近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【近親相姦】家族旅行【体験談】

私の家では毎年夏に一泊の旅行が恒例行事となっている
私(32歳)と、妻(30歳)、娘(3歳)、妻の母親(53歳)の四人で行っているのですが妻の父親は8年前に亡くなっている
妻の母親ですが身長は155cm程度ですがすごくグラマーで胸とお尻が大きい、いつも旅行の時はスッパツを穿いてくるのですがパンティーラインがくっきり浮き出ていて明らかに小さいのを穿いているのが分かる、お尻の割れ目の1/3は出ている状態だ。しかし妻の母親は淫乱ではなく、すごく真面目な人で妻が10歳頃までは中学校の国語の先生をしていた。
話は去年の旅行の時の話ですが、私はいくら真面目な母親でも8年も男と関係をしていないと相当欲求不満も溜まっているのではないかと思いある計画を立てました。それは私の勃起した一物を夜中に見せたらどんな反応をするか、というものです。もちろん私は寝た振りをして、いかにも朝立ちの状態でパンツ(ビキニ)から一物が半分でているという設定です。ちなみに私の一物は体つきの割りにでかい方で勃起時で20cmはあります。妻の母親ですが毎日夜中に2回ぐらいはトイレに立つ習慣があることを聞いています。
旅館に着き部屋へ行ってみると8畳ほどの狭い部屋で少し窮屈な感じでしたが、温泉に入り食事の後仲居さんが布団をひきに来ました布団は3つ川の字に並んでいました、娘と妻は同じ布団で一番奥に行き、妻の母親は一番出口側に、私は真中の布団にしました。
夜中クーラーも切れ少し暑いなーと思い右隣を見ると布団から出て浴衣がはだけた妻の母親の姿がありました。それはブラジャーはしているものの片方がもろに飛び出ていて下半身は小さいパンティーが丸見えの状態で付け根の部分から陰毛が何本もでていました。
それを見たとたん私の一物ははち切れんばかりに勃起して見事にパンツから半分以上露出しました。子供と妻は寝たら絶対朝まで起きないので後は妻の母親がトイレに起きるのを待つだけです。それから15分くらいたったころ、ようやく隣で浴衣を直す衣擦れの音がしました。
そして体を起こす音がしたので少し薄目を開けて見ると妻の母は一物を凝視していました。そして立ち上がりトイレにいきました、しばらくして戻ると私を通り過ぎ娘と妻のほうへ行き娘に布団を掛けなおしてくれました。たぶん娘と妻が熟睡しているか確認にいったと思いました、そして自分の布団に戻って来ると私が熟睡しているか見ていましたが、私の寝たふりが上手かったのか、なんと妻の母親は顔を一物に近づけてきました、そしてなんとパンツを少し下げてほぼ全部一物を露出させましたそしてゆっくり手で触りはじめました。
私はここで起きたら妻の母親をびっくりさせると思い、いきそうになるのを我慢していました。しばらくすると一物から手を離し自分の布団へ帰り
横になりました、すると浴衣の裾を少し開けてなんと自分のあそこを触りだしましたそして、くちゅ、くちゅ という音がして「うっ」と言う声が聞こえて静かになりました。朝起きてから、やはり後ろめたいのかあまり私とは目を合わせようとしませんでした。

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||

2013年8月21日 | 近親相姦体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】おばさんで筆おろし【体験談】

俺の場合、お姉さんじゃなくておばさんだった。
お姉さんと初体験とかうらやましい。
いいなぁ・・・私の初体験は近所に住むおばちゃんでした。
年は38くらいだったと思います。
小柄でぽっちゃりしてて、人当たりもいい人でした。
旦那と娘の3人暮らしの主婦でしたね。
うちの毋と仲良くて、結構家にきてたりしました。
当時、中3だった私はドラマの主題歌を歌ってた
小田和正の影響でオフコースとか聞いてて、彼女もオフコースファンで
そこから色々話をするようになりましたね。
CD貸してもらったり、たまにご飯食べさせてもらったりしてました。
旦那さんは商社勤めで海外出張が多かったみたいで
そんな時に夕飯とか食いにいってると「安心だわー」とか
言ってました。
自分は一人っ子だったんで、娘さんを妹のような感じで

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2013年8月20日 | 近親相姦体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】義理の母に逆レイプされた!?【体験談】

 私が中1の時に父は離婚して中3の時に再婚しました。相手もバツ1で息が合ったらしく出会って1ヶ月で再婚しました。
それから2年ほどは、平穏無事な毎日を送ってきました。
ある日、友達から借りたDVDをベッドの下に隠して出かけに行って、帰ってきたときに机の上にあったのを見たときは心臓から飛び出るくらいびっくりしました。見つかったDVDというのがまた若妻ものだなんて、本当に運が悪かったとしか言えなかった。
 その夜、みんな寝静まった頃、借りたDVDを見ようとすると、部屋の扉をノックする音が聞こえてきました。不振に思い扉を開けると、スケスケの下着を着けた30代独特のムッチリとした肌とシットリとした唇が目の前にありました。
 目のやり場に困り、2,3歩後ずさりすると、椅子につまづきその椅子に腰を下ろしてしまいました。
すでに、義母のそのイヤらしい姿を見て勃起してしまった自分の股間を押さえつけてしどろもどろに
「な、なにしに来たんだよ!でてけよ!」
と強い口調で言っても義母は聞こうとせず、スススと側によってきて私に馬乗りになり足に義母の股間を擦りつけながら
「Hしようかぁ」と耳で囁いてきました。
そのまるで魔性の女のような声と響きでもう逆らうことができませんでした。
そこからは義母のオンステージでした。
椅子に座っている自分のズボンのチャックを下げ、ペニスを取り出すと、しっとりとした唇が自分のペニスを咥え、舌べらで丁寧に愛撫してくれました。
その愛撫に僕はたまらなくただ、「あーあーあーあーあー」と言うことしかできませんでした。
1分も立たずすぐ義母の口の中に吐き出してしまった僕を嘲笑するわけでもなく、そのまま尿道に残った精液も吸い取ってくれました。
 股間から上り詰めてくる快感が途中で途切れたため、何事かと思い部屋を探すと、ベットの上に四つん這いになってスケスケショーツを横にずらし、秘所を広げていました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||

2013年8月20日 | 近親相姦体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】遠い思い出【体験談】

これは私が若かりし遠い昔のことである。
 次男坊である私は、一人娘である妻の家へ婿入りした。妻の父は2年前に亡くなり、義母は経済的生活安定のために喜んで迎えてくれた。
 私が妻に惹かれたのは、大柄で胸と腰の大きな身体であった。結婚して、その身体を抱けることが何よりの楽しみで、若かったので、毎晩喜んで抱いていた。
 だんだんと妻も性の喜びがわかってくると、声をあげるようになった。
 私は、隣の部屋で寝ている義母に気兼ねして、口を押えたり、声を出さないように言ったが、こらえても、やはり自然に洩れるのである。
 そのうちに、義母の態度がだんだんと、私と妻に辛くあたるようになってきた。
 ある晩、義母が肩を揉んでくれと言ったので、揉んであげた。
 強すぎると言うので、力を弱めて揉んでいると、気持ちがよいのか、だんだん体が重くなり、沈んでいった。それにつられて、半立ちになった息子をそっと背中にあててしまった。
 はっとしてすぐに離れ、「もういいでしょう」と言って立ち上がった。義母は「ありがとう」と言って肩を2、3回動かした。
 2、3日後にまた肩を揉んでくれと言われたので、揉んでいるとまた同じような状態になり、2、3度背中へ軽く接触し、堪らずに、思わず妻の見えない反対側の手で、義母の腹を触った。義母は「ふぅー」ため息をついたようである。
 これ以上続けることは危険であるので「もういいですね」と言って離れた。その夜は妻の身体を激しく求めた。よがり声が、いつもより大きくなってきたが、かまわずに攻めた。
 翌日の夕食後すぐに、また肩揉みを頼まれたので、妻が食器洗いをしているのをよいことに、今度は大胆になり、後ろから抱きつき、両手で腹から胸に触った。義母は身悶えした。
 翌日、妻のいない所で義母から叱られた。
「すみません。もうしませんから許して下さい」と謝り、セクハラ行為を恥じた。次の日からは、心を冷静に保ち、なるべく離れて揉んだ。
 数日後の日曜日の午後、妻が外出した時に、肩揉みを頼まれた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||

2013年8月19日 | 近親相姦体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】義母【体験談】

妻が交通事故で足を骨折し約1ケ月入院する事になり
小学生の子供がいる為、義母が家の手伝いに来てくれる
事になりました。
私は、40歳、妻36歳、義母は59歳、義父は68歳
義父も義母も女房も元教師で、私も小学校の教諭という教育者
一家なんです、義母は昨年まで中学で数学を教えていました
ので、まだまだ元気で、150cmぐらいの小柄で、自慢は
若い時から体形がほとんど変わっていないという事
女房は165cmの大柄で、胸もDカップというグラマー体形
ですが、義母は150cmの小柄で、Aカップというか
すこし膨らみがあるというロリコン体形なんです、初めて女房に
紹介された時には、女房の姉といっても通るんじゃないかと
思った程です
女房の入院も2週間ぐらいになった夜、子供は学校のキャンプで
家におらず、義母と二人だけでした

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2013年8月19日 | 近親相姦体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】姉の嫁ぎ先【体験談】

去年の夏、合宿が終わって帰るときに思いついて姉の所に寄ってみようと電車を乗り換えて電話もせずに行ってしまったが、姉夫婦は夏休みを利用して旅行に出たそうで留守番してる旦那さんのお母さんがいただけだった。
突然寄った事を説明して、玄関先で失礼しようとしましたが、お母さんは折角来たのだからとあげてくれて、お寿司を取ってくれたりビールまで出してくれて歓迎をしてくれました。
遠慮しないようにと缶ビールを三本も次々とあけてくれるので飲んでしまったが、合宿の疲れで酔いが回るのが早く、
「もうご馳走様ですよ。酔ってしまいした。」
「若いんだから大丈夫でしょう。」
「すみません、ちょっと寝てもいいですか?。」
勧められて悪いと思って飲んでしまったが、疲れがどっと出た感じで眠くなってしまい、寝かせてもらう事にしました。
二三時間ほど眠ったでしょうか、目を覚ますと夏掛けが掛けられていて、座卓の向かいにおばさんも寝てしまったのだろうか、私の方に足を向けて横になっている姿が見え、合宿後の満腹と酔いとぐっすりと眠った私に残っているには性欲だけ、私の母親よりも年上で、60は過ぎていると思われるおばさんだが、足先から見上げるように見える姿は中肉中背だが大きそうな胸の膨らみ、年齢の割には括れてるウエストと大きく張り出した様子の腰辺りは、何とも言えない容姿の様に思い出されだして、ゆったりと寝息感じのおばさんの様子を伺い始めてしまい、投げ出している足の合間を覗くように伺い、微かに見えそうな白いパンツが何とも嫌らしい興奮を誘い出されて、姉の旦那さんのお母さんである以上変な事は出来ない自制心が強烈でありながらも、何とかスカートの中を覗いてみたい衝動はどうすることもできず、こんなチャンスは二度と訪れる事などなくて、葛藤する戦いは目の前のおばさんの素足には勝てなかったのでした。
そーっと手を伸ばしておばさんの足を掴み、向こうに見えるおばさんの顔は下から見ている事で目を開けているか瞑っているかは僅かな気配しか分からず、後は感に頼るしかない危険な行動でした。
微かに開き感じの足を静かに横に動かそうと必死で、スカートの中に目を、おばさんの様子に目をと目まぐるしく様子を伺いながら僅かに動かすのもやっとの事でした。
心臓は爆発寸前のように激しく鼓動を打ち、何度も一息ついてはと自分の危険な行動と興奮の狭間でおばさんの足を広げていくのに必死になっておりました。
一息呼吸をしながら何度繰り替えしましたかおばさんの足をある程度広げる事ができて、真っ白に輝くパンツを覗き見ることに成功しました。
むっちりと言う言葉がぴったりの様な太腿、そしてうちの母親の洗濯物で見るばばパンツとは違って、シルクのように反射するほどの光沢で、股間を包む張り出しが見事で、ピッタリと吸い付いてるパンツ、絶景の言葉を言ってしまいたくなるおばさんのパンツ景色、見事なまでに盛り上がった土手の膨らみ、股合間に着いた肉盛り、どれを取っても興奮を誘い、覗いてしまった衝動を更にエスカレートさせてしまうものでした。
手を伸ばして触り捲くりたい衝動、襲い掛かってぶち込みたい妄想、おばさんが気が着いて、覗いてる事を知られて、姉にでも言われてしまったら、自制心で押し殺す事に必死でしたが、この光景をおばさんの股間の姿を、指を咥えて覗く事だけで我慢していなくてはならないものに何とか納める事ができました。
そして後はセンズリを掻いてしまう事で慰めるしかない状況、それなら昔のように姉のパンツでも合わせておかずにしようと探し、洗濯機の中にあった洗濯物はおばさんの物のようで、おばさんのパンツを見つけ、必死に臭いを嗅ぎまわって、おばさんの股間の匂い、悪巧みは出来る所まで突き進んでしまい、おばさんのパンツを持って、おばさんの股間を拝みながらおばさんのパンツの匂いを嗅ぎこんで、擦り続けるオナに走ってしまいました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||

2013年8月18日 | 近親相姦体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】義母【体験談】

30歳既婚の会社員です。妻は26歳、1歳になる息子がいます。お話しする内容は1年半ほど前の息子が産まれる3日前のことです。
妻の出産予定日が近づき、義母が我が家に泊まりに来てくれました。義母は48歳(当時)で若いころは某歌劇団に属していたということで、お世辞抜きにして綺麗で若々しく、30代は言い過ぎにしても40歳そこそこに見られます。芸能人で言えば由美かおるをイメージしてもらえれば解りやすいと思います。
義母が来てくれた翌日、妻の陣痛が始まり車で病院に連れて行きました。しかし、初産ということもあり、なかなか出産の兆候が見えてきませんでした。先生からも「まだしばらく出てこないでしょうからいったん戻られてもいいと思いますよ」とのお話を頂きました。でも妻は「お腹の中で暴れているからいつどうなるか怖い」と言ってそのまま入院させてもらうことにしたのです。着替えなどの準備をするために家に残ってくれた義母にその旨連絡しました。さすがに義母は落ち着いていて「やっぱりそうでしょ。私もあのこを産んだときそうだったのよ」と電話口で笑いながら言ったものです。そして「あと1日2日は出ないからあなたは戻っていらっしゃいな。明日になったら私が行くから」と冷静に指示を出してくれました。私も仕事の関係で翌日は休めない状況だったので、妻に話して帰宅しました。
帰ると義母は晩酌の用意をしてくれていました。
「お義母さん、すいません」
「うちの主人もそうだったけど、何していいのかわからないでしょ(笑)」
「こういうときは男っていうのは戦力外もいいとこですね(苦笑)」
「まぁここまで来たら後は出てくるのを待つだけだからね。出たくなったら勝手に出てくるよ。もしその時が会社にいる時間帯だったら連絡してあげるから出来るだけ早く行ってあげてね」
しばらくそんな会話をして、気がつくと時間は午前1時をまわっていました。そろそろ休みましょうということになって義母が「先にお風呂入りなさいな。布団は敷いといてあげるから」と言うので「じゃあ先に入らせてもらいます」と言って風呂に入りました。
タオルに石鹸をつけて洗っているところに義母がドアの外から声をかけてきました。
「タクさん、飲んだ後なんだから温めのお湯じゃないとダメだよ」
「大丈夫ですよ。元々熱いのは苦手だから・・・」
「背中流してあげようか?」
「いやそこまでは結構・・・」
最後の「ですよ」を言う前に義母は入ってきてしまいました。バスタオルを巻いただけの格好で・・・。普段の義母も綺麗だと思っていましたが、こんな格好をされると綺麗な上に色っぽさもあって私の下半身は見る見るうちに元気になってしまいました。慌てて手に持っていたタオルでそれを隠して

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||

2013年8月18日 | 近親相姦体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】さや 〜四の回〜【体験談】

沙耶はコーヒーを口にする。
すっかり冷めた飲み物だ。

俺は正座をしている。

そんな俺を沙耶は仁王立ちで見下ろしていた。

「ねえ、こーくん」

「ごめん、としか言えない」

「一時の気の迷いだよね?」

言葉選びに悩む。
こんな劣勢、親からも受けたことはない。でもすべては俺のせい。重々承知している。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2013年8月18日 | 近親相姦体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】さや 〜参の回〜【体験談】

ある種の出来心から始まった俺の盗撮DAYS。
沙耶が実家に戻る度に実行した。

何度見ても美しい肢体。顔。乳。陰毛。

俺はお礼として精液を飛ばした。

抜き終わった後に気付く。

興奮は射精ではなく、もしかすると盗撮行為のスリルの方が上かもしれない、と。そんなことも思うが、しかしレンズ越しの沙耶を見つめるとその裸体がすべてと思わざるを得ない。

そんな日々が一年続いたある夏の日。

妻が妊娠した。そうか、と俺は思った。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2013年8月17日 | 近親相姦体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】さや 〜弐の回〜【体験談】

風呂を上がると、

「こーくん、お疲れー」

なんて沙耶はやさしく声をかけてきた。

淫売のくせに、俺を欺いている。彼女は俺が下着を愛撫しているのを知っているのに、知らない振りをしている。そう思った。

我慢できず、俺は一人部屋に戻った。

追いかけて来た妻は不安そうに疑問を投げかけてきたが、興味はなかった。きっと俺は怯えて見えただろう。名前も知らない不安は胸ぐらを掴んで言った。

『この変態野郎め。淫売以下のクズ野郎』

俺は小さく笑いながら、妻に「大丈夫だよ」と答えた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2013年8月17日 | 近親相姦体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

このページの先頭へ