近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【妹と】人生初ちんこ paet3【エッチ】

季節は秋まで進みます。
俺は本屋なので、土日関係なし。
基本的には土日休みの妹とは、
夜、リビングでちょっと会話する程度。
もちろん、浴室の出来事にはお互い触れません。
ただ、ぎこちない感じはなく、普通に世間話をしていました。
妹も、たまに夜遅く帰ってくることがあり、
まあ、年頃の女の子だし、色々あるのかもしれん、と思いながらも
かなりヤキモキして、妹の帰りをリビングで待ったりもしましたが。
ある日、妹が
「ねぇ、峠に行ってみたい。車出せない?」
と言ってきました。
まぁ、紅葉の季節だし、それもいいかな。
「この前、友達と頭文字Dみてさぁ」
「そっちかよ!」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||

2014年1月30日 | 近親相姦体験談カテゴリー:妹との体験談

【修羅場】パートに出た妻【体験談】

妻の奈美は2年前から週4、5回、午前中のみのパートにでるようになりました。
私達夫婦には女の子が二人おり、下の子もあまり手が掛からなくなり、また、子供二人の教育費の負担も今後さらに増えてくるのが明らかだったからです。
私は自宅のある街の隣町で、父から譲り受けた小さな事業をやっており、妻にも帳面や伝票の整理、ちょっとした買い物など、私の仕事の裏方のようなことを手伝ってもらっています。
私の仕事はあまり経営が楽だとは言えないかもしれませんが、父の代からのお客様も多く、細々とではありますがそれなりに安定しています。
妻にはもっと外で働いて、より多くの現金収入を稼ぎたいという希望もありましたが、夕方以降にも勤務を頼まれるような、主婦業や私の仕事の手伝いに多少支障が出そうな職場を避けて、今の仕事を選びました。
妻の再就職、パート初出勤の日のことを、私は鮮明に覚えています。
私達に朝食を食べさせ子供達を学校に送り出したあと、妻は久しぶりにスーツを着て、少し緊張したような、でも何だかうきうきしているような、そんな感じでした。
いつもは二人の子持ちの主婦として、あまり身なりにも気を遣わなくなってきた妻ですが、妻は二人の出産後も20代の頃の体型のままですので、独身時代に着ていたスーツは全く違和感がありませんでした。
若い頃に着ていたスーツですので、スカートの丈が少し短く、ストッキングを穿いた妻の脚の、かわいい膝小僧がスカートから完全に出ています。
私は短いスカートを穿いた妻を、何年ぶりかで見ました。
いや、それどころか最近では妻がスカートを穿くこと自体、葬式や学校の懇談会に行くなどの場合を除けばほとんど無くなっていましたので、ストッキングを穿いた脚を短いスカートから見せている妻は、私の目にとても新鮮に映りました。
「奈美。スカートちょっと短くないか?」と私は言いました。
妻は笑って答えました。「朝から、私にやきもちを妬いてくれるんだ?あなたが私にやきもちを妬いてくれるなんて何だか久しぶりね。」
そして、二人そろって一緒に家を出ました。
もともと性格が明るく、働き者で、気が利き、他人の悪口や陰口を言わない妻は、勤め先でも正社員の男性たちに重宝がられ、あるいは若い女子社員たちのお姉さん的存在として、職場に馴染んでいったようです。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月28日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【不倫・浮気】嫁のいぬまにフェラをして貰ったんだが、興味ある?【体験談】

461 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2010/03/09(火) 08:20:26 ID:+0X88vZc0
嫁の友人にしてもらいました。その日は、嫁が実家の女性陣と温泉旅行に行っており、俺は一人だった。夕飯に弁当でも買おうと思って、コンビニに行ったところ彼女と遭遇。ちょっと話したところ、その日は彼女も旦那が出張で一人なんだとか。風呂に入った後だったらしく、シャンプーだかボディークリームだかの匂いを漂わせており、何だか妙に色っぽかった。
462 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2010/03/09(火) 08:33:25 ID:+0X88vZc0
うちで飲まない?と誘ったところ、あっさりOK。彼女にもビールとお菓子を買ってあげて、一緒にうちまで歩く。近所の目を気にしながら歩く俺に、「知ってる人に見られたら、うちら浮気してると思われるよね(笑)」と彼女。この時点で、俺の心臓はバクバクしてたw

464 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2010/03/09(火) 08:54:04 ID:+0X88vZc0
誰にも見られることなく、無事部屋に到着。缶ビールで乾杯した後、しばらくは当たりさわりのない会話が続く。俺が焼酎を飲み始めると彼女も飲みたいとのこと。しかもロックで。こんなにお酒好きとはしらなかった。俺は普段は水割りなんだが、彼女につきあってロックで飲んでたらだんだん酔っ払ってきた。彼女も酔ってきたらしく目がとろんとしてきた。これがまた妙に艶っぽい。暑くなってきたのか彼女は上着を脱いでTシャツに。小ぶりのおっぱいの形があらわになって、目のやりばに困ったw

465 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2010/03/09(火) 09:06:11 ID:+0X88vZc0
そのうち旦那のグチを言い出す。俺は長期戦を覚悟し、適度に頷いたり、相槌を打ったりしていたが、グチはどんどんエスカレート。要するに全然エッチをしなくなったのが不満らしい。女友達間の情報交換はすさまじく、俺が最低でも週一で妻を愛してるのも知ってる模様。普段から嫁とどんな会話してんだよw

467 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2010/03/09(火) 09:30:40 ID:+0X88vZc0
「そんなに不満なら俺がなぐさめてあげようか?」とでも言いたいところだが、拒否られて嫁にも通報されようもんなら、一大事なので、じっと我慢。向こうからフラグが立つまでひたすら待つ。そうこうしてるうちに、話しは下ネタに移行し始める。お互いどんなエッチしてるのかとか、やってみたいエッチとか。二人とも酔っ払ってるので理性のたがも弛んでたらしい。

468 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2010/03/09(火) 09:36:08 ID:+0X88vZc0

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||

2014年1月25日 | 近親相姦体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】唯一あたしが逆らえない男【体験談】

こんにちは、槍杉かなです!
あたしは凄い男っぽい性格です。
結婚した今も、よく結婚出来たなーって思います。
色っぽい服なんかもってないし、ブラジャーしないし、男を立てないし。
今の旦那は、昔から付き合いが長くて、身の回りの事全部やってくれるし、一緒にいて楽だから結婚も自然でした。
こんなあたしでも、たまにナンパされたり、友達から告られたりもしてたんですけど、「ふざけんなバーカ!気持ちワリー!」って感じでした。
でも、あたしには唯一逆らえないってゆーか、そいつの前では女を感じてしまう男がいます。
そいつはあたしの初めての男です。
あたしの初体験は酷いもので、これは別の体験談で書いてるから省略しますけど、男友達と一緒に行った温泉で輪姦されたんです!
その主犯がその男です。
その事件以来、3年位そいつの女をやっていました。
そいつにエッチを全部教わって、そいつのエッチは普通じゃ無い位気持ちが良かったのは事実です。
その時のあたしは、徐々に女っぽくなって、「こうやって女は女らしくなるのかな・・・」って思ってたんだけど、そいつに捨てられてからしばらくしたら、いつもの自分に戻っていました。
あたしにとっては、その男だけが特別だったみたいです。
その男と別れた後は、しばらく忘れられなくて辛かった時もあったんですけど、今の旦那と遊ぶようになって、忘れるようになりました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||

2014年1月25日 | 近親相姦体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【姉と】姉「弟くんは今日からお兄ちゃんです」【エッチ】

弟「いや、俺に言われても。父さんと母さんに言いなよ」
姉「お父さんとお母さんに言っても、どうにもなんないじゃん…」
弟「もしかしたら生き別れの兄とかがいるかもしれない」
姉「そんなマンガじゃないんだし」
弟「いやいや父さんが独身のころ二股かけてて……いや、あのおっさんにそんな甲斐性はないよね」
姉「でしょ…あーお兄ちゃんがほしぃーお兄ちゃんおにいちゃんおにーちゃんー」
姉「…やっぱいないって、生き別れの兄」
弟「いないかぁー」
姉「うぅ…おにいちゃん…」
弟「よし、第2案」
姉「なになに?」
弟「昔の人は言っていた、パンがなければ小麦を食えと! お兄ちゃんがいなければ…」
姉「いなければ?」
弟「お兄ちゃんを作ればいいじゃない!」
姉「それだっ!」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2014年1月25日 | 近親相姦体験談カテゴリー:姉との体験談

【近親相姦】お義母さん愛してる【体験談】

今年の夏休みに女房の両親と海水浴に行った。温泉の出る海水浴場の旅館を
宿にした。女房の両親が奮発してくれて部屋に家族風呂のついているところ
にとまった。俺は40歳、女房は5歳下で小学生の子供が二人いる。女房の
両親は義父は63歳。義母は62歳。俺は前々から義母に感じていた。たま
に家に泊まりにくると必ず洗濯機の中の下着を探しシミのついているあの部
分の匂いを嗅いだり舐めたりしてオナニーしている。
両親は久しぶりに見た孫の姿に夢中だった。家族風呂は俺と義父ではしゃぎ
回る子供を風呂に入れた。女房は両親に子供を預けのんびりとくつろいでい
た。子供を風呂場まで義母が向かえにきた時、全裸の俺とばったり。そ知ら
ぬ振りで孫の体を拭いていたが、確かに俺の「もの」を見ていた。
その後女房が風呂に入り夕食になった。結局義母は温泉につかる前に夕食と
なってしまった。夕食は豪華な刺身の盛り合わせ等盛りだくさん。食後は義
父と女房は子供とホテル内のゲームセンターにいってしまった。俺はさっき
ゆっくり温泉に入っていないからもう一度入るからと言って部屋に残ると言
った。義母も温泉に入っていなかったから入ることになった。女房は無責任

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年1月24日 | 近親相姦体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】父親のことがほんと大好きなんだが、ついに一線越えてしまった話【体験談】

313 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/08/09(月) 09:24:36 ID:kR3q3NWO0 [1/8]
父との思い出です。私は一人っ子で、父には溺愛されていました。父は単身赴任で、たまにしか家に帰ってきませんでしたが、とても優しくて、いつも遊んでくれて一度も怒ったことがありません。見た目も若く、仕事が出来る男という感じでとてもかっこよかったと思います。私もそんな父のことが大好きで、父が帰ってくると一日中父にまとわりついていました。母は、普段一人で子育てしているストレスもあったのでしょう、いつも怒られていた思い出があります。父が帰ってくると、子供心に母に対してものすごいライバル心を抱いていて、父を独り占めしたいといつも思っていました。それはおそらく母も同じだったのではないかと思います。父がまた赴任先に戻ると、母の私へのあたりがいつも以上に厳しくなったからです。ある時、私たちは親子三人で川の字で寝ていたのですが、夜中に目を覚ますと父と母がいませんでした。耳を済ませてみると、なにやら母の泣き声のような声がします。私は怖くなったのですが、どうしても気になったので声がするリビングの方をそっと覗いてみました。

314 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/08/09(月) 09:36:28 ID:kR3q3NWO0 [2/8]
すると、母はリビングのソファのところに横になっていました。頭がこちら側に横になっていたのでよく見えなかったのですが、肌着の上をはだけて、足を大きく開いて、クンクンと泣いているような声を出していました。よく見ると、大きく開いた足の間に父の頭があって、そこから母のおっぱいに両手が延びていました。クンニしながら、乳首を刺激してたんだと思いますが当時(小2ぐらい)の私には何をしているのかさっぱりわかりませんでした。マッサージか何かと思ったのですが「イヤ、ヤメテ、気持ちイイ」という、母の普段決して出さないような変なささやき声を聞いているとなんだかとても変な気持ちになり、すごい嫉妬心を覚えました。その時は、そのまま部屋に戻って寝てしまったのですが、その思い出はずっと覚えていました。

315 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/08/09(月) 09:59:32 ID:kR3q3NWO0 [3/8]
父が、母のあそこに何をしてたのか、どうしても気になって、夜布団に入ってから自分でいじったりもするようになりました。父が帰ってきたときには、じゃれて遊ぶときに父の顔にまたがってみたり、お風呂で父が髪を洗っているときに父の顔の近くにあそこを近づけてみたりしていました。小3の夏休み、母の実家に帰省したときに、祖母が体を壊して、母は実家で祖母の看病をし、私と父はふたりで温泉に行ってホテルに泊まる事になりました。私は父を独り占めできるので嬉しくてたまりませんでした。夜、私はふざけて浴衣を脱ぎ散らかして、素っ裸で父にじゃれつきました。いつものように父の顔にまたがって押し付けると、父の鼻がクリのところに当たって、いつもと違う感じがして息が荒くなり、父も黙ってしまい、急に変な雰囲気になりました。

316 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/08/09(月) 10:20:59 ID:kR3q3NWO0 [4/8]
私が浴衣を着ようとすると、父が真面目な顔をして「パパのこと好き?」と言いました。私がうなずくと、父は「パパがママにだけしてあげてる、とっても気持ちいい事みーちゃん(私)にもしてあげようか」と言いました。私は何となく、あの時見た母へのクンニのことだとすぐに分かりました。そして、なんともいえない期待感で胸がドキドキして爆発しそうになりました。私がうなずくと、父は黙って私の膝に手をかけました。私はドキドキで息が荒くなってしまい、それを父に悟られるのが恥ずかしくて、必死に息を潜めていました。父はそれまで見たことがないくらい真剣な顔で、鼻息が荒く興奮しているのがわかりました。私は父のことを信頼していたので、少しも不安はありませんでした。「痛かったり、気持ち悪くなったらすぐに言うんだよ」そう言うと、父は私の足を開かせて、その間に顔をうずめてきました。そうして、鼻先で、私のあそこのまわりをつつきました。鼻息が当たって、とてもくすぐったかったので、私は思わず笑ってしまいました。そしていよいよ父が両手であそこを開いて、父の舌が私のあそこに触れました。

317 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/08/09(月) 10:34:09 ID:kR3q3NWO0 [5/8]
私はドキドキが最高潮になって、腰のあたりがものすごいゾクッとしてしまいました。父の舌が、私のクリのところで優しくチロチロと動いているのがわかりました。あそこのまわりがものすごく熱くなって、あっと思ったら私はおしっこを漏らしてしまいました。父は笑っていました。浴衣を着て、シーツを取り替え、その日はそのまま寝ることになりました。私は以前、父が母のあそこをなめているのを見たことを話しました。父は苦笑いして、「これからはみーちゃんにだけしてあげる。パパはみーちゃんのことが一番好きだから」と言いました。それからは、私は次にいつしてもらえるのか、楽しみで仕方がありませんでした。夜布団で自分で触ることも、以前より多くなりましたが、どうしても父に舐めてもらった時のような、頭が真っ白になる感じになれませんでした。父が帰ってきたときは、母のことが疎ましくてたまりませんでした。なかなか二人きりになれるタイミングがなかったからです。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年1月23日 | 近親相姦体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【修羅場】継呪の老婆【体験談】

東京の自宅に戻る上りの新幹線の中で、私は、昨晩から今日にかけての
出来事を思い返し、憂鬱になっていた。ハンドバッグから、ベッコウの髪留を
取り出し暫く見つめていると、涙が溢れ止まらなくなった。
幼馴染で親友でもあったトモに最後のお別れをするために、とある海沿いの
小さな温泉町に行っていた。私にとってもその町は故郷だ。髪留めをくれた、
トモのお母さんの言葉を思い出した。

「トモちゃんとずっと仲良くしてくれてありがとう。あの子は、サトちゃんが
いるから、仕事は大変だけど東京の生活にも耐えられるって、いつも・・・」
トモのお母さんは、涙でそれ以上言葉を続けることができなかった。
最後に、この髪留を差し出して、私に告げた。
「お友達には、あの子の遺品をあげているの。これは、あの子が最後の日に
身に着けていたもの。是非、サトちゃんに持っていて欲しいから・・・。」

ふと、最後にトモと会った晩の光景が浮かんだ。深刻な顔で、彼女が、

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||

2014年1月18日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【妹と】妹で童貞卒業とか 【エッチ】

515なまえを挿れて。2013/01/30(水)15:48:49.28ID:JSQxRIiaO小学生の時は全然女と思ってなかったのに、
中学に入って制服着はじめた頃からちょっと異性を感じて、
ある日、洗面台で髪を乾かしてる後ろ姿、
そのウエストのくびれとブラのバンドが偶然に見えたとき、
無性に勃起した。

エロ漫画オナニーに飽きていた俺にとって、
生の女が身近にいたというだけで興奮が収まらず、
夜ばいが始まり、そしてしばらくして半ば強引にエッチ。
516なまえを挿れて。2013/01/30(水)16:36:53.99ID:ktJCt3oK0わっふるわっふる
517なまえを挿れて。2013/01/30(水)17:44:30.39ID:JSQxRIiaO休みの前日はエロ本や漫画で明け方近くまでオナニー、
何発か抜いて収まったら寝るのがいつもだったが、
洗面台の後ろ姿が頭にこびりついて全然収まらず、
興奮の赴くまま夜中の3時過ぎ、妹の部屋に向かった。
普段の生活とは全く違う目的で、妹の部屋に行く、というか、

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月12日 | 近親相姦体験談カテゴリー:妹との体験談

【妹と】親父と妹2【エッチ】

お断り)
この投稿は「近親相姦/禁断の木の実」に投稿された連作を再編集し、
まとめて移動したものです。
***********
親父と妹、突き止めた真相  投稿者:兄
投稿日:7月16日(日) 1時41分11秒 削除兄です。いまネットカフェにいます。報告します、親父と妹のこと…。やはり二人ヤってた。一部始終を報告しま
す。まず、家族構成は親父45歳(プロ野球の清原似。自動車整備師でゴツイ。体
格も180cm以上ありムキムキ清原系)、妹 美由16歳(高2、160cm弱でな
かなか可愛いほうじゃないかと思う。めざましTVのお天気お姉さん皆藤アナ
似。)、オレ18歳(高3)。
親父と美由が怪しい関係じゃないかと思い始めたのは今年の冬の終わり位か
ら。いつの間にか「あんなに仲良かったっけ?」って思うような感じになっ
て休みの日にもよく二人で買い物に出かけてた。そんな感じが続き6月上旬の
週末金土日、親父と美由が揃って二泊三日で外出した。当然別々に、親父は
ゴルフで美由は友達の家に行くと。でも普通ゴルフで二泊もするか?友達の

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年1月9日 | 近親相姦体験談カテゴリー:妹との体験談
20 / 34« 先頭...10...1819202122...30...最後 »

このページの先頭へ