近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】賭けマージャン【体験談】

マージャンで彼女を賭けた。
お互い彼女も知っている仲間4人でマージャンしていたら「彼女を賭ける」こととなった。
最初は冗談のつもりだったけど、話が盛り上がってお互い引くに引けない約束となってしまった。
当然、その場には彼女達はいない訳で、クリスマスに行くことになっていたスキーで一番ビリ
のやつの彼女を裸にすることとなった。皆本当に「やってしまう」という程の度胸はなかったし、
逆にそのリアリティが話を盛り上げたんだど思う。
他の3人の彼女が参加する訳はないので、女4人とも睡眠薬で眠らせてしまうこととなり、もし
本当に安全な睡眠薬が調達できたらという条件付でゲームは進行した。
結局、俺がドベになり、その日は「スキーの時を楽しみに」ということで別れた。
3週間後、クリスマスとなりスキーに行く日が訪れた。
半分冗談だと思っていたので正直忘れたいたが、なんと仲間の一人、悟
(さとる)が友達の医大性から睡眠薬をもらってきていた。
「寝入りも自然だし、副作用もない、安全な薬」と悟は言った。
え?!!マジ?と、言っても後の祭り。
「おまえの彼女一人眠らす訳じゃないし、約束だろ。約束」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||

2016年12月6日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】同僚【体験談】

職場に入っている清掃業者の新人女性と肉体関係になった。きっかけは研修が終わって、初めて一人でオフィスの清掃をしているときだった。コーヒーメーカーのサーバーを割ってしまい途方にくれていた時だった。「すみません。弁償しますから上司には言わないで下さい」「あっ、大丈夫。私が壊したことにすれば」「ありがとうございます。上司に見つかったらクビになりそうで・・・」それ以降、始業時間よりも早く出社し色々会話をするうちに親しくなった。
32歳でバツいち。5歳の女の子が一人。離婚して1年。離婚理由は夫の浮気と暴力。子供を実家に預け夕方まで働いている・・・などなどいろんなことを話してくれた。小柄でスレンダー。32歳の子持ちとは思えない姿に好意を抱いていた。
ある日「サーバーを割った時のお礼をしたいんですけど」というので「夕食作りにきてほしい」というと、次の日曜日ならということで約束をした。約束の当日、ジーパンにポロシャツという姿でマンションに来た。食事を済ませ、一緒に後片付けをしているときだった。食器を洗っていると突然シクシク泣き始めた。「どうしたの?」「なんか久しぶりに楽しい1日で・・・」と言葉を詰まらせていた。後ろから抱きしめ、ポニーテールのうなじにキスをすると、ゆっくり振り向き抱き付いてきた。舌を絡ませあい激しいキスをした。「お願い、抱いて」というので寝室へ抱き上げて連れて行った。ポロシャツとジーンズを脱がせ、ベッドに倒れ込む。「2年ぶりなの、優しくして」とキャミソールとブラを脱がすと下腹部には帝王切開の傷跡があった。乳房は元々小さかったのかタレておらず、乳首が大きく立っていた。乳首を吸いながらショーツの上から触ると小さなシミを作っていた。クリトリスを指先で擦ると「アッ・・・ウッ・・・」と感じていた。ショーツをゆっくり脱がせ、脚を開かせると小ぶりのオ○ンコが口を開いていた。親指でクリトリスを愛撫しながら中指をオ○ンコに入れると「アァッ感じる」と喘ぎ始めた。中指をゆっくり出し入れすると愛液がドクドクと溢れてきた。「アナタの舐めさせて」というので全裸になり彼女の顔を跨いだ。彼女はペニスにしゃぶりつき、私はオ○ンコを舐めた。「お願い入れて」というのでコンドームをつけようとした。「今日は大丈夫だからつけないで」「ナマでいいの?」「ナマが好きなの」と亀頭を押し込んだ。「あぁっ」「痛い?」「違う、感じるの。もっと入れて」ズブズブッと一気にネジ込んだ。帝王切開で出産したせいかオ○ンコの締まりは最高だった。ズコッズコッと腰を動かすと「ダメっ、そのままじっとしてて、もうイキそう」「いいよ、イッテいいよ」と根元まで押し込んでペニスで中を掻き回した。「あぁっあぁっ、ウッ」と数分でイッテしまった。その後、たっぷりオ○ンコに中だしをした。
「これから時々こうして抱いて。結婚してって言わないから」「私でよければね」「彼女いるの?」「いないよ」「じゃ〜彼女ができるまでね」
時々どころか、週に2回と昼休みにシテいる。,

近親相姦体験談検索用タグ

|||||

2016年12月5日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】妹と夜通しでゲーム、負けたら罰ゲームする事になった【体験談】

俺は23歳で社会人フツメン。
妹はちょっと歳が離れてて14歳の中学生。
おっぱいはハッキリ言って大きくないが、顔は可愛い方だと思う。
で、俺達兄妹は歳が離れてるせいか結構仲が良い。
その日は金曜日で俺と妹は2人で夜通しでゲーム大会しようと約束してた。
俺は眠くなった時用のレッドブルを購入して家に帰り、晩御飯を終え、妹と一緒にお風呂に入り、準備万端になった。
そして22時くらいだったかな、ゲーム大会が始まった。
最初は普通にゲームしてたんだけどさ、やっぱやるって言っても長時間やってるとダラけてきてさ。
負けた方が罰ゲームするかーみたいな流れになった。
で、一旦ゲーム中止して、休憩がてらどんな罰ゲームするかとか雑談タイムに入ったわけよ。
自分が中学生とかってさ、エロい事に貪欲だったんだけど女の子もあんまり変わらないんだな。
雑談もだんだんエロい話が入ってきた。
「おにーちゃんはオナニーするのか?」
とか
「えっちした事あるか?」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2016年12月5日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】下校途中に作った隠れ家でオナニーしてたら幼馴染が来た【体験談】

今から10年前の、僕と彼女が中学3年生の時の体験です。
彼女とは家が近所で、小学生からの幼馴染みでしたが、中学に入る頃から何となく他所他所しくなり、話もしなくなりました。
僕は下校途中に、芦の茂った河原の中に芦を丸めた隠れ家を作って、毎日小一時間程時間を潰すのが好きでした。
芦の小屋は静かで、普段は誰も来る事が無かったので、拾ったエロ本を広げてはオナニーをする事も度々でした。
ある日、何時ものようにズボンを下げてオナニーをしていた時に
「あっ!」
という声が聞こえたので、振り返ると幼馴染みの彼女が立っていました。
誰も来ないと思っていたので、ズボンもパンツも膝下まで下げて勃起も丸見え状態でした。
すると彼女は
「へー…男ってそんな事するんだ」
と言いながら隠れ家の中に入ってきました。
隣にちょこんと腰かけると
「もっと見せて」
と意外な事を行ってきました。
「お前のも見せてくれたらいいよ」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||

2016年12月2日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】半陰陽【体験談】

出会い系掲示板に搭載、相手からメールが来た。 見た目は男の子、おっぱいは小さい、だけどクリは大きい二十歳の女の子で学生ですとあった
面白そうだから、会ってみましたよ。
なるほど、女性っぽいジャニーズ系の可愛い女の子? 声はおかまっぽい 切れ目でなかなかの美形だが、女装するとニューハーフに間違われるらしいwww 男の子だったら、きっと女にはもてるでしょう
ホテルでさっそく身体検査してみた 胸は全く平らで乳首も男と変わらない、身体はふっくらともしていない、失意のもとパンティを脱がせて 指で穴の検査www、確かに女の子の匂いで間違いない
だけどだぁ~ クリを見てビック・クリ(単なる洒落です)、なんとクリと言うべきなのか 幼児のオチンチンみたいなのがぶら下がっている。 先端におしっこの出口でもあるのかと調べてみたが、そのようなものは見当たらない。フェラさせた後、おまんこにチンを入れてみる。なかなかの締りでwww
まさかオケツの穴ではと、指で触ってみる ちゃんと下に有ったので一安心
 妊娠するといけないちゅうので外出し処理。彼氏は2年ほど前までいたらしいが、その後エッチしていなかったので痛かったとか・・・・ほんまかいな?
帰り際に、まだ、はさまってるいる感じとか・・・どうでもいいけど・・・
帰宅後、さっそく パソコンにて、中性を検索。 半陰陽と確信する 話には聞いていたが、一万人に一人ぐらいはいるらしいです。
先日の貴重な体験談だったけど、彼女を女性遍歴の一員に加えるべきか・・・・
  

近親相姦体験談検索用タグ

||||||

2016年11月30日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】巨乳の同級生をカラオケ店内で強引に犯した【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
俺が高校生だった時、同級生の美和(仮名)とセフレ関係だった話。
高1の頃、同じクラスだった美和が3年の彼氏とヤリまくりで熱々な関係という話を聞き、それ以来美和が恋愛感情とは違う意味で気になる存在になってた。
美和は顔は童顔でブスでも可愛いわけでもなく普通だが、カーディガンを着ても目立つ巨乳が魅力的で、あの巨乳を彼氏は好き放題してるのかと思うと興奮してくる。
高1の終わりに美和が彼氏と別れた話を聞いたが、馬鹿な俺は自分の進級が危うくてそれどころじゃなかった。
結局追試は不合格で進級できず、遊んでばっかだった自分を恨みながら春休みは通信学校とバイト探しで終わった。
同級生が高校2年の夏休み、付き合ってた彼女と別れたばかりの俺は、学校を辞める前にメアドを交換してた美和と気分転換にメールをして、彼氏がいない事を知って遊ぶ約束をした。
当日、あまりの猛暑で一日カラオケで篭る事になったが、このカラオケ店、古い店だがら部屋にはカメラがなく。
あまり知られてないがラブホとして使われる店だった。
そんな個室に男女が2人だと当然意識してしまう。
美和は胸元が少し開いた服にスカートと夏服らしい夏服で余計意識してしまう。
2時間くらい経つと歌より喋りになり、下ネタも交じり始め、俺の理性も爆発寸前の中ラッキースケベは起きた。
飲み物を取りに行くと、立ち上がった美和がポケットから落とした携帯を拾う時に屈んで見えた大きな谷間に理性は爆発した。
美和をソファーに押し倒し、逃げないように両足の間に入り込む。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2016年11月30日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】男女4人で遊びに行くはずが2人きりになった【体験談】

大学の後輩3人とオレで夜遊びに行った。
オレの車で男2人、女2人(以下AとB)。
前にオレと後輩A。
後ろに後輩Bとその彼氏。
ご飯の後で市内を適当に走っていると、後輩の男に電話があり、2人は急用で帰らないといけない事になった。
「そうなんだぁ、残念だ」
と後ろの2人を送るとオレとAの2人きりになった。
Aは身長150cmくらいで小さいが、胸はD以上はありそうで、委員会の後輩だが、その中で
「ヤるならこのコだな」
と以前から気にはなっていた。
たまに胸チラして谷間が見えたりすると
「いつかは…」
と思う。
何もないまま数年過ごし、ようやく遊ぼうとなったが、急に2人きりになると何をしようか思いつかない。
まさかいきなり手を出すわけにもいかないし、どうしようか思案していたら彼女の方から

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||

2016年11月28日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】友人はスパイス【体験談】

私たち夫婦と私の友人との話をします。
私48歳、家内は34歳で二人には子供がおりません。
二人とも子供好きなので欲しかったのですが、今は諦めました。
子供がいないので友達たちは返って来やすそうで、二日と空けず人が来ます。
事が起こったのは半年前です。
以前からお酒を飲んだりしたときは、Hな会話を歳相応に楽しんでおりましたが、
ある日、ブレーキ役の家内が珍しい事に酔い過ぎてしまい、ブレーキが効かなくなったのです。
来ていた友人は私より三歳年上で、高校時代からの親友が7年前に連れてきた人で、
家から二つ向こうの駅前で電器店を営んでいます。カメラが趣味と同じだったのでそれから頻繁に来るようになったのです。
来るたびに家内をパチパチと撮りまくり、「いつかヌードを撮らせて」と言い続けていました。
その日も同じように言うと、家内が「良いわよ」と焦点の定まらない眼でOKしたのです。
私は異常に興味を持ちましたが、一応は「オイオイ、酔って返事するなよ」と言うと、家内は
「賞味期限すれすれだもん。それに他の男性に裸を見て貰いたいの」
「お前は露出癖が有ったのか?」
「かもね」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||

2016年11月15日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】毎日電車の中で見かける女子高生の様子がおかしかった【体験談】

名無しさん(20代)からの投稿
—-
高校時代の話です。
私は、高校には自宅から片道2時間弱かけて通っていました。
そんな日々の電車の中での話から始まります。
私は朝も帰りも同じ時間・同じ車両の同じ場所に乗っていました。
そんなある日、ふと気がつきました。
ある女子高生と、毎日同じ電車に乗っていることに。
その子は名前も知らない子でしたが、背も高くて見た感じスタイルも良く、顔も綺麗な子でした。
その子が着ている制服から見るに、最寄り駅は同じですが、正反対の方にある女子高の生徒だとわかりました。
その子を観察していると、私の自宅の最寄り駅の1つ手前の駅で降りてゆくことがわかりました。
それからというもの、帰りに学校の最寄り駅からは座れませんが10分ほどで大きな駅があり、そこで半数以上の乗客が降りてゆきます。
席もだいぶ空きます。
その駅から毎日座って帰りました。
その時はもちろんその子の隣で密着するように座りました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2016年11月13日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】昔ソープで働いていたことを嫁が告白した結果、俺がEDになった【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
俺37歳、嫁35歳、長男7歳、次男4歳。
とある地方の中核都市で4人仲良く暮らしてた。すぐ近所に、義母が1人暮らし。
嫁の両親は、嫁が学生の時に離婚、その後かなり苦労して嫁と嫁弟を育てたらしい。
かなりの人格者で俺も尊敬してるし、何かの時に子供の面倒も見てくれるので頭が上がらない。
俺の稼ぎは正直良くなかったが、嫁もパートで家計を助けてくれたので、贅沢さえしなければ普通の生活には困らなかった。
何より、嫁仲間からは、「おしどり夫婦」と言われ、羨ましがられてた。
付き合ってから12年、結婚してから9年、ほとんど喧嘩らしい喧嘩をした事がない、ある意味奇特な夫婦だった。
金以外は何でもある、本当に幸せな家族だった。
去年の町内会の運動会の日までは・・・。
去年、長男が小学校に入学した事で、秋の町内会の運動会に行く事になった。
その運動会自体は無難にこなし、景品の洗剤も沢山手に入れ、意気揚揚と帰路についた。
が、その日を境に嫁がなぜか思い詰めるようになった。
俺は元々鈍感な方で、嫁の心境の変化にも気付いてなかったのだが、ちょうど去年の今頃か、嫁が痩せてきたのでさすがに心配になった。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2016年11月11日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

このページの先頭へ