近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】水泳教室にて【体験談】

中学1年の時、僕は当時水泳教室に通っていました。
ちなみにその教室ではプロ仕様の競泳水着着用でした。
ある日女子数人と仲良く喋っていました。
すると同じ班だった男子が僕を羽交い絞めにして
もう1人の男子が僕の競パンとその下に着用
していたサポーターを一気にズリ下げたのです。
ズリ下ろされた物はビリッと破れその時勃起していたので
微妙に毛の生えているおちんちんがへそに付きそうなくらい
ビーンと反り返りました。
数秒の沈黙の後女子の凄い悲鳴が・・・・・・・・・・
その後も羽交い絞めが数十秒続きました。
女子は顔を背けながらも横目で見たり
手で顔を隠しながらも指の間から見ています。
そしてやっと外してもらえた後、僕は女子の前で
隠すのも忘れ大泣きしてしまいました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||

2018年4月28日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】透けた競泳水着【体験談】

小学校4年生の時プール移転の為、通いきれずに辞めたスイミングクラブに中学の途中から復帰した。

理由は世話になった先生からの戻ってこないか?って声を掛けて頂いた事だが、当時、私立の男子校に通っていたので、同世代の女の子目当てだったってのが本音だった。

特に近所に住んでいる一つ年上のYさんに憧れていたので、彼女に逢いたい一心で練習会にも積極的に参加していきました。

でも、美味しかった事って言えばせいぜい、臨海合宿に行く時、夜行のマイクロバスで運転席の横の助手席に座った時に、斜め後ろの補助席の先頭ががYさんで、彼女はデニム生地のミニスカートを履いていたけれど、膝はピッタリと閉じられていたので、膝とスカートの逆三角の隙間は大きいのですが、暗くて中までは見えませんでした。

しかし、バスが走り出すと自分の座席位置が若干低めだったのも幸いして、バス特有の大きなフロントガラスから差し込む街頭の灯りや対向車のヘッドライトの鋭い光が彼女のスカートの奥にまで届き、その度に白い下着がチラチラと見え隠れして、意味もなく何度も振り向いて彼女に気付かれない様にしてはスカートの中を凝視して、興奮してしまった事位でした。

まぁ年頃な女の子、ガードが堅くて当然で、クラブの水着も競泳用だったけれど色は濃紺で体型が解る程度でした。

自分が高校生の頃には毎年大会や競技会に参加するための選手登録を任されていましたが、申し込み用紙には何故か胸囲を書き込む欄が有り、女子の胸の大きさを知る事が出来ました。

Yさんのバストは、申告だと80だったがアンダーが細いのかボリュームがありました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||

2018年1月31日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】スクール水着【体験談】

<>768大人の名無しさん2011/09/26(月)19:32:36.28ID:HXZagQbi<>

中3の時、俺と兄と友達とスクパンで市民プールに行ったが、そいつの中2の妹も一緒に来た。
それが水泳部の変な女でね。
すげー薄いヨレヨレの競泳水着で、パッドも入れてないから結構でかい胸と乳首丸見え状態。
そのスタイルで、ひたすら兄と俺を誘惑してくるんだよ。勿論、ふざけてだけど。

それで止むを得ず勃起したのだが、その妹、

「やったー!勃起!勃起!!」
と大はしゃぎ。

近くの人には振り向かれるし、もう散々。

水泳部に性的変態嗜好の奴は多いとは聞いていたが、、、、

近親相姦体験談検索用タグ

|||||

2018年1月15日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】水泳部で男性顧問とグルになって若い女性顧問にセクハラ【体験談】

埼玉県/あきひこさん(20代)からの投稿
—-
2年前の高2の頃のこと。
僕は水泳部に所属していて、1年の時は40代の男の顧問と太った50代の女の顧問だった。
しかしその女性顧問は春になり転勤し、4月から新しい女性の顧問がやってきた。
美紀先生だ。専門教科は英語。
24歳ほんのり茶髪で、色白でかわいい。
身長155ぐらいで肩幅はそこまで広くないスレンダーで、胸もEからFといったところで大きい。
まあしかし女子水泳部の顧問で俺たちは関わりが無いだろうそう考えていた。
しかし、俺たちが美味しい思いをする好機が今年は重なったのだ。
実は前の年、俺たちの代の不良部員が喫煙と喧嘩で処分され、部を追われたが残った男子も大会を自粛したが、代わりに大会期間は合宿に行くことになった。
それから美紀先生は水泳経験ゼロであった。
だからスタイルが良いのだ。
そこで大会直前と大会には前年までの女性顧問がやってきて面倒を見ることになった。
そんなことが重なり、美紀先生は研修も兼ねて男子の合宿に同行することになった。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2017年11月10日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】全裸ゴーグル 【体験談】

高校時代に水泳部に所属していた私は、毎年恒例の夏合宿に参加するため海近くの合宿所に3泊4日で泊まることになった。

水泳部といっても男子4人、女子3人の小さな部。

顧問の先生は夕方にみんなで食事をとると、自動車で隣町に買い物にでかけて就寝時間まで帰ってこなかった。

海が近くにあるのに昼間は練習で泳げない。このままだと一度も海に入らずにおわってしまう。そこで3人で相談して2日目に食事が終わって、顧問がいなくなった後、合宿所を抜け出した。みんなお尻を半分以上さらけだしているSpeedoの競泳水着にTシャツを羽織って、自転車で海へ向かった。男子にばれないように持ってきたのは、握りしめたスイミングタオルとゴーグルだけだ。

彩香と千夏と私の3人は前の日に目をつけていた誰もいない浜へ着くと、Tシャツを脱いで海に入って泳いだ。

プールと違って今なら男子の目を気にすることもない、競泳水着がお尻に食い込んだっておかまいなしに泳ぐのがこんなに気持ちいいものだとは思わなかった。

競泳水着を遊びで着るのはこれが始めてだった。

彩香は突然水着を脱ぎ始め、腰あたりまで脱いで上半身胸をさらけだした。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||

2016年6月3日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】女子大生 果歩 3 【体験談】

21

「じゃあ果歩、バイト頑張ってね。」

「うん、じゃねぇ知子ちゃん。」

大学を終えた果歩は知子と別れて、アルバイト先のトミタスポーツへ向かった。

トミタスポーツの仕事にも慣れてきた今日この頃。

いや、慣れるというか、トミタスポーツでの仕事は今のところ受付だけで、高い時給のわりに楽な仕事。

高い時給はもちろん嬉しかった果歩だが、遣り甲斐(やりがい)という面では若干物足りなさを感じていた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2016年6月1日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】泳ぎがうまい妻【体験談】

666自分:名無しさん@ピンキー[sage]投稿日:2012/02/24(金)16:19:46.21
こんにちは、久しぶりにこの板に来た400です。
これまでもこの板で、たまに妻が視姦された話を書き込んでいましたが、久しぶりに妻がかなり酷い視姦されたのでカキコします。

先週の日曜日に、たまには気分転換にと妻と1歳の我が子の3人で車で30分ほどの距離にある、温水プールに初めて行きました。
プールに着くと、俺は昨年買った半ズボンのような割とリラックスした水着で嫁と子供より先にプール内へ。
中に入りまず驚いたのが、競泳水着の下にスパッツのようなのを履いた女性ばかり。
ざっと見渡すと小学生らしき子連れの奥さんぽい方は3人ほどで、スペックはうちの妻が圧倒的に高くまた年齢も一番若い感じ。
(前にも書きましたが、同性異性関係なく、妻は実年齢からマイナス5〜7歳の容姿でよく見られる。)
後はリハビリのように歩行専用の温水プールを歩いている、年配の女性と男性が圧倒的に多い。

そんな中、しばらくして妻が我が子と一緒に入ってくるが、結構な食い込みの競泳水着は広い室内で妻だけ。

メチャクチャ目立ってる!

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||

2015年10月18日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】マンションの向こうの○学生君【体験談】

私が短大に通っていたころの話です。

 学校の近くでマンションを借りて一人暮らしをしていました。まだ彼氏はいなくて、地味で真面目な学生でした。

 ちょうど私の部屋の窓に面したところに、新築のマンションが建ちました。

 これまでは畑だったところで、私は無防備にも、誰にも見られないだろうとカーテンを付けてなかったんです。

 ところが、私の部屋の真正面のところに新しく入居したようで、そこには○学生?と思われる男の子が住んでいました。

 なぜ分かったかというと、その子の部屋には、まだカーテンがついてなくて、夜灯りを付けると部屋の中が丸見えになっていたからです。

 その子がお風呂から上がると、いつもバスタオル一枚で自分の部屋に戻り、パジャマに着替えていました。

 私は覗いちゃいけないと思いながらも、気持ちが抑えられず、気づかれないように、自分の部屋の灯りを消して、バードウォッチングに使うような双眼鏡で覗いていました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||

2015年6月5日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】市民プールに親子でよく来る子がハイレグすぎる件【体験談】

<>592 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2008/10/14(火) 23:50:28 ID:aKoESifQ0 [1/2]<>
俺が行ってるプールに母親が2人の娘を連れてよくくるんだが、これが2人とも小学生低学年のくせに、超ハイレグのお尻丸出し。母も同じだったから、これは母の教えなのか?ああやって着るのが気持ちいいから?なのかなあ・・恥ずかしさとか感じてそうになくて、お尻に食い込んでいるのに笑顔でプールサイドを歩いていた。流石に泳ぎは小さい頃からやっているのか、まさにスイマーだった。

<>593 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2008/10/14(火) 23:57:42 ID:aKoESifQ0 [2/2]<>
女の子の顔はあどけなさを感じるが、お尻の食い込みはエロさを感じた。随分前から見かけていたけど、最近になってようやく本音というか、自分たちのことを詳しく話せるようになった。そして、この間もサウナで一緒になった時に少し母親と話した。母親は学生時代ずっと競泳をやっていて、現在は20代後半。女の子は前の夫との間に産まれた子で、もう一人は現在の夫と。

<>594 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2008/10/15(水) 00:06:39 ID:iGTs8r2E0 [1/4]<>
色々あったんだね、と聞いたら、前の夫は亡くなって、娘と二人で暮らしていたときに現在の夫と出会ったらしい。一人では生活苦しいだろうから、良かったねと聞いたら、あまり嬉しそうな顔をせずに首をひねったから、どうしたの?と俺は聞いた。どうやら再婚のきっかけは、新たな出会いというわけではなかったらしい。夫がなくなってこれからどうしようという時に、現在の夫とプールで知り合い。たまたま水泳をやっていたから、共通の話題で親しみを感じていたらしい。寂しかったから余計に感じたらしく、彼からの強引な誘いを受け入れてしまいその日のうちに抱かれてしまったらしい。

<>595 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2008/10/15(水) 00:13:08 ID:iGTs8r2E0 [2/4]<>
彼女にとってはそれが過ちだった。彼は異常な性欲の持ち主で、毎晩のように求めてきて、半ばレイプに近いものだったそうです。家でするだけでは飽きたらず、時には泳ぎにきたその施設で求めてくることもあったそうです。前の夫のとの間に娘が一人いたから、狭い家でするときは何度かセックスしているところを見られたそうです。時には裸で、時には競泳水着で、そして時にはスカートのままで自分が襲われているところをどこからか近くで見ているはず。そんな娘に悪影響がないか、心配でならないとのこと。

<>596 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2008/10/15(水) 00:19:49 ID:iGTs8r2E0 [3/4]<>
今の夫にとって、前の夫の子は他人も同然みたいで親子のように接することはないし、娘もまた私たちのことは知っていても口にしません。その母は、なんとかしなければならないとずっと思っていたようです。しかし、ある時家に帰ってみたら、信じられない光景を目の当たりにしたそうです。夫が、娘を競泳水着に着替えさせて、淫らなことをしていたのです。すぐさま止めさせて、問いただしたのですが、娘によると随分前から同じようなことをされていたそうです。私がいないのを見計らって。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||

2014年10月19日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】超美人なお姉さんをごっつあんです!【体験談】

20歳の時、会社というかバイト先での体験です。

当時、柔道部をやっていたせいもあり体格のいい俺は、
夏のバイトとして都内某高級ホテルのプール監視員を
やっていました。
時給は安かったのですが、水着の女性が見れるという
スケベ心で始めたバイトでした。

そこにいつも、昼過ぎ頃に競泳水着を着てくる黒木瞳に似た
超美人なお姉さんを見るのが、日課になっていました。
決まって、2時間近く泳いだ後、プールサイドでカクテルを
注文し、帰って行くのでした。

8月も終わりの頃、思い切って平日の人が少ない時、
泳ぎ終えた彼女に声を掛けました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||

2014年8月2日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談
1 / 212

このページの先頭へ