近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】【近親相姦】娘と交わっていた息子を諭そうとしたらそのまま犯された【体験談】

テツオの母さん(40代)からの投稿
—-
私は娘と息子が一人ずついる平凡な主婦でした。
娘たちは仲のよい姉弟で、二人は小さい頃からいつも一緒でした。
娘にはお淑やかに、息子には男らしくなってもらいたいと思い、二人にはそれぞれにお稽古ごとに通わせていましたが、息子のお姉ちゃんっ子ぶりは幼少から少し重症ともいえるほどのシスコンぶりで、私と主人はこの頃から漠然とではありますが、二人のことを危惧していました。
息子はスポーツが嫌いだったわけではないようですが、お姉ちゃんと違うことをするのが嫌で、自分もピアノやバレエを習うと言って聞きませんでした。
とうとう親の方が折れて、ピアノにもバレエにもお姉ちゃんにくっついて通わせ始めると、息子は驚くほど器用で、あっという間に娘より上手になってしまいました。
ピアノの先生には十年に一度の逸材かもしれないとまで言われ、親の期待は高まりましたが、娘がお稽古事をやめてしまうと、どういう訳か息子の方も憑き物が落ちたようにお稽古に通わなくなりました。
それでも姉弟仲が悪くなったというわけではなく、結局のところお姉ちゃんのすることを弟も必ずしたがるということの繰り返しでした。
娘が生理を迎えるまでは同じ部屋をあてがっていましたが、いつも二人で抱き合って眠るので、私よりも主人が年頃の娘のことを心配して、二人の部屋を分けるようにしました。
何でも”お姉ちゃん、お姉ちゃん”という習慣は徐々に薄れていきましたが、それと反比例するかのように息子の素行がだんだんおかしな方向に向いて行き、態度も反抗的になってきました。
中学生になった頃には私よりも身長が高くなっていて、何が気に入らないのか家の中で暴れるようになりました。
最初の頃は主人もそんな息子を叱ってくれていたのですが、主人よりも体格が大きくなった頃、その傍若無人ぶりを嗜める手立てはもはや私たちにはありませんでした。
娘はお嬢さん学校の高校に進学しましたが、息子は高校へも行かず、家にもだんだん寄り付かなくなってきました。
どこを泊まり歩いているのかわかりませんでしたが、偶に帰ってきても自分の部屋に引きこもり、部屋の中は荒れ放題でした。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年11月6日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】職場で先輩とエッチしてるところを教育係で妊婦の晴香さんに見られてた【体験談】

カズさん(20代)からの投稿
—-
前回の話:職場でソープいきたいって話を既婚者の先輩に聞かれてた
2人目、晴香さん。
晴香さんは当時32歳で、俺が入社した時からの俺の教育係で会社のお姉ちゃんみたいな存在。
3人の子持ちで俺とセックスした時は4人目を妊娠中の妊娠7ヶ月の妊婦だった。
芸能人でいうならAKBの島田晴香がもう少しポッチャリした感じかな・・・実は希美さんとヤッた時にこの晴香さんに覗かれてたんだよね。
希美さんとヤッた翌日、仕事してたら晴香さんが俺のとこにやって来て
晴香「昨日見ちゃったよぉ~(笑)希美ちゃんとヤッてスッキリした???」
俺はビックリして動揺してしまった!!
まさか晴香さんに見られていたとは・・・。
晴香「アハハ(笑)若いからいいのいいの(笑)でもコンドームしたり生で外出しは物足りないでしょ???アタシなら妊婦だから生中出しOKだよぉ~!!(笑)」
俺「マジっすか!?俺、まだ中出しした事無いからしてみたいっす!!お願いします!!」
晴香「アハハハ(笑)まあ考えとくわ!!アハハハ(笑)」
晴香さんはそう言って笑いながらトイレの方に行ってしまった・・・。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2017年10月18日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】憂さ晴らしに行ったクラブで知り合った人からデートに誘われた【体験談】

私が大学生の頃クラブ通いしていた時でした。
11月の下旬に、私は女友達と3人で下北沢のとあるクラブに行きました。
3人ともクリスマスを目前に彼氏と別れてムシャクシャしていたため、その夜は飲んで踊ってパーッとしようという事になりました。
3人とも自分のペースで自由に行動していて、お酒の弱い友達2人は良い感じに酔っていて楽しそうでしたが、私はいまいち酔えずホールをフラフラとしていました。
するとカウンターに座っていた男性に
「ねぇ、一緒に飲まない?」
と誘われ、言われるがままに彼の隣に座りました。
彼の名前はケイタ。
浅黒くて背が高くガッチリした体格で、サーファータイプの美青年でした。
聞いていると、都内の大学生で私と同い年との事。
ケイタと話をしながら飲んでいると、私はだんだん酔ってきて彼の肩にもたれかかりました。
すると彼は私に軽くキスをし、
「ここから出よう」
と私を誘いました。
でも、私は酔いちくれの友達2人を近くにあった私のアパートに泊めてあげる約束をしていたので、

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||

2017年9月28日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】友達に招待されたパーティで知り合った黒人と野外でセックスした話【体験談】

福岡県/百合さん(20代)からの投稿
—-
私は外国人もたくさん留学してくる大学に行きました。
大学生活は高校生活とは全く違う、変えていこうと思っていましたこの時までは。
ある日もう大学生になってたいぶん立つ時に、学食で友達と昼を食べていたら
「寮でパーティーやるけど来る?」
パーティーは嫌いじゃなかったので、何のパーティーとは聞かずに、
「行く、行く\(^o^)/」
という感じで返事をしました。
「夜の19時からだからwwww外国人とか来るけど日本語話せるから心配しないでwwww」
「了解(・∀・)ゞ」
といった感じで最初はウキウキでした。
19時に友達の寮に行くと、15人ぐらいいてすでに騒いでいました。
外国人も韓国、インド、カナダ、アメリカからの外人が5人おり、そのうち韓国が2人いました。
パーティーが始まってから1時間が経過したぐらいに、友達からアメリカ人の黒人のJさんを紹介してもらった。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||

2017年7月27日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【お勧め】自分を虐めていた男子の彼女から修学旅行の夜に呼び出された【体験談】

中学の修学旅行初日の夜、いじめられっ子だった私は、いつもいじめられていたSに呼び出されました。
嫌々部屋に行くと、子分達が待ち受けていて、羽交い絞めにされてパンツを下ろされました。
そこまではいつものイジメだったのですが、その時は部屋にSの彼女の由美がいたのです。
当時「もっこり」というあだ名を持っていた私のナニは大きく、中学生だった自分には嫌な物でしたが、それを女子に見られるという最大の屈辱を味あわされたのです。
その時は先生がやってきてそれ以上の事は起こりませんでしたが、その日の深夜、寝ているところを由美に起こされました。
何の用かと聞くと
「Tのチンチンって大きいよね、もう1回見せて」
と言うのです。
私がさっきの屈辱を思い出し拒否すると、
「じゃあ、あたしも見せるからさ、だったらいいでしょ?」
と言うじゃないですか。
もしかすると何かの罠かもと思いましたが、クラスメートの裸を見たい誘惑には勝てずOKしました。
由美の部屋に行くと、いつも由美とつるんでいる里香がいて、3人で窓側のスペースの戸を閉めて、見せ合いが始まりました。
しかし、裸になっても彼女等のあそこは陰毛の影で何も見えず、逆に勃起した私のナニはいいおもちゃになっていました。
触られたりフェラされたりさんざん嬲(なぶ)られた後、由美が私の視線に気付いて

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2017年7月22日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】普段優しい彼だけどその日は乱暴にエッチされてそのまま中出しされた【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
以前、アイマスクと拘束で彼氏が泣くまでフェラチオをやめなかった者です。
(前回の話:全裸の彼氏を目隠しして椅子に縛りつけた上、泣くまでフェラチオした結果)
今回は、中出しされた時のことを書いてみます。
彼氏と私の身長差は25センチ以上。
いわゆるお姫様抱っこは軽々とされてしまいます。
だからなのか、彼はいつも私を小さい子供のように扱います。
凄く優しくしてくれます。
なのに、その日は彼の中の何かに火がついてしまったようです。
私が
「U(彼)君、今日は何して遊ぶ?iのストッキング破いてみたい?」
と訊きましたがいまいちストッキング属性はピンと来てなかったようで
「う~ん、どっちでもいいかなぁ」
と言われました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2016年10月7日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】片想いしてた女の子が校舎内で嫌いな奴とエッチしてた【体験談】

北海道/達也さん(20代)からの投稿
—-
高3の夏休みの時の事。
サッカー部だった俺は練習の為に登校していて、部活で必要な書類を取りに校内の自分の教室に向かった。
3階廊下の角に屋上へ行く階段と教室があり、そこにはロッカーや掃除道具などの雑品が多く散乱していたため人は寄り付かなかった。
教室の扉を開き、机の中の書類を手に取ると教室の外から・・・ガタンガタン!と大きな音がした。
夏休み中に他の生徒が校内にいるのも珍しくはなく、特に気にせずに教室を出た。
廊下に人気は無く、さきほどの音に疑問を抱えながら階段を降りようとしたその時、階段の踊り場には手洗いと鏡があり、そこから屋上へのドアが見えた。
そしてそこには女生徒と男生徒の姿が見えた。
男が階段に座り、その前で男に向かって手をついている女。
耳をすますと水々しい音と男の吐息が聞こえて来た。
これは・・・まさか・・・。
ラッキーな場面に直面したと思い、廊下から階段の登り口に静かに腰をかけると、鏡からは女の制服からパンティが見える。
勃起しかけた俺は次の瞬間に絶望へと変わった。
「すっごい大きくなったねー」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2015年3月22日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

このページの先頭へ