近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】フライドチキンと返品輸入水着(昔話_駄_)【体験談】

もうかなり昔の事で、例の六本木のタレント違法薬物事件を聞いて思い出した。
僕は小さな婦人服飾の通販の会社に勤めていた。当然ながら社員は女子が圧倒的に多くて、僕は外回りと力仕事で営業車を使ってほとんど毎日仕入れ先・得意先を回っていた。

ある日、得意先の会社の前の坂道に営業車を停めて商談をしていて、話が終わって外に出てきた丁度その時に、別の駐車していた車が無人で動き出して、僕の車にぶつかって、さらに隣のフライドチキンの店で買い物してタクシーを停めようと、歩道から車道に乗り出していた母親と幼女にその無人車が突進していった。

僕はとっさに無人車の突進に気付いていない母娘を歩道に引き戻して、危うく轢かれずに済んだ。前後して無人車の暴走に気付いた運転手は追いついて、何とか飛び乗って停めた。

歩道の通行人、フライドチキンの店先で気付いた客、それに当事者の母娘はあっけにとられていた。僕も一瞬放心状態で立ち尽くした。無人車の暴走は駐車ブレーキが甘かったのだろう、全面的に責任はあちらにある。実は、僕の営業車はすこし前に駐車場でぶつけられて、修理に出す予定になっていた。相手はそうとは知らずに、損保の会社を呼んで事故対応をしようと話が始まった。両方から賠償を取るわけにはいかないので、正直にそのことを告げた、衝突被害も大したことはなかったし。

前置きが長くなったが、轢かれそうになった親子の母親が、お礼にとフライドチキンのパーティー・バレルを2〜3個買って下さると言う。「車で会社に持って帰って、同僚の皆さんと召し上がると良いのでは?」、確か12月でそんなシーズンだった。

そして僕の車にぶつけた車は、婦人物水着の輸入販売の会社だった。それの売れ残り回収品を箱でいくつか、良かったら持って行って呉れとの申し出だった。回収品と言っても、包装の封も切っていないと言う。それならば、日本は冬のさなかだけど、年末年始には海外旅行でビーチを目指す女子がわが社には沢山いる。そんな展開で、別段の実害も無しに丸く収まった事件は一件落着と思われた。

丁度昼前に会社の駐車場に帰り着いて、フライドチキンと水着があるからと、女子を呼びに部屋に入って、パーティー・バレルと水着の入った段ボール箱がいくつか昼飯の場所に運び込んだ。女子は食い気だな、弁当を食べながらフライドチキンもあっという間に空っぽになった。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2017年6月8日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】有名人になりきって「おまえが言うな」と言われよう3【体験談】

<>423:おさかなくわえた名無しさん:2008/04/30(水)01:47:52ID:iE2vP5LK<>
有名人になりきって「おまえが言うな」と言われよう6

このスレが結構好きなんだけど、そもそも最初の1のスレで
最初に「おまえが言うな」って言われたのは誰なんですか?
(最初に書き込んでた有名人)

<>424:おさかなくわえた名無しさん:2008/04/30(水)02:11:07ID:iE2vP5LK<>
↑誤爆しちゃいました。ごめんね。
質問スレに書くつもりでした。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2016年12月8日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【悪】 奈々子 【霊】 【体験談】

899:◆lWKWoo9iYU:2009/06/11(木)10:34:08ID:T70ctGeH0
二年前の夏。俺はバイクで北海道ツーリングに出かけた。
目的は北海道一周。日程は3日間。気ままな一人旅だ。
北海道は予想以上に何も無い。街から街まで100kmを越えるときもある。
その間、コンビニはおろか、自販機すらない。
気楽に長距離ツーリングを楽しもうと思って来たが最後。
本当に長距離ツーリングが好きな人間以外には苦痛でしかない。
俺の旅のコンセプトはなるべく金をかけないこと。
その為、旅館やホテルには一切泊まらず、旅をする。
道中での悩みはガソリンスタンドが街にしかないことだ。24時間営業なんて論外。
大概のガソリンスタンドは19:00には店を閉じる。
早いところだと17:00に閉めていたところも在った。
俺のバイクは燃費が悪く、満タンで160kmしか走らない。
日程は3日間。夜も走らないと間に合わない。
だが、俺は頭の悪いことにガソリン携行缶を装備していなかった。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||

2013年10月7日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

このページの先頭へ