近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】入ったばかりの准看護師たちの実地研修に協力【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
4日間入院してました。
とても暇なので、チンポはびんびんです。(内臓系の検査のため体調はいたって好調)
病室で検査のため、チューブをつけられて動けません。
確認に看護婦が来る時間になると、チンポをしごいてびんびんにしておきます。(いく寸前にしておきます)
検査は腎臓のため、チンポのすぐ上です。
下半身にかけてある布を取ると、びんびんチンポがぴくぴくいっています。
看護婦は顔を真っ赤にしてチューブを調整しています。
「すいません」
と言うと、
「生理現象ですから」
と言って許してくれます。
初日に5回ほどそれをやっていたら、見習いの準看からベテランの30中盤の正看護婦に変わりました。
2日目もそれをしていたら、2回目はチューブを操作しにくいからと言って手でこすって出してくれました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2016年2月5日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

このページの先頭へ