近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】海水浴の後【体験談】

海水浴の後投稿者:兄投稿日:2011/09/16(Fri)10:37

去年の夏休みの事、高校2年の妹にせがまれて妹の友達二人を叔父さんの所有する海が目の前の別荘へ保護者役を兼ねて2泊3日の予定で連れて行く事になった。
叔父さん曰く『掃除をしてくれるなら自由に使ってもいいぞ』と、管理会社に管理費を払うのをケチる為に丁度良かったとばかりに、そんな事を言って来たが、タダで貸してくれるなら掃除ぐらいと妹も承諾した。
ところが、前日になって妹の友達が二人揃って都合が悪くなったと言う連絡が入った。
一人は熱を出してしまったからと言う理由で、もう一人は母親の具合が悪くなったから看病しなくてはならないと言う事だった…
俺達は「どうする?やめるか?」と俺は言ったが、叔父さんには借りると言ってしまった以上、今更やめるのもなぁ…
と言う事になり妹と二人だけで行く事にした。
後で思ったのだが、友達は妹から別荘の掃除をするのが借りれる条件だと言ったのではないかと思い、それを聞いた友達は掃除してまで行きたくないので適当な理由で断ったのではないかと…まぁ俺の憶測だけど…
当日朝早く、俺達は車で泊まりの荷物と掃除用具を持ち、2時間程掛けて別荘近くまで来ると、スーパーに寄り適当に2泊3日分の食糧を購入して9時前には到着、一息も入れずに早速掃除に取り掛った。
別荘は敷地は広く100坪程あるが建物は50坪程度で、一階の半分程の広さの二階が乗っており、代わりにベランダが広い造りとなっている。
この別荘は毎年暖かくなる頃から寒くなる頃まで叔父さんが仕事をしながら使用しているのだが、この年に限って仕事が忙しく別荘に行く暇が無いと言うので、借りる事が出来た。
毎年終わりには隅々まで掃除をしていると言うが、冬の乾燥していて風の強いこの地域では、しっかり戸締りをしていても隙間から細かい砂埃が進入して床はザラついていた。
二人で手分けして掃除を開始し途中昼飯を食べては休憩もそこそこに再び掃除を始め、家の中だけでなく庭も雑草を取ったりして、文字通り隅々まで綺麗に掃除をした。
そして終わったのが夕方5時近くだった。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||

2018年4月13日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】隣室での行為【体験談】

大学を卒業して就職したころの話だ。当時、俺は平屋建ての集合住宅に住んでいた。四世帯が入居できるようになっていたが、交通の便がよくないせいか実際に住んでいたのは一部屋だけだった。隣室、ということもあり引越しが終わったあと挨拶に行くとそこには、「何でこんな人がこんなところに」、といいたくなるほど綺麗な人がいた。彼女の名はミカ、近くの高校の体育教師をしているという。長身でショートカットがよく似合うボーイッシュな女性だった。
 しばらくして便秘気味の俺がトイレに詰めているとトントン、という音がしてミカがトイレに入ってくる音が聞こえた。俺が聞き耳を立てているとも知らず、シャーという放尿音が聞こえてきた。
 その週の土曜日、もっとすごいことがおきた。会社が休みということで部屋でごろごろしていると突然車が住宅の前に止まる音がした。しばらくすると若い男のボソボソとした話し声とミカのはしゃぐ声が聞こえてきた。たわいもないやり取りが続いているようだが、どうやら夕食の準備をするミカに彼氏がちょっかいを出しているようだ。「いやー、やめて」ミカが甘えた声を出す。俺は壁に耳を当てて、(結構壁が薄くよく聞こえる)盗み聞きをしていたが眠くなってしまいウトウトと寝入ってしまった。
 目が覚め、ぼんやりとした俺の耳に食器棚の揺れるガチャガチャとした音とかすかに女のあえぎ声が聞こえてきた。俺が壁に耳をつけるとミカのあえぎ声がダイレクトに聞こえてきた。
「あーっ、いやっ、いやあ」「「いやあ、いゃ、あっあっあっ」「んー、んー、あっあっあっ」二人はどうやらバックスタイルで交わっているようで二人の肉体がぶつかる音もぺちゃん、ぺちゃんからぺちゃ、ぺちゃ、びだびたびたと鋭く激しくなっていった。突然、男が「うっ、いく、いくよ」と絶叫するとミカも「きてえー、きてえー。あたしもいっちゃうー」と絶叫
。その後数分間は声は途切れ、肉体のぶつかる音だけが聞こえてきた。

近親相姦体験談検索用タグ

|||||

2018年2月28日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】混浴温泉からの 4【体験談】

「スゴくベチョベチョになってるよ」と言い恥ずかしめながら彼女の愛液を全部飲んであげて「お尻の方はどうする?」と聞いたら「わかんない」と言ったから肛門をペロペロと始めたら急に「アァ~ン」と狂ったように声を大きく荒らげてきて フェラチオどころじゃなくなったのか 「ア~ン…ア~ン…」と悶えて喜んで感じて ついに彼女がガマン出来なくなったのか「もう…早く!」と言ってきたので ボクは落ち着いて「ゴムはどうすんの?」とクンニしながら聞いたら 「ゴム付けないで」と言われ 正常位?それともバックからにする?「じゃあ…このままバックで!」と彼女が答えた しかし初めての挿入でバックは何となく顔が見えず、失礼な感じであまり気乗りしないので 「前からにしよっか?」とキスをしながらゆっくりとナマ挿入した。「あー!温かい」「シマリがイイですねー」「オッパイも揉んでいいですか?」「キスするよー」(あぁ ヤバいヤバい!、お世辞言うつもりでセリフを色々考えて並べてバコバコして喜ばせてあげたが 結構シマリがイイのでマジで出ちゃいそう、イカンイカン)「次はバックにしようか?」お尻を持ち上げ 高さを調節してからパコパコ……オッパイも後ろからモミモミ…背中にキスして 無理な体勢からお口にチューして…丸見えのお尻の穴を親指で優しく揉んで…(ヤバい 締まってきて爆発しちゃいそう…)(入り口がユルめで奥の締りはホントに最高タイプ)再び正常位に持ち込んでパコパコ&キスをしていたら あぁ!ヤバい!出…出…「もうダメそうなんだけどドコに?」そのまま出して!「えぇっ!」(もう見た目の年齢で閉経してるのは確実だけど 私はまだ若いんだと思わせる為に…)「生理 安全日…いや、妊娠は大丈夫なの?」「うん、今日は安全日だから」「じゃあ思いっきりこの前みたいにタップリと出させてもらいますよー、奥にだけどもイイの・・・・さんホントに?」あぁ ダメだ 出ちゃ…ドクドクドクドク…出ちゃったぁ…「あぁ!ナンか温かいのがピュッピュッ出てるのがわかるー」「あぁ まだ出そう チョロチョロチョロ…」「ナマだから良く感触がわかるんじゃないの?」「あぁータップリ出させて貰いました、アリガトウございました」「良かった?」「ハイ!最高でした」二人でネットリと唇と舌を絡めてベロチュウをしてから腕枕してマッタリしていたら お母さんがお風呂で待ってるからと娘さんが言い出したから膣にティッシュで蓋をしてあげて 二人で風呂場へ…「いゃー、最高でした」「ウフフ、良かったよ~」とお母さんに二人で報告した、ボクがかけ湯をせずに湯船に入り 母親の顔の前に立ち、愛液&精子まみれのフニャ棒をお清めフェラさせた、フゥ~とため息が自然と出てしまい あっ(ションベンしたい)「オシッコ出しちゃうから」と言って口から肉棒を離して 外に向かい「ねぇ持ってちょうだい~」とシャワーで壺洗いしてる娘さんに甘えて、ニコニコしてボクの肉棒を持ってくれて排水の溝の蓋を目がけてシャ~とオシッコを出してる様子を親娘二人にじっくりと見せ付けてやったW。オシッコを出し終わり 母親の方が桶にお湯を汲み チンチンを流してくれて 娘さんの方は飛び散ったボクの小便をシャワーで流してくれていた、再び母親の方の顔の前に立ち上がりフェラさせた、尿道口にまだションベンが残ってるだろうけど 母親の方だし…イイやって思い、気にしないでフェラチオをさせたらフニャチンが再び元気になりまして(ベッドに行けばクンニだのしなくちゃならないから……それに娘よりもっとブサイクな母親の方とはキスをしてあげたくないから)じゃあココでしちゃいましょうかねー 後ろからでイイですよね?立ってパコパコしますか?それともマットを敷いてワンワンバックでしますか?じゃあ…ワンワンでと言われ マットを敷いて 娘さんにシャワーでマットを洗い流してもらい 母親をモロ見えワンワンスタイルにさせて 脇にあったローションでオマンコ&肉棒をヌルヌルにして娘さんの目の前でズブリと奥まで挿入した、(バックで挿入だと娘よりもっとブサイクな顔も見ないで済むし、下を見ればアナル&挿入中のチンポのヌルヌルまで丸見えだしねW)ウーゥー声をあげていて 娘さんにヤキモチをやかせようとボクは意地悪を思い付き「もっとコッチに来て横から見て見てよー」「ほら!ズボズボでしょう~」とか「どう?イヤラシイ?」「お母さんのお尻の穴、見えるぅ?」「さっきウチらもこうだったんだよ!」とか 浅目にパコパコしながら娘さんに母親との交尾を見せ付けてあげた、母の方の白髪まじりのオマンコの感触は…娘さんとは違い 入口は少々ユル目で奥はガバガバの大海原タイプでした、しかし実の母親の事をガバガバだのユルいだの…けなすような事を娘さんの前で言える訳が無いから 足をなるべく閉じさせて腰を高くさせ、お尻の穴に親指を添えて、グリグリしながらバコバコしていたら多少はオマンコの穴の入り口が締まってきた、娘さんの時と違い 出せばオシマイだからデカいお尻を軽くつかんでマッサージしながら黙々とバコバコしていた、後ろ手でデカいオッパイも掴んであげた、娘さんがナマナマしいボクと母との結合部を横からガン見していたので 恥ずかしさを紛らわす為に「キスキス」と母親にバレないようにおねだりして二人でベロチュウしながらバコバコしていたら「あっ!ナンか出ちゃいそう、そろそろ出しますがいいですよね?」と聞いたら「ううん、イイよ」と ドコヘ出しましょうか?とも聞かずにお尻の穴を親指でグリグリしてあげながら母親のオマンコ入り口にドッピュ~と出しちゃった、あぁ~、内心は情けないが 娘さんの手前 仕方なく「コレで親子どんぶりですねー(笑)」と言うと「ウーゥ~ウー アァ…、よかった」と母親が…再び娘さんと顔を合わせ 母親にわからないようにチュっとキスした、フニャフニャになったのを引き抜き ワンワンスタイルの母親のオマンコを二本指でグリグリしてあげて 入り口付近で中出しした精子を指で掻き出して娘さんに見せてあげた、「ほーらイヤラシイでしょ?」(オマンコの奥で射精しちゃうと精子を掻き出して二人に見せてあげる事が出来ないと思い 浅く入り口付近で出したから指を入れたらスグに出てきてくれたワンワン状態でうなだれている母親を喜ばせてあげようと 精子まみれの二本指を見せてあげた「ありがとねー」と言いながら起き上がったから もしかしてボクにキスをしてくるかと思い キスを阻止する為に「じゃあ壺洗いしましょうね~」と言いながらシャワーを出してお尻を少し浮かせてシャワーのヘッドを絞ってガバガバのオマンコにお湯を当ててゴボゴボさせながら中をキレイにしてあげて 仲良く三人並んで再び湯船に浸かった、二人にセックスの感想をどうだったか聞いたら二人とも「良かったよぉ~」と言ってくれたのでボクは嬉しかった、しかも 親子どんぶりなんてもうこの先一生出来ないだろうし…まぁ ボクにとってはあくまでも母親の方はオマケだったが…結果的に考えると親子どんぶりでも良かったのかもと考えた、三人でマッタリと入浴してる途中 母親がオシッコをしたいと言い 湯船から上がったが もう二回戦も済ませたし二人のオマンコもバッチリ見させてもらったからオシッコを出してる所なんて見たい訳でもないからそのまま床にジャ~と放尿していたが気にしなかった、そしたら浴室中にオシッコのニオイが充満して、しかもコーヒーを飲んだ後の独特のニオイのオシッコで「コーヒー飲んだでしょ?」と聞いたら「何でわかるの?」「朝 三杯コーヒーを飲んだの」と母親が言い「やっぱりか!」(笑) 三人して大笑いしながら軽くシャワーして風呂場を出た、母親が夕方友だちと詩吟の習い事の約束をしてるらしく 残りのたこ焼きを食べながら着替えてホテルを出ようとフロントに電話したら「三人で入られたようなので1.5倍の料金になりますが宜しいでしょうか?」と言われ 受話器を持ってフロントのオバサンと話してるから親娘二人に相談も出来ず 「はいわかりました」と言い 二人に事情を話したら母親が「仕方ないじゃん 払わなくちゃならないモンは払わなくちゃ」と言い母親のカバンから財布を出し… ピンポンと呼び鈴の音が鳴り フロントのオバサンにお金を払ってくれた、三人で車に乗り 「楽しかったね~」「またパコパコしましょう」とか車の置いてあるスーパーに向かうまで話していた(笑)駐車場に着き 二人を降ろして「今日はイイ思いが出来て楽しかったです、二人のおかげです」と言い 運転席に乗ろうとした娘さんの方に小声で「また電話してもイイ?」と聞いたらウインクしながら無言でOKサインをしてくれたwww。今でもこうして連絡をたまに取り合い 母親の方とは一回こっきりだけだったが ボクの女房の目を盗んでは親子ほど歳が離れてるであろう彼女(娘さん)と月に一回はデートしてる、もちろんだが…アノ温泉にはもう絶対に行くなと言ってある(笑)。

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2018年2月19日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】別れ際に変身した彼女【体験談】

28名前::奥さん、名無しです投稿日:2000/09/14(木)20:04
学生の時に別れた彼女との最終H。
俺の部屋で別れ話(切り出したのは彼女。俺は未練タラタラ)の後、
抱き締め合いながら、最後にお別れセックスを・・という雰囲気に。
次に生まれ変わったら今度は・・など物凄いセリフを口走ってた俺。
その前に、と彼女がトイレに立った数秒後、俺にも突然猛烈な
尿意が・・・

しかしこの場面で交代にトイレに行った後、さあ始めようか、では
余りにも間抜けだと思った俺は咄嗟に部屋の窓(2階)を10cm
程開けた。数秒後、そこからチ○ポを外に突き出し、極上の放尿
気分を味わっている俺。と、突然メルヘンチックなトーンの声で
「なにあれっっ、へんたいっ?へんたいっ?」という言葉が突き刺さって
きた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||

2018年2月14日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】友達彼女(美形)のフェラ【体験談】

高校時代、友達に一歳上のかなり美形の彼女がいたんだが、
実は彼女のほうが一方的に友達を好きで、
友達もそれを分かって性欲の捌け口として付き合っていた。

俺は一番の友達とあってそのおこぼれに預かることが多く、
友達の命令でノーパンで登校してきた彼女が俺の前でスカートをめくって
中身を見せさせられたり、俺の見てる前で放尿させられたり、
半ば露出調教みたいな雰囲気。

彼女はもともと俺と同じ小中学校だったので
最初はものすごく抵抗があったようだけど、
いつも俺相手なので途中から彼女はかなり慣れてきたようだった。
ただ、俺が童貞で照れ屋だったので、
友達にとっては彼女だけではなく俺の反応も面白かったらしい。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||

2018年1月2日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】ボクは悪くない【体験談】

129:(‘A`):2012/03/08(木)14:36:33.550
ヘルスでフェラしてもらってたら、オシッコしたくなった
「やばい」っていったら逝くと思って腰握ってフィニッシュモードに
「あーーー」我慢できずにルカちゃんに放尿
ルカちゃん最初は舐めてたけど、途中で気付いて吐き出した
プレイ前「気持ちよくしてあげますよ〜」って笑顔で優しい口調だったルカちゃんが
今は「てめーふざけんなよ!!!」って鬼の形相です
「こんどやったらゆるさねーぞ!」って言いながら服着はじめたから
「ボク、まだイッてない・・・」って言ったら店長呼ばれそうになりました
ボクは全然悪くないのに・・・
DVD借りたほうがマシでした

近親相姦体験談検索用タグ

||

2017年12月27日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】JKの姉とJSの妹と凄く仲がよかった【体験談】

俺には姉ちゃんと妹がいた。
俺は部屋も一緒だった妹と仲が良く、一緒に遊ぶ事が多かった。
妹の喜んでくれた顔が好きだった。
妹も俺を喜ばすために何でもした。
でも姉ちゃんはちょっと違った。
一番上というせいか、俺たちには厳しいところがあった。
俺も妹も悪さをして姉ちゃんによく怒られた。
でも姉ちゃんは怒っても、親には大抵黙っててくれた。
厳しかったけどそんな姉ちゃんが好きだった。
俺が15、妹が12、姉ちゃんが17の時、妹が恥ずかそうに聞いてきた。
「ホントに固くなるの?」
「ホントだよ」
といって俺はウェットティッシュで拭いたのを見せてやった。
妹を喜ばすためにそのくらいの事はやった。
妹も見せてくれた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2017年12月20日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】おっぱいが大きいアパレル店員【体験談】

今から5年前、19歳浪人中だった俺の話。
当時通っていた予備校の近くにCancan系が好きそうなアパレル店があった。

簡単に言うとそこのお姉さんに片思い中だった。通りすがりによく顔が見えていたので。どうせ駄目だろうと、思い切ってアドレスを店のレジに手渡す。

恥ずかしくて死ぬかと思った。
しかし、翌々日。「一度会いましょう」とメールが。

会ってみたら好意を寄せてくれたのではなく、「彼氏がいる。ちゃんと会って話してみれば、やっぱり合わないかもって思うだろうから」とのこと。

まぁそんなもんだろうと思い、2人で昼食へ。その女性は、当時の俺より7つ上。見た目はアパレルにいそうで、身長は低めだが、二の腕とお尻が女らしく、おっぱいが大きい女性だった。

せっかく会えたのにもったいない。と思い、「彼女と半年前に別れて、しかも浪人中でいいことがない。」みたいに愚痴ってたら、じゃあ家においでということになった。ラッキー。

彼女の家は都心から少しだけ離れた場所で、彼女は一人暮らしだった。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||

2017年12月17日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】ドラ○もん のび太の映画監督【体験談】

ここはのび太の部屋。
複数のPC、モニタ、AV機器が整然とラックに納められ、鈍い作動音を発している。無停電装置まで完備したこの部屋は、のび太のぼんやりしたイメージには似つかわしくない、高度な電脳空間だ。

部屋の主、のび太はシステムに囲まれた中央に、革張りの豪奢なチェアに腰を下ろし、複数のモニタを睨んでいる。ドラ○もんは押入れの中。寝ているのではない。のび太にしっぽの非常停止スイッチを引っ張られ、機能停止しているのだ。

複数のモニタにはなにやら風景が写っている。浴室、脱衣所、トイレ。どうやら級友のしずかの家内部のようだ。画像は驚くほど鮮明で、ハイビジョン以上の解像度と思われる。
のび太がやおらマウスに手をのばす、するとどうだろう、脱衣所の画像のアングルが変わり、入り口を映し出した。どうやらアングル遠隔操作も可能のようだ。とそこに映し出される人影。のび太の級友、しずか登場である。すかさずのび太の手が、マウスを操作する。どうやら録画を開始したようだ。

「クククッ、今日もおまんこ全開でしっかり頼むぜ、子猫ちゃん。」
のび太の口から、彼のイメージには似つかわしくない、野卑なつぶやきが漏れた。マウスでアングル、ズーム等を調整。最適なショットを狙っている。
モニタの中のしずかは、ブラウス、スカート、シャツ、パンツの順で脱ぎ、全裸となった。そして浴室へ。

「フンフンフフフン、フンフフンフフン。バォォン、パラリラパラリラ。」
しずかはレディース風の鼻歌まじりで体を洗い出す。多数のカメラに撮影されているとも知らず・・。
そしてその指は股間へと伸び、一人遊びが始まった。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||

2017年8月19日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】I love me【体験談】

「朝食、じゃなくて昼食の前にお風呂でもいかがですか? 女湯を使うのはお客さまだけだからノンビリできますよ」
「ええ、そうするわ」
 圭子はけだるげに答え、タバコを灰皿に押しつけて立ち上がった。しかし、まずはトイレに入った。
 恭太はトイレの音に耳を澄ませながら、圭子のタバコの吸い殻を口にくわえて唾液をむさぼり、枕やシーツに顔を埋めて甘い匂いを嗅いだ。
 さらに部屋の隅にあるクズ篭を見ると、丸められたティッシュが数個入っている。手に取ると、やはりハナをかんだようなものではなく、女子大生が言っていたみたいなオナニーの愛液を拭ったもののように思えた。
 ひょっとしたら旅行カバンの中には、電動のクネクネバイブでも入っているんじゃないかと思ったが、圭子はすぐにトイレから出てきてしまった。
 恭太は急いで布団をたたみはじめた。
「じゃ、お風呂に行ってくるわ」
「いってらっしゃい」
 圭子が出ていったのを確認すると、恭太はクズ篭のティッシュをポケットに入れ、枕カバーとシーツを外して残り香を吸い込んだ。
 そして部屋の隅に置かれている圭子の旅行カバンを、ドキドキしなから開けてしまった。
「むふふふ、替えの下着に化粧道具、生理用品に洗面用具……」
 ひとつひとつ確認しながら、恭太はビンビンに勃起してきた。
 バイブレーターはなかったが、使用済みのパンティを嗅ぎ、恭太はその艶かしい匂いだけで昇りつめそうになってしまった。
 なにしろ彼が二十歳前後の頃は、それこそ圭子のグラビアを切り取ってオナニー用のスクラップブックを作ったり、彼女が出演していたテレビドラマのアップシーンばかりビデオに録画して、オナニーしながらブラウン管にキスしたことさえあったのだ。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2017年7月26日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談
1 / 1012345...10...最後 »

このページの先頭へ