になった頃には私よりも身長が高くなっていて、何が気に入らないのか家の中で暴れるようになりました。
最初の頃は主人もそんな息子を叱ってくれていたのですが、主人よりも体格が大きくなった頃、その傍若無人ぶりを嗜める手立てはもはや私たちにはありませんでした。
娘はお嬢さん学校の高校に進学しましたが、息子は高校へも行かず、家にもだんだん寄り付かなくなってきました。
どこを泊まり歩いているのかわかりませんでしたが、偶に帰ってきても自分の部屋に引きこもり、部屋の中は荒れ放題でした。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年11月6日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】彼氏に騙されてフィストファックされた【体験談】

名無しさん(30代)からの投稿
—-
SM趣味のある彼に調教されました。
ある日調教物のDVD見せられ、
「こんなプレイさせてくれ」
とお願いされたのは、女性のあそこに握り拳を突っ込んだやつ!
フィストファックというものらしい。
「そんなん無理!」
と断ったけど、どうしてもやりたいとずっと頼まれ続けた。
でもずっと断っていたら、
「じゃ、普通に縛るくらいならいいだろ」
と言ってきた。
「そのくらいならいいよ」
って、後ろ手で足広げた状態での緊縛。
でも、それが彼の狙いだったんです。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||

2017年8月16日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】美形な甥との関係が姪にバレてしまった【体験談】

アキコさん(20代)からの投稿
—-
『大学受験で泊まりにきた美形の甥に大人の女性を教えました』の続き。
『美形な甥との精神的な立場が逆転した』の続き。
立場が変わったと思っていたのは私だけだったのかと錯覚するほど、リュウイチの日常の態度は変わりませんでした。
相変わらず甘えてきますし、私の作る料理も美味しい美味しいと言って食べてくれます。
会社の接待や行事が無い限り、平日の夜は2人で食事をし、求められれば身体も開きました。
リュウイチも私との約束を守り、お泊りは金曜と土曜の夜だけにしていて平日はその日のうちに必ず自分の下宿に帰っていきました。
ツバメは十分に成長したにも拘らず、私の元を離れようとしないので、私の方が1人で寝る夜は何だか落ち着かなくなりました。
リュウイチは、ただただ優しいのです。
甘いマスクで笑いかけ、いつまでもアキコ姉ちゃんアキコ姉ちゃんと言って子供のようについてきます。
それが週末の夜になると男の子は”男”に変わるのです。
最近では一緒にお風呂に入り、リュウイチが身体中を洗ってくれます。
それもタオルは使わずに全て手で洗ってくれるので、私はお風呂でイってしまいそうになります。
お風呂から上がるとリュウイチは身体を拭いてくれて、バスタオルで私の身をを包み、お姫様抱っこでベッドまで運んでくれます。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2016年1月16日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【予想外】兄の彼女が目の前で輪姦されて兄が引きこもりになった【体験談】

ミサさん(10代)からの投稿
—-
大学に入ってから直ぐ、私のお兄ちゃんは暫く引き籠っていました。
お兄ちゃんはスポーツ万能で成績も良くて、中学、高校と生徒会の役員もしているくらい人望があって、昔は私の自慢のお兄ちゃんでした。
「ねぇ、あの人、ミサのお兄さん?」
「えっ?あ、うん」
「いいなぁ、ミサ、あんな素敵なお兄さんがいて」
「えーっ、そうかな?」
そう言いながらも、お兄ちゃんに憧れの眼差しを向ける友達にそう言われるのがまんざらでもなく、内心とても嬉しかったのです。
お兄ちゃんは成績も良かったので、私が中学生の頃は家庭教師代わりによく勉強も見てもらっていました。
友達に言わせると、お兄さんやお姉さんに勉強を教えてもらうと、結局最後は喧嘩になってしまって長続きしないと聞きますが、私のお兄ちゃんはそんなことはなくて、教え方も上手でした。
私は妹でありながら、幼い頃からお兄ちゃんに異性としての好意を抱いていましたが、お兄ちゃんには長年連れ添っているカノジョさんがいて、その人が私より綺麗で可愛いことは私が一番わかっていました。
ですから、自分の気持ちに封印をして、ずっと胸の奥に仕舞い込んでいました。
「ミサちゃん、一緒に買い物に行こうか」
私が”お姉さん”と呼んでいたその人は私にもとても優しくて、”ああ、この人がお姉さんなら仕方がないか・・・”と張り合う気力も失せるほど素敵な人でお兄ちゃんとはお似合いでした。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年11月8日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】営業中に立ち寄ったデパートで店員さんに声を掛けられた【体験談】

神奈川県/茸さん(30代)からの投稿
—-
体験した話なんですが自分は営業をしている30代の奴です。
背も小さく、モテた試しがありません。
そんな自分が先日、営業の合間にフラッと立ち寄ったデパートでトイレを借り、なんとなくウロウロしていた紳士服売り場で服を見ていると、後ろから
「何かお探しですか?」
と女性の声。
振り返ると若い店員さんが居ました。
「いえ、特には………」
と素っ気なく返しました。
店員さんも暇なのか何なのか、話し始めたのでそれに合わせる感じでしばらく話しました。
年は24歳で、今年から働いている事。
名前は結衣と聞き出しました。
そろそろ戻るかなって時に結衣がペンを落としたので拾ってあげようとしゃがんだら、結衣もしゃがみ、
「もう少し時間ありますか?」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2015年6月9日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】うちの野球部にはHRを打ったらご褒美としてマネージャーとエッチが出来る【体験談】

うちの学校の野球部には、ある”ご褒美ルール”があります。
それは、試合でホームランを打ったらマネージャーとエッチできるというものです。
マネージャーは私だけしかいないので、必然的に自分がエッチする事になります。
全ては甲子園に行くため、と私も割り切っています。
4番バッターの吉田君とは、もう何回したか分かりません。
大抵ホームランを打つ人はいつも決まっているのです。
でも、今日は意外な人が起死回生の逆転ホームランを放ちました。
“バント職人”と呼ばれてる、2番バッターの鈴木君です。
試合を終えて学校に戻ると、マネージャー室に鈴木君がやってきました。
既に顔を真っ赤にして緊張しています。
「あ、鈴木君」
「あの……マネージャー……その」
「分かってるよ。大丈夫だよ。エッチしに来たんでしょ」
「……うん」
鈴木君は硬直したまま、全く行動を起こそうとしません。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2014年7月19日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

このページの先頭へ