近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】初めて下着に興奮した日【体験談】

もう相当昔の話です。
僕が小学生3年生の引っ越して来たところは田舎町。
引っ越す以前と変わったのは、密接した3棟並んだ平屋建てのアパートに住んだこと。
隣には家より少し家族構成が4人家族ののNさん一家、もう一軒は若い夫婦と赤ちゃん。
このNさんちの奥さん(20代後半?)がしゃがみこんで話したりしているのを見ていると、いわゆるパンツ丸見え状態。
子供心には余り興奮しなかったのだけど、それはその奥さんに色気を感じてなかったからかも。ある日建物に沿うように張り巡らされたフェンスにつかまり遊んでいた時の事。
若夫婦の窓の外に奥さん(20代前半?)下着が何枚か干してあった。今考えれば道路側に干してあった。
その前に行った時に水色のパンツが目に入った。そこでチンチンが大きくなったのを覚えてる。
その奥さんは胸も大きく、子供心にも色っぽく思って好きだった。
それから洗濯物が干してあると我慢できなくて、遊んでるふりしながら良く見に行った。
たまに手に取って匂いを嗅いでみたりもした。道路沿いだから誰かに見られる危険はあったんだけどね。その若奥さんの風呂場と家の風呂場は通路を挟んで1メートル位。
窓の位置は少しオフセットされているし、お互い曇りガラスになってはいるけど、シルエットは分かるわけ。
そのシルエットを夜な夜な窓を少し開けてドキドキしながら見てた。そんな事を繰り返すうちに、パンツの事に若奥さんも気が付いたみたいで、親にはやんわり叱られた。
そこには3年間住んだのだけど、大きくなるにつれ、いけないし見つかったら恥ずかしい気持ちになると分かって止めた。
あのまま住んでいたら下着泥棒していたかもしれないな。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|

2018年3月6日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】叔父さんの家のきんじょのひとたち【体験談】

知らないおばさんに体をあらってもらった話だけど。
叔父さんの家のきんじょで、どろのなかに落ちて裸になって体をあらってもらった。
そのひとの娘さんたちにも見られたけど、見られただけでなかった。

中学1年の五月の連休に、いなかの叔父さんの新築の家にあそびにいった。
叔父さんがきんじょの家にいくので、ついていった。
そこの家のまえで下水かなにかの工事中だった。
作業用の橋をあるいて、すべっておちて、むねまで泥につかった。

そこの家のおばさんがでてきて、びっくりしてみてた。
そこの娘さんたちもみてた。小学5、6年くらいと高校生くらいの二人だった。
玄関よこの水道で、Tシャツとズボンをぬいで、おばさんがホースの水で泥を洗った。
全部ぬぎなさいっていわれて、おれはふりちんにさせられた。
ホースの水で、おばさんに素手で体中を洗われた。 
叔父さんと娘さんたちには正面からみられた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||

2018年1月26日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【不倫・浮気】二番でも良いと言って結婚した嫁と【体験談】

嫁の麻衣とは結婚して二年経ち、最近はそろそろ子供を作ろうと話しをしていた。麻衣とは、付き合い始める時にものすごく苦労をしたので、最近のラブラブな毎日が本当に夢のように思える。麻衣と知り合ったのは、大学のサークルでだった。一目見た時から好きになり、とにかく付きまとうというか、いつもそばにいるようにした。でも、全然僕の気持ちは通じず、逆に麻衣が僕に、先輩との恋のことを相談してくる始末だった……。
麻衣は、同じサークルの二つ上の先輩に恋をしていて、友達として僕に相談をかけてくるという、僕にとっては辛い日々だった。
でも相談を聞くという名目で、よく二人でお茶や食事が出来たので、辛い中にも幸せな部分もあった。でも気弱な僕は、麻衣の相談に真剣に答えてアドバイスをしたり、励ましたり、頑張れと応援したりしていた。そのせいかどうかはわからないが、結局麻衣は無事に先輩と付き合うようになってしまって、僕と過ごす時間もなくなっていった。
ラブラブな二人を見て、サークルを辞めようと思うこともあったが、それでも麻衣子のそばにいたくて、辛い思いをしながら辞めずにいた。1年半くらいの苦しい日々だったが、先輩が卒業とともにアメリカに行くことになり、結局麻衣は捨てられた。先輩がアメリカに行く理由も、麻衣が捨てられた理由もわからなかったが、僕は正直にチャンスだと思った。そして、失恋にひどく傷ついて、笑顔がなくなってしまった麻衣に、とにかく明るく優しく付きまとった。
僕が必死になっても、麻衣は落ち込んだままで、一年近くそんな日々が続いた。一年経ち、僕が思いきって告白をしたとき、麻衣は悲しそうに笑って、
『ありがとう……。本当に嬉しけど、ごめんね、どうしても忘れられないよ……』
と、断った。でも僕は、もう後悔したくないと思っていたので、その後も同じように麻衣に付きまとい、何度も何度も告白をした。
そして、僕の熱意というか、しつこさに負けたのか、
『うん……、でも私、ずっとあの人のこと忘れられないと思う……。それでもいいの? あっくんのこと、この先どれだけ好きになっても、ずっと二番だよ?』
と、泣きながら言ってくれた。
「それでもいい! どれだけ時間がかかっても、絶対に忘れさせるから! 絶対に俺が一番になるから!」
僕の人生で、一番真剣に、一番熱くなった瞬間だったと思う。麻衣は、さらに泣きながら、号泣に近い感じで泣きながら、
『よろしくお願いします。あっくん、本当にありがとう』
と言ってくれた。こんな感じで始まった付き合いだったけど、僕は幸せだった。好きな女の子と手を繋いで歩くだけで、こんなにも世界が違って見えるものなんだと、初めて知ることが出来た。ただ、僕と一緒にいて、楽しそうにしていたと思ったら、急に落ち込んだりする麻衣を見て、先輩の影はずっと付きまとっているようだった。でも、それも半年、一年と過ぎ、二年を数える頃にはすっかり消えていた。心の中までは覗けないが、表面上はすっかりと先輩のことを忘れたようだった。
そして、仕事も順調で、色々な意味でやっていけると判断して、プロポーズした。『はい! よろしくお願いします。あっくん、本当にありがとう、愛してます』

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2018年1月9日 | 近親相姦体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【姉と】組体操【エッチ】

小学二年の夏休みの時、暑さに負けて早く家に帰るとリビングで高校生の姉が見知らぬ男の人と全裸でプロレスをしている所に出くわした、姉は組体操の練習をしていると誤魔化し煙に巻いたが数年後、中学生になった時にエロ本を見てて気が付く…あの時のってキ〇肉ドライバーじゃなくて体位の“立ち松葉”だったのではと…そして意を決して結婚し家を出た姉に聞いたら肯定した(笑)彼氏(現在の僕の義兄)と夏休みの間に四十八手に挑戦しようと盛り上がり熱中しすぎて僕に見られたらしい。

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||

2017年12月27日 | 近親相姦体験談カテゴリー:姉との体験談

【修羅場】マイケル・ジャクソンのJapanツアーの陰で【体験談】

もうかれこれ20年近く前になるだろうか
当時、日本いや世界を席巻してたマイケル・ジャクソンのJAPANツアーが決まった頃
大学生だった俺はサークル内に友里というものすごく好きな子がいた。
“マイケル.ジャクソン見たい”友里のその一言で俺はありとあらゆる伝手をたどりプラチナチケットを探していた。
会場は横浜スタジアム、アリーナのそれも前の方でなければマイケル・ジャクソンだか誰だか判別がつかない。
今もそうだが、発売日の電話予約なんていつまでも繋がりやしない。
その時バイトしてた先に誰もが憧れる智美ってアイドル的な女の子がいた。
誰もが美人として認め、何人もの男が彼女のことを狙っていた。
俺にとってはあまりにも高嶺の花すぎて、恋愛感情とかそんなものはなく
ホント素の自分をさらけ出してバイトのシフトが同じ日は友達のように談笑してた。
心の中では“誰かがそのうちこの子の彼氏になるんだろうなぁ
やっぱりジャニ系顔の裕也が本命だろうな、誰が見ても理想のカップルだし”なんて思いながら…
ある日智美に俺がサークルに好きな人がいること、マイケル・ジャクソンのコンサートを見たがってること、そんな話をした。
そしたら、思いも寄らぬ言葉が…
“私、電通に知り合いいるからもしかしたらチケット取れるかもよ”

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||

2017年12月26日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【姉と】ませた従弟 その2【エッチ】

ビユッ、ピュ・・ピッ俺の脚に従弟から放出された白い体液が降りかかった。「うわっ、なんだよ、これ~」「・・・うっ、うん・・せいしってしってる?」身体をビクつかせながら従弟が言った言葉は始めて聞くものだった。「あに~もチンコもっとシュシュシュってしてみなよ」従弟が言い終わるより早く俺は、両手で挟み込んだチンpを激しく擦っていた。「・・・あっ、ションベンでそう・・・」「あにーそのまま続けてると気持ち良くなってアッ!」ビュッ、ビュッ、ビュ・・勢い良く生まれて初めての快感と共に断続的に何かが放出された。「うわっ、止められないっ!うっ!あ~~・・・」これが俺の初めての射精だった。次の日、快感を知った俺は風呂が待ち遠しかった。何時もなら散々風呂に入れと言われてからしぶしぶ入っていた風呂がこんなに待ち遠しいなんて、だれが見ても様子がおかしかったと思う。従弟と二人、風呂場でチンpを扱きまくってると、「ねえ~今日は母さんも一緒にお風呂入るわね~良いでしょ~」母の声がした時には、ガラス越しの母は全裸に成ってドアを開ける直前だった。カララララ~~~木製の引き戸が静かに開くと母はタオルを頭に巻きながら入って来た。「うわっ、いきなり入って来るなよ~もう狭いだろ~」勃起状態のチンpを手で被い文句を言うが、問答無用とばかりに洗い場に入り戸を閉めた。「三人で入るの久しぶりね~母さん洗ってあげようか?あらどうしちゃったの二人黙り込んじゃって」従弟に目をやると、母の身体を瞬きもせず凝視していた。「そんなに見たら恥ずかしいわ~隆志君、そうよね隆志君お母さんとお風呂入ったの覚えて無いでしょ、まだ3歳の時だったものね、離婚したのって」「おばさん・・・ぼく・・なんでもない・・・」「言いかけてやめないの!何言ってみなさい」「・・ぼく、おばさんのおっぱい触ってみたい」「何だ~そんな事か~良いわよこんなおばさんので良かったら、はいどうぞ」母は従弟の手を取るとオッパイに手を導いた。「うわっ、やわらかいんだ~、ね、チュウチュウってしても・・イイ?」「・・聖志(俺)が焼きもち焼いちゃうかな~ねえ、良い隆志君オッパイ吸いたいんだって』「べ、別に良いよ・・」従弟は母の胸に顔を埋め、チュウチュウと音を立ておっぱいを吸いながら両手でおっぱいの感触を確かめている。「アッ、・・・隆志君・・・」母の身体に押し付けられた、硬い肉棒に気が付いたのかそれを確かめる為か従弟の身体を引き寄せ、身体を密着させ俺の視野からそれを隠したように見えた。でも、そんな行為を無駄にさせる事になった。「ねえ、おばさん僕さ~チンコこんなになちゃった~」ビンビンに勃起したチンpを、自慢げに突き上げて見せる従弟。「・・・隆志君たら・・そうね、もうそんな年ごろなのね、大人になったんだ」母はそう言いながらも、従弟のビクンビクンと波打つチンpから目をそらさないのを俺は見逃さなかった。「じゃあ、気持ちイイ事知ってるんだ、あっ、そうかごめんね~おじゃましちゃっておばさん早くお風呂上がるからね~そうなんだ~」母はうんうん頷きながら、全てを判った様に頬笑みながら身体を洗う。「あのさ~おばさん、おまんこってどうなってるの~」従弟が突然初めて聞く単語を言った。「・・そんな言葉どこで?当たり前か!・・・」突然母は洗い場のイスから腰を上げると、前かがみのまま俺達の方にお尻を向けた。「いいかい!上はお尻の穴、ココがおまんこ!ココから生まれたんだよ」少し広げて膣口が見えやすくして、生まれ出て来る所と教えたかった様だった。一人っ子の従弟は始めてみる女性器を食い入るように見つめていた。俺は、大人のおまんこをマジかで見た事はなかったが、3歳上の姉と良くお医者さんごっこをして、広げて隅々まで観察していた事が有った為、作りは一緒なのでそれほどの衝撃は受けなかった。「ねえ、おばさんおばさん!ココの穴ってチンコ入れるとこなの?」「まあ!そんな事まで・・・」「うん、ちょっとわかんなかったから聞いてみたんだ」「そうね、そうよあかちゃん作るときにはそうするわね」「お尻の穴に入れてるのかと思ってたんだ」「ふ~ん何を見たのかな~お父さんの大事な本か何かかしら?」母は、父子家庭の父親の隠し持っているエロ本でも見たんだろうと思ったらしい。「お父さんにばれない様にね、たかしくん!」「えっ!なんでばれちゃったの?」「じゃ、もう先に上がるわね~ごゆっくり~」母が浴室を出て行ったあと従弟は言うまでもなく無我夢中でチンpを扱いて大量に放出した。「おい、おまんこって?なに。」「女のココ、今おばさんが見せてくれた所!都会ではおまんこって言うの」風呂から上がった俺達は、ここぞとばかりに夜更かし三昧だった。のどが渇きふと目が覚めた俺は、従弟の姿が無い事に直ぐに気付いた。トイレか水飲みにでも行ったのだろうと、深く考えないで1階に下りて行った。水を呑みすっかり目が覚めた俺は、従弟が居ない事が気に成ってきていた。二階へ忍び足で上り、一番奥の部屋にそっと向かった。そこは姉の部屋だ。従弟が「姉のオッパイ触ってみたい」って話してたのを思い出したからだ。「じゃ、夜寝てる時に触ってみろよ、ゆすっても起きないから大丈夫だよ」そんな事を言ってた俺は、やっぱり少し心配だった。姉の部屋をそっと覗くと、月明かりに照らされた姉が見えた。良く見ると、何だ、裸じゃない?タオルケットから肌けた下半身は明らかに何も身につけて無かった。その裸の下半身の間に激しく蠢く姉の手、激しく上下に行きかうその様子にピンときた、これは俺達と同じじゃないかと。ビクンビクン、身体をのけ反らせるが、一向に手の動きは収まらない。「・・・アッ、・・・・・・・・・アッ・・・・・・」ん、姉の部屋じゃない別の所から微かに聞こえてきた怪しい声。声のする方へ向かうと、そこは母の部屋からだった。障子戸1枚の部屋を覗く事は造作もない事だった。指に唾を付けそ~っと穴を開けた。薄暗い部屋に微かに白い物が動いている。その白い物体は、規則的に上下に動き時々止まっては、また動きだすのだ。良く耳を澄ますと、パン、パン、と時々音がした。その音と白い物体はシンクロしている事に気が付く事に気付くのには然程時間はかからなかった。目が慣れてその白い物体の正体が明らかになった。その場所だけ日焼けしていない、従弟の白いおしりだったのだ。

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2017年12月24日 | 近親相姦体験談カテゴリー:姉との体験談

【修羅場】無防備な母【体験談】

今から5年程前の話になります。
僕は当時中学1年(13歳)でした。母は若くして僕を生んだので、当時32歳で
お前の母ちゃん若いなぁ!って友人に言われる事がありました。
顔は普通だったと思いますが、ぽっちゃり系の母の体は、胸が特に大きく友人には
”お前の母ちゃんのおっぱい凄ぇデカいなぁ・・・揉んでみたいよ”と言われる事もありました。夏休みも終わりに差し掛かり、学校行事の草取りの日がやってきました。
親子が一緒に早朝の学校に集まり校庭に生えた草を取ったり、花壇の手入れをするんです。
その日の朝は、朝から日が照り蒸し暑かったんです。私と母は、軍手を持ち学校へ向かいました。
学校には、多くの親子が並んでいます。私も友人を見つけ近寄って行きました。
校長先生の話とPTA会長の話が終わり、作業開始です。
私達は体育館周辺の草を取る事になり、母と一緒に異動し草を取り始めたんです。
間もなく、友人が近寄って来て”お前の母ちゃん、パンティ丸見えだなぁ”と言うのです。
3m位離れた母を見ると、スカート姿で屈みM字に開かれた股先には白いパンティが・・・。
朝は気にもしていませんでしたが、作業を行うと言うのに母はワンピース姿だったんです。
確かに他にもスカートで来ているお母さんは数人居ましたが、股を開いている人はいません。
前屈みになると、ノースリーブのワンピースの胸元から大きな胸が出て来そうでした。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||

2017年11月5日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】プールの更衣室でちんこを振り回すとこうなる【体験談】

中学2年の夏休み、学校のプールが開放されることになった。
生徒限定だけど、暇ならただで遊びに来れば~?っていう適当な感じの。
平日はほぼ毎日開いてたけど、思ったよりは不人気だった。
(先生もいろいろ面倒くせーってことで、翌年から数日間×数時間のみの開放となる)
 
夏休み後半になると、朝早い時間に行けば、ほとんど1人貸切状態だった。
プールは職員室の窓から見えるので、監視員役の先生も常駐はしてない。
 
俺は学校まで徒歩3分の近所に住んでたので、1人でもちょくちょく行ってた。
その日も朝から1人で、のんびりぷかぷかしに行った。
 
まず職員室で先生にひと声かけて、プール利用者ノートに名前を書くことになってる。
ここんとこ俺が一番乗りだったけど、その日はちょっと遅くなった。
ノートを見ると、すでに女子が3人来てるらしい。
 

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2017年10月10日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】男は武器があればいい。女は淫乱に限る。(初体験編)【体験談】

俺が童貞を捨てたのは小6だった。 それ事態は普通
だけど、
レイプ紛いな体験だったんだ。
その頃は、
年子の姉と妹と母の4人家族で、男が少ないので、片身が狭い生活だった。
例えば、
家の女3人は、
風呂あがりは真っ裸だし、トイレは開けっ放し、家ではほぼ下着姿で、
開けっ広げってか恥じらいがない。見たいけど、
身長が低いのが、コンプレックスで、内向的な俺には、
目のやり場に困る。
当たり前だが、1人ジャージ姿の俺に脱げ何て言わない。
風呂も間隙を縫って入浴する。
好きなTV見てる時とかにね。
何故なら、一緒に入りたがるからだ。俺に髪の毛を洗わせてトリートメントさせるためだ。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年5月5日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】梓「幼馴染!!」【体験談】

~某日の朝~
俺「やばい遅刻だ!今日は朝から塾だった!とにかく急げ!俺の再受験がかかってんだ!くそ、高2で中退しなければ!」
一方
唯「遅刻だ!そうだ。今日は憂、日直だった。高校3年生にもなって遅刻なんて、と言うか憂がいなくてもちゃんと出来なきゃ!もうじき大学生で1人暮らしするのに!」
ごっつん!
俺「痛てて。」(なんか手の先にプニプにした感触が…って目の前にパンツが!しかもタイツ越しで柄が水玉って俺何してんだ!俺は変態か!)
唯「痛てて。」(なんか胸がくすぐったい。気のせいだよね。)「って今確実に!私の胸揉んだよね!そしてパンツ見たよね!」(しかも足開いてた。って事は見られた。)
俺「ひゃあ!ごめんなさい。決して悪気があった訳じゃないけど。とにかくごめんなさい!!」
唯(どうしよう。私男の人にパンツ見られた上に胸まで触られた。)
~塾~
先生「どうした。暗い顔して。てか遅刻だぞ!そんな顔しても無駄だぞ」
俺「本当にスミマセン。今朝起きたら寝相が悪くて壊していたのか、目覚まし時計が壊れてました。」
先生「まったくうっかりにも程があるぞ!ていうか何故それなら電話しなかったのだ!電話してくれれば先生は貴方を叱らずに済んだのだぞ。こんな調子で高校行ってたら、また高校中退するぞ!就職してたらもっとアウトだ!まあ、済んでしまった事は仕方ないからいつも通り授業始めるぞ。」
俺「はい。お願いします。」(準備…あれ、なんか教科書が違うような、、、、気のせいか。)
俺「先生!この問題はどう解くのですか」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2017年2月13日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談
1 / 512345

このページの先頭へ