近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】彼女がゲームしてる最中にコタツの中で女友達と浮気行為【体験談】

女友達というか大学時代付き合ってた彼女の友人に…。
もう10年近く前になるけど、大学時代1人暮らしの家にその時付き合ってる彼女が転がり込んでた。
よくある半同棲ってやつ。
その時彼女と仲の良かったカオリって子がホントによく家に遊びに来てた。
俺も彼女もカオリも酒が好きだったから、毎晩飲みに来るって感じだったな。
あと、その時ベタだが”桃鉄”にハマってたから、ひょっとしたら桃鉄をやりに来てたのかもしれんww
その日もいつもと変わらず桃鉄やる前に酒を飲みまくってたわけよ。
ちなみに俺らはハンパでなく酒を飲む。
ガンガン飲んでたら酒がなくなり、近くのコンビニに誰か買いにいくべー、という話になった。
その時何故か俺とカオリが2人で行く事になった。
何でそういう状況になったのかは全く思い出せないのだが。
ちなみにカオリは色白で小柄。
確かに可愛かったけど、俺ん家来る時はいっつもトレーナーとかのラフな格好しか見た事なかったな。
で、俺ん家に着くと下だけ俺の短パンを借りてさらにラフに変身。
それが今思うと良い結果に繋がってるんだが。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2016年6月8日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】泥酔して寝ていた彼女とその友達に悪戯【体験談】

睡姦野郎さん(30代)からの投稿
—-
寝ている自分の彼女や嫁さんに悪戯した事ありますか?
何も抵抗しない状態での悪戯は堪りませんね。
という事で、自分の体験を書きたいと思います。
その日はうちで宅飲みでした。
メンバーは、自分の彼女28歳ミキ、彼女の親友ミナ、ミナの彼氏、この4人です。
この日、自分は最初からやる気満々で準備をしてました。
飲み会が始まると酒も進み、準備してあったウォッカをこっそり皆の酒に入れちゃいます。
自分は酔ったふりしてさっさと寝室に行きました。
彼女が寝室にくるまで長い長い(^_^;)
やっときたと思ったらベッドに倒れ込むミキ。
自分は寝たふりしたままミキの寝息が聞こえてくるのを待ちました。
30分くらい経ったですかね。
若干のいびきが聞こえ始めたのでこちらも悪戯開始です。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||

2014年5月17日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【不倫・浮気】【生死をかけた戦い】彼女と女友達との一夜、需要ある?【幕開け】【体験談】

36 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2007/11/08(木) 12:02:07 ID:LUFrCohr0 [1/9]
昨日なんだが彼女と彼女の友達が俺の働いてる居酒屋に来た。んで二人とも結構酔ってったんで店が終わってから自分ちで飲むことに。最初ははしゃいでたんだが友達の子のほうが寝そうになってたんで「寝るならベット使っていいからそっちでねなよ。」と俺が言うもうーんとか言ってグタグタ。とりあえず起こすフリして抱えるときにDカップはあろう乳にタッチしまくりwんでとりあえずベットに運んだんだが・・・・こんなん需要ある?

37 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2007/11/08(木) 13:25:12 ID:1NDOAsPW0 [1/2]
>>36詳しく報告するであります!

38 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2007/11/08(木) 13:38:01 ID:XhJbTzdh0
>>37もう興奮しすぎて日本語がメチャクチャだなww

39 名前:35[sage] 投稿日:2007/11/08(木) 14:06:55 ID:LUFrCohr0 [2/9]
んじゃ報告するでありますwwで友達も寝ちゃったし俺らもそろそろ寝るかてな話になったんだがうちのベットはセミダブルなんで3人はさすがに無理だろうと思い俺がソファで寝ようとしていたら彼女が「つめたらいけるからおいで」何て言うもんだから俺は飛び込みましたよ。ええ。全力で!二人のおっぱいとおっぱいの間にダイブですよ!

40 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2007/11/08(木) 14:11:20 ID:LUFrCohr0 [3/9]
でもさすがにそれは許してもらえず。友達・彼女・自分で川の字ですよ・・・orzしかもその時点で3時とか過ぎてて眠たさも限界なわけですよ。あぁ今日はもうダメやし寝ちゃおうかな。。。。とか思いながらウトウトしてたら・・・・・

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||

2013年3月23日 | 近親相姦体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

このページの先頭へ