近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【修羅場】私の日常【体験談】

私が初めて男性のおち○ち○をおずおず舐めたのは、大学1年生の時でした。
しかし、最初は興味本位が勝っていましたけれど、同時に抵抗感もありました。
だって、それまで正視するのも恥ずかしい男性の性器を、きれいにしている口に入れるのですもの気持ちはわかっていただけるでしょう。
けれども、Aおじさんは、そんな私の抵抗感を上手に解消してくれました。
 彼は、はじめの頃、普通にエッチする以外、自分にどうこうしてくれとは全く言いませんでした(わがままばかり
言う今とはえらい違いですよ)。一方で、私にはとことん尽くしてくれます。エッチをしない時も私のショーツを降
ろして汚いところも全部舐めて気持ち良くしてくれるのです。爪先や髪の生え際、耳やあそこや果てはお尻の穴まで
何度も全身を彼の舌で愛されているうちに、私の彼を慕う気持ちもどんどん高まっていきました。そして、彼のため
に何か尽くしたい、という気持ちがある限度に達した時、私は自分から彼の股間に顔を沈めていたのです。愛する人
のものですもの、その時はヘタでしたけれども心を込めておしゃぶりしました。彼の身体の一部であるおち○ち○
が、とても愛おしく感じました。愛したいから口にしたいと自然に思うようになったのです。
 彼は私に「精液飲んでくれるかい?」と聞きました。もうその時の私は、むしろ愛する人のものなら何でも欲しい
と思っていました。おち○ち○を口に咥えたまま目で「はい」とうなずいて彼のために一生懸命おしゃぶりを続けま
した。そして、「いくよ」と声が聞こえた途端、口の中に熱いミルクがバッと溢れました。彼に尽くせたうれしさと
一緒に夢中で飲み下しました。そうしたら、やさしく抱きしめて軽くキスしてくれました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2017年1月24日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】エロ雑誌モデルの妻【体験談】

以前、テレビで美術モデルに素人、それも主婦がしていると言うのを見ました。
お金もあるんでしょうけど、裸を見せる事に自信があるんでしょうね。
そんな番組を見て、ふと昔の事を思い出したんです。
結婚して数年がたった頃なんです。
セックスがマンネリ化していても浮気する勇気も金も無い小心者の自分は、せいぜいエロ雑誌を見て想像を逞しくするだけでした。
そんなネタの一つにある雑誌に人妻ヌードを紹介しているコーナーがあって、こいのコーナーも目当ての一つでした。
えっと、隣の美人妻なんとか?だったか、そんな様な覚えがあります。
今でこそ、そんなモデルがいますが、本当に素人かも?と思わせるのに充分で、そこそこレベルの女性が脱いでいたんで好きだったんです。
買っても、用が済んだら、すぐ捨ててしまったりしていたんですが、ある号に妻に似た感じの女性が載っていたのがあって隠していたんです。
ある日、家に帰ると、隠しておいたその雑誌が机の上に乗っているじゃありませんか!
まぁ~その後は、想像の展開でした
妻曰く、S君(←自分のことです)が男だからこう言うのに興味があるのは判るけど、ちょっと許せないとか
やっぱり、女性は、夫が自分以外の女に性的興味を持つと嫌なんでしょうね。
しかし、幸だったのが、そのモデル女性が妻に似ていたからでした。
そんな言い訳を言うと、やがて機嫌が直り、このコーナーを見始めていました

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2015年4月27日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

【修羅場】そんな雰囲気の披露宴を、酔った新郎伯父がぶち壊しやがった【体験談】

***** 私は見た!! 不幸な結婚式 90 *****
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1283671483/

464 :愛と死の名無しさん:2010/09/14(火) 15:41:23
もう15年位前の友人の披露宴の話。
友人は小さい頃に両親が亡くなって、おばあちゃんに育てられました。
孫が高校を卒業し社会人になると、女手一つで孫を育ててきたおばあちゃんはホッとしたのでしょう。
急に認知症になってしまい入院していました。
でも友人は、おばあちゃんには結婚式には絶対出席してほしいと外出許可を取って、おばあちゃん参加で披露宴が始まりました。
友人の花嫁姿を見て
「綺麗な花嫁さんですねー。私にも同じ位の孫がいるんですよ。私も早く孫の花嫁姿を見たいです。」
と笑顔で話すおばあちゃんに、友人も親族も号泣。
そんな雰囲気の披露宴を、酔った新郎伯父がぶち壊しやがった。
友人がお色直しで退場していた時。
「自分の孫の顔も分からないようなボケた婆さん連れてきて大丈夫なのか」

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ



2014年7月22日 | 近親相姦体験談カテゴリー:修羅場の体験談

このページの先頭へ