近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】姉に酷いことをしました(「姉の生理」続き)【体験談】

この話は、前回の「姉の生理の手当て(タンポン)」

の続きです。

あの時たまたま聞こえた母親の声と姉の悲鳴から、俺は女性が生理ですごく辛い
思いをすることがあることを知った(そりゃあまり辛くない人もいるだろうけどさ)。
それから何年も経った今、そんな話を投稿したのは、正直に言うと

「どーよ、おまえら男どもはみんな知らないだろうけど、女って割と知らないと
ころで苦労してんだぜー。思い出せる限り詳しく書いたから勉強になっただろ?
わかったらどんどん“イイ!!”を押してくれよなー」

くらいの気持ちだった。

こんなことを知っている男性なんてそんなにいないだろうから、きっと新鮮に感

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||

2018年6月19日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】調教されて・・お尻の処女を奪われた【体験談】

私はタレントの芹那にちょっと似たスレンダーなEカップ27歳の人妻です。

結婚して3年の旦那は仕事に忙しくてかまってくれず最近はレスでした。
ネットで見つけたエッチ系のSNSに登録してストレス発散?・・

でも、やっぱり物足りない。そんな時に知り合ったS。
仲良くなりスカイプで音声チャットするまでに。

一度・・スカイプエッチで調教された・・恥ずかしかったけどゾクゾクした。
私の声がアニメ調なのに興奮するS。

ある日話題が・・お尻の話になり・・
Sは経験あるみたいで話を聞いているうちに・・
『体験してみたい・・』って言っちゃった。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||

2018年6月17日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】妻に目隠しをした状態で、連れ子の息子に手招きした【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
息子(妻の連れ子)は、ほとんど毎晩のように私と妻のSEXを覗きに来るようになりました。
そろそろ頃合いだと思った私は、先日、SEXの後に疲れて熟睡している妻を寝室に残して息子の部屋に向かいました。
息子は部屋に入ってきた私に驚いたようでした。
きっと覗いていた事を叱られると思ったのでしょう。
身体を硬くして俯いている息子に、私は声をかけました。
「SEXに興味があるのか?そうだよな。でも、中学生のお前にはまだ早すぎるな。もし友達の女の子とHして赤ちゃんでもできたら大変な事になるだろう。分かるよな?」
思いがけず優しく言葉をかけられた息子は、驚きながらもほっとした様子でした。
「ごめんなさい。もう覗かないから・・・」
そう言う息子に理解ある父親を演じながら、私はついに息子をあの計画に誘いました。
「そうは言っても、興味はあるだろ?お前くらいの年頃なら”Hしたい”って気持ちはあって当然だしな・・・うん・・・そうだな・・・お前、ここからの話は母さんには内緒だぞ。約束出来るか?」
「え?何?どういう事?」
「いいから、約束出来るか?どうなんだ」
息子は突然話の雰囲気が変わって戸惑っていましたが、私の勢いに押されて返事をしました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2018年6月9日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】目隠しをされて代わる代わる犯された【体験談】

私は後悔しています。
後悔しても既に手遅れで、いずれは主人にもバレてしまい離婚されると思います。
私は結婚4年目、32歳の専業主婦で主人は34歳の公務員です。
都内の官舎に住んでいますが、どうも同じ感謝の奥さん達とは話が合わず、引き籠ってネットで遊んでいました。
某SNSで遊んでいて、若い男の子達のグループと仲良くなり、オフ会とかで食べに行ったり主人が地方出張の時は飲みに行ったりもしました。
彼らは地方から来ている大学生で、しかもお金持ちのボンボンなのです。
そのうちにグループの一人の翔太くんと仲良くなり二人だけで会うようになり大人の関係になってしまいました。
背も高く、甘いマスクで冗談ばかり言う優しそうな男の子でした。
もちろん主人には悪いなぁと思いながら彼に惹かれていってしまったのです。
でも彼も彼の仲間も本当は鬼畜だったのです。
騙された私は本当に馬鹿でした。
付き合い出して7回か8回ほど関係を持った頃でした。
彼と一緒に彼のマンションに誘われて行った時の事です。
彼のマンションは彼同様にお金持ちの子息ばかりが入居していると聞かされました。
そのマンションの12階に彼の部屋があります。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2018年5月31日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】私の日記【体験談】

3月27日。親友の和恵から電話。31日に会えないかしら?え?予定あるのに!
3月31日。一人息子がクラブに出掛ける朝。友達と会うから、今日は少し遅くなるからと告げる。友達を連れて来るし、いいよと。いつもの友達。洗濯した下着は、自分の部屋に移した。やっぱり、何かと心配になるし・・・。
シャワーを浴びて、入念にお化粧。親友との待ち合わせは、11時の駅前。
いつもの喫茶店には、和恵が来ていた。奥の席。少し太った感じがするけど気のせい?
和恵にも一人息子さんがいて、地方で就職した。3年前に離婚してから、最近同棲している彼との事らしい。「妊娠したのよ」と告げられた。やはり、そうか。彼の子?もちろん、そうだった。その彼は、23歳のディーラー勤務の彼。一度だけ出会ったことがある。この秋、彼と再婚するらしい。でも、おめでとうと言った。和恵は、喜んでいた。3か月目に入ったらしい。お腹がふっくらとしている感じかな。長男にも告白して、喜んでくれたらしい。よかったね。
軽く昼食も取り、紅茶を飲む。着信音が鳴り、メールが入る。彼からのはず。思わず、落ちかなくなる。時間が気になる。「何だか、そわそわしてるわね」と言われ、見透かされている。「男?」「そんなんじゃないわよ」否定してみる。和恵の頬に笑みが出ている。
駅に入り、電車に乗る。ふた駅向こう。駅前のデパートのお手洗いに入る。もうすでに5分の遅刻。鏡の前でお化粧を直し、ルージュを引き直す。メールを確認する。「B14」だけ。それでも二人だけに通じる文字。エレベーターで地下の駐車場に降りる。空間に響くブーツの音。やっぱり、早足になっている、自然に。B14 ・・・あった。彼の車が、向こう向きに止まっていた。ガラスをノックして、後ろの座席に入る。
隣りに、彼が座っていた。「ごめんね、遅れっちゃった」彼は笑って首を振る。10分の遅刻。
「会いたかったわ」彼に向かって本心が出てしまう。「俺も」彼は私を抱き寄せてくれる。フィルムのガラスで中は見えない。彼の唇が重なる。受け止める私。
妻でもなく、母親でもなく、一人の女としての瞬間。彼の舌を受け入れる。幸せを感じる。「強く抱いて・・・」彼は、ぐっと私を抱きしめてくれた。私の髪を優しく撫でてくれ、「伸びたね」
「会いたかった・・・」「俺も」また、熱く長いキス。ルージュが取れてしまう。
先週は、私の都合で会えなかった。先々週は、熱い時間を彼からもらった。その名残を、彼が確認する。右側の耳の下の首筋。赤いキスマークがずっと残っていた。息子に気づかれない様に、ずっとタートルのセーターで隠し通した。今朝は、ほとんど残っていない。彼は私の髪をかき分け、キスマークを探す。また、同じ所にキスして来る。
「もう、そんな所だめよ」でも、彼は聞かない。同じ様に、赤いマークが出来た。
春先でも、しばらくタートルネックが続きそうだ。
スカートの裾からのぞく素足の白い腿と膝。彼の指先がなぞる。そっとその手に指を重ねる。耳元に、彼が囁く。「何色?」「ん・・・もう。知りません」彼を軽く睨む。大好きな彼。美容師の卵。4月14日には、21歳になる。プレゼントは考えてある。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||

2018年5月20日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】妻が他人棒に夢中になるまで【体験談】

ありきたりの話かもしれませんが私と妻の事を書きたいと思います。

私は41、妻の美穂(仮名)は36で結婚十年目で、妻は昼間近所で事務のパートをしています。
三年ほど前に妻の高校時代の同窓会があり、妻は出席しました。
その時はなにもなかったのですが、久しぶりに元彼と会ったとの言葉を聞いて急に妻の過去の性体験が気になりベッドに入ってから元彼について聞きました。
「もしかして同窓会で会った元彼って美穂の初めての相手?」
「さあね?」
「高校生の時に初めてエッチしたって言ってたよな?」
「どうしても聞きたい?」
「そりゃ美穂の事は全部知っておきたいから…」
「話したらやきもち妬かない?」
「妬くけどちゃんと知っておきたい。」
「じゃあ話すね。今日会った元彼が初エッチの相手だよ」
その時に激しいドキドキ感が私を襲い、頭がクラクラしました。
言葉が出なくなってしまった私に

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2018年3月8日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【寝取られ】怖い人達と揉めて仲裁してくれた先輩に彼女を強引に犯された【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
俺にはYっていう一緒に住んでいた彼女がいたんだ。
俺が言うのもなんだけど良い女でさ、皆に羨ましがられていたよ。
顔は真鍋かをり似、服屋の店員でお洒落、身長167センチ色白で手足は細く長く、胸は形のいいEカップ。
男なら誰でもやりたいと思うタイプで、他の男から守るのに気を使っていたよ。
ある時、俺が仕事でトラブっちゃって、怖い人たちと揉めたんだけど、そこでOって先輩に話をつけてもらった。
それがケチの付き始めで、謝礼10万で話をつけようと思ったんだけど、Oは
「K(俺)の女を一晩貸せ」
って言い出したんだ。
もちろん、
「それはできません、無理です」
って言った。
脅されたりしたけど頑張った。
でもOは諦めず

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2018年2月6日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】妻を輪姦【体験談】

私は45歳の医者です。実家のほうが先祖代々その系統なため、実力も
無いのに一生懸命努力して漸く資格を手に入れたといった具合で
結婚も遅く42歳でなんとか妻を迎えることができた次第です。
 妻は私より19歳下で、私の母が所謂見つけてくれた訳で、自分の
配偶者だという感情を差し引いたとしても、外見・性格とも申し分
ない女性で正直平凡な40男の私には過ぎた嫁と思います。
よく、知られてる事とは思いますが、私どもの業界では横のつながり
出身校・地域等の関係が深く、プライベートでも家族ぐるみの交際
奥さん同士の付き合いもなかなか、大変なんですが、それもそつなく
こなしてくれて、同期の者からも、結婚は遅かったが、若くて・美人
で、一番いいかみさんをもらったと、うらやましく思われている
ようです。
夜の生活のほうも、無垢なまま嫁いできた妻は、徐々にではあります
が、その喜びも覚え、また、私を喜ばせる術をそれなりに身につけ
勤務の関係上、毎日のようにって訳じゃないですが、週に1・2回は

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月16日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】妻と童貞【体験談】

妻は22歳で胸は小さめですが、スタイルはかなり良いと思います。
顔もキレイ系で今でもよくナンパされます。
性に対して消極的なので年上の男性に淫らにしてもらおうと思ったのですが、妻がリードして童貞を奪う所も見てみたく童貞君を募集しました。
相手はすぐに見つかりました。K君(19歳)大学生です。三人でホテルに入り皆緊張していたので酒を呑みながらAV観たり世間話しをして場をもたせました。
先に僕と妻がシャワーを浴びに行くと妻はずっと緊張しているみたいで黙ったままでした。

僕と妻は先にシャワーを済ませ次にK君にシャワーを浴びてもらいました。
K君がシャワーを浴びてる時に妻が『本当にするの?』と、聞いてきたので『今更ここまできて引き返せないだろ?』と妻を何とか納得させました。
K君がシャワーを終わり出てきて妻と僕はビックリしました。
デカイ!!僕のは人並みくらいなんですがK君のは僕のと比べてもハンパじゃなく大きかったんです。
妻と顔を見合わせ二人とも唖然としていました。
K君は普通だと思っていたらしく僕は情けない気持ちになりました。

妻はかなり緊張しているみたいだったので先に妻と僕がベッドに入りK君には見ててもらう事になりました。
恥ずかしがっているようなので妻に目隠しをして『これなら大丈夫だろ』と言い妻にキスをし、いつも以上に念入りに愛撫を繰り返しました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||

2017年11月18日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】罵って欲しい。。【体験談】

変態女。。露出狂。。。罵って欲しい。。
翔子です。今日は隣接する県の県境までドライブに行ってきました。依然お友達と行った所で、大きな道路の横には、大型トラックの駐車場や広い畑がずっと続いているんです。そして大きな川が流れていて、人気もなく、ここなら裸になれるかな。。。ってずっと思っていた場所なんです。車を止めて置く場所には困らないほど、広い空き地や草叢がいっぱいありました。でも、知らない場所で1人で露出するのって、やっぱりちょっと恐いですね。たとえば、海とか山とかなら少し大胆になれるのですが、人気が少ないとはいえ、誰もいないわけではないし民家だってあります。車を停め、降りたら一気に脱いで全裸になろうと思っていたのですが、なかなか脱げませんでした。今日はブラウスにミニのラップスカート(巻きスカート)を穿いていきました。下着も普通に、ブラとショーツを着け、パンストも穿いていきました。周囲には誰もいないのに、服を脱ぐのを躊躇ってしまいました。やはりお外で、しかも明るい太陽の下で服を脱ぐのって勇気が要りますね。自宅の近所での全裸歩行より、ある意味恐くて刺激がありました。しばらくの間、服を脱げそうな場所を探しながらうろうろして河川敷まで降りていきました。自宅の近所を全裸で歩いたんだから、できる。。。自分に言い聞かせブラウスのボタンを外しブラウスを脱ぎました。緊張と興奮からかボタンを外す指先が震えていてうまく外せません。上半身、ブラ一枚だけになると急に、どこからか見られているような視線を感じて思わずあたりを見回してしまいました。。でも見渡せる範囲内には誰もいません。それから、スカートのボタンを外すとスカートはストン、と足元に落ちます。そしてパンスト。パンストを脱ぐときって、身体を少し屈め、お尻を突き出すようにしなければなりません。恥ずかしいですね。やはり興奮していたのか、あそこから溢れ出したお汁がショーツを通してパンストにまで大きな染みを作っていました。最後に腕を後に廻してブラのホックを外します。乳房からブラカップを外すと、それほど大きくない私のおっぱいがプルンと揺れて顔を出します。やはり乳首は固く、尖っていました。ブラを外すとなぜか開放感を感じますね。脱いだ服は紙袋に入れて草叢に隠しました。もし誰かに見つかって持っていかれたら。。。それこそ全裸のまま歩いて帰らなくてはならなくなってしまいます。そんな不安が心の片隅を過ぎりました。でも、太陽の下で全裸になる。。。という興奮と刺激には勝てません。時間は午後の3時ごろ。。。多少曇ってはいたものの、明るい太陽が全裸の私を照らしています。明るい太陽の下で服を脱ぎ、全裸になるって。。ものすごい羞恥。。。そして緊張と興奮で身体が震えそうになるほどです。向こう岸に誰かいたら、全裸の私は丸見えです。。。震えている脚を押えるようにして、河川敷に沿って歩きました。少し先に、建築中の建物がある広場があるんです。そこまで行くと自分で決めていました。でも、その広場に行くには、いったん堤防になっているところを登らないと行けないんです。知らない場所だし。。。そう自分に言い聞かせながら堤防の階段をゆっくりと登りました。堤防の上は当然、遠くまで見渡せるような高い場所です。さすがにゆっくりとは歩けません。堤防の上は走り抜けました。広場に誰かいたら。。。そんな不安が頭の中を過ぎりました。でも、いいや。そのときはそのとき。。。と開き直った気持ちで広場に下りました。幸いなことに広場には誰もいませんでした。でも広場の横の道を自動車やトラックが通り過ぎて生きます。駐車してある車や置いてある建築資材の陰に隠れるようにしながら、建築中の建物まで行きました。まだ壁はなく柱しかない建物でしたが、それでも中に入るとすごく安心しました。脚は震え、胸もドキドキ。。。あそこも。。グッチョリとなるまで濡れていました。溢れ出したお汁は太腿を流れ膝くらいにまで。。。着ていた服は河川敷に。。。また戻らなければなりません。大きく深呼吸をしてから、また隠れるようにして。でも来たときよりは大胆に歩いて戻りました。堤防もゆっくりと上がりました。来るときは走って通った堤防の上もゆっくりと歩いてみました。そして途中で立ち止まって周りを見回して見ました。遠くに橋があり、お休みのせいが車は渋滞していました。遠くからでも見渡せる場所で全裸のまま立っている。。。ものすごい羞恥。。。そして緊張と興奮で身体がまた震えそうになってしまいます。乳首もクリもこれ以上にないと言うくらいに固く尖り、ピクピクと振るえているようにさえ感じていました。河川敷に降り、脱いだ服を隠してある草叢のところまで戻ってもすぐに服を着る気にはなれません。もう少し裸のままでいたい。。。私はそのまま、車からタオルと手錠を出すと、反対側の岸に向けて大きく脚を開き、タオルで目隠しをしました。そして手を後に廻して手錠をかけました。。。もちろん、玩具の手錠です。それでも、手を後に廻して手錠をかけると拘束感があります。なにか。。。誘拐されて全裸のまま後手錠で放置されている。。。そんな気にさえなってきます。目が見えないせいか、全身の神経がピリピリしているようです。遠くを走る車の音、風の音、そして風が草叢を走りすぎるときの音。。。普段何気ない音が、全身が耳に鳴ったように聞こえてきます。しばらくしてから手錠をはずし、今度は四つん這いになって歩いてみました。10メートルくらい四つん這いのまま歩いたでしょうか。。。まるで、犬のように。。。私は一匹の犬。。。手のひらと膝が痛い。。。その痛さが、四つん這いで歩いているんだな。。と実感させられます。もし、後に人が来たら、私のグッショリ濡れたあそこはもちろん、お尻の穴まで見られてしまいます。恥ずかしい格好です。恥ずかしくて見られたくない格好。。でも、見られたい。。変態女。。露出狂。。。罵って欲しい。。そんなことを考えていたら、我慢できなくなって、してしまいました。オナニー。。。肩で身体を支えるようにして、手を後に廻して濡れたあそこに。。恥ずかしいけど、あっという間にイッてしまいました。股間は濡れてぐちょぐちょになっていました。あそこに入れていた指先から手のひらまでもが、びっしょり。。イッたあと腰から力が抜けてすぐには立てないほどでした。しばらく休んでから帰りました。帰り。。私は下着も着けず、スカートも穿かず、ブラウスだけを羽織るように着て車に乗りました。股間を晒したまま運転してきました。普通車を運転している人には分らないかも知れませんが大形のトラックやバス、ワゴンの人には見られたかも。。。時折、クラクションを鳴らしたりライトをパッシングさせて通り過ぎて行った車があったので見られたのかも知れません。私は恥ずかしくて、前を見ているのが精一杯。横を振り向く勇気はありませんでした。家に着いたときはお尻の下はびっしょり濡れ、大きな染みを作っていました。

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||

2017年11月8日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談
1 / 1712345...10...最後 »

このページの先頭へ