近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】チャットで知り合った子の処女喪失に協力した話【体験談】

名無しさん(30代)からの投稿
—-
携帯電話は大きく重くてポケベルが主流だった時代、俺が大学生だった時の話。
俺はやりたい盛りで、ネットの出会い系のチャットや掲示板にハマっていて、何回か出会いもあって楽しい思いをした。
その日の夜も2ショットチャットで待機。
男が圧倒的に多く、誰ともチャットが出来ない日も多いため、あまり期待せずにのんびりマンガを読んでいたかと思う。
あまり待たずにチャットルームへの入室を知らせる電子音が鳴った。
入室してきた女は加奈(仮)と名乗った。
話題は挨拶から始まり、エロ話へ移っていった。
加奈とのチャットは盛り上がり、その流れで加奈はある事を告白した。
「私、処女です」
俺は文字だけが表示されるチャットにも関わらず、その文字に興奮した。
その後、加奈のセックス未経験者からの質問コーナーとなった。
こちらかの質問が激しいと嫌がられるから、質問をしてくる娘には受け身。
俺は会いたい気持ちを我慢して、加奈の質問に真面目に答えた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2018年4月25日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】寝ている先輩の近くで彼氏とコタツの中で…【体験談】

北海道/美冬さん(20代)からの投稿
—-
こんにちは、美冬です。
先日[上司と交際中に、同僚に抱かれた話]と[SNSがきっかけで24才年上の人と不倫した話]を書かせていただきました。
今回はそんな上司と付き合う前にいた、倦怠期中だった”彼氏”との話を書かせてもらいます。
■今回頂いた写メ。
彼との出会いは、私の先輩が紹介してくれたのがきっかけでした。
彼は無類の女好き。
当時17才の私と付き合った時も、二股だったみたいです。
二股と分かった時、私は彼と別れました。
だけど1年後、彼と連絡を取る機会があり、ちょっとしたキッカケでよりを戻す事になりました。
そこから、彼と私の性活が始まったんです。
彼の名前は[健太]22才。
自衛官だったので腹筋は綺麗に割れ、身長が188cmという長身でありながらもガッチリした体格でした。
イチモツは太さが中位、長さは20cm近くあるけど…早漏さん。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2018年2月9日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【閲覧注意】レディースやってる友人の彼女が族に輪姦され、浣腸液を数個入れられて…【体験談】

名無しさん(30代)からの投稿
—-
8年前、俺がまだ17歳のへたれヤンキーだった頃の話。
親友とまでは呼べないが、ちょくちょく遊んでる連れがいて、そいつの彼女がどっぷりレディースにハマってた。
ちなみに、俺(17歳)で一応フツメン、格好だけのへたれ。
連れはジュン(18歳)。
まぁまぁ気合の入ったヤンキーだけど族ではない。
その彼女彩菜(17歳)、ショートカットの似合う可愛い子。
実は俺も狙ってた・・明るくハキハキとしていて、気は強い。
レディースの特攻やってる。
で、ジュンの彼女の彩菜は、レディースの中でもそこそこ気合入ってるみたいで、夏には特攻隊長を任されるようになったようだ。
普段の彩菜は普通の高校生で、そんなレディースで特攻やってるような娘には見えない。
可愛い感オーラもたっぷりだし、正直、彩菜で抜いた日は数えきれない。
女の子達にも人気があり、お洒落で可愛いという何とも羨ましい限りだった。
ジュンと彩菜は1年前から付き合ってるみたいで、当然SEXも相当してるようだ。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2018年1月2日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【援交】もう会えないと思っていた天使すぎるJKと再会【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
この話は『【援交】電車で天使のような可愛いJKに一目惚れして、ある日勇気を出して告白した』の続編になります。
まずはこちらを読んでから今回の話を読んでいただくことをお勧めします。
春になってから、あの天使すぎるJKは俺と一緒の電車にはもう乗らなくなっていた。
彼女の学年は聞いていなかったが、この季節であればおそらく高校を卒業してしまったと考えるべきであろう。
俺は通勤電車の中で度々彼女の事を思い出していた。
やっぱりできることならもう一度会いたい。
女子高生でなくなっていても彼女の可愛いさに変わりはないのだから、何処かで会えないものかと思っていた。
ある日、会社が終わり俺はいつものように帰りの電車に乗っていた。
あのJKが通っていた高校が最寄りにある駅に電車はゆっくりと到着した。
ふと何気に反対ホームに立っているJKに目が止まった。
あのJKに似たハーフツインの髪型にした子が立っていた。
ハーフツインの髪型のJKくらいいくらでもいるだろうと思ったが、よく見るとあれは・・・!?
「!!」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月31日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】好きな人の筆記用具でオナニーしてたら同じクラスのキモ男に目撃された【体験談】

神奈川県/名無しさん(10代)からの投稿
—-
今でも忘れられない出来事です。
今から3年程前、私は学生で好きな人(タク)がいました。
彼は、頭も良くサッカー部主将と言う女性達の憧れの的でした。
3年になって偶然にもタクと一緒のクラスになった私は、彼と仲良くなる事が出来たんです。
タクは想像以上に良い男で、凄く優しい所もあり私は益々ゾッコンだったんです。
そんな時、タクと話しているとタクに彼女がいない事を知ったんです。
告白して付き合えたら・・・って思ったんですが、彼の近くには多くの女性が群がっていて、自信も無い私はそれ以上積極的に行く事が出来ませんでした。
ある日、私は彼の筆記用具を持ち出し、ほとんど人の来ない用具室に入ったんです。
そこで、彼の筆記用具と同じ物を買い交換したり、ちょっと口づけをして楽しんでいました。
ちょっと妄想癖のある私は、彼の私物を手に色々考えやがてエッチな事を考える様になっていて、いつの間にか彼の筆記用具をアソコに押し付けていました。
もう、既にベチョベチョのマンコの汁が彼の筆記用具に・・・。
そんな時でした。
「お前変態だな」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年11月26日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【おっぱい】中3の時、同級生の女子と放課後にHなことをした【体験談】

名無しさん(10代)からの投稿
—-
俺が中学生3年の時の話。
同級生に玲愛という女子がいました。
顔は割と可愛いく、成績は良くて根は真面目な感じ、髪はロングで胸が学年では結構大きい方でした。
明るく、見た目もあってクラスでは女子の中心的な1人って感じで、俺は最近はクラスが変わってあまり喋ってないけど、前にクラスが同じだったこともあって仲の良い関係でした。
玲愛のクラスは少しヤンチャな感じの男子が多くて、女子も混ざったエロい話もしてることがよくあったらしい。
ある日、提出物をやってて俺は帰りが遅くなり、やっと終わって家に帰ろうとして玲愛のクラスの前を通ったら、男子数人と玲愛と他女子1人が教室に残って喋っていました。
俺は帰っても暇だったのでクラスに入って遊んでから帰ろうと声をかけました、
俺「なにやってんのー?」
男子A「おー○○じゃん、」
玲愛「あ、久しぶり!」
俺「ひさしぶりー」
適当に雑談をしていて男子BとCと女子A、俺と男子Aと玲愛という感じで別れて喋っていました。
俺と玲愛は同じクラスだった時もこんな感じで放課後喋ったりしてたので、懐かしいねーとか言ってました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2017年11月14日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【近親相姦】娘と交わっていた息子を諭そうとしたらそのまま犯された【体験談】

テツオの母さん(40代)からの投稿
—-
私は娘と息子が一人ずついる平凡な主婦でした。
娘たちは仲のよい姉弟で、二人は小さい頃からいつも一緒でした。
娘にはお淑やかに、息子には男らしくなってもらいたいと思い、二人にはそれぞれにお稽古ごとに通わせていましたが、息子のお姉ちゃんっ子ぶりは幼少から少し重症ともいえるほどのシスコンぶりで、私と主人はこの頃から漠然とではありますが、二人のことを危惧していました。
息子はスポーツが嫌いだったわけではないようですが、お姉ちゃんと違うことをするのが嫌で、自分もピアノやバレエを習うと言って聞きませんでした。
とうとう親の方が折れて、ピアノにもバレエにもお姉ちゃんにくっついて通わせ始めると、息子は驚くほど器用で、あっという間に娘より上手になってしまいました。
ピアノの先生には十年に一度の逸材かもしれないとまで言われ、親の期待は高まりましたが、娘がお稽古事をやめてしまうと、どういう訳か息子の方も憑き物が落ちたようにお稽古に通わなくなりました。
それでも姉弟仲が悪くなったというわけではなく、結局のところお姉ちゃんのすることを弟も必ずしたがるということの繰り返しでした。
娘が生理を迎えるまでは同じ部屋をあてがっていましたが、いつも二人で抱き合って眠るので、私よりも主人が年頃の娘のことを心配して、二人の部屋を分けるようにしました。
何でも”お姉ちゃん、お姉ちゃん”という習慣は徐々に薄れていきましたが、それと反比例するかのように息子の素行がだんだんおかしな方向に向いて行き、態度も反抗的になってきました。
中学生になった頃には私よりも身長が高くなっていて、何が気に入らないのか家の中で暴れるようになりました。
最初の頃は主人もそんな息子を叱ってくれていたのですが、主人よりも体格が大きくなった頃、その傍若無人ぶりを嗜める手立てはもはや私たちにはありませんでした。
娘はお嬢さん学校の高校に進学しましたが、息子は高校へも行かず、家にもだんだん寄り付かなくなってきました。
どこを泊まり歩いているのかわかりませんでしたが、偶に帰ってきても自分の部屋に引きこもり、部屋の中は荒れ放題でした。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年11月6日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】日直で一緒だった体操服姿の同級生のお尻を見てたらバレた【体験談】

まだ童貞だった中2の秋の思い出。
当時は体育の授業がまだ男女合同で、終わったら日直が道具とか片付ける事になっていた。
その日は6限が体育で、クラスマッチの練習かなんかだったと思う。
その日は俺と、陽子ちゃん(仮名)が日直。
陽子ちゃんはクラスでもそんなに目立たない、色白でショートカットの少し背の高い子だった。
1階の体育倉庫に道具を片付けて、2階にある職員室に鍵を返しにいく。
階段で、陽子ちゃんは俺の少し前を上がっていく。
陽子ちゃんは細身だけど、お尻はしっかり腰骨が張って肉づきがよく、そのお尻が紺色のぴっちりしたブルマに包まれて、俺の眼前1mもないところで階段を上がる度に揺れている。
本人は気づいていないのか、ちょっとサイズの小さいブルマはかなり食い込み気味で、下着のラインもお尻の割れ目もくっきり見える。
俺は洋子ちゃんのお尻から目が離せなくなった。
踊り場を曲がる時、洋子ちゃんが俺の方をチラッと見てきた。
『ヤバいお尻を見てたの見られた!』
しかし、陽子ちゃんは何も言わずに階段を上がっていく。
俺は見まい見まいとしながらも、また陽子ちゃんのお尻が揺れるのを見つめてしまっていた。
鍵を返して教室に帰る途中、陽子ちゃんが話しかけてきた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2017年10月25日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】狸寝入りしていた従妹に軽くイタズラしてたら【体験談】

豚骨ザーメンさんからの投稿
—-
高校二年の時、彼女が大阪に引っ越してしまい、遠距離恋愛が始まった。
俺は進学校だったので、隠れてアルバイトをして金を貯めては彼女に会いに行った。
しかし結局彼女に別れを切り出され、こちらも気持ちが薄れていたので別れる事になった。
それから間もなくして、父方の叔母家族が北海道から近くに引っ越してきた。
毎年正月に一度会うか会わないかの関係だったが、近くに住むとなるとやはり距離は縮まっていった。
少しして、来年中学になる従妹の勉強をみて欲しいと叔母に頼まれた。
来年受験だからどうしようかと思ったが、小中学の勉強なんか簡単なものだし、従妹は真面目なタイプで言う事は聞くし、何より金額が良かったので引き受けた。
初めは緊張していた従妹だったが、次第に打ち解けて、たまに遊びに連れて行ったり地元のお祭りに行ったりもするようになった。
そんなある日、いつも通り従妹のうちに家庭教師に行くと従妹がベッドで仰向けで寝ていた。
いつもはスカートなんか滅多に穿かないのに、短いスカートと上半身は薄緑色のブラしかつけていなかった。
正直微塵も興奮しなかった。
俺にとってはただの子供であり、俺にその手の趣味は無い。
声を掛けて起こそうと思い、ベッドに近づくとある事に気づいた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2017年9月18日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【輪姦】好きだった幼馴染を男友達2人と一緒に犯した【体験談】

北海道/名無しさん(20代)からの投稿
—-
俺(T)と幼馴染Sは当時18歳。
小さな田舎で幼稚園から一緒だったS。
152cmくらいの小さな背で、バカにしたりして笑っていたが顔はとにかく可愛かった。
小中高とずっと同じ学校に通い、男子生徒にはとにかくモテた。
俺とSは学校の休み時間も一緒に居ることが多かったので、勘違いはされたが恥ずかしさから頑なに否定していた。
しかし俺はSの事をずっと好きで、後から知ったがSも俺を好きでいた。
あの事件が起きるまでは。
高校最後の夏休みの出来事だった。
あの日は学校が終わった後に、俺の家にA・Bと3人で酒を飲みながら夜更かしをしていた。
A・Bは隣町から通い、高校入学と共に仲良くなり、悪さを吹き込まれた。
高校生活はこいつらと共にバカをして過ごしていた。
そして夜も更け、話はクラスの女子連中の話に。もちろん下衆い話。
A「クラスの中だと誰とヤりたい?」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年8月26日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ