近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】【寝取り】堀北真希に似た彼氏持ちの女と就活中に知り合った【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
就活中に会った彼氏持ちの堀北真希似の女とやった話。
説明会で席が隣になって適当に話してたら一緒に帰る事になったのがキッカケ。
帰りの電車で彼氏がいる事を聞いた。
だがアドレスはゲットして、後日仲良くなった記念に飯を食いに行く約束をした。
飯を適当に食ってたら終電が無くなってしまったので、仕方なく家に泊めた。
ベッドを貸したんだが、寒くて寝られないって言って同じベッドで寝る事に。
真希はめちゃくちゃ恥ずかしがっていたし、彼氏がいるのでやたら
「ダメです・・・ダメです・・・」
と呟いていて可愛かった。
男女が同じベッドで寝てたら当然間違いは起こるわけで、俺は真希の体をつついたり首筋を舐めたりした。
「えっ!?はぁんっ!ダメですっ!」
とか言っていたがもちろんやめない。
顎を持って無理やりキスすると最初は口を閉じていたが、時間が経つと向こうも舌を入れてきた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2018年2月28日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】職場の飲み会で彼氏持ちの若い女をセクハラしてたら【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
先日あった職場の飲み会での事です。
職場といっても全体ではなく、気心の知れた者だけに声を掛けて都合のついた者だけで行われた居酒屋での飲み会です。
20歳前後から男は30代半ばまでの5名、女は22歳から40歳ちょい過ぎくらいまでの4名が参加しました。
仕切りは30代半ばの高橋さんで、酔うと勃起すると豪語する人物。
一番若い女が由佳里、22歳。
半年近く前に元同級生と付き合い始めた遅咲きエロモード女。
今回の飲み会で弾けて有名になった女、弥生38歳。
その他大勢・・・。
場所は町内の宴会も出来る居酒屋、17時終了の会社から歩いて集合できるよう19時開始。
【歓迎高橋様ご一行】と手書きの貼り紙が鋲で留められた引き戸から入ると、一番手前の座敷に高橋さんの姿があり、居酒屋の店員と話をしていました。
「お疲れっす」
と声を掛けると
「あそこ、あそこ」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2016年1月24日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】お互い恋人いたけどマンネリだったある日【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
僕がM2の時の話を書かせて頂きます。
●自分:23歳。某国立大学の大学院2年。2年間付き合ってる彼女(バイト先の社員、20歳)がいるものの、かなりマンネリ状態。DJ(ハウス)の真似事が趣味。
●カナ:21歳。同じ大学の学部4年。168cmの長身スレンダー体型(A~Bカップ)。美脚を強調したいらしく、ミニスカにポロシャツ
or
Tシャツ姿がほとんど。他大学に彼氏がいるものの、同じくマンネリ状態。下ネタ・エッチな話が好き。
僕とカナは研究室で知り合って以来、数年間に渡って仲が良く、既にお互いタメ口で研究の事からプライベートな事まで何でも話している関係でした。
そんなある日、
「クラブ行ってハウスに興味を持ったから、アルバムを作って欲しい」
と依頼され、うちに来ました。
その日も、カナはいつものミニスカに白のポロシャツ姿で、薄ピンクのブラが透けており、後ろ姿を見ながら
「綺麗な脚してるし、そそられる身体してるな…」
と生唾を何度か呑む思いでした。
作業はカナが聞いて良かった曲をリストアップしていき、それを僕が繋ぐという感じで数時間に渡り、やや疲れが溜まってきてました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2015年2月25日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】彼氏がいる女友達が好きで、略奪してしまった【体験談】

名無しさん(20代)からの投稿
—-
社会人になったばっかりの頃の夏。
俺は学生時代に知り合ったKに恋していた。
サバサバしてて、キリッとした顔立ちの男勝りな女の子。背が小さくて女らしいシルエットのくせに、強気な性格で男と同等な話ができる彼女に俺は完全に惚れていた。
Kは特別かわいいわけではないけど、彼氏がとぎれないタイプの子だった。
ある日、俺と男友達、KとKの女友達とか数人で飲んだ。
相変わらずKは男勝りで酒も強い。本当男と飲んでるみたいだ。普段頼りがいがない俺にいつものように説教してくる。
焼酎ロック片手に超正論をズバズバぶっさしてくるK。こいつが女になる瞬間を知ってる彼氏が、たまらなく羨ましかった。
その日Kは、めずらしくちょっと女な部分を見せ、彼氏とうまくいっていないとぼやいていた。別れよっかな、なんて言って。
俺は何故かうれしくなった。
今までも何回かそういう話はしたことあった。けど俺はそのたびに別れるなと言ってきた。
Kがほんとに彼氏に惚れてるのを知ってたからだ。
でも今回はどこか違った。
俺の感情ももう限界だったのかもしれない。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||

2014年7月15日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

このページの先頭へ