近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】同じ部署にいるりえは嫌いな元上司の奥さん【体験談】

岩手県/たくやさん(30代)からの投稿
—-
同じ会社の同じ部署にいるりえ。
40歳で、子供は20歳に産んだから既に1人は社会人。
そんなりえの旦那は今は係長になっているが、就職した時の上司。
かなりの気分屋で、機嫌が悪いと八つ当たりしたり、気分がいいと笑って許すなど気分で全てが決まる。
5年以上同じ部署に居て、かなりやられてました。
しかし、部署移動になって去年からそいつの奥さんのりえが配属された。
見た目かなり派手で、服装も胸元開けて若い娘には負けないといった感じ。
髪は長いし顔立ちも綺麗、色白だし分からなくもないけどちょっと痛い。
旦那があいつなんで話し掛ける事は無かったんですが、部署に来てから話すようになり、なんか見た目より話しやすかった。
飲み会とかでも話すようになり、スロの話題で仲良くなれた。
休日にアパートで車を洗って拭いてたら、クラクションを鳴らされてそっちを見たらりえ。
「ここなの?」
と聞かれて頷くが、彼女は30キロは離れた自宅で通勤もかかるはず。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||

2018年3月20日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】大学で声を掛けてきた先輩は昔よく面倒を見てくれていたお姉さんだった【体験談】

ハルさん(20代)からの投稿
—-
ボクが大学に入学したとき、白いブラウスにタイトなジーンズを穿いて、腰まである長い黒髪を靡かせて、颯爽とキャンパスを歩く先輩がいた。
小さめのヴィトンのバッグを肩から提げて、バインダーで纏めたテキストを持って歩く姿は、どんなドラマの中の主人公よりも格好良かった。
「ちょっと、キミ」
ある日、校門を潜ったところでそのお姉さんに呼び止められると、ボクは思わず後ろを振り返った。
後ろには誰もいない。
ボクはお姉さんの方に改めて視線を戻し、少し首を傾げながら自分を指差すと、
「そう、そこのキミ」
と言ってお姉さんは頷いた。
「ボクですか?」
「ボク以外に誰もいないことは、今振り返ってみて確かめたんじゃないの?」
強烈な言葉のカウンターパンチを浴びた。
ボクがバツの悪そうな顔をするとお姉さんは、
「新入生でしょ?」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2018年3月10日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】ギュウギュウ詰めのエレベーター内で人妻を痴漢【体験談】

昨日、◯宿の某百貨店のエレベーターの中で痴漢した。
その時はちょうどお昼時だったので、最上階のレストラン街に行く人達でエレベーターホールはとにかく混雑していた。
やっとの事で直通のエレベーターが来て、ドアが空いたので皆一斉にに乗り込んだ。
まさかこんなところで痴漢とは考えてもいなかった、その時は……。
ドアが閉まる直前に、さらに大勢の人が無理やり乗り込んできた。
その人混みにドドッーと押され、かなり奥の方に押し込まれ、倒れそうになったが何とか真っ直ぐに立った。
ふと気付くと、自分の目の前に清楚な奥さんらしき人の顔があった。
歳は40手前くらいか……?
私好み。
エレベーターの中では、その奥さんと互いに正面を向き合い、体を押し付け合って、ぴったりと抱き合うような形になっていた。
一瞬目が合ったものの、その奥さんは、気まずかったのか、すぐに下を向いた。
身動きは取れない。
その奥さんは、小さいバッグを胸の前で抱え直して、自分の胸を守っているように見えた。
私は、心の中で呟いた。
(大丈夫です。手は上げませんから、何しろ動かせない。胸は、大丈夫ですよ。胸には触りません……)

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||

2018年3月2日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【寝取り】堀北真希に似た彼氏持ちの女と就活中に知り合った【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
就活中に会った彼氏持ちの堀北真希似の女とやった話。
説明会で席が隣になって適当に話してたら一緒に帰る事になったのがキッカケ。
帰りの電車で彼氏がいる事を聞いた。
だがアドレスはゲットして、後日仲良くなった記念に飯を食いに行く約束をした。
飯を適当に食ってたら終電が無くなってしまったので、仕方なく家に泊めた。
ベッドを貸したんだが、寒くて寝られないって言って同じベッドで寝る事に。
真希はめちゃくちゃ恥ずかしがっていたし、彼氏がいるのでやたら
「ダメです・・・ダメです・・・」
と呟いていて可愛かった。
男女が同じベッドで寝てたら当然間違いは起こるわけで、俺は真希の体をつついたり首筋を舐めたりした。
「えっ!?はぁんっ!ダメですっ!」
とか言っていたがもちろんやめない。
顎を持って無理やりキスすると最初は口を閉じていたが、時間が経つと向こうも舌を入れてきた。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2018年2月28日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】寝ている先輩の近くで彼氏とコタツの中で…【体験談】

北海道/美冬さん(20代)からの投稿
—-
こんにちは、美冬です。
先日[上司と交際中に、同僚に抱かれた話]と[SNSがきっかけで24才年上の人と不倫した話]を書かせていただきました。
今回はそんな上司と付き合う前にいた、倦怠期中だった”彼氏”との話を書かせてもらいます。
■今回頂いた写メ。
彼との出会いは、私の先輩が紹介してくれたのがきっかけでした。
彼は無類の女好き。
当時17才の私と付き合った時も、二股だったみたいです。
二股と分かった時、私は彼と別れました。
だけど1年後、彼と連絡を取る機会があり、ちょっとしたキッカケでよりを戻す事になりました。
そこから、彼と私の性活が始まったんです。
彼の名前は[健太]22才。
自衛官だったので腹筋は綺麗に割れ、身長が188cmという長身でありながらもガッチリした体格でした。
イチモツは太さが中位、長さは20cm近くあるけど…早漏さん。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2018年2月9日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【援交】もう会えないと思っていた天使すぎるJKと再会【体験談】

名無しさんからの投稿
—-
この話は『【援交】電車で天使のような可愛いJKに一目惚れして、ある日勇気を出して告白した』の続編になります。
まずはこちらを読んでから今回の話を読んでいただくことをお勧めします。
春になってから、あの天使すぎるJKは俺と一緒の電車にはもう乗らなくなっていた。
彼女の学年は聞いていなかったが、この季節であればおそらく高校を卒業してしまったと考えるべきであろう。
俺は通勤電車の中で度々彼女の事を思い出していた。
やっぱりできることならもう一度会いたい。
女子高生でなくなっていても彼女の可愛いさに変わりはないのだから、何処かで会えないものかと思っていた。
ある日、会社が終わり俺はいつものように帰りの電車に乗っていた。
あのJKが通っていた高校が最寄りにある駅に電車はゆっくりと到着した。
ふと何気に反対ホームに立っているJKに目が止まった。
あのJKに似たハーフツインの髪型にした子が立っていた。
ハーフツインの髪型のJKくらいいくらでもいるだろうと思ったが、よく見るとあれは・・・!?
「!!」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月31日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】掲示板にあった援助の書き込みは実は仲の悪い知り合いの女だった【体験談】

埼玉県/BMさん(40代)からの投稿
—-
俺は少ない小遣いを風俗で豪遊(?)するためにパチンコ、パチスロで増やしているが、なかなか時間も資金も少ないので月に小遣い3万を6万にするので精一杯だ。
ただ、この月はマグレが重なり20万オーバー!
ソープ行きまくるか!ってな訳で1回2万から3万のソープへ数回通った。
最初はすげー楽しかったが、なんか可愛いんだけど違った………ソープって結局相手のリードで強制的に流れで出させられてる感が強くね?
せっかくの臨時収入を有効に使うため、ネットで色々探して若デリや熟デリ、何かも行ったがすぐに飽きたし残金も5万くらいまでになったのでその月は終わった。
翌月になり、まだ先月の残金があったので余裕でスロットを打ってたらそこそこ稼いで残金合わせて15万くらいまで回復した。
今度は素人を攻めまくるかと思い、出会い系の掲示板を探してみたが中々無料掲示板だと良い所がヒットしない。
でも有料は胡散臭い気がして、ひたすら掲示板に書き込んでみた。
そしたら板に女性の書き込みを見つけた。
「20代後半の主婦ですが、誰か午後から夕方まで遊びませんか?」
みたいな書き込みだった。
何でも、旦那が関東の北部U市に単身赴任で週末しか帰らない。
しかも子供は夕方まで学童保育、パートはしてないようだ。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||

2017年12月12日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】好きな人の筆記用具でオナニーしてたら同じクラスのキモ男に目撃された【体験談】

神奈川県/名無しさん(10代)からの投稿
—-
今でも忘れられない出来事です。
今から3年程前、私は学生で好きな人(タク)がいました。
彼は、頭も良くサッカー部主将と言う女性達の憧れの的でした。
3年になって偶然にもタクと一緒のクラスになった私は、彼と仲良くなる事が出来たんです。
タクは想像以上に良い男で、凄く優しい所もあり私は益々ゾッコンだったんです。
そんな時、タクと話しているとタクに彼女がいない事を知ったんです。
告白して付き合えたら・・・って思ったんですが、彼の近くには多くの女性が群がっていて、自信も無い私はそれ以上積極的に行く事が出来ませんでした。
ある日、私は彼の筆記用具を持ち出し、ほとんど人の来ない用具室に入ったんです。
そこで、彼の筆記用具と同じ物を買い交換したり、ちょっと口づけをして楽しんでいました。
ちょっと妄想癖のある私は、彼の私物を手に色々考えやがてエッチな事を考える様になっていて、いつの間にか彼の筆記用具をアソコに押し付けていました。
もう、既にベチョベチョのマンコの汁が彼の筆記用具に・・・。
そんな時でした。
「お前変態だな」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年11月26日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【おっぱい】中3の時、同級生の女子と放課後にHなことをした【体験談】

名無しさん(10代)からの投稿
—-
俺が中学生3年の時の話。
同級生に玲愛という女子がいました。
顔は割と可愛いく、成績は良くて根は真面目な感じ、髪はロングで胸が学年では結構大きい方でした。
明るく、見た目もあってクラスでは女子の中心的な1人って感じで、俺は最近はクラスが変わってあまり喋ってないけど、前にクラスが同じだったこともあって仲の良い関係でした。
玲愛のクラスは少しヤンチャな感じの男子が多くて、女子も混ざったエロい話もしてることがよくあったらしい。
ある日、提出物をやってて俺は帰りが遅くなり、やっと終わって家に帰ろうとして玲愛のクラスの前を通ったら、男子数人と玲愛と他女子1人が教室に残って喋っていました。
俺は帰っても暇だったのでクラスに入って遊んでから帰ろうと声をかけました、
俺「なにやってんのー?」
男子A「おー○○じゃん、」
玲愛「あ、久しぶり!」
俺「ひさしぶりー」
適当に雑談をしていて男子BとCと女子A、俺と男子Aと玲愛という感じで別れて喋っていました。
俺と玲愛は同じクラスだった時もこんな感じで放課後喋ったりしてたので、懐かしいねーとか言ってました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2017年11月14日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】【近親相姦】娘と交わっていた息子を諭そうとしたらそのまま犯された【体験談】

テツオの母さん(40代)からの投稿
—-
私は娘と息子が一人ずついる平凡な主婦でした。
娘たちは仲のよい姉弟で、二人は小さい頃からいつも一緒でした。
娘にはお淑やかに、息子には男らしくなってもらいたいと思い、二人にはそれぞれにお稽古ごとに通わせていましたが、息子のお姉ちゃんっ子ぶりは幼少から少し重症ともいえるほどのシスコンぶりで、私と主人はこの頃から漠然とではありますが、二人のことを危惧していました。
息子はスポーツが嫌いだったわけではないようですが、お姉ちゃんと違うことをするのが嫌で、自分もピアノやバレエを習うと言って聞きませんでした。
とうとう親の方が折れて、ピアノにもバレエにもお姉ちゃんにくっついて通わせ始めると、息子は驚くほど器用で、あっという間に娘より上手になってしまいました。
ピアノの先生には十年に一度の逸材かもしれないとまで言われ、親の期待は高まりましたが、娘がお稽古事をやめてしまうと、どういう訳か息子の方も憑き物が落ちたようにお稽古に通わなくなりました。
それでも姉弟仲が悪くなったというわけではなく、結局のところお姉ちゃんのすることを弟も必ずしたがるということの繰り返しでした。
娘が生理を迎えるまでは同じ部屋をあてがっていましたが、いつも二人で抱き合って眠るので、私よりも主人が年頃の娘のことを心配して、二人の部屋を分けるようにしました。
何でも”お姉ちゃん、お姉ちゃん”という習慣は徐々に薄れていきましたが、それと反比例するかのように息子の素行がだんだんおかしな方向に向いて行き、態度も反抗的になってきました。
中学生になった頃には私よりも身長が高くなっていて、何が気に入らないのか家の中で暴れるようになりました。
最初の頃は主人もそんな息子を叱ってくれていたのですが、主人よりも体格が大きくなった頃、その傍若無人ぶりを嗜める手立てはもはや私たちにはありませんでした。
娘はお嬢さん学校の高校に進学しましたが、息子は高校へも行かず、家にもだんだん寄り付かなくなってきました。
どこを泊まり歩いているのかわかりませんでしたが、偶に帰ってきても自分の部屋に引きこもり、部屋の中は荒れ放題でした。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年11月6日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談
1 / 512345

このページの先頭へ