近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】【モラハラ】友達カップル数組と食事をする時に「お前は食うな!!」と彼に怒鳴られた【体験談】

<>523:おさかなくわえた名無しさん2013/12/16(月) 10:29:19.16ID:CIOYkhS6<>
私は身長160センチで体重が50キロの9号サイズのポチャなのだが、
彼はとても痩せた女が好みだった。
付き合うようになってから私に痩せろ痩せろとうるさい。
彼女改造計画と言って、とにかく私に食べさせないようにする。

例えば、デリバリーでLサイズピザを頼むと私がふた切れ食べている間に
彼は早食いして残りを全部食べてしまう。
または二人で外で食事をしても彼は私の分まで手を伸ばして食べる。
仲間内でバーベキューをする時は「お前は肉食うな!野菜食っとけ!」
私が手料理を作ると彼は早食いして私に食べさせないようにする。
面白くないのでテーブルいっぱいに手料理を並べるようになると
それでも私に食べさせないために大食いするので「こんなに食えるか!」と怒る。

ある時、彼の友達カップル数組で食事をすることになった。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||

2018年3月26日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】20歳年下のパーティコンパニオンと肉体関係になったが【体験談】

俺は肩までどっぷりオッサンに浸かった40代。
これまで結婚に2回失敗した。
1回目は20代前半でモデルの女と結婚して、1年も持たずに離婚した。
本当に若気の至りというか、結婚も離婚も勢いでやっちゃった感じ。
元嫁は出産のため帰った実家から、一方的に離婚届を送りつけてきた。
その後も顔を合わせる機会はなかったが、今じゃ再婚して幸せにやってるらしい。
2回目は30歳手前で同業者と再婚。
最初の時より少し落ち着いてたし、子供も2人生まれたが、金とか色々面倒な問題があって、7年で破局を迎えた。
泥沼ってほどじゃなく、元嫁とは今も付き合いがあるし、子供ともたまに会ってる。
もちろん養育費はそれなりに大変だけど、その分頑張って稼いでるし、国の少子化対策にも少しは貢献したはず、というのは負け惜しみだけど。
とにかく自分が家庭生活には向いてないのは、十分すぎるほど分かった。
その後、26歳のCAと付き合い始めたが、結婚はしないだろうな、と思う。
稼ぎはともかく、人生全体で見れば「負け組」かもな。
そんな俺だが、少し前に業界のパーティーで女の子と知り合った。
バンケットガールってのかパーティコンパニオンってのか知らんけど、宴席に花を添えるため業者が派遣してくる子。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||

2018年3月24日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】母肉【体験談】

静まり返った深夜の住宅街、家の前でタクシーらしき車の停まる音が聞こえた。
 酔っ払っているらしく呂律の回らない口調で『どうもお世話様でした』と言っているのが聞こえて来る……紛れもなく母、悠里の声だった。

 ―― バンッ ――

 車のドアが閉まる音に続いてエンジン音が遠ざかって行く。
 宿題がちょうど一区切り付いてリラックスしていた少年は、終電の時間をとっくに過ぎても帰宅しない母を少々案じているところだったのだが……無事、帰宅した様子に一応は安堵した。

 ―― ピンポンピンポンピンポン……♪ ――

 それも束の間、車のエンジン音が聞こえなくなったかと思えば今度はドアチャイムがけたたましく鳴り出したのだ……この時間には全く相応しくない鳴り方で。
 午前様となった母は最愛の一人息子である悠吾が出迎えるまで鳴らし続けるつもりらしく、一向に鳴り止む気配が無かった。
 しばらく無視しておこうかとも思ったが近所迷惑になりそうだったので、二階にある自室を後にすると仕方なく一階の玄関へ向かった。

(鍵は持ってるんだから玄関くらい自分で開ければ良いのに世話が焼けるよ……)

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2018年3月18日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】元彼との再会【体験談】

「久しぶり~」銀行のATMに並んでいたら後から男性の声がしました。
誰?と思って振り向くと、懐かしい彼の顔がありました。
「元気?」って聞かれ少し話をしていると「ランチでも一緒にどう?」って誘われ
「うん」と答え一緒にランチすることになり、これからのお話のきっかけになりました。
私は現在47歳、彼は51歳です。もうお付き合いが始まってから3年が経ちました。
彼は私の始めての相手でもあり私が19歳から22歳まで付き合っていた元カレでもあります。当時の私はまだ色んなことに興味があり、結婚に魅力を感じず彼からプロポーズされていましたが、乗り切れず結局別れてしまいました。
あれから25年経ち、今ではお互いに家庭があり私には優しい夫と3人の子供もいます。昨年は長女が結婚、孫も産まれました。家庭には何の不満も無いのになぜこうなってしまったのか?私には未だにわかりませんが現実に2重人格のように、家庭での母、妻としての私と彼の前での女の私がいるのも事実です。
どうしてまた再会しそうなってしまったのか?をお話したいと思いました。
私達が住んでいるのは田舎の小さな地方都市なので同じ市にいるとこれまでもスーパーだったりレストランだったりと、何度か顔を合わすことはありました。が、お互いにパートナーと一緒だったり子供と一緒だったりで言葉を交わすこともなく会釈するくらいで何事もありませんでした。
冒頭にも書きましたが、約4年前、銀行のATMで彼が偶然後に並び、銀行の駐車場で一言二言話したことがきっかけでランチを一緒することになりました。
以前の彼は地元のメーカーに勤務するサラリーマンだったのですが今は会社をいくつも経営する社長さんになっていました(風の便りには聞いて知ってはいたのですが)
ランチも美味しいおすし屋さんに連れて行ってもらい、昔話や近況やらを話しながらドキドキしながらも、楽しい時間を過ごすことができました。彼は昔とは全く変わっていて、さすが経営者らしく色んなことを知っていて、また話し方も柔らかく以前の面影は全く感じられませんでした。
お話の内容も経験談を交えながら話してくれるので内容が深く濃くてとても印象に残るお話ばかりでとても魅力的で私の知っていた以前の彼とは別人?と勘違いするくらいお話に引き込まれてしまいました。
容姿も若々しく、ピカピカの外車に乗って正直なところ彼と結婚していたら私の人生は全く違ったものにになっていたんだろうな~と思いながらいっしょの時間を過ごしていました。その日はメルアドの交換をしたくらいで何事もなく別れて、その後もしばらく連絡が途絶えていました。
5月のある暑い日に彼が私の職場のそばにいるらしくて「元気?」と突然彼からメールがありました。職場が変わったばかりで一人の仕事で、同僚も親しい人もいないので「つまんなくて元気がない」とメールしたら「もうしばらくしたら体が空くから何か差し入れをしてあげようか?」との返信がありました。「嬉しいけど気にしないで」と返したところそれから1時間くらいで彼がハーゲンダッツを持ってきてくれました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||

2018年3月13日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】3Pで寝取られた私  前篇【体験談】

1年程前の話ですが・・・
結婚を24歳で10歳上の夫として8年を迎えました。

私はよくAKBの柏木由紀ちゃんを大人っぽくした感じと言われます。

私たちは子供にはなかなか恵まれず
他の夫婦に洩れず、平凡な毎日を過ごしていました。

ある日、夫が今後の夫婦生活について話を始めました。
内容は、夫婦生活にマンネリを感じているせいか
SEXが雑 勃起が悪い いずれ破たんしてしまうのではないか?

今後の二人の為に刺激が必要で
最終的に夫から要求された事は私と違う男とのSEXを見てみたい
と言われました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||

2018年2月27日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】テニススクールでイケメン君とエッチしちゃった【体験談】

私 30歳専業主婦 160/52 水泳の寺川さん似
相手 25歳彼女あり 羽生君似の爽やか系スポーツマン 178/68

一緒のテニススクールで前から狙ってた
爽やかなイケメンなのでファンの多い子だったけど
向こうが声をかけてきて仲良くなった。

いいなと思ってたのでこっちも嬉しくてすぐに飲みに行く仲に。

3回目の飲みの時に「性欲とかなさそうだよねー」
とパスを出すと

「よく言われるけどめっちゃエロいっすよ」
と予想通りに返してくれる。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||

2018年2月26日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】別れ際に変身した彼女【体験談】

28名前::奥さん、名無しです投稿日:2000/09/14(木)20:04
学生の時に別れた彼女との最終H。
俺の部屋で別れ話(切り出したのは彼女。俺は未練タラタラ)の後、
抱き締め合いながら、最後にお別れセックスを・・という雰囲気に。
次に生まれ変わったら今度は・・など物凄いセリフを口走ってた俺。
その前に、と彼女がトイレに立った数秒後、俺にも突然猛烈な
尿意が・・・

しかしこの場面で交代にトイレに行った後、さあ始めようか、では
余りにも間抜けだと思った俺は咄嗟に部屋の窓(2階)を10cm
程開けた。数秒後、そこからチ○ポを外に突き出し、極上の放尿
気分を味わっている俺。と、突然メルヘンチックなトーンの声で
「なにあれっっ、へんたいっ?へんたいっ?」という言葉が突き刺さって
きた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||

2018年2月14日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】リゾートラブ【体験談】

私、北川香緒里22才♪ 丸の内のOLです。
彼と初めての旅行で沖縄のリゾートホテルに行くことになったの♪

中学から陸上部で、背は高い方だけどスレンダーな体型。自慢できるところは下半身が締まってるトコかな。二十歳を過ぎた頃から筋肉が落ちてきて、白くてスラッとした太股と、キュッと細い足首に自信アリ♪
胸はぺったんこで乳首ばかり大きかったんだけど、中学2年生の時に家庭教師の先生をしてくれた大学生と初体験してから急に成長し始めて、今は86のEで大器晩成って感じ?

今の彼とは3ヶ月くらい前に銀座でやった合コンで知り合ったの♪ 商社に勤める結構イケメンで、初めて男女の仲になったのは2ヶ月前。私を抱く彼は昼間と同じで自信満々。最近かなり身体が馴染んできて、週に1〜2回デートするとほとんど毎回逝かせてくれるようになってきた。ただ、ちょっと彼主導すぎて私が置いていかれることが多いのと、終わった後すぐ一人でシャワーを浴びちゃったりして、優しいんだけど気が利かない。ま、その辺は香緒里さんが少しずつ教育していけばいいよね♪

二人とも泳ぎが得意なので、夏休みを合わせて海リゾートに行こうって誘ってくれたの♪
彼ったら、香緒里の水着姿が楽しみっていうから、いつも裸みてるからいいじゃんって言ったら、太陽の下で、他にも人がいっぱいいるところで見るのがいいんだって。なんだか連れて歩いて自慢したいみたいで、私はチョット恥ずかしい(_)
夜も時間を気にしないでゆっくり戯べるよって、結局それが目的なのかしら
ただ当日に彼が仕事の都合で遅れて飛行機が別々になって、私が一足早い便に乗ることになったの(_)
行きの便で私は窓側、隣に若い男の子二人連れ!その子たちが私の脚を見てコソコソ話しをしている気がして、私は上着を脱いで膝に掛けた(_)
だって彼が「リゾートに行くんだからミニスカ生足は絶対だ!」
なんて言うから仕方なく着てきたのに!

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||

2018年1月26日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】ホームステー【体験談】

今年の夏休みを利用してオーストラリアの小学生を1週間預かる事になった。
ウェルカムパーティーの後、我が家では12歳の女の子を二人預かる事になっ
た。家に戻り片言の日本語と英語で会話を楽しみながらその日はお風呂に入っ
て眠る事にした。
お風呂の使い方を説明すると、私がまだ目の前に居るにもかかわらず
二人が一斉に服を脱ぎ始めた。
とても12才とは思えない身体つきにビックリしたと同時にその色気に
戸惑ってしまった。
私は動じる素振りを見せないように軽く会話をし、部屋に戻った。
嫁は義理母の用事で2日間留守にするらしく、本当に申し訳ないけど子供はパ
パに任せるから宜しくね!と言いながら出かけていった。
私は茶の間でテレビを見ていると、先にシンディーがバスタオル一枚で出てき
た。私は冷蔵庫を開けジュースを選ばせた。シャンプーの香りと石鹸の香りが
私の心に火をつけた。
私はジュースを取ってあげる振りをしながら必要以上に身体を密着させた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||

2018年1月17日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】喪女な私に彼氏ができたwwwと、思ったら・・・・【体験談】

<>1:以下、VIPPER速報がお送りします:2011/02/18(金)20:19:08.87ID:JB6ohbZ+0<>

初めて告白されたwww
だが一ヶ月後に
「前から俺が狙ってた子が彼氏と別れて、俺と付き合うことになったから」
ってふwwらwwれwwたwww

このトラウマをどう克服すればいい?

<>3:以下、VIPPER速報がお送りします:2011/02/18(金)20:19:45.10ID:qmDfUj0g0<>

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||

2017年12月4日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談
1 / 2712345...1020...最後 »

このページの先頭へ