近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【近親相姦】陵辱と相姦の夏 【体験談】

白石聡史は一度、目を覚ましたが、今日から夏休みということを思い出し、朝寝坊しようと再び眠りについた。
中学三年の聡史は、朝が苦手だった。
そんな聡史を、母親の鏡子が起こしにやって来た。

「聡史、いくら夏休みでも、けじめはつけなさい」

母親の鏡子は厳しい口調で息子を叱り、部屋のカーテンをさっと開けた。

「うんん、 、お母さん、 、まだ眠いよ」

「朝ご飯は一緒に食べる約束でしょ、早く起きなさい」

聡史は眠い目をこすりながら、部屋から出て行く母親の鏡子のうしろ姿を見つめた。
(お母さんとの約束だけは、破るわけにはいかない)

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年7月17日 | 近親相姦体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【修羅場】知り合いの奥さん 【体験談】

592名前:名無しさんといつまでも一緒投稿日:2007/12/27(木)19:46:330
知り合いの奥さん。旦那が不倫してて、奥バレしてもあわてず騒がず、旦那にだけは釘刺しても
旦那と同じ会社のプリには何もアクションしなかった。
さすがにやばいと思った旦那は、プリ切って形の上では奥と再構築してた。
プリは旦那と別れて、会社辞めて、その後2年くらいで遠方の男と結婚したらしい。
その間、奥も旦那もプリとは没交渉だったとのこと。
プリは前いた会社の女の子とは連絡取り合ってたみたいで、妊娠したのが風のうわさで
旦那に伝わってきたらしい。
奥はそれから早かった。
プリに弁護士名を添えて、慰謝料請求を1000万円立てた。
プリは驚いたと思う。もうとっくに終わってると思ってただろうからね。
当然払えない。でも誰にも相談できないんで、二進も三進もいかなくなって
結局、元鬼である、奥旦那に相談してきたらしい。
でも、その旦那もどうしようもないんで、相手にしなかったというか、逃げた。
プリの旦那は、プリの結婚前の浮気を知らなかったらしい。親掛かりでの見合いと聞いた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||

2013年7月14日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【不倫・浮気】玉の輿喰い 【体験談】

俺の友人Pは、ちょっと変わった性的嗜好の持ち主だ。
説明が難しいんだが、「玉の輿喰い」とでも言えばいいか。

「人妻喰い」っているよな。人様の奥方を掠め取ることに
この上ない興奮を覚える輩。まあ、俺がそうなんだが。
あと「セレブ喰い」っつうか、社交界にうまく潜り込んで、
大物女優とか女性実業家とか女流作家とか、
その手の有名どころばかりを狙ってハメる友人もいる。

Pの場合はその折衷型みたいな感じなんだが、
簡単に言うと「旦那が有名人か金持ちの成り上がり奥様」を
専門に喰ってる。

あまり詳しく書けなくて申し訳ないが、Pは20代後半。
某高級ヘアサロングループに勤めてる美容師だ。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2013年7月10日 | 近親相姦体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【修羅場】秋田SEX教団 【体験談】

記者の前で“本番”実演…秋田SEX教団、衝撃ルポ
1:◆V3/DONjiko@変態仮面V3φφ★:2007/11/13(火)01:45:230?2BP(1919)
秋田県湯沢市に“教団”を名乗る奇妙な集団が出現した。「預言的使命」と称して、セックスを
へんてこりんな教義に取り込み、インターネット上で“ほぼ本番”のわいせつ画像を流し続ける。
平和な土地に突如出現した謎のセックス教団を夕刊フジ記者が直撃し、“性儀”の全貌を目撃した。

新たなカルトとして話題になっているのは、「リトル・ペブル同宿会」。教義を支える“性”なる
儀式について、教団の創設者「ジャン・マリー神父」こと杉浦洋氏(47)は「アダムとエバの楽園が
人類に還ってきたことを象徴する行為」と説明する。

同宿会は秋田県湯沢市の周囲を田畑が取り囲む集落の一角に本部を構える。本部といっても、
すきま風が絶え間なく入る古ぼけた民家で、5人のメンバーが共同生活を送る。
いくつかの不可思議な思想の中で特に異様なのは、外出時に着用する「ナノテク繊維でできている」
(男性信者)という白装束だ。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|

2013年7月2日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【不倫・浮気】1度だけのつもりが 【体験談】

431428sageNew!2007/03/27(火)12:09:22ID:uUKLZWU/0
オレは27歳で妻子持ち。顔はそんなに良くはない(一重の氷川きよしみたいな感じだ)170cm痩せ型。
相手は22歳。160cm位。なかなかのスタイルでややつり目。アヒルみたいな口がかわいい。ロングの似合う子(Tとします)

Tとの関係は3年前から始まった。
当時オレは既婚で、その時妻のお腹に2ヶ月の赤ちゃんがいた。
当然妻とは夜の生活が出来ない訳で、まだ若い俺にとってはこの上なく辛い毎日。
妻がいる手前、一人で処理なんてことも出来なかった訳だ。
すんでいる所も田舎なので、近くに風俗なんかも無い。
Tは入社したてで、まだ社の雰囲気に馴染めないでいた。
同期の友達も居なく、休憩時間やお昼も一人ぼっちだった。
入社したての頃は、まだ地味な感じで、気にも留めていなかったTなんだけど
1ヶ月位してからだろうか。いきなりイメージチェンジしてきた。
化粧を変え、髪型を変え、服装を変え、、、

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2013年7月2日 | 近親相姦体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】知らなかった事とは言え 【体験談】

28歳の時、転勤になりました。転勤先は実家の近く。
と言うのも俺は高校卒業後、神奈川の大学に行き、そのままそっちで就職しました。
それからずっと神奈川住まいだったのですが、
うちの会社が中部に新しく事業所をつくるって言うので、
そっちに実家の俺に転勤の白羽の矢が立ったのでしょう。
とは言え、さすがにいい年して実家から会社に通うのは何なので、
事業所の近くにマンション借りました。

引っ越してちょうど半年ほど経った頃、実家にちょっとした荷物を取りに帰りました。
その日は平日の昼間だったので、電車も人は少なかった。
ゆったりと席に座って電車に揺られていると、何か視線を感じた。

見ると、ちょっと離れた向かいの席に座っている女が、こっちをジッと見ている。
一瞬、目が合ったが、気のせいだろうと思い、すぐに視線を外した。
するとどうだろう。その女がこっちにつかつかと歩み寄ってくる。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||

2013年6月21日 | 近親相姦体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】Fカップの女性と・・・ 【体験談】

僕は中学のころからテニスをしていて、高校1年のとき、
昔かよってた、テニススクールに顔を出してちょっとだけ
練習の手伝いをしてました。
そのとき夏休みだったんですが、平日の昼間ということで女の人が
ほとんどでした。だいたい20代半ばから40前の人が
多かったんですが、28歳の女性に、
どうしても教えてほしいといわれ、あまりうまくないみたいなので
隅のほうで1対1で教えていました。いつのまにかふたりで練習する
ようになりました。その人はTシャツにスコートという
スクールではけっこういろっぽい服装をする人でした。
スクールってけっこう運動着っていう人が多かったんですが。
ある日、練習の合間の休憩中に二人で話しをてたときです。
「私下手でしょう。かっこばっかりで。」みたいな感じで。
彼女はそこそこかわいい女性で、胸が大きいんです。
いたずらっぽく、「君時々ちらちら私の胸見てるでしょう。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||

2013年6月18日 | 近親相姦体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【近親相姦】父親殺し 【体験談】

時刻はすでに11時近かった。雑貨屋の表戸をどんどんとせわしなく叩きながら、
泣き声で「おばさん、おばさん」と呼ぶ声には聞き覚えがあった。すでに就寝して
いた雑貨屋のおかみは起き上がり、戸をあけて夜中の訪問者を迎えいれた。
それは近所の市営住宅に住む顔見知りの女であった。女はおかみにしがみつくなり、
「おばさん、父ちゃんを殺しちゃった」
と言った。おかみは絶句した。
実はこうなるかなり以前、おかみはこの女から「秘密」を聞かされて知っていたの
である。

「あんたら夫婦、だいぶ歳が違うみたいだけど……」
そう水を向けると、彼女は意外なほどあっさり答えた。
「だって、実の親子だもの」と。
そして、また妊娠したらしくてこのところ気分が悪いのだ、とおかみにすがるよう
にして歩いた。
彼女はすでに半べそ顔だった。16で妊娠して、次々に5人産んだ。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||

2013年5月16日 | 近親相姦体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【妹と】久々に再会した妹(中1)とセ◯クスした【エッチ】

俺(21)は現在
母親と、知的障害者の弟(17)と、
それから、俺とは八つも歳の離れた中1の妹(13)と実家暮らしをしている。
父親はどうしたっていうと…
俺の家庭は昔、
両親が離婚して親権争いがあったんよ。
んで、やっぱり親権争いをめぐる裁判ってのは、母親が有利らしい。
で、当時7歳の弟と、当時3歳だった妹の親権は母親のもんになった。
けど、当時11歳だった俺はお父さんっ子だったから、
調査員みたいな人に「お父さんと暮らしたい」って言ったわけ。
で、その結果、俺の親権は父親のもんになった。
(母親は敏腕弁護士雇って、必死に俺の親権主張してたけど、やっぱり子供本人の意志が尊重されたようだな…)
で、そっから俺と弟と妹はそれぞれの親のもと、別々で暮らすことんなった。
両親はホント仲が悪かったから、
離婚してからも、俺に弟と妹に会わせる機会を与えてくれなかった……

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2013年3月13日 | 近親相姦体験談カテゴリー:妹との体験談
19 / 19« 先頭...10...1516171819

このページの先頭へ