近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】地元の病院【体験談】

交通事故で入院した時、偶然中学校の部活の後輩が2人いた。正直2人とも凄く綺麗になっていて病室で会った時全く判らなかった。二歳下の舞が検温に朝来た時、「自分覚えてますか」と話し掛けてきてそこで後輩の舞だと知った。舞が「繭美先輩も働いてますよ」と教えてくれた。後で繭美(一つ下)が舞に聞いて夕方仕事終わった後2人で遊びに来た。中学時代に部活人数少なくて辞められないよう可愛いがってきたことを勘違いしてたらしくやたら感謝された。それから2人とも暇な時遊びに来てくれた。繭美がたまたま入浴の手伝いの時後輩に体洗っていると思ったら息子が勃起した。繭美そしたら耳まで真っ赤にして照れていた。患者の体洗ったり彼氏とエッチする時散々見ているだろうとカラかったら「体洗った時とか下の世話の時見る年寄りのあそこと違うから」とゴニョゴニョ言うから「彼氏のは」と聞くと「私も舞もまだ彼氏いないから」と言ってきた。それを聞いたら息子よりビンビンになったら繭美、息子に目が釘付けになっていたから手を息子に導いて擦らせた。ナース服の後輩に風呂で擦らせた事で瞬く間にイッちゃった。繭美に擦ってもらっている最中に繭美のあそこ触ったらヌルヌルだった。夜夜勤だった舞が繭美から話し聞いたらしく見回り終わってから部屋に来た。舞に手コキの仕方教えさせている最中にナース服のボタン外して下着取って胸とあそこ、いじりまくった。フェラさせてから舞を上にさせて初めてを頂かせて貰った。繭美の初めても夜勤の時頂いた。素直で大人しくて仲の良い2人だからかな、嫉妬とかなくて夜勤の時は抱かれに来た。退院してからは自分のマンションの近くに引っ越ししてきて毎日自分の部屋に2人仲良く遊びに来ますよ。最近は巫女やメイド服といった色んな衣装をネットで買ってきて自分に尽くしてくれてます。いずれどっちかと結婚すると思うけどそれまで楽しみます。

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||

2018年3月19日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】彼女の姉と結婚  その2【体験談】

その1

その2

88:32ー30:2008/10/04(土)16:47:54
初夏にB子から、メールがあった。
-内々定もらい貰いました。今度会う時ちゃんとしたお礼がしたいです。
B子も俺も忙しかったので三週に二回程度でしか会えなかったが、
毎日のようにメールがあったし、午後7時ごろの仕事がんばれ的な
留守電が入っていることもある位、B子からも頻繁に電話が掛かって来ていた。
「友達」という範囲ではあるが、かなり仲良く付き合っていた。しかし、
就職活動終了=俺との交際の必要性なし=お別れしましょう、の可能性もあった。
俺はちゃんとしたお礼という文言で焦燥感に駆られてしまった。
B子とより親密になる方法は無いのか?これから何を理由に会えば良いのか?

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2017年12月12日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【神託】神前結婚式で巫女舞しようとして、巫女さんが鈴を取り落とした【体験談】

410:愛と死の名無しさん2013/01/21(月) 23:43:12.42
神前結婚式で巫女舞しようとして、巫女さんが鈴を取り落とし、神楽の笛の吹き間違い
ガーデン披露宴にてブーケトスと共に飛ばされた鳩が新婦目掛けて落とし物
頭にべったり、そのまま顔に流れて行く
そうこうしているうちに新郎の新婦友人との二股がバレ、披露宴から食事会へ

新婦祖母語る
「吉備津の釜を知らないのか。あれはやめろという神託だ」
もちろん結婚は破談となりました

411: 愛と死の名無しさん 2013/01/22(火) 00:16:56.16

結果オーライみたいな。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|

2017年8月30日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】スッチー事情【体験談】

セフレ(セックスフレンドの略です。昔は妾であったり、2号という呼び方が多かったですね。まぁ妾と言われたのは戦前のまだ妾を持つことが法律で認められていた時代のことですけどね。戦前は貧富の差が激しかったですから、お金持ちの妾になれることはやはり嬉しいことでした。例えば「備中聖人」と言われた山田方谷にも愛人がいたようですね。おじいさんになってから、若い女の子の世話をしていたようです。山田方谷と言えば、大前研一が大尊敬するという河合継之助の師匠ですね。方谷は管仲か諸葛孔明みたいな人です。佐藤一斉の教える昌平黌の塾頭を務め、佐久間象山といつも議論していたようです。象山は方谷に一度も議論で勝てなかったようです。方谷の作った漢詩を調べてみるとペリーの頃には「江戸幕府は潰れる」旨の論述をしていました。すごいですね。「家康が拵えた着物を吉宗や水野忠邦、松平定信が洗濯をしたが、もうボロボロになってしまってこれ以上洗濯できない。」ということを書いています。)のJAL(稲盛さんが会長に就任して、しばらく経ちましたね。稲盛さんは従業員と客を搾取して、自分だけいい格好して寄付などをしていると悪評高い方ですが、それが真実かはさておき、JALのいい加減な経営は更正してくれそうな気がします。期待しましょう。)のスッチー(スチュワーデスです。最近は客室乗務員と言われますね。でもいちいち、名前を変える必要があるのでしょうか?男はパーサーでいいと思います。看護婦さんも、最近、看護士と呼ばねばならなかったり、面倒くさいですよね。では尼さんを、僧侶と呼ばねばなりませんし、妻も配偶者と呼ばねばなりません。アホくさい話です。)との話です。

彼女(セフレのことです。)が東京(昔は「木綿のハンカチーフ」や「とんぼ」に象徴されるように、皆、東京に憧れがありましたが、最近は東京も近くなりました。面白いことですが、うちの田舎から東京に来た人はみな「なんかバカにされてる気がする」「東京は暗い」「東京の人は冷たい」という印象があるようですね。下町の肉屋さんや八百屋さんも、こち亀の漫画ほど人情に富んではいません。だいたい、愛想笑いすらしない店がほとんどです。田舎ではそんなことありえませんからね。不況だと言いつつ、やるべきサービスをしてないのが現状でしょう。むしろ下町よりは麻布十番や自由が丘の方がはるかに、皆の顔が明るいですね。ちなみに私は人生をかけて日本人の顔を明るくしようと思っています。ま、自分の勤める会社が潰れて、来週には職も寮も失うんですけどね。はは。まだ、次の職もアパートも見つけていません。)に来るときはいつも、

その滞在するホテルに押しかけてエッチ(よく知られていることですが「えっちする」という言葉は明石家さんまさんが作ったようですね。自分としてはさんまさんとしずかちゃんが一緒に作った気がします。しずかちゃんで思い出しましたが、白川静さんによれば、孔子のお父さんも老齢の時に巫女をしている少女と交わっていたらしいですね。それでできた子供が孔子のようです)していました。

恐らく隣の部屋や廊下に、声が漏れ(昔は2ちゃん用語で「漏れ」という言葉がありましたが、最近めっきり無くなりましたね。「オマエモナー」とか「香具師」「逝ってよし(藁)」などという言葉も無くなりました。2ちゃん用語でないですが「チョベリグ」や「オッハー」などを知らない子もいるんじゃないでしょうか。)ています。

「恥ずかしくないの」と訊くと、「みんな、男を連れ込んでる」(本当に全員なわけないですけどね。中には貞淑な子もいると思います。)とのことで、
あの声(おもしろいですよね。なぜ、気持ちいいと声が出てしまうのでしょうか。私も上手に性感マッサージをされると声が出てしまいます。あれは恥ずかしいですね。恥ずかしいで思い出しましたが、私の人生も恥ずかしいですね。アラサーで童貞というのも究極に恥ずかしいですし。やはり何より恥ずかしいのは中2病ですね。「こんな文章を書くなんて今でもお前、中2病だろ」だって?そう思います。自分でも気づいていない、病んだ部分がたくさんあると思います。優しい人は、細かく指摘してくれますが、そうして下さるとありがたいですね。人生を変えてくれます。人生で思い出しましたが、「ライフプランニングが必要と言うことをどの本でも書いてあったので、何回も一生懸命プランしましたが、全く、描いた通りに行きませんね。頭がいい人は、プランを立てなくても見通しが利くんでしょうかね。悪いと、下手な頭でいくら考えても、いくら頭のいい人が書いた本を読んでも、見通しが利かないんですよね。困ったものです。ケセラセラという歌を聴くと、少し心がほぐれます。ケセラセラはスペイン語で、意味は「LetItBe」と同じようです。歌詞の生き方が正しいかわかりませんが、聴くと希望が沸きます。)を聴かれることが別に珍しくないようです。

同僚のあの声が聴ける職場だなんて、うらやましい限りですね。

近親相姦体験談検索用タグ

||||

2017年3月26日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】某Aさんのエロゲークリエイター体験記 第二部 「ライター編」【体験談】

前編:某Aさんのエロゲークリエイター体験記 第一部「就職編」

■某Aさんのエロゲークリエイター体験記34

第二部「ライター編」 予告1

背骨ソフトに無事採用されたAさん。
出社前に、少しでも背骨ソフトの情報を集めておこうと、自宅のパソコンから2ちゃんねるに接続した。
エロゲー板に入り、背骨ソフトのスレッドを探す。

――な、なんじゃこりゃ……。

背骨ソフトのスレッドを見て、Aさんは驚愕した。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2016年5月19日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】某Aさんのエロゲークリエイター体験記 第一部 「就職編」【体験談】

■某Aさんのエロゲークリエイター体験記

Aさん(プロフィール)
出身:岡山 性別:男

それまで、フリーターとして親元を離れて生計を立てていたのだが、なんのハリもない人生に飽き、
一念発起してエロゲーライターを目指すことを決意。その時点でのAさんの年齢25歳。

大学を出たわけでもなく、また、ゲーム会社に努めていたわけでもないAさん。
とりあえず、ソフトハウスのOHPを片っ端から見て、ライターを募集している会社をリストアップする。
条件、勤務地などお構いなし。年齢制限、未経験者等の条件に当てはまる会社は合計22社にも
のぼった。Aさんは、この22社全てに応募することを決意。

さて、ライターとして応募するに当たって、応募作品(シナリオ)を用意しなくてはいけない。
会社によっては、企画書も応募要綱に盛り込んでいるところもあるため、それも用意しなければならない。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2016年5月13日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】どうしていいか判らなくなってしまった新郎はなんと新婦の指にはめるべき指輪を自分の懐に・・・【体験談】

***** 私は見た!! 不幸な結婚式 61
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1228802945/

26 :愛と死の名無しさん:2008/12/27(土) 14:52:02
新郎がちょっぴり不幸だった結婚式。

もう10年以上前、ホテルの式場で巫女(バイト)をやっていたときの話。
式次第が進んで指輪の交換になったとき。
三宝に指輪を乗せて新郎新婦の前に進み、
新郎の前に三宝を出し、「お納めくださいませ」と
いつものように言ったところ、
どうしていいか判らなくなってしまった新郎は
なんと新婦の指にはめるべき指輪を自分の懐に・・・orz
すっごく笑いそうになったけど、そこはぐっと我慢して
小声で「お嫁様の指にお納めください」と言い直し

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ



2016年4月5日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】廃遊園地【体験談】

732:メル:2005/10/30(日)13:26:13ID:YkYWzMLgO
これは今年の夏、地元G県の廃遊園地Kで私が体験した、マジ怖かった話です…

遊園地はつい2〜3年前閉鎖され、今ではホームレスのたまり場になっていると噂で聞いていました。
そこで友人と弟と、3人で行ってみようということになりました。
遊園地までは山道で、友人が車を出してくれました。

真夏で暑かったこともあり、車内の窓は全開でした。
山を登り始めたころから、車内に小バエのような小さな虫がいるのが気になっていましたが、
次第にその数が明らかに増えていました。
耳もとで羽音がすごいし、目や口の中にも入ってくる始末。

私たちは気持ち悪くなり、一旦車を路駐して車外に出ました。
すると、子猫の鳴き声が聞こえたんです。見ると、竹林の中に白い子猫がいました。
初めは怯えていて、こっちに寄ってはこなかったのですが、

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ



2014年1月21日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】( ^ω^) ブーンが赤い水を飲んじゃったかもSIRENね 【体験談】

【登場人物紹介】

(^ω^)ブーン・・・(高ニ/超人進化型)
  勉強も運動もいまいちだが、明るく気の優しい少年。なぜか逃げ足だけは速い。
  誰とでも仲良しだが、ショボンが一番の友達。一応、本編の主人公。

(´・ω・)ショボン・・・(高ニ/頭脳高回転型)
  頭が良く、いつでも冷静に物事を判断しようとするグループのブレイン。控えめで、一歩下がった感じ。
  たまに顔AAがブーンと見分けにくくなるのが最近の悩み。

(‘A`)ドクオ・・・(高三/近距離パワー型)
  ぶっきらぼうでひねくれ者だが、行動力がありグループのリーダー的存在。生まれつき勘が鋭い。
  体が大きく力自慢で、素手でイノシシを倒した事があるとかないとか。ツンとは家が隣り同士。

ξ゚゚)ξツン・・・(高三/母性強化型)

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2013年11月28日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】印 【体験談】

686前々スレ128sageNew!2009/04/21(火)00:09:11ID:fITPiIyk0
スレ208で、井戸の底のミニハウスと女友達Bに住み着いてるモノの
話を書いたものです。
以下、前スレと同じく状況説明(再度、前スレのコピペで失礼)。

・「みえるひと」な女友達Aの言では、Bの身体を出入りしている何か
 普通の霊と違うものがいる(寄生虫?居候?みたいな状態らしい)。
・B本人は気づいてないが、霊的なものは大抵それを避けるから、Bは心霊体験できない。
・とりあえず当時のAが知る限り、ソレはBを守っていた。
・でもAが感じる気配では、とても善意の守護ではない。っていうか悪い感じらしい。
・強力な霊とBのナニかが戦うときにはB当人は爆睡するっぽい←Aの推測

AがB宅を訪問した時のことを、もう1つ話してくれた。
そっちは上手くまとめ切れなかったのもあり、時間がかかってしまった。
こっちも後味悪い話なんで、俺としては誰かにブチまけてスッキリしたい。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||

2013年10月17日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談
1 / 3123

このページの先頭へ