近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】居酒屋店主の綺麗な嫁さんと店内で【体験談】

汚ない田舎の居酒屋。
今だったら許されない程に皆飲んで車で帰ってた。
その当時は学生で、田舎学校の為寮生活も退屈になり、地元バイトでその居酒屋でバイトしてた。
学校の友達も飲みに来てくれたし、店主も少し売り上げが上がるって喜んでた。
店の女将さんはまだ若く、当時の俺よりも5歳上位のお姉さん気質の綺麗な人妻。
そんな女将と店主夫婦は仲良くて、イチャイチャ系の話や出会った頃の若々しい話等をよく俺にしてくれて
「早く結婚しろよー」
なんて笑いながら客のはけた店で3人で飲んだりしていた。
働き始めてから1年くらいしただろうか。
店に泥棒が入った。
金目の物なんてないのに。
やたらめったら壊して行った。
それから3ヶ月後、また泥棒が入った。
今度は奥さんのエプロンとか長靴とか割烹着とか、そういう女性の物だけ取られてた。
店は一段と厳重に戸締りして、鍵とかも2個3個当たり前で施錠。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2018年5月18日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】これからが楽しみ【体験談】

これからが楽しみ投稿者:のり投稿日:8月15日(水) 21時30分22秒
一人旅に行ってきたときのことです。
行く当てもなく車を走らせ夕方になったのでとりあえず、宿を探していた時
に道端を歩いていた親子に
「この辺に留まるとこないですか?」
って声かけてびっくり。30代半ばの好みのタイブの奥様でした。
「家民宿やってるけどもしよかったらいいですよ」
とあっさりその民宿にお世話になることになりました。
最初はいけない気持ち半分(人妻ということもあったので)で民宿に入ると
宿泊客がいないようななんともさびしげな建物でした。
”どうぞ、この部屋です”と通された部屋も、これじゃ人が来ないだろう
な?と思われるほどのあまりきれいとはいえないほどの部屋でした。
おかみさんが好みのタイプじゃなかったら間違いなく帰ってました。
そしていろいろ説明を受けて、風呂に入り、食事と思ったら自分ひとりだけ
で大きめの部屋で食事となりました。すると、「お一人じゃさびしいでし

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||

2017年3月24日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】うつになった妻を連れた先の湯治場で知り合った男性達と【体験談】

山形県/××さん(30代)からの投稿
—-
保険関係の仕事をしていた妻が、1年前に主任に出世して変わりました。
上司は営業成績の低迷を妻に押し付け、口答えすればパワハラ。
その内にセクハラも受ける様になり、やがて出来る筈も無い数字を求められ、妻も嫌々部下達に成績向上を求めた所、部下達(仲間)に嫌われていった様でした。
そんな生活に妻の体は悲鳴を上げ、遂には軽い鬱症状になってしまったんです。
病院で診察すると、環境を変える事を勧められ、妻は退職をする事になったんです。
これで明るい姿が見られると思っていましたが、妻は家に引きこもる様になり、夫婦の会話も少なくなっていったんです。
そんな時、実家の両親から
「2人で湯治にでも行ってゆっくりして来たら」
と言われました。
会社の社長(古くからの知り合い)に相談すると。
「そうだったのか?奥さんとゆっくりするといいよ」
「すいません!」
「ちょっと遠いけど、安くて良い所知ってるから・・・」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年3月1日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】有名人になりきって「おまえが言うな」と言われよう3【体験談】

<>423:おさかなくわえた名無しさん:2008/04/30(水)01:47:52ID:iE2vP5LK<>
有名人になりきって「おまえが言うな」と言われよう6

このスレが結構好きなんだけど、そもそも最初の1のスレで
最初に「おまえが言うな」って言われたのは誰なんですか?
(最初に書き込んでた有名人)

<>424:おさかなくわえた名無しさん:2008/04/30(水)02:11:07ID:iE2vP5LK<>
↑誤爆しちゃいました。ごめんね。
質問スレに書くつもりでした。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2016年12月8日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】素敵な”べべ”【体験談】

8月の11日から15日まで、石川県の小松市に帰省してきました。
高校までは小松市で育ち、大学から東京のR大学に入り、次女ということもあって、東京のデパートに就職しました。33歳です。
新宿のデパートで、紳士服の担当でした。

かなりお高い商品が多いところでしたが、やはり東京は凄い値段のブランド洋服が平気で売れるのです。
20万や30万の紳士服なんて、田舎では考えられぬお値段です。それがボーナス時期や、VIPの人に売れるんです。女性物ならあるでしょうが。

毎月来てくれるお客さんにデートを申し込まれて、それが発展して25歳の時に結婚したのです。
でもこの人は二人の子供が生まれると、ほとんど家には寄り付かなくなり、お姑さんにいじめられて仕方ありません。

元の職場に相談したところ、派遣社員ならと良いといわれてまた勤め出しました。
子供は5歳と3歳ですが、両親に預けて仕事をすると、昔の仲間もおり毎日が充実しています。

この歳でも時々はお誘いを受けます。子供が二人いても、日頃はセックスレスですから時々は、トキメク人とお付合いをしてセックスも楽しんでいます。
でもお互いに深入りしたくないので、結婚している人でSEXだけを楽しむ人とだけ付き合います。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||

2015年12月29日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】妹と温泉旅行【体験談】

大晦日に彼女と一緒に熱海の温泉へ行って、そこで初日の出と姫初めを・・
の予定だったけど、俺はクリスマスの前に彼女と別れてしまった。
そこで、妹の彼氏にプレゼントしてやろうと「妹と行ってこいよ」と電話
したら、「実はもう別れたんです・・」と涙声なので、人生相談するはめに。
妹に元彼の伝言を伝えたり、妹の気持ちを聞いたりしているうちに、
けっきょく大晦日の温泉旅行は兄妹で行く事になった。

妹とは仲も良く、バイト先も同じだし一緒に飲みに行ったりもする。
兄妹で中免を持ってるのでツーリング旅行にも何度か行っている。
旅先で一緒に混浴風呂に入った事もあったけど、別に近親相姦なんて
した事もないし、考えた事もなかった。
もちろん、この大晦日の旅行にもやましい気持ちなんて全然なかった。
でも、今までは旅行というとツーリングが普通だったから、
宿でベロベロに酔うほど飲んだりはしなかったのに、熱海の旅行は特急
の指定席まで予約していたので、安心して酒を飲む事が出来たわけだ。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2015年11月29日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】昔の体験4【体験談】

昔の経験4
無事何事もなく旅程をこなし、バスは2泊目の旅館へと到着したのです。この日も予定より早く着いたので、各参加者は旅館の周りを散策しに出かけ、旅館にはドライバーさんとガイドさんと僕の3人でお茶をしていたのですが、ドライバーさんが一服すると「さて、明日のためにバスを洗車してくる」と言って外に出ていきました。そして、僕はガイドさんに「食事は何時ごろにしますか?」と尋ねたところ「あなたは今日も宴会で食事するの?」と聞かれ、「それが仕事ですから」と言うと「今夜もあたし、あのトライバーさんと2人だけで食事しなきゃきけないの?やだなあ~」と言い出したので、「じゃあ部屋食にできる様に頼んできますよ。何時がいいですか?」と聞くと「あなた達の食事は6時半だから6時にして」と言われ、旅館の女将に「ガイドさんもドライバーさんも疲れているみたいだから、それぞれ6時に部屋食でお願いします」と頼み、自分の部屋へ入ったのです。僕の部屋はガイドさんの部屋の右隣で、ドライバーさんの部屋は別の階でした。そして、5時半ごろ宴会の支度を確認して部屋に戻ろうとした所、ガイドさんの部屋のドアが半開きになっていたので、物騒だし中に入りガイドさんの無事を確認しようと思ったところ、ガイドさんは不覚にも(わざとかも知れないけど)ソファーの上に制服を脱ぎ捨て、スリップ姿でベッドに横たわり、すこし口を半開きにして寝息を立てていました。よく見ると枕のそばにこけしが置いてあり、そのこけし(昔はバイブやローターなどない時代でした)が微かに濡れているのが分かりました。なんでこけしが濡れているのか、僕は確かめたくなりそのこけしを手に取ると、なんか粘々した液が着いていて、ちじれた陰毛も先の方についていたのです。僕はそのこけしを手に持ったまま、寝ているガイドさんのスリップを捲ると、なんと薄らとした陰毛の先が濡れていて、半開きの足元には今まで履いていたと思われる紺色のパンティが窮屈そうに丸まって足首に絡みついていたのです。すぐさま僕はこの状況を理解し、部屋のドアを閉めカギを掛けてベッドのところまで戻りました。するとその物音に気が付いたのか、ガイドさんはベッドの上で横座りになり、ぼうっとした目で僕を見つめていたのです。僕はすかさず、「新名さん、危ないですよカギも掛けずにうたた寝していたら」と言ったのですが、僕の手にはしっかり新名さんが使ったと思われるこけしが握りしめられていたのです。すると「もう解っちゃたよね、あたしが何をしていたかを…」「最近旦那と疎遠ですれ違いの毎日でさあ、すごく淋しくなることがあるのよ、この齢になると…。あなたはまだ若いから分からないでしょうけど、女も同じように欲しくなる事ってあるのよ、特に生理の前はね。そんな時これを使って一人で慰めているの」と言い悲しそうに俯いてしまいました。僕はそれを見た途端、ガイドさんが愛おしくなり、ガイドさんの頭を僕の胸の中にしっかりと抱きかかえたのです。すると彼女は僕の腕の中で「みよって呼んで」と頼み、しっかりと僕に抱き着いてきました。僕はその時結構冷静で、枕元にある時計を確認し「6時半まではまだ時間がある」と思い、館内電話ですぐにフロントに電話し「ガイドさんの具合があまり良くないので、食事は6時半に持ってきて」と頼みを入れ、みよの着ていた紺色のスリップと、紺色のブラジャーをはずし、ゆっくりと彼女の小ぶりな乳房をやさしく撫ぜ、その小さな乳首を口に含み唇で乳房を噛みながらゆっくりとひっぱり上げ、いっぺんに離すとみよはこの世のものとは思えない甘く切ない声で喘ぎだし、僕の手ももう一方の乳房に導き、僕の掌の上から自分の乳房をもみ始めたのです。もうその頃には僕の着ていたズボンは、みよの手で脱がされ、下半身だけが裸の状態でした。すぐに僕は上半身も裸になり、みよの上に倒れこみ、みよの薄い陰毛に触り、その奥にある赤く充血したお豆を触ると、一瞬ピクリと動きさらに大きな声で悶え始めたのです。そして究極はみよのおマンコの中へ指を入れると、ザラザラした部分に当たり、そことお豆を同時に刺激すると「だめ、だめよそこは、だめ~~」という悲鳴のような声と共におしっこが滴り始めました。それを僕は口で受け、さらにお豆とおまんこの中を交互に舌で舐め、突き刺し始めるともう我慢できなくなったのかみよは「早く入れて、早くみよのおまんこにあなたの固いものを入れて~~~」「もうみよ、我慢できないよ…、意地悪しないで早く入れて~」と歎願するようになり、みよのおまんこはシトドに濡れ洪水状態でした。もちろんそのような濡れ濡れなので、簡単に僕の物はみよの奥まで入り込み、みよの子宮壁に止め処なく僕の物をぶつけると、みよは簡単に絶頂を迎え逝ってしまったのです。そして僕にしがみつき「ねえ~、あたしの中に出して。あたしのおまんこにあなたの精子を一杯出して~」とせがんできたのですが、「大丈夫なの?妊娠したらどうするの?」と聞くと、「こんな仕事のせいで、妊娠ができない体になっちゃたの…」と涙目で訴えてきました。バスガイドの様に長い時間立ち仕事をしている女性は妊娠できなくなるみたいです、今のバスガイドは安全運航上座ってガイドしていますが、昔は立ってお客さんの方を向きガイドをするのが当たり前だったのです。そして僕は大量の精子をみよの子宮奥へ流し込んだのです。「昨夜もさんざん精子を君江の中に注ぎ込んだのにまだ出るんだ」っと自分ながらに感心していました。若いってすごいですね(笑)。そして僕はみよから離れると、みよのおまんこからは僕の精子が流れ出る様子が見てとれました。すぐさま僕は我に返り、時計を目にしたのです。すると6時20分を指していて、みよに「ごめん、宴会の時間がもうすぐだから宴会場へ行かなきゃ、大丈夫?」「うん、あなたのおかげで今夜はよく寝れそうよ、ありがとう」「よかった、宴会が終わって時間があったらまた来るよ」

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||

2015年9月11日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】駆け落ちして田舎から逃げた話【体験談】

<>1:名も無き被検体774号+:2012/01/24(火)23:33:13.65ID:3FPiZK/h0<>
立ったら書く。

<>2:名も無き被検体774号+:2012/01/24(火)23:37:13.12ID:3FPiZK/h0<>
ちょっと昔の話だが、田舎の村から幼馴染の子と駆け落ちして逃げたwww
とんでもないしきたりのあるクソ田舎www

<>3:名も無き被検体774号+:2012/01/24(火)23:41:25.85ID:3FPiZK/h0<>
小学生の内から婚約者の内定みたいなのを決めてたりする田舎。
十歳上の許嫁とかリアルで有ったとんでもない所です

<>5:名も無き被検体774号+:2012/01/24(火)23:48:22.28ID:3FPiZK/h0<>

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2015年7月19日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】どーも、レディガガです【体験談】

レポートに訪れたパン屋で「とりあえず今ラーメン食べたいんで」

「いやー高田さんいい体してますねー何かやってるんですか?」「将棋」

春を愛する人は心清き人
嘘くさいよねー、春は危ないよねー

かわいいねー。だって笑うと笑顔に見えるもん。

日本で最初にサーフィンやったのは俺だよ。違うかもしれないけど。

番組内で勝負に負けて酒をおごる場面にて「好きなだけ飲んでいいよ、千円でも二千円でもさ」

「オレがテレビでお尻を出しているのを見て『この人、年寄りなのに頑張ってるわね〜』って言ってもらえたらそれでいいんだ」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||

2015年6月13日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】バイト先での居酒屋の中での四角関係【体験談】

宮城県/崇さん(30代)からの投稿
—-
大学生の時に、大学の地元の居酒屋でバイトをしていました。
個人経営の居酒屋で、板前が旦那さんで女将さんが奥さんでした。
髪は長くて目鼻立ちも綺麗なスレンダー美人で、浴衣や着物が似合う奥さんでした。
当時は30後半の人でしたけど、色気は充分にあり、俺も浴衣や着物姿には、お客さんと同じで見とれていました。
バイトにはもう1人、1つ上の大学の女で奈津美という女も働いていました。
奈津美はムッチリ系の巨乳で奥さんとは正反対のタイプでしたが、男好きそうな女でした。
バイトをして2ヶ月頃の事、お客さんに飲まされて酔った奈津美を家に送ったら抱きつかれ、
「エッチしよ~」
と誘われ、奈津美とセックスをしました。
ムッチリ巨乳の体は抱き心地が良く、その晩にアパートに泊まってしまいました。
その後も奈津美とはセックスをしましたが、しばらくして好きな人が出来たからと言われて終わりました。
束縛が強い彼氏だとか。
男が居ないとダメそうな女だし、恋愛は無理だなぁと思ってたから納得はしました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||

2015年6月5日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談
1 / 3123

このページの先頭へ