近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【近親相姦】さや 〜壱の回〜【体験談】

はじめに言おう。
俺は変態だ。頭がおかしい。
なんせ妻の妹である沙耶を盗撮しているのだから。

俺が結婚をしたのは二年前。
一年付き合った妻と成り行きで結婚をした。式も挙げない、静かな婚姻だ。
そして情けなくも、俺は妻の実家に転がり込んだ。ただ妻の家の周りの方が住みやすいし、妻の両親の勧めもあったから……そんなくだらない理由でここに住み始めた。
妻には妹がいる。
名前を沙耶という。
義理の妹である沙耶は美しい。
170cmの長身にスレンダーな肉体。肩まで伸びたやわらかなショートボブ。元読モというのも容易にうなずける美貌は、女優の真木よ○子に似ている。19歳……本当に美しい女だ。
しかし彼女は実家にはいない。
彼女は東京で男と暮らしている。
最初それを知った時、俺は特になにも思わなかった。
沙耶は二ヶ月に一回、実家に戻ってくる。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||

2013年8月17日 | 近親相姦体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】年下の姉、、策略【体験談】

俺は、2人兄弟で、大学2回生だ。母子家庭だが、兄貴とは、
13歳離れている。この度、母が他界して、新婚の兄貴が、実家を相続して、3人暮らしが始まった。
兄貴は、予備校の講師で、去年自分の生徒だった。
予備校生、千明と結婚した。年下の姉が、出来た訳だが、兄貴には、悪いが、千明さんとか、姉さんとか、呼ばべず、千明なのには、理由がある。千明は、俺の後輩で、高校時代に彼女持ちの、俺に付きまとっていた女だからだ。兄貴から、驚くぞと、婚約者って紹介された時は、表向きは、平静を装ったが、内心は、千明への、猜疑心で、一杯だった。 兄貴夫婦は、下で俺は、2階 で生活した。
入試シーズンが近くなり。兄貴の帰宅が、遅くなりはじめた。俺は、なるべく、遊んだりして、千明と2人になる時間を減らしていたが、バイトの金が回らなくなり、仕方なく、早く帰宅した。千明は、サークルが忙しく、バイトする暇がないトホホだな(苦笑)。千明は、背中流そうかとか、
ここぞとばかりに、風呂は覗くし、薄着で、歩きまわり、誘惑する。
部屋に鍵をして、なるべく、出ない様にしてる、
すると、千明は、強行策に出てきた。トイレや風呂は、無防備だから、
例えば、トイレのペーパーをなくして、呼ぶのを待ち、
ドアを最大限開き、俺の制止を聞かずに、凝視しする。こんな行為が、逆効果だと気付かないのか。会話すらなくなる。(千明は話しかけてくるが無視してる)
千明は、腹を立て、裸で、風呂に侵入してきた。
いくら、嫌いな女でも、健康な大学生が、ルックスは、Aクラスでナイスボディの全裸の女に、欲情しない訳がない。
初めは、我慢したが、千明は、股を開き、AVさながらの指マンをする。
我慢できるかってーの(苦笑)
2人は、肉体関係に陥り、兄貴の目を盗み、千明の要求に、身を任せた。入試シーズンが、終わり。夏に、

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2013年8月16日 | 近親相姦体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】新たな家族。ー序章ー【体験談】

「おいっ、どういうことだクソ親父!」ある日、両親が離婚してから半年が経とうとしていたある昼下がり。
亮介は声を荒げていた。無理もない。「いきなり新しい家族を紹介する。」だなんて言われれば誰でも腹は立つ。
「まぁ、待て。とりあえず落ち着け。」と父親に制止させられた亮介は歯を食いしばり椅子に座った。
「入りなさい」と一言親父が言う。しばらくしてドアが開けられた。
そこには、しっとりとした艶と母性がにじみでた落ち着いた雰囲気を持つ女性と
その後ろに亮介と年齢がさほど変わらないであろう娘らしき少女。
この二人が今日から新しい家族ということらしい。年上の女性は涼子。そしてその娘を鈴音と言った。
何となく父親がこの人を新しい家族に選んだのかわかった気がした亮介は悔しくて仕方がなかった。
と、同時にどことなく、二人の魅力に引かれている自分にきがつくのであった。
この日から亮介の日常が大きく変わり始めたのは言うまでもないであろう。

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||

2013年8月16日 | 近親相姦体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】義妹と淡い気持ち8ー完結ー【体験談】

「お兄、それすごく恥ずかしいよ・・・///」美菜ははにかみながら嬉しそうに僕の事を見つめた。「うん、僕も同じ事おもった」つられて僕もはにかむ。幸せな甘い時間が流れ、ただ見つめ合ってるだけで胸にある感情が溢れ出す。「今だって、これからも・・・。ずっと一緒にいようね」まるで磁力に引き寄せられたかのように二人の顔が近ずいてゆき、そして・・・                       ー1年後ー                                                         僕等は、周りの反対を押し切り街を出た。今は美菜のお腹の中に新しい家族が産声を上げるその日を楽しみに、二人の事を知ってる人のいない街でひっそりと暮らしています。

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||

2013年8月15日 | 近親相姦体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】義妹と淡い気持ち6【体験談】

そう、忘れられない大切な約束。「大きくなっても、忘れないでね!」幼い日の幼き約束。小さい頃はただ不思議な事と新しい発見に満ち溢れていた。なんで空は青いのか、なんで人はみんな違う顔をしているのか・・・。今思えばそんな事ばかり考えていた気がするほどに考えていた日々。そんな日々を一人の女の子が変えていって、その女の子が美菜と知った時はいろんな意味でショックだったのを遠い日に起きた出来事の様に感じてしまう。「たぶん、あの日出会った時から美菜が好きだって思った。」どさくさに紛れて告白。今度は自分から自分の言葉で美菜に気持ちを伝える。「昔はさすがにこのドキドキする理由が解らなくて、一日中考えた。でも解らなくて・・・美菜に十年ぶりに会ってやっと気づけた。俺は美菜の事がずっと好きだったんだって」(一人称で「俺」はあまり使わないはずだったのだが、この時だけは使っていた。)美菜はお兄・・・と一言呟いて恥ずかしそうに目を伏せる。「世界中の誰よりも美菜の事が大好きです、僕と付き合って下さい。」自分でもこんな恥ずかしい告白をしたなと後になって気付くのは言うまでもなく・・・。

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||

2013年8月15日 | 近親相姦体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】義妹と淡い気持ち5【体験談】

「やだ・・・切ないよ・・」美菜の一言に戦慄した。「・・・えっ?・・・」明らかに空気が重い。まるで浮いていた気持ちがいきなり地に落とされたかのような感覚にさえ感じてしまう。「違うの。私・・怖い、んだ・・今が幸せすぎて未来が・・その、2人のこのさき。」美菜は震えて、小さくなってつぶやく。「あっ・・・。」確かに美菜の言うとうりだ。ただ気持ちを伝えて、舞い上がっていた。それにそんな自分に自惚れていたのかもしれない。そんな気がして、切なくなった。「・・・ッ!?」そんな時、美菜の手が頬に触れた。小さくて、椛の様に紅い暖かい手。その手が記憶の奥に埋もれていた大切な約束を思い出させた。「そしたらぼくがまもるから」「・・・ぁっ・・・!?」気が付いたときには美菜の手を強く握っていた。家族になる前の夕焼け色の記憶。僕は美菜を知っていた。「ねぇ、覚えてる?昔にした、約束。」美菜の目に涙が浮かぶ。

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||

2013年8月14日 | 近親相姦体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】義理妹【体験談】

嫁さんが2人目の出産で入院中義理の妹が我が家の家事などを手伝う為家に来てくれた。
義理の妹の職場は嫁さんの実家よりもうちのアパートの方が近いので、泊り込みで。
義理の妹は、嫁さんとは違いデカパイ。しかもスタイル抜群ときていて、洗濯物で干してある
ブラとパンティを見てるだけで俺は興奮して勃起していた。
嫁さんは出産後実家に上の娘と里帰りして、義理の妹も来なくなった。俺は久しぶりの独身気分を楽しんでいた。
その日も仕事が終わり一人で一やっていたら、突然インターホンが。義理妹だった。
まだうちのアパートに着替えとか置きっぱなしだったので取りに来たとのこと。
すぐ帰るのだろうと思っていたが、俺が一人で飲んでいるのを見て哀れになったのか、一杯付き合うと言い出した。
2時間位飲んでいると二人ともほろ酔いでいい気分になり自然に話は下ネタへ。
「姉ちゃんとはどれくらいのペースでやってたの?」とか、「どんな体位が好きか?」とか質問攻めにあった。
俺も「今までの体験人数はどれ位?」とか「フェラは好きか?」とかそんな話に。
そんなくだらない話だけでも嫁がいなくて溜まっている俺はもうビンビン。
義理の妹もいい具合に酔いが回ってきたのか、はじめ向かい合って飲んでいたのに、いつの間にか隣
同士で飲んでいた。
俺は酔いに任せて目が合った瞬間にキスしてみた。嫌がられるかな?と思ったが、義理の妹の方が積極的に

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2013年8月13日 | 近親相姦体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】離婚2【体験談】

待っていてくれた人、お待たせしました。
昨日、とうとう妹をレイプしました。
妹が一番激しくオナニーしていた時のテープを妹の部屋の机の上に置いて、「これを見たら俺の部屋に来いよ」と書いて待っていた。
妹が帰宅して、「お兄ちゃんただいま!」と言って部屋に行き、俺はその時を待っていた。
だが、妹は予想外の行動にでて、ビデオを持って俺の部屋に来て「お兄ちゃんこれなぁに?」と聞いてきた。
俺は「見ればわかるよ」と言った。
妹は何か面白い物だと思って「えぇ?なんだろう?楽しみだなぁ(笑)」と言って部屋に戻った。
数分後、妹は震えながら俺の部屋に来た。
「これから何するかわかる?」妹は無言。
「こっち来なよ」
妹はこっちへ来て俺の前に立った。
「服を脱げよ」
妹は素直に脱いだ。
俺はブラジャーをとったところで胸を揉んだ。
妹は泣きそうな顔しながら黙って揉まれた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||

2013年8月13日 | 近親相姦体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】義姉【体験談】

兄が結婚して義姉が同居したのは僕が20の時、兄達は同じ年で27でした。1年ほどして子供が生まれ僕の家族は両親を含め6人家族になりました。
義姉は細身で初めて会った時は「綺麗な人だなあ」と兄が羨ましく、でも同居すると聞いた時は少しと嬉しかったのを覚えています
。同居してしばらくはお互いに気を使ってぎこちなかったですが、子供の子守をしたりしているうちに僕達は友人の様に打ち解けていきました。
時々義姉の姿にドキッとすることがありました。特に前かがみになったとき胸元から覗くブラジャーと、
少し小振りではありましたが胸の膨らみと谷間が見えると、それだけでドキドキしてしまい何時しか僕は義姉を思い浮べてオナニーするようになりました。
義姉の裸を想像するだけで激しく勃起してしまうのです。兄とSEXしてるかと考えると嫉妬さえ感じるようになってしまい、
なんとか自分の気持ちを押さえている…そんな毎日でした。僕は義姉への想いを募らせていきました。
同居を始めて3年程経ったある夜、僕は酒を飲んで酔ってしまい居間で寝込んでしまいました。夜中に義姉が起こしてくれました。
「風邪ひくわよ、自分の部屋で寝なさい」起き上がった僕はちょっとよろけてしまい、義姉が支えてくれました。
酔いのせいか僕は思わず軽く抱き締め、キスしてしまいました。「キャッ!」義姉は驚き僕を突き放しました。酔いが一気に冷めて我に返り、
僕は慌てて自分の部屋に戻りました。酔ってたとはいえ大変な事してしまった…その夜は一睡も出来ず朝になりました。
義姉と目を合わせられず、また義姉も僕を避けるようなぎこちない態度でした。(怒らせてしまった)それも無理のないことです。
しかし僕は謝るきっかけを掴めずにいて、また日が経てば経つほど気が重くなり家を出て一人暮らしをしようと真剣に悩むまでに、思い詰めていました。
気まずい雰囲気のまま半月程過ぎたある日、僕は熱を出し寝込んでしまいました。すると義姉が看病に来てくれたのです。
「熱ひどいの?」と枕元に座り僕を覗き込むように見ています。「義姉さん、この前はごめん…」熱で消え入るような声で謝りました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2013年8月12日 | 近親相姦体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】兄嫁と【体験談】

初体験は高校3年の夏、7つ年上の兄嫁と。
 家では兄夫婦と俺と両親で暮らしていた。
 ある日、兄嫁と俺だけの夕方。「彼女いないの?」「うん」「興味あるでしょ?」という会話。
 なんかむずむずして、テーブルで編み物をしていた兄嫁の後ろに行き「触っていい?」と聞いた。
「えっ、どうしたの?」と兄嫁は言ったが拒否しなかった。そのまま後ろから胸を揉んだ。
「大きい」とつぶやくと、「大きいよ。でも、下は駄目よ。大変なことになるから」と言われ、胸だけ揉んで終わった。
「兄貴に言わないでね」と言うと、「言うわけないでしょ」と優しく笑ってくれた。
 次の日、朝10時くらいに起きてくると、家族は出かけ、兄嫁しかいなかった。
「また触っていい?」と聞くと、「障子閉めてね」と言われ、障子を閉めた。そして、また後ろにまわり、胸を揉んだ。
 前日とは反応が違い、「んん・・んん」と声が漏れていた。
「感じる?」と聞くと、「もう濡れているんだから」と答えた。それは触っていいという合図だとわかった。
 でも、今までオマンコには触れたことが無い。場所がわからずドギマギしたらカッコ悪いな・・・と心配しながら、キュロットスカートの隙間から、パンティに辿りつき、腿の付け根から指を差し込むと、ヌルッと簡単に穴に指が入った。
 無造作に入った。
 その瞬間、「ああ〜・・・!!」という叫び声。
 兄嫁のそんな声を初めて聞いた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||

2013年8月11日 | 近親相姦体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

このページの先頭へ