近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】駅前の本屋でピョンピョン飛び跳ねてた子【体験談】

俺と嫁は小学校6年生で初めて同じクラスになった。
嫁は本が好きで図書委員してて、いつも教室の隅で大人しく本を読んでるような子だった。
当時は全く接点も無く、嫁を異性として意識するような事はなかった。
小学校を卒業し、中学の入学式の3日前に駅前の本屋で偶然会った。
背の低い嫁が上の方の方の本を取ろうとしてピョンピョン跳ねてたので代わりに俺が取ってあげた。
その時までの俺は、嫁をただの同級生の1人としてしか認識していなかった。
中学校の入学式、沢山いる同じ制服の集団の中でなぜか1人だけ全く違うように見えた子がいたが、それが嫁だった。
3日前に見たはずなのに、俺的には一目惚れしたような状態になった。
いきなり嫁を女として認識した俺は、機会がある毎に嫁に話しかけるようになった。
何ヶ月かした時、嫁の友達に呼び出されて
「嫁につきまとうな迷惑だ!」
って言われ、俺は目の前が真っ暗になった。
それからしばらくは嫁を見ないようにしたし、話しかけるのもやめた。
ある時学校帰りに駅前の本屋に行ったらピョンピョン飛び跳ねてる子がいた。
やっぱり嫁だった。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||

2016年1月7日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

このページの先頭へ