近親相姦と不倫の体験談 最新更新情報!

【妹と】親父と妹2【エッチ】

お断り)
この投稿は「近親相姦/禁断の木の実」に投稿された連作を再編集し、
まとめて移動したものです。
***********
親父と妹、突き止めた真相  投稿者:兄
投稿日:7月16日(日) 1時41分11秒 削除兄です。いまネットカフェにいます。報告します、親父と妹のこと…。やはり二人ヤってた。一部始終を報告しま
す。まず、家族構成は親父45歳(プロ野球の清原似。自動車整備師でゴツイ。体
格も180cm以上ありムキムキ清原系)、妹 美由16歳(高2、160cm弱でな
かなか可愛いほうじゃないかと思う。めざましTVのお天気お姉さん皆藤アナ
似。)、オレ18歳(高3)。
親父と美由が怪しい関係じゃないかと思い始めたのは今年の冬の終わり位か
ら。いつの間にか「あんなに仲良かったっけ?」って思うような感じになっ
て休みの日にもよく二人で買い物に出かけてた。そんな感じが続き6月上旬の
週末金土日、親父と美由が揃って二泊三日で外出した。当然別々に、親父は
ゴルフで美由は友達の家に行くと。でも普通ゴルフで二泊もするか?友達の

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年1月9日 | 近親相姦体験談カテゴリー:妹との体験談

【不倫・浮気】息子といけないことになった母親⁈【体験談】

私は母子相姦物が大好きです。今迄読んだ一番いいものを皆さんにも読んでほしいと思ってこちらに添付します。
(08/03/25)
人に言えない大きな悩みを抱え、どうしたらいいのかもわからず、悶々とした日々を送っていた時に、このサイト(当初はエッチな内容に少しドキドキしながら読んでいました)の「ある告白」に検索から辿り着きました。
そこには、過程は違っても私と同じ結果になってしまった出来事がありました。
私の大きな悩みとは、息子との近親相姦です。
今から告白するのは、私の記憶に強く留まっていた息子との関係についてです。
わがままな話ですが、ここで告白することで、過去を拭い去りたい、と自分勝手に思っています。
この春に中学3年になる息子が小学校6年の時、夫に海外赴任の辞令が出て、子供の学校のこともあり単身で行ってもらうこととなりました。
辞令は7月からで、その年の夏休みに息子も連れて赴任先に行ってきました。
まだ仮住まいながらそこはコテージ風のホテルで、息子が特に気に入ったのが大きなバスタブのジャグジー。
海外という開放感もあり、それまでやったことのない3人での混浴を何度か楽しみました。
帰国後、息子との二人暮らしが始まりました。
そして、あやふやな記憶ですが、10月に入ったある日の夕食の後、「ママ、パパのところに行った時みたいに、一緒にお風呂に入ろうよ」と息子が甘えてきたのです。
父親が大好きな子だったので寂しいのだろうと思い、狭い我が家のお風呂に二人で入ることにしました。
バスタブに入り学校や勉強のこと、友達のことを話し話題が途切れたころ突然、「ねえママ、僕もパパみたいにママのオッパイ、触っていい?」と言い出したのです。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月8日 | 近親相姦体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【妹と】小〜高にかけて妹への行為 【エッチ】

俺には3つ下の妹がいて物心ついた頃から妹に悪戯するようになっていった。

思い出すとさんざん良い思いをしたなぁ〜と思ってしまう、デジカメがまだゴツかったあの頃あわよくば今のHDDを持ってタイムスリップしたい(笑)

最初は俺が小4の頃既に猿の如くオナニーに貪欲でまだ未精通。

妹とは普通に風呂に入って遊んだり仲良かった。

風呂上がりに妹が裸のまま児童雑誌を夢中で読んでるときに股の間が気になって見てみた。
小さい膣と肛門尖ったクリトリス、可愛らしい性器をじっくり観察してから数分後にお互いパジャマに着替えました。

寝るときは一緒で妹とじゃれあいようやく寝付いた後で服を脱がして悪戯します☆

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年1月6日 | 近親相姦体験談カテゴリー:妹との体験談

【不倫・浮気】昔の体験4【体験談】

昔の経験4
無事何事もなく旅程をこなし、バスは2泊目の旅館へと到着したのです。この日も予定より早く着いたので、各参加者は旅館の周りを散策しに出かけ、旅館にはドライバーさんとガイドさんと僕の3人でお茶をしていたのですが、ドライバーさんが一服すると「さて、明日のためにバスを洗車してくる」と言って外に出ていきました。そして、僕はガイドさんに「食事は何時ごろにしますか?」と尋ねたところ「あなたは今日も宴会で食事するの?」と聞かれ、「それが仕事ですから」と言うと「今夜もあたし、あのトライバーさんと2人だけで食事しなきゃきけないの?やだなあ~」と言い出したので、「じゃあ部屋食にできる様に頼んできますよ。何時がいいですか?」と聞くと「あなた達の食事は6時半だから6時にして」と言われ、旅館の女将に「ガイドさんもドライバーさんも疲れているみたいだから、それぞれ6時に部屋食でお願いします」と頼み、自分の部屋へ入ったのです。僕の部屋はガイドさんの部屋の右隣で、ドライバーさんの部屋は別の階でした。そして、5時半ごろ宴会の支度を確認して部屋に戻ろうとした所、ガイドさんの部屋のドアが半開きになっていたので、物騒だし中に入りガイドさんの無事を確認しようと思ったところ、ガイドさんは不覚にも(わざとかも知れないけど)ソファーの上に制服を脱ぎ捨て、スリップ姿でベッドに横たわり、すこし口を半開きにして寝息を立てていました。よく見ると枕のそばにこけしが置いてあり、そのこけし(昔はバイブやローターなどない時代でした)が微かに濡れているのが分かりました。なんでこけしが濡れているのか、僕は確かめたくなりそのこけしを手に取ると、なんか粘々した液が着いていて、ちじれた陰毛も先の方についていたのです。僕はそのこけしを手に持ったまま、寝ているガイドさんのスリップを捲ると、なんと薄らとした陰毛の先が濡れていて、半開きの足元には今まで履いていたと思われる紺色のパンティが窮屈そうに丸まって足首に絡みついていたのです。すぐさま僕はこの状況を理解し、部屋のドアを閉めカギを掛けてベッドのところまで戻りました。するとその物音に気が付いたのか、ガイドさんはベッドの上で横座りになり、ぼうっとした目で僕を見つめていたのです。僕はすかさず、「新名さん、危ないですよカギも掛けずにうたた寝していたら」と言ったのですが、僕の手にはしっかり新名さんが使ったと思われるこけしが握りしめられていたのです。すると「もう解っちゃたよね、あたしが何をしていたかを…」「最近旦那と疎遠ですれ違いの毎日でさあ、すごく淋しくなることがあるのよ、この齢になると…。あなたはまだ若いから分からないでしょうけど、女も同じように欲しくなる事ってあるのよ、特に生理の前はね。そんな時これを使って一人で慰めているの」と言い悲しそうに俯いてしまいました。僕はそれを見た途端、ガイドさんが愛おしくなり、ガイドさんの頭を僕の胸の中にしっかりと抱きかかえたのです。すると彼女は僕の腕の中で「みよって呼んで」と頼み、しっかりと僕に抱き着いてきました。僕はその時結構冷静で、枕元にある時計を確認し「6時半まではまだ時間がある」と思い、館内電話ですぐにフロントに電話し「ガイドさんの具合があまり良くないので、食事は6時半に持ってきて」と頼みを入れ、みよの着ていた紺色のスリップと、紺色のブラジャーをはずし、ゆっくりと彼女の小ぶりな乳房をやさしく撫ぜ、その小さな乳首を口に含み唇で乳房を噛みながらゆっくりとひっぱり上げ、いっぺんに離すとみよはこの世のものとは思えない甘く切ない声で喘ぎだし、僕の手ももう一方の乳房に導き、僕の掌の上から自分の乳房をもみ始めたのです。もうその頃には僕の着ていたズボンは、みよの手で脱がされ、下半身だけが裸の状態でした。すぐに僕は上半身も裸になり、みよの上に倒れこみ、みよの薄い陰毛に触り、その奥にある赤く充血したお豆を触ると、一瞬ピクリと動きさらに大きな声で悶え始めたのです。そして究極はみよのおマンコの中へ指を入れると、ザラザラした部分に当たり、そことお豆を同時に刺激すると「だめ、だめよそこは、だめ~~」という悲鳴のような声と共におしっこが滴り始めました。それを僕は口で受け、さらにお豆とおまんこの中を交互に舌で舐め、突き刺し始めるともう我慢できなくなったのかみよは「早く入れて、早くみよのおまんこにあなたの固いものを入れて~~~」「もうみよ、我慢できないよ…、意地悪しないで早く入れて~」と歎願するようになり、みよのおまんこはシトドに濡れ洪水状態でした。もちろんそのような濡れ濡れなので、簡単に僕の物はみよの奥まで入り込み、みよの子宮壁に止め処なく僕の物をぶつけると、みよは簡単に絶頂を迎え逝ってしまったのです。そして僕にしがみつき「ねえ~、あたしの中に出して。あたしのおまんこにあなたの精子を一杯出して~」とせがんできたのですが、「大丈夫なの?妊娠したらどうするの?」と聞くと、「こんな仕事のせいで、妊娠ができない体になっちゃたの…」と涙目で訴えてきました。バスガイドの様に長い時間立ち仕事をしている女性は妊娠できなくなるみたいです、今のバスガイドは安全運航上座ってガイドしていますが、昔は立ってお客さんの方を向きガイドをするのが当たり前だったのです。そして僕は大量の精子をみよの子宮奥へ流し込んだのです。「昨夜もさんざん精子を君江の中に注ぎ込んだのにまだ出るんだ」っと自分ながらに感心していました。若いってすごいですね(笑)。そして僕はみよから離れると、みよのおまんこからは僕の精子が流れ出る様子が見てとれました。すぐさま僕は我に返り、時計を目にしたのです。すると6時20分を指していて、みよに「ごめん、宴会の時間がもうすぐだから宴会場へ行かなきゃ、大丈夫?」「うん、あなたのおかげで今夜はよく寝れそうよ、ありがとう」「よかった、宴会が終わって時間があったらまた来るよ」

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年1月6日 | 近親相姦体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【妹と】妹観察記録【エッチ】

2歳年下の妹の体に興味を持ったのは、俺が小学校6年生の時だった。
最初は単なる興味本位だった。しかし、眠っている妹の性器に初めて触れた時、想像をはるかに超えるその柔らかさに一瞬で心を奪われてしまった。
その日から、俺は妹にはっきりと性欲を抱くようになった。
それから6年間に渡り、俺は妹のアソコを観察し続けてきた。妹は高校1年生になっていた。
その夜は、最初に妹の股間を暴いてから何度目の行為だっただろうか。
衝動に駆られるがまま、俺は妹の部屋に忍び込み、ゆっくりと布団を剥ぎ取った。
ズボンとパンツ、たった2枚の薄布に守られた妹の股間を見下ろしながら、眠っている妹の下腹部に手をかける。
妹が寝間着代わりに使っている中学時代の体操着をゆっくりと下ろすと、薄いピンクの下着が姿を現した。妹が何年も前から愛用しているもので、小さくあしらわれたピンクのリボンはすっかりくたびれてしまっていた。
このリボンがまだ真新しかった頃のことを思い出しながら、下着のふちに指先を差し入れる。
肌色の素肌の下から、恥ずかしい毛が少しずつ顔を覗かせる。
パンツのクロッチが完全に妹の股間から離れた時、一切の防壁を失った部分の形状が露わになった。
高校1年生の、妹の性器だ。
淡い茂みに覆われた、妹のいちばん恥ずかしいところ。
誰にも見られたくないであろう、秘めて隠すべき女の子の大事な場所を丸出しにさせられているにもかかわらず、妹はだらしなく口を開けた間抜け顔で熟睡している。
何度繰り返しても、心臓が痛いくらいに高鳴る瞬間だ。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2014年1月5日 | 近親相姦体験談カテゴリー:妹との体験談

【妹と】妹【エッチ】

去年の夏は死ぬほど暑かったのに避暑地らしい所へは何処へも行かなかった。

唯一、海へ泳ぎに行った位だった。

それも何が悲しいか、妹と二人で…それがまさか兄妹でセックスをする事になるとは思わなかった。

事の始まりは、5歳下の高校2年の妹が夏休みだと言うのに、家でゴロゴロとしていたので、「彼氏と遊びに行かないの?」なんて、さも彼氏が居ると前提な事を聞くと「残念ながら彼氏は居らんのですよ兄上…」と答えたので、「じゃあ友達と遊びに行かないの?」と聞くと「友達は皆、彼氏とお出掛けだよ…って、お兄ちゃん、私に何処か行ってて欲しいワケ?」と逆に突っこまれたので、「いや、そう言う訳じゃないけどさ…」と最後は何て言えば良いか分からずゴニョゴニョと誤魔化すと「じゃあ!お兄ちゃん何処か連れてってよ♪」と言いだして来た。

仕事が休みで特に出掛ける予定も無かったので、たまには兄妹水入らずって言うのも良いかな、なんて思い「何処か行きたい所あるのか?」と尋ねると「海!海行きたいっ!絶対!海がイイ!」と、やけに海にこだわった言い方をするので、「なんでそんなに海がイイんだ?」と聞くと「だって、夏休み明けに少しは日焼けしてないと皆と話合わないじゃん…」と言うが俺には理解出来なかった…

まあ、とにかく海に行く事に決まった。

で、何処の海が良いか…人が混みあっている海水浴場は正直行きたくなかった…と、ふと知り合いの別荘を思い出した。

それほど親しい訳じゃ無かったけど、何故か相手は俺の事を凄く良くしてくれて、何時だったか機会が有れば別荘に遊びに来てくれと言われていたのを思い出したのだった。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年1月4日 | 近親相姦体験談カテゴリー:妹との体験談

【不倫・浮気】母の交わり【体験談】

母親はデパガでずっとスタイルもいいし、若々しいのでよく街や仕事場でナンパされている。
40歳でスレンダーな感じだが色っぽい美人である。職場のユニホームも似合うがタイトなジーンズはもっとセクシーだ。
でも真昼間に若い男を連れ込んでセックスしている事実を知ってびっくりした。
男は、最近仲良くなったアルバイトの大学生のようだ。ちょうど母の休みの水曜日が午前中で学校が終わったので帰宅すると
バイクが止まっていた。こっそり裏口から入ると2階の寝室から喘ぎ声がしてきてのでこっそりベランダに抜けて
窓から寝室を覗いた。ベッドでは素っ裸の母と若い男が絡み合っていた。男は大きく開いた母の股の間に顔をうめてクンニをしている。ぶらぶらしている逸物は、ペットボトルくらいありそうだ。そのうち69の態勢になり上品に陰毛の手入れが行き届いた母の性器が丸見えになり男がむしゃぶりつく。母は、男の逸物を咥えたが先しか口に入らず苦しそうだった。
母の性器は白濁した愛液があふれて男がうれしそうに味わっているのがわかった。
母が男の上にまたがってペットボトルのようなモノをあそこに入れた。男のモノは根元までもぐったり頭だけもぐったり
何度も何度も往復した。入った後は貝殻のびらびらがぐぐっと飛び出しそうなとてもエロい動きをしている。
そのうち男のしたたかにはなった精液が結合部からあふれ出て流れてきた。白濁した液体が男のモノの玉袋をぐっしょりと
濡らした。信じられないことにそのまま母が下になり、男が正常位で始めだした。母は泣きべそをかきながら「いいわぁ、大きいのぉ」と何度も何度も叫びまた中に出されているようだった。まるで動物の交尾のようだった。

近親相姦体験談検索用タグ

|||||

2014年1月3日 | 近親相姦体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】5年前から続いている不倫【体験談】

 人生にはいろんな事があります、私も喜んだり悲しんだり悔しい思いもした事が多々あり人を憎みもしました、でも人生とは捨てたもんではないようです。
今から書いて行こうと思うのは、悔しい思いをして今は満ち足りた時を過ごしている自分に付いてです。
私は今年45歳の既婚者です。5年前から続いている不倫と親子丼に付いて書きます。
彼女に久し振りに逢ったのは、私が家族と一緒に買い物に出掛けている時でした。
彼女は幼馴染で同級生で中学卒業以来久しぶりの再会でした。
彼女の名前は由美子と言い中学時代はマドンナ的な人気者でしたが、同級生の中の嫌われ者だった奴と高校を卒業してから結婚をして娘が一人いるそうです。
由美子が話してくれた結婚の経緯は成人式の日に旦那(まだ彼ですが)から半ば強姦まがいに犯されて子供が出来たそうで、俗に言う出来ちゃった結婚ですね、それから結婚生活はと言うと最初は景気がよく順調だった様ですが、旦那の放漫経営がたたって倒産をしてしまい、それから直ぐに旦那がアルコール依存症になって最後は肝臓がんで7年前に他界したそうです。
実家から少し離れた隣町に、アパートを借りて親子二人で住んでいるそうです。
倒産した時の借金があり親に借りて返したそうですが、生活費のため由美子は会社勤めを始め夜はスナックでバイトをして子育てに頑張っていたそうです。
会社が傾き掛けた時には、旦那から取引先の上役に夜の接待をしろと言われ売春まがいな行為まで強制的され、旦那が死んで生活費に困ったので嫌々ながら売春まがいの事まで遣ったそうです。(その方面の素質があるのかな)
由美子が今から思えば娘に感づかれなくてよかったと言っていました、その娘も二十歳を過ぎて今は会社勤めをしているそうです。
私と再会した日は会社の歓送迎会の食事会だったそうで、私に気づいたのですが奥さんが隣に居たので話し掛けられなくて、由美子が自分の名刺の裏に携帯の番号を書いてそっと誰にも気づかれないように渡してきたのです。
 次の日に携帯に電話を掛け逢う日を決めて、私はどう頂くかどう料理するか思案して悩んでいたのですが、やはり出たとこ勝負で行く事にして一応『大人のおもちゃ類』は用意をして逢引の日を心待ちにしていました。
 逢う日の当日は朝から仕事が手に付かず、一日が永く感じて仕事をしていました。
 待ち合わせの時間になり仕事もそっちのけで、待ち合わせの場所に車で行ったら由美子は待っていて直ぐに車に乗って来たので発進させ、まずはラブホテル街を通り由美子の反応を確かめながら、アベックも多いいのですがお互いに干渉しない程度に車間を取っている海岸沿いの公園に車を止めて先程話をしていた事を話している時、私が由美子の肩に腕を回し手繰り寄せるように力を入れたら、すんなりと由美子の体が私の方に倒れてきたので思わず唇を重ねてディープキスを遣っていました、その時由美子が声にならない声で『ウゥ・・・アァーン・・・・』と言うため息とも付かない悩ましい声を発していたのです。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年12月31日 | 近親相姦体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】故郷で【体験談】

高校時代の友人の結婚式があり田舎に帰った。僕は親の反対を押しきって結婚したので両親とは断絶状態だ。
そういうわけで帰省しても実家には戻らず、結婚式の会場だったホテルに部屋をとって一泊した。
結婚式で昔クラスが同じだったS子に再会した。S子も同じホテルに泊まっているそうで、夜に二人で一杯やろうということになった。                                                             
夜の8時ごろ、S子が俺の部屋のドアをノックした。
俺はどこかのバーで飲むつもりだったが、S子が「疲れたし昼間の料理でお腹いっぱい。部屋で軽く飲めればいいよ」というので、冷蔵庫の中のビールで乾杯した。
S子はパーティ用のドレスから、ラフな服に着替えていた。シャワーを浴びてきたようで、体からほのかに石鹸の匂いが漂ってきた。
S子は東京で結婚したものの1年で離婚したそうで、それが負い目で実家に戻りにくいらしかった。
話をしながら飲んでるうちにS子がノーブラなのに気がついた。白いシャツを透かして乳首がうっすら見え、否が応にもチラチラと視線がそこに行ってしまった。
それからS子が最近痴漢に遭ったという話になり、「私なんかを狙うなんて目が悪い痴漢だったのね」と言ったので、僕は「目がよかったんだよ。Sちゃん魅力的だもん」と言った。
するとS子が「ありがと」と色っぽい視線を向けて、「さっきから胸をチラチラ見てるでしょ?○○くんも私を襲いたい?」と聞いてきた。
無言でS子を見つめているとS子が目を閉じたので、僕は彼女の唇に唇を重ねた。彼女のやわらかな乳房をまさぐり、背中を優しく撫でた。
S子は僕の手を引いてベッドに行くと、僕のズボンを脱がせ、硬直したペニスに口づけしてから丁寧に舐め始めた。
僕も彼女の下半身を引き寄せ下着をはずした。69になって陰毛の中に潜む潤んだ器官を舌で攻撃した。
クリ、陰唇、アナルと順番になめていくと、興奮したS子が「ん、ん、うぅん」と呻きながら激しくペニスをしゃぶりたてた。
いまやS子の性器はグッショリと濡れて、僕に貫かれるのを待っている状態だ。キスをして互いの分泌液を交換しつつ合体した。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||

2013年12月29日 | 近親相姦体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

【不倫・浮気】親子丼を食べる【体験談】

 人生にはいろんな事があります、私も喜んだり悲しんだり悔しい思いもした事が多々あり人を憎みもしました、でも人生とは捨てたもんではないようです。
今から書いて行こうと思うのは、悔しい思いをして今は満ち足りた時を過ごしている自分に付いてです。

 私は今年45歳の既婚者です。5年前から続いている不倫と親子丼に付いて書きます。
 彼女に久し振りに逢ったのは、私が家族と一緒に買い物に出掛けている時でした。
 彼女は幼馴染で同級生で中学卒業以来久しぶりの再会でした。
 彼女の名前は由美子と言い中学時代はマドンナ的な人気者でしたが、同級生の中の嫌われ者だった奴と高校を卒業してから結婚をして娘が一人いるそうです。
 由美子が話してくれた結婚の経緯は成人式の日に旦那(まだ彼ですが)から半ば強姦まがいに犯されて子供が出来たそうで、俗に言う出来ちゃった結婚ですね、それから結婚生活はと言うと最初は景気がよく順調だった様ですが、旦那の放漫経営がたたって倒産をしてしまい、それから直ぐに旦那がアルコール依存症になって最後は肝臓がんで7年前に他界したそうです。
 実家から少し離れた隣町に、アパートを借りて親子二人で住んでいるそうです。
 倒産した時の借金があり親に借りて返したそうですが、生活費のため由美子は会社勤めを始め夜はスナックでバイトをして子育てに頑張っていたそうです。
 会社が傾き掛けた時には、旦那から取引先の上役に夜の接待をしろと言われ売春まがいな行為まで強制的され、旦那が死んで生活費に困ったので嫌々ながら売春まがいの事まで遣ったそうです。
(その方面の素質があるのかな)
 由美子が今から思えば娘に感づかれなくてよかったと言っていました、その娘も二十歳を過ぎて今は会社勤めをしているそうです。
 私と再会した日は会社の歓送迎会の食事会だったそうで、私に気づいたのですが奥さんが隣に居たので話し掛けられなくて、由美子が自分の名刺の裏に携帯の番号を書いてそっと誰にも気づかれないように渡してきたのです。
 次の日に携帯に電話を掛け逢う日を決めて、私はどう頂くかどう料理するか思案して悩んでいたのですが、やはり出たとこ勝負で行く事にして一応『大人のおもちゃ類』は用意をして逢引の日を心待ちにしていました。

この近親相姦体験談の続きを読む »

近親相姦体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年12月29日 | 近親相姦体験談カテゴリー:不倫・浮気の体験談

このページの先頭へ